新情報!

コロコロ10月号ではゾイドワイルド「第三世代」とも言うべきキットの内容が明かされました。
同時にコロコロオンライン電撃ホビーweb、タカラトミーのYOUTUBE発表でも明かされました。

今月の目玉情報は、やはりこれでしょうか。



バーニングライガー!
真っ赤なライガーです。
今までも全身真っ赤なライガーは「ブレードライガーレオン仕様」「帝国ライガーゼロ」「シールドライガーコマンダー仕様」「エナジーライガー」などそれなりの数があったんですが、主役を張るのは初じゃないかな。

詳細解説はYOUTUBEを見ると手っ取り早いでしょう。


27分30秒くらいからゾイドです。


ほむほむ、なるほど。
ゼロ系ゾイドと同じく、骨格を廃止した構成のようですね。また同時に、ゼロ系ゾイドと同じく「骨格は廃したがデザインとして骨の意匠は残している」感じでもあります。
良いバランスかと。

アニメでは「ゼログライジスの故郷」との言葉が出てきたわけですが、バーニングライガーはその故郷に居るゾイドなのかな?


デザインも45話で出てきたものに近いです。

デザインは全体的にメカニック感が非常に強くなり、人の手が加わった感じが高まってる感じがします。

10月発売で、既にパッケージはできている模様。


これはマスターピースのパッケージとイメージが似ていますね。
意識してるんじゃないかな。


キットで注目すべきは「内部フレーム」と「装甲」の二重構造でしょうか。
特に脚部を見ると分かりやすい。
従来と同じ関節がない構成のようである。しかし内部フレームと装甲を分けることでメカニック感が大いに高まった構成になっています。
構成はライジャーと同じですね。


しかしながら細かな造り込みは圧倒的に上。
この構成のおかげで、実際は関節は動かないんだけど、実物はメカニックが複雑に動いているんだろうな感が非常に高まっています。


二重構造なので内部フレームと装甲の色の差がとてもよく映えている。
脚部はもちろん頭部の色分けなんかも凄いですね。耳の中まで別の色!
従来は細かく筆塗りしていかないといけない。それこそHMMじゃないと色分けされないような位置が本家キットで再現される!
これは事件です。
ものすごい構造の工夫を感じます。


ただデザインは……、正直に言うと今の段階ではあまり好きじゃないかな。
メカニックの造り込みが過剰でくどい印象を持ちます。
いやむろん造り込みが凄いことは良いんです。ただディティールの多さのみを求めてる感じがして、求める機能が見えない。機能美があまり感じられないという事を思っています。


例えば高速機の脚部は速さが第一なのでそのように作って欲しい。
付け根は大パワーを支えるべくゴツく。足首は小回りやジャンプ力を生み出すバネの力を支えるべく細くしかし力強く。
そんな差が欲しいし、ディティールの多い場所と少ない場所の緩急も欲しいかな。
バーニングライガーの脚部は全体的な太さが均一気味だし、造り込みも全体が凄いので差がない。

造り込みは最初期ゾイドにも勝るほど凄いんだけど、それのみを求めてしまった感じもします。
ディティールを「木」、全体としての仕上げを「森」として考えて作って欲しいと思います。
そんな印象を現段階では抱いています。

顔もあまりライオンには見えないかなぁ……。
ライガー形が増えすぎたので開発も難しいのだとは思いますが。
頬のキャップがディティールを潰すようになっているのも惜しい。
ボディなんかはとても良い感じなんですが。

とはいえこれは第一印象なので、キットを購入して色々体感したいです。
実はゴジュラスギガなんかも購入前の段階では「うーん」だったんですが、買って組んでみると「うおおおお!!」だったので、印象がどう変わるかに期待しています。

期待しているところとしては……、
先ほど脚について「従来と同じ関節がない構成」と書きました。
しかし動画を良く見ると肩部分に追加パーツがあり、ここが脚とは別の動きをしているようにも見えます。
現在公開されている動画では完全に把握できない部分もあります。
なので、このような工夫が他にもないかを超超期待しています。

コックピットはどこ? と思ったら頭部付近に完全収納式で乗るようだ。


これは従来シリーズのに近づいた感じですね。ちょっと窮屈そうではありますが。


そのほかに注目コンセプトとして武器を外付けで搭載する「コアドライブシステム」が挙げられます。
第一弾はガトリング。


このガトリングはごつくてカッコいいなぁ。
どちらかというと高速機よりトリケラドゴスやスティレイザーなんかに似合いそうな気はしますが。
旋回可能、仰角が付くのも嬉しい。

こちらのように、別売で武器ユニットが発売される。
ユニットはギミックを持っており本体に併せて動く!
今回紹介されているものはガトリングだけですが、現在様々なものが計画されているようで、これはとても楽しみなところです。
換装すれば別の動きが楽しめる!!
ぜひぜひ個性的なものを用意して欲しいところ。

現時点で気になるのは四点。

一つ目は「キャノンブルとビーストライガーで背部ユニットの交換が可能」のように、同等の機能を持つ機が既にある事です。
しかも第二世代ではそれがけっこうアピールされていました。
その中で出たコアドライブシステムは、どこまでの新鮮味が示せるだろう。
もちろん従来機はトリケラドゴスやナックルコングなど互換性のない機も多かった。
第三世代機は全てコアドライブシステムを持っているでしょう。だから新鮮味もある程度あるとは思いますが……。

二つ目は、「従来ゾイドとどの程度互換性があるか」です。
バーニングライガーと共に「ギルラプターLC」が発表されています。
互換性はある・・・のかな?

三つ目は、コアドライブシステムがデザイン上の制約にならないかです。
「ワイルドブラスト」は各機自由な造りをしていました。背中に付ける機もあれば内部に仕込む機もあるといった感じ。
でもコアドライブシステムだと、「背中にフラットな付け位置を用意する」のが必須になるんじゃないかな。それがデザイン上の制約にならないかがちょっと心配です。

四つ目は、ワイルドブラストの削除です。
コアドライブシステムのギミックは凄いと思いますが、その分、通常のギミックは口パク+歩行のみになった。
これは……、メカ生体ゾイド後期の「グレードアップユニット」を思い出してしまいます。
「背中に回転軸を持ち、ギミック付きの強化ユニットを増設できる」
というコンセプトは今回と全く同じだと思います。

グレードアップゾイドって本来は「ギミックの楽しみをもっと高めよう」だと思うんです。
武器が動くなんて夢が広がります。
でも実際はどうだったかというと……、「動きを更に面白くする」というより、「本体ギミックの基本グレードを下げる」ものだったんですよね。
口パク+前進という最低限のギミックのみだった。全機ともこれで個性が無くなってしまった。

グレードアップユニットを買うのは「動きを面白くする」というより「マイナス分を補填する」感じだった。
グレードアップユニットを付けてようやくゾイドらしい工夫された動きになった。
言い換えれば通常ギミックはマイナスであった。

「武器を付ければギミックが増える。けど、対応ゾイド全てで同じ事ができるなら『その機体独自の動き』とは言いがたい」
という問題も発生すると思います。
各機の独自の動き・ワイルドブラストを削除してしまって、はたして今までとおりのアピールがキッズにできるのか。
というか、ワイルドブラスト(デスブラスト)、エヴォブラスト(マシンブラスト)という要素を育ててきて、そして削除するのかー……という感想は率直なところでもあります。
どうしてもメカ生体末期を見ているので、そういう心配はあります。

まぁ心配しすぎだとは思うんですが。
ワイルドの一年目、二年目を見ていると順当にファンを増やして実に上手いバランスでやっている感じがします。
第一期アニメは唐突に終了”させられた”けど、その危機も上手に乗り越えた。
なので今回も上手くやっていくのだろう、とは信頼しているのですが。

とはいえ一方で絶頂時期のゾイドもジリ貧状態のゾイドも両方経験しているので、ついつい危機感を持ってしまうものでもあります。


ギルラプターLCについても。


完全新型ゾイドのみになるかと思いきや、従来ゾイドも強化仕様などで並行販売されるようですね。
資産は生かして欲しいところです。
扱いはどんなものでしょう。
思うに、バーニングライガーなどの第三世代機は「完全野生ゾイド」のような超パワフル機。従来ゾイドは十分な戦力だがパワフルさで一歩劣る扱いじゃないかなと。

ギルラプターはようやく第一期の白い機体が再現できるようになるのかー。それが嬉しかったり。
しかしゾイドチーム、ギルラプター大好きですね。
・通常(赤)
・指揮官機
・恐竜博
と、随一のバリエーションを誇る。
そのうえで更に新しいのが出るとは。

武器は外付けもいいけどワイルドブラストのユニットを交換するのでもいいんじゃないかなーと思ったりもしています。
外付け武器だけだと……、カスタマイズパーツを付ければ色はともかく再現可能だからなぁ。
もうちょっと差が欲しい。
目玉ギミックが同じだと、どうしても出るたびに「また同じか」と思ってしまうのは避けられない。新規のワイルドブラストユニットがあると「おおおお!!!!」となると思います。
これは今後の課題にしてほしいです。


ということで急ぎ新情報を追いました。
心配事も書きましたが、もう新しい情報を見るたびに一抹の不安を感じてしまうのは長い経験上仕方がないので許して欲しい。。。。でも一方でワイルドの力強い歩みを二年間見ているので安心感も強くあります。

第三世代に期待しております。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

実はフラゲで知ってましたがついに来ましたね!
コロコロでは悪のライガーと書かれていて、アニメでライガーが悪役になるのかと楽しみにしています。コアドライブシステムですが、バーニングライガーについている回転ギアはキャノンブルやギルラプターにも使われていますし、開発スタッフもアッと驚く創意工夫を見せてくれると期待しています。

ギルラプターのリデコが出るならZERO仕様のナックルコングやカブターなども出してほしいですね。

後、今秋公開予定の短編「ゾイドワイルド戦記」では帝国側がバーニングライガーを投入するようですが、もしかしたら帝国が主役という線もあるかもしれませんね。

No title

タカラトミーが出していたキーワード「BM」のBは、ビー玉…ではなくてボトルでしたか(^^;

さて、ゾイドワイルド第3世代は原点回帰していくと見て良いのでしょうね。内部コクピットと細かいディティールは兵器感がさらに増してきた反面、生物的骨格とメカ的外装が無くなり、説明書も復元の書では無くなる(でも発掘パックとの表記もありますが)など、方向転換を徐々に進めていると感じます。初期ワイルド要素も良かったのですが、それだけではやはり長続きしなかったか…

バーニングライガー個別に見ると…色々と既視感のあるデザインです。ぱっと見はライガーよりサーベルタイガー感が強いし、ウエポンを背負った姿は…迷作ゾイドオルタナティブのS-Tigerにしか見えないのです(笑

システム的には、三式さんご指摘の通り旧第1期シリーズ後期のグレードアップユニットがパワーアップして復活した感じ。旋回や仰角をつけても動くようなギミックは進步を感じますが、動物型メカとしての個性が弱まりかねない懸念は確かに。ワイルドブラストを今後も全面に推すのはネタ的にも限界だったのかもしれませんが…この構造であれば玩具(そしてゲーム化した時の使い勝手)としてもアピールはできそうです。格闘系ウエポンも出てくれるのでしょうかね?

ギルラプターLCは簡易型で良いのでコクピットがあれば良かったなぁ…

萎(しぼ)んじゃった?

こんばんは。

何かちょっと勘違いしている様な気がします、今回のタカラトミー。「格好いい軍事路線が功を奏した」のかどうか判りませんが、ただ、折角遊びを全面的に推し出したであろうワイルドでやって良いのかな……まずギミック削減及び没個性化は不味いんじゃないかと思います。
「武装した機械生命が動く、それで充分だ」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、やっぱり私は玩具は遊んでナンボ、とりわけメインの子供達なら尚更そう感じる、という意見を持っております。

何だか「悪のライガー」と聞いてドキドキしたものの、ここに来てちょっと……否、続報を待ちましょう。
善悪逆転って結構そそられるんですよ、私は。

No title

バーニングライガー、発表されましたね。
深夜0時のタカラトミーモールで知っていましたが。
先月のコロコロの時点では「飛んでいる千切れたギルラプターの首の大きさから1/72に回帰するのではないか?」みたいな憶測まで飛びましたが、実際にはそんなことは無く。
1/35で完全密閉式コックピットを仕込んでくれました、嬉しいです。
これで、従来の資産が活きますし、ギルラプターLCも出ますしね。
これからはコックピット密閉式が増えていくと、個人的な好みとしては嬉しいなと思っております。
もちろん、そうならなくても魅力的ですが。

バーニングライガーはとにかく、ディティールがすごいですね。この密度と情報量には驚かされます。
デザインについては見る時々によって印象が変動している最中ですので、今の段階では何とも言えません。手に取るまで保留ですかね。
でも、嫌いじゃないです。
で、頭が大きくて胴が小さいようにも感じたのですが、よくよく見ると「実際のライオンに近いプロポーションなのかも知れない」なんて思う事もあります。
とにもかくにも手に取りたいですね。
ワイルドブラストのギミックがコアドライブシステムに切り替わったのは、賛否を呼びそうですね。
今は変化が訪れた時期なのですんなりと受け入れられていないのですが、これからどんどんと見て行って、何がどのように変わっていくのかを見届けたいと思います。

今まで、ゾイドワイルドはアニメ一期にZEROと、段階を踏んでファン層に変化を加えて訴えたいことを訴求してきました。
そしてまた、新しい変化をもたらして、何かを訴求しようとしているように感じています。
それは未だ始まったばかりなので見えないですが、きっと何かしらの思いがあってこその変化だと思うので、それを見届けながら考えていきたいです。

……とりあえず、ガトリング付きを2つ確保しなきゃ!

No title

バーニングライガーで本能解放をオミットするかと思いきや、ギルラプターLCは本能解放を続投させているので、
本能解放は完全に無くなるのか、従来機には残されるけど新機種には実装されないのか、本当は新しい本能解放を実装したゾイドもリリースされるのか、いまいち分かりにくいです。

ただ、第二世代での共和国、帝国両軍でリリースされたゾイドを見ますと……

兵器陣営の帝国
・キャノンブル
・バズートル
・スナイプテラ
・スティレイザー
・ジェノスピノ
・ドライパンサー
・オメガレックス
・キルサイス
計8種類。
しかも、キャノンブル、スナイプテラ、ジェノスピノ、キルサイスは完全新規。

進化陣営の共和国
・ビーストライガー
・ラプトリア
・ガトリングフォックス
・ライジングライガー
・クワガノス
・ソニックバード
計6種類で、全機リデコ。

おまけに、イヌ種ゾイドやネコ種ゾイド、ソニックバードのリデコ元であるギルラプターの本能解放に関して言えば、「そのゾイドがその本能解放に紐づけられている」必然性を今一つ感じないので、
兵器という人工物に依存しない本能解放を考案して実現するのも、言うは易し行うは難しだと感じざるを得ないです(調べればネタはまだ出てくると思いますが)。

ただ、コアドライブシステムも進化陣営のイデオロギーにそぐわないのではないか、という印象は受けますので、とりあえずは
帝国→コアドライブシステム導入。
共和国→従来通り本能解放。
という路線になることを期待しています。

その上で、本当にこの路線が実現するのだとすれば、共和国ゾイドとしてアロサウルスをリリースして、上顎の歯を斧のように獲物にたたきつけるという学説(異説あり)を本能解放として実装して欲しいと思っていますが。

ついに解禁されましたね。

ただ自分もそうですがやや不安を感じている方が各所に多いようですね。
2年目発表時は今後の展開が大体予想できる物であったのに対し、今回はあまりにも情報が少なく変化は大きいので仕方がないのかも…
ですので全体の感想は保留でバーニングライガーについて思ったことです。

ワイルドの象徴であるブラストギミックを廃して換装システムに変えたのは思い切った判断で若干抵抗もあるのですが、値段を下げて購入のハードルも下げるのは考えたな、と。
本体さえ持っていれば換装パーツもどんどん欲しくなるでしょうし。最近のM型は玩具としては高額の部類に入りかけていたと思います。

その分ちゃんと本体は従来以上に作り込んでいるのが好印象です。
動画の画質が低くてわかりにくいのですが肩が動くことで地味ながら動きの不自然さが薄れているように思います。
顔については個人的には従来よりライオンらしく感じますが、もっと目が小さければよりらしくなったかなという印象ですね。
色分けは本当に凄い…。

最後にひとつ、一部の報道では「帝国」「悪」ではなく「ライバル」という表記が使われていたりします。
これはひょっとすると三年目の真の主役ゾイドが控えているのでは……などと願望混じりですが予想してみたり。

脚部付け根にライガーゼロを彷彿とさせるジョイントがありますね。令和のcasの可能性もありそうですが、前ワイルド機体の時点でcas染みた構造だったので何処まで差別化が図れるかが気になります。アーマーの単品売りが有れば改造のスタートラインを広げられそうですが。

No title

>そのっちさん
ライガーが敵サイドでバイザー付き……というのはZEROのテーマであるところの「全にも悪にもなる」の一環でしょうかねえ。
ギルラプターにコアドライブシステム使えると良いですね。
色んな工夫が見えてくると嬉しいです。

リデコはトリケラドゴス改とかファングタイガー改とかもほしいなぁー。
あと地味なポジションに居るアンキロックスやパキケドスにももう少し光が当たると良いのですが。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ボトルびっくりしました。

第三世代をどう捉えるかはまだ自分の中で考え方が定まっていません。
ただ第一世代も第二世代も成功しているゾイドワイルドなので、堅実でありつつも新たな挑戦をしているんだと肯定的に捉えたいところです。

バーニングライガーのウェポン付き状態はたしかにおるなたティ武官がありますねー。
つき方のシックリ度が低いうえに高速ゾイドなので違和感が出ちゃうんですよね、、、。
でもブースターなども出るようだから、ライガーにシックリ来る装備も出てきそうで楽しみです。

グレードアップユニットと比べると、実は「仰角」については既に達成していました。
パルスキャノンやジャイロクラフターです。
ですが今回は浅海までできるのが進化を感じますね。
グレードアップユニットはその実ちょっと使いづらいところもあったので(左右対称じゃないなど)、今回のは進化した構造と使い勝手の良さに期待しています。

>スサイド生田さん
評価は分かれますね。
「ギミックを基本形態としては削除した」「その代わりに価格を下げて入門者を引き入れやすくした」
というのは悪くはないと思います。

私としては、ここから個性的な強化パーツがたくさん出る。それぞれ動きが違う。
となれば、遊びの楽しさを示せていると思います。
ただし似たり寄ったりな武器パーツばかりであれば厳しいと思います。
まぁ、続報を待ちたいところです。

>やまさん
スケールは私も72かも? と思っていたんですが35でしたね。
従来のワイルド資産も生かせるし良いことだと思います。

コックピットは良く仕込んだなーと思いますね。
ギリギリでしたがよくぞ。
ただサイズから今後のゾイドの標準に出来るのか? という疑問はあったりします。
まぁ、その辺も含めて見ものですね。

バーニングライガーのプロポーションは実物のライオンに近いです。
ただ一方で多少は誇張された姿でも良いのではないかとも思います。
ゾイドマンモス開発中の話で「実際のマンモスに寄せすぎると違和感を感じる子供が多い。そこで現代のゾウとの折半にした」という話があります(当事のゾイドカタログより)。
まぁ、手にとって体感して更に考えたいところです。
期待しています。

>坂上蜘蛛麻呂さん
従来機の扱いは気になりますよねー。
続報を待ちたいです。

ワイルドブラスト、個人的にはまだまだ開拓できる分野だと思うんですけどね。
コアドライブシステムでもそのようなアイテムが出ることを願っています。

古生物の学説は色んなものがあるので、面白そうなものは積極的に採用して欲しいですね。
面白そう!

>U4さん
不安はありますよねー。
まぁ、大きく動くときにそうなってしまうのは仕方ないところもありますね。

価格を下げて入門のハードルを下げるのは良いですね。
本体だけでも最低限は遊べるし、武器があればもっと面白くなりそうだし…、いいやり方だと思います。
本体のみの動きでもう一歩あれば言うこと無しなんですが…。

衝撃の帝国側ライオンが登場したわけですが、こうなると共和国側のティラノサウルスが期待されますね。

>とろんとさん
CAS的な装備もきそうですよねー。
装甲をガッチリ付けて重量感を増したタイプとか、ぜひ見てみたいです。
ちょっと心配なのは真っ赤なライガーなので…、ライガーゼロの場合は本体がシンプルな白黒だったので様々な色のCASが出しやすかったと思います。
赤だといけるのかなぁという心配はあります。
でも、そんな心配がありつつも期待感の方がより勝っています!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント