今日は40話!

今日は40話です。
うおおおお、楽しみです。

なんたって予告で……、


どうなっちゃうの!?

それにしても……、操られながではあるが、いつものように上から目線発言をしてる。
このあたりはアルドリッジの矜持と言えるんだろうか。

しかし、もはや荷電粒子砲を乱発しそうで本当にどうなることやら。
いやでも……、
1:ペンダントが不在
2:アルドリッジの体力だと荷電粒子砲を無限に撃つことは難しそう

という二点から以前ほどの脅威ではないかな。
ゼロ勢力が何らかの技術で1を補っているとすればヤバイんですが(十分ありえそう)。

2は克服しようがないかな。
ジェノスピノで体力限界気味だったアルドリッジなので、オメガレックスで荷電粒子砲を撃つとどうなるかなー。
一発撃っただけで倒れてしまいそう。
でも……、ジェノスピノは格闘系でオメガレックスは砲撃系。「パワーだけならジェノスピノが上だ!」の発言もあったし、普段時の負担はあんがい少ないかも。

……もしかしてなんですが、ゼロ勢力にとってオメガレックスってあんがいどうでもいい存在なのかも。
というのも超最強・大横綱ゼログライジスが居る。だからオメガレックスはしょせんは大関か関脇くらい。それでいて一機しかいない。
ゼログライジスと大量のゼロファントスを抱えるゼロ勢力にとっては使い勝手があまり良くないゾイド……ということで、一時的に暴れて帝国・共和国にダメージと混乱を与えればそこで力尽きても構わないのかも。

でも、仮にそうであったとしてもオメガレックスの活躍は続くと思います。

先々週からエンディングがまた変わったんですよね。
最初のエンディングと同じで千田葉月さん(サリー)の歌だー。
ヒカリとうってかわって爽やかで勢いの良いアップテンポな歌。旅の中で変わっていくサリーの心情ともリンクする良い歌だと思います!
ラストでいちゃこらしてるのもいいじゃないですか。


ああもう!

ワイルドZEROのエンディングはどれもいいなー。
さて新エンディングといえば「ゾイドとライダー」がペアで写されるわけですが、「オメガレックスとメルビル」なんですよね。


予想ですが、今回の一件でアルドリッジが力尽きオメガレックスも鹵獲されれる→帝国・共和国連合軍のゾイドとなり、ライダーはメルビルになる。
という流れじゃないかな。
ライダーとしては最適でしょう。問題は政治的に許されるかという点ですが。

エンディングといえば「ジェノスピノとギレル」がペアになってるのも注目かと。
帝国首都での激戦を経て、いまだ稼動状態にあるとすれば凄い。さすがは伝説のゾイド!
今後おそらく起こるであろうゼログライジス討伐戦ではオメガレックス以上とされるパワーと格闘力を存分に見せ付けて欲しい!


ゼロ勢力はそろそろゼログライジスを動かせる状態にまで復元したと思われる。
これだけ大胆な行動に出ているし。
今後ますますの盛り上がりが予想されます。

ゼロ勢力はゾイドやライダーの目を「紫」に変えて乗っ取ってしまう。
それに対抗するのはやっぱりゾイドとライダーの絆なのかな。

39話では一つ不思議なことがありました。


ニールソンがワイルドライガーをのっとって基地を破壊。
でも何ですぐ横に居たライジングライガーじゃなかったんだろう?
もしかして、「ライダー(レオ)と強く結びついているライジングライガーは乗っ取りが困難」という事情があったんじゃないかなぁ。

……ディアス中佐ってけっこうゾイドに対してドライなんですよね。
12話でトリケラドゴス改を失ったときもそうだし、今回ワイルドライガーを乗っ取られたときもそう。基本的に動揺しない。

いやまぁ佐官だから動揺なんてしちゃいけない立場だし、そもそも軍なんだからあまり個のゾイドを意識しすぎるのは良くない。
軍だから時に「陽動」とかの危険な任務もあるでしょう。一部のゾイドは損失前提で運用されたりするかもしれない。ゾイドの命を尊重しすぎるとその手の作戦の決定ができなくなる。
軍は国を守るためにある。それができなくなるということです。
そう考えれば、撃破されたら同等の性能を持つ別の機に乗り換える。この作戦である程度の数が失われるが、まだ数があるので別に構わない。それ位が求められると思うんですが。
(メカ生体ゾイドは全体的にかなりのドライさだと思う。特にバトスト3巻)

でも、それだと今後ゼロ勢力に対抗できないかもしれない。
そういう時期にきているのかなー とも思っています。


ということで期待が多くて色々書いてしまいました。
40話、楽しみです!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ライジングライガーとレオの結びつきの強さは確かにあったでしょうね。
元々の絆も強かったでしょうが、ペンダントの力で同時に変化したのもあるかもしれません。レオの片手金属化しちゃってるしより強く紐づけられているのやも。
それと、ライジングライガーは2度にわたってペンダントと正常なリジェネレーションキューブの力で進化してきたせいで、ゼロ勢力の力が及ばない存在になっていたようにも思います。

オメガレックスが味方側に来たら、おそらくその時は本来の「荷電粒子砲を打つと自壊するゾイド」として参戦することになるのでしょうね。楽しみです。

よく把握していないのですが、ライジングライガーって耐Bスーツのコネクターみたいなのついてましたっけ?デニスはあれを介して操っていたように見えるので、それが無いとしたらライジングライガーは操りにくいゾイドなのかもしれません。

No title

>ディアス中佐ってけっこうゾイドに対してドライなんですよね
モビルスーツなら割と簡単に乗り換えたり交換したりしている感じがしますけど、ゾイドだと「軍馬」に近いポジションなので、愛着がもっとありそうですよね。

もっとも、新バトストのクルーガ少尉は作中だけでも、レイノス→ガンブラスター→サラマンダーF2→オルディオス→レイノスと乗り換えている(しかも、それなりに愛着がある記述があるのに)ので、ゾイド世界線では「それはそれ」という感覚が一般的なのかも知れません。

>マーネイスさん
>ライジングライガーって耐Bスーツのコネクターみたいなのついてましたっけ?

元々のビーストライガーは発掘後に自分で修復したようですし、レオも耐Bスーツなしでゾイドに乗る特異なケースのようなので、コネクタ自体が無い=デニスが干渉しにくいという考え方はありうると思います。

ライガーvsライガーも非常に良かったですが、デニスがラプトリア通常機に乗り込んでいたら、どうなっていたんでしょうね。ガンダムWのリーオーなどは普段はヤラレ役なのに、主人公らが乗ると圧倒的な強さを出していたので、鬼神のように強いラプトリアというのも見てみたかった気がします。

ネームレス Mk-II 量産型さん

丁寧な補強をありがとうございます。
オレンジ色の光を大量に浴びて、紫の干渉に耐性らしきものができてる説もおもしろいですね。
「ただ単に手近なワイルドに乗った」かもしれないシーンではありますが、いろいろ想像すると楽しいです。

ディアス中佐は一瞬の動揺の表情でもあった方が「らしい」のに…なぜ無反応なのでしょう…。
スタッフさんらは案外こだわってこの軍人達の無反応を描いてたりして。

No title

>Soqさん
レオとライガーの絆は1話以前からかなりのものだったと思います。
そして仰るとおりペンダントの影響でより強く結び付いたのかもしれませんね。
ライガーは確かに唯一だけゼロ勢力の力が及ばない特別なゾイドなのかも……。
これからも注目ですね。

>マーネイスさん
オメガレックス、荷電粒子砲はオミットされていましたね、、。
ちと残念なような、それはそれでよかったような。

ライジングライガーには耐Bスーツがそもそも無かったこと、たしかにその通りですね!
あれってランド博士が開発して軍用ゾイドに付けられたものなので、おそらく発掘してそのまま愛機としたライガーには付いていないハズ。
重要な見落としでした。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
一流のゾイド乗りともなれば各ゾイドの個性を把握し操縦に活かす事くらいやってのけそう。
それはつまりゾイドを「個」として深く理解していることに他なりません。
であるなら、やはり少しくらいは情も移りそうなんですけどね。
ディアス中佐、そんな感じが無いんですよねぇ。
んー。
激戦を潜り抜けたら、その意味でも愛着がわきそうなんですけど。

不思議ですね。
クルーガーは愛着を持ちつつも戦況に併せて最適なゾイドを選んでいたと思います。
さすがにガンブラスターとF2で同じ任務はできません。
レイノス→F2→オルディオスと、どんどん飛行性能が高いゾイドに乗り換えるのは……、自分に課せられた任務との兼ね合いですかねぇ。
でも彼は最後まで歴代の愛機を信じていたのが良かったです。

ディアス中佐もどこかであるとよいなあ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント