完全野生体

少し前の記事のライガーゼロフェニックスについての記事で
「ゼロはギガと違って量産可能」
と書いていました。それについてのレスで「そういえば…」というのを頂きました。

-----
ゼロ部分は一応完全野生体ゾイドなんて手軽に量産は出来ませんよ。
その割にはうじゃうじゃいますがね。野生体絶滅させる気なんでしょうかね。
-----


あ、そういえばそうだった……。
まさに仰る通りで画面に写るのはゼロばかりということですっかり失念していました。
完全野生体だから量産しにくいんだった……。

ということで今回は完全野生体の事情を考えたいと思います。
完全野生体のゾイドって……、
・ライガーゼロ(エナジーライガーも同種)
・バーサークフューラー(凱龍輝も同種)
・ケーニッヒウルフ
・ダークスパイナー
・ゴジュラスギガ
・セイスモサウルス

だったかな。

ただ、思うにメカ生体ゾイド初期のゴジュラスなんかも完全野生体として良いと思う。
”量産型”以降は違うと思うけど。

長い戦争の中で…、当初は野生体を捕獲して戦闘ゾイドにしていた。完全野生体である。だが野生体生息数の減少や効率の問題から次第に別の方式になった。
いわゆる「ゾイド牧場」のようなものを作って生産管理をするようになった。

牧場でゾイドは健康に成体まで育つ。
しかし野生状態と違って縄張り争い等の危険な事態が発生しない。その他にも様々な危険が排除されている。
なぜなら一頭でも多くの成体が欲しいから。

こうしてゾイドは安定した数を「量産」する事ができるようになった。
しかし穏やかな環境はゾイドの闘争本能の低下が避けられず、個としての能力は下がってしまう。
別物と思えるほどに……。

ビガザウロは確か初期から家畜化が進められていた…という設定があったと思う。
実は・・・初期戦役において大活躍した強力ビガザウロは完全野生体ver.で、我々がよく知る「ビガザウロ10台VSレッドホーン1台」とかの戦力比較をされる弱小ビガザウロは家畜和美の個体を改造したロットだったりして…。
(開戦から地球人到着(=バトスト1巻開始時期)までは50年もの期間があるので可能性はあると思う)

家畜化は特にグランドカタストロフ以降に進んだでしょう。
この時期は何よりも個体数の回復が急務。そんな中で種の維持や個体数増加の策が練られたことは想像に難くありません。
グランドカタストロフ後は、同じ種のゾイドであっても「数で言うと大部分を占める、Zi人に保護され牧場で数を増やした個体」「わずかな数ではあるが、自然界の中で生き残り厳しい環境の中を生き抜いた個体」が居るものと思われる。
後者についてはメカ生体の時代よりもはるかに劣悪な環境で暮らしているので闘争本能はむしろ上かも。

ということで完全野生ゾイドですが、設定されているライガーゼロなどの他にも、極めて数は少ないものの天然もの(完全野生体)のシールドライガーやゴジュラスも存在する。それらはライガーゼロやゴジュラスギガに匹敵する強靭さがあると考えても面白いかもしれないと思いました。


ところで「完全野性体」というとやはりライガーゼロが代表格でしょう。
ノーマル状態はシンプルで野性味あふれる戦いをする。爪や牙で荒々しく。まさに野生体の名の通りです。
一方でポテンシャルが高いので兵器的な改造にも耐えられる(パンツァー等の重い重量にも耐える)。

ただ……、ダークスパイナーはやってる事がジャミングなので「完全野生体…?」って感じはしてしまうなぁ。
セイスモも。
もちろんジャミングを放つにはヒレが必要だった。超集束荷電粒子砲を撃つには長い首と強靭なボディが必要だった。
そういう意味では種の特性を最大限に生かしていると言う事もできますが……。


さてここまでは本題じゃないんです。ここから本題です。
-----
ゼロ部分は一応完全野生体ゾイドなんて手軽に量産は出来ませんよ。
その割にはうじゃうじゃいますがね。野生体絶滅させる気なんでしょうかね。
-----

について考えましょう。

たしかにゼロは量産されています。就役から一貫して、もう何かといったらゼロが映ってた気がする。
ブレードライガーやシールドライガーは入れ替わるようにほとんど映らなくなった。
ブレードはまだしもファンブック4巻を見ると2カットだけ映っていますが、シールドは皆無……。

これと対照的に「ブレードライガー登場後・ライガーゼロ登場前」の時期は、シールドライガーは各所でばっちり映っています。
なので量産の難しいブレードライガー。主力は依然としてシールドライガーという事情が見えました。

ゼロ、当初の量産しにくいという設定を覆してめちゃくちゃ量産されているのではないかな……。
またケーニッヒウルフは「ライガーゼロは性能は良いがコストがブレードライガーの3倍にも達する高額な機体だった。それゆえ量産可能な新鋭機が求められ、ケーニッヒウルフが完成した」という設定だった。
悲しい事にケーニッヒウルフは設定に反してほとんど目立っていない……。


一応、裏事情を読み解くとライガーゼロが初登場した公式ファンブック3巻はエース集団「閃光師団」を主役にしていた。同部隊はライガーゼロを受領した部隊だったから画面に多く映っているのは当然である。
同巻の軍団組織図を見ると高速部隊は「ブレードライガー、同AB、シールドライガー、同DCS、同DCS-J、コマンドウルフ、同AC」となっている。
なので設定通り「ゼロは少数」「主力はシールドライガーなど」と考える事もできる……。

いやそれでも、やっぱりその後もライガーゼロは何かと目立っていた……。
かなり量産された事は確かだと思う。少なくともケーニッヒウルフを倍する程度には。

これがどういう事かというと、無茶をして量産したんだろうなぁと…、それ以外に回答がないかなぁと思いました。
戦時中にはこういう事はままある…。
太平洋戦争で日本軍で最も量産された飛行機は零戦で1万機以上に達する。
1万っていうのはかなり凄い数です。
米海軍の前期の主力「グラマンF4F」は生産数が8千、後期の主力「グラマンF6F」が1万2千という事を思えば、よくもまぁ当時国力差で1/12だった日本が1万もの数を作ったもんだと思える。

でも零戦は決して量産に向いた設計ではない。
徹底して性能を求めているので、フレームに穴を開けるなどして軽量化に努めている。これが生産性を著しく低下させている。
というのも当初において零戦は量産する計画はなかった。艦載専用と考えられており、空母搭載用に約1000機+予備で少数程度あれば良いとされていた。
それがしかし、10倍もの生産をする事になってしまった……。

これが何故かというと簡単で「零戦しかなかった」から作るしかなかった。
後継機はできない。でも戦争は続いている。
という事で「無理を通せば道理が引っ込む」のことわざのように強引に生産が続けられたのでありました。
もしも後継機が誕生していれば。戦争が予定通り短期で終わっていれば。そうしたら零戦は当初の予定通り1000機程度の生産で終わっていたでしょう。

ライガーゼロも……、高額であり野生体の確保も難しい。
でも、やっぱり戦況に影響を与えるのはこれしかない。
シールドライガーではもはや戦力不足が否めない。
ブレードライガーはOSゆえの問題があって量産は見送られた。
ケーニッヒウルフはゼロほどの汎用性がなかった(CASがない)。

…ケーニッヒウルフは……、「ゼロのコスト高の大きな要因であるところのCASを省いたので汎用性が低下し戦場に合致しなかった」というのは皮肉だよなぁ……。

そういうわけで共和国軍はライガーゼロを生産し続けなければ勝機が見えなかった。だからそうした。
無茶だけど生産した。
そういう事情だと思いました。

ちなみに零戦の例だと、完全に限界を超えて生産しているから他をいろいろ圧迫してしまった。
「無理を通せば道理が引っ込む」というのは実際ある。でもそれはハッピーな事じゃなくて他をぶっ壊してしまうことも当然あるわけで。

ライガーゼロの生産に力を入れ過ぎてしまった共和国軍は、それゆえに他の諸々の部分に無理が出てしまい……、これが後の崩壊に繋がっている。そういう事情もあるのかもしれないなぁ……と思いました。
そんなわけで今日は完全野生体について考えてみました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

アロザウラーのバトストEXには、ギガを「5ヵ月で30機を量産した」という文言があるので、私はギガ≒ゼロを含む野生体ゾイドもそれなりに量産できると解釈しています(無論、ゴドスやモルガのような大量生産では無いでしょう)。

ライガーゼロのロールアウトがZAC2101年、ギガのロールアウトが2105年。ゼロフェニックスやギガが活躍したキマイラ要塞攻略が2107年なので、東方大陸の共和国の臨時(亡命)政府(?)が西方大陸での野生体確保だけ軍を再建するは難しいでしょうから、東方大陸でも人工的な繁殖又はコア培養などの手段を進めていたのではないかと思います。

そもそも、バトストEXの頃になると、(ブロックスに比重を置いていたためでしょうが)野生体が強力なゾイドであると匂わせる文はほとんど無かったように思います。あくまで「ベースは野生体(なのでホントは強いゾイドだぞ)」ぐらいの記述ですから、ネオゼネバスとの戦争時には、既に野生体と養殖体が混ざっていたので野生体を強調する意味は無かった…というのは、都合が良すぎる解釈でしょうか?

余談ですけど、ギル・ベイダーやオルディオスも野生体の確保→コア培養で生産していたと思っています。空飛ぶ幻獣クラスのゾイド野生体を数十〜数百機単位でホイホイ狩ったり(モンハンじゃあるまいしw)牧畜的手法で増やすのは難しいはず。なので、野生体を活かしたコア培養方法も技術的には可能ではないでしょうか。全くの推論ですけども。

No title

そういえば

>・ライガーゼロ(エナジーライガーも同種)
>・バーサークフューラー(凱龍輝も同種)
>・ケーニッヒウルフ

の上3つは完全野生体と記載されていましたが
下3つは単に野生体とだけ記載され完全野生体とは書かれてません

完全野生体と野生体
ひょっとして何かが違うかもしれません

No title

暗黒大陸・中央大陸での戦闘が激化し、野生体開発ゾイドが
大量登場するに当たっては、西方大陸戦争末期の
ライガーゼロ・ストームソーダーの鹵獲&帝国技術奪取の中で
帝国の培養量産技術も頂いて共和国の開発技術導入する事ができたのでは?
と考えました。

ただし、増産アプローチは各陣営ごと特徴があったのではとも思います
A.共和国は保存・育成に重点(育てる)
B.帝国は培養・量産技術が盛ん(生み出す)
C.東方は人工生産技術を磨く(強化する)

そのため、Aのみのウルトラザウルスは量産できずに1機のみ
(成体を戦闘改造済のため、コア培養も不可能)
A+Bでマッドサンダー量産ができたが保管幼体培養からの
急造量産のため、デスザウラーを圧倒できず

ライガーゼロはレイフォース等の初期搭乗機は野生体開発の
いわゆる第1世代であり、後の中央大陸でのゼロフェニックスは
東方の安定した人工生産技術を導入し、A+B+Cの成果として
第2世代として、戦闘能力は安定生産とブロックスと合体する
共感能力を導入するため、尖った部分がない分若干低下程度で戦力を
整えられる機体数を確保できたのではないかと思います。
ただし、共和国ゾイドはゾイドの持つ野生的性格を生かす特徴があるので
ゼロ素体×レイ×イーグルの相乗倍加はエナジー×ボルフを上回ったように
リンクが適したパイロットや合体するサポートゾイド次第で
元の野生体の性能かそれ以上のポテンシャルを発揮できる可能性を
残していたのかも。
ストーリー的にはレイが最後まで乗ったゼロはニクシーで奪取した
「最初のゼロ」で決戦まで最高の相棒であり続けた、というのが
盛り上がりますが、そういった記述は一切見られないので想像までに。

また、案外撃破エピソードの多いイクスは培養技術により
野性的な感や狂暴性が減じた培養ゼロだったのかもしれません。
帝国ゾイドは伝統的に操縦性を制御するためにゾイドの持つ
野生部分を削ぐ傾向がある事もあり、培養による扱いやすさの
向上は、帝国の理にかなっていたのかと考えました。

No title

ライガーゼロ、バーサークフューラー、ケーニッヒウルフ。
この三種については完全野性体だと思いますが、残り三種は野生体が描かれているだけで完全野性体ではなかったかと。

ともあれ、その完全野性体三種、量産され過ぎなのは否めませんね。
それだけ共和国も帝国も、戦争に勝利したかったという事なのでしょう。
加えて言えば、プロイツェンにとってはガイロスの国力を使って戦力を整え、かつガイロスを疲弊させられるほど良い。

そして、コストが高いにもかかわらずそれだけ量産されたという事は、それだけの戦果を全ての国で挙げ続けたという事なのでしょうね。

No title

完全野生体は古くから人と独立し
大異変を自力で生き延びた種でもありますので
とりわけ生命力が強靭であるらしいです。

そういう意味では旧ゾイドはこれに該当しえないでしょう。
ゴジュラスも古くから神族に飼われているので
完全に外れるかと思います。


で、書いててて思ったんですが
強靭さの理由が「種」と「異変等の厳しい環境」にあるのなら
ある程度養殖でも再現できますよね、これ。

ということはゼロも真の完全野生体は初期ロットくらいで
後半になるにつれ同種であるものの養殖物で
特殊な訓練を科すことにより完全野生体を再現した個体だったかもしれませんね。

No title

後年量産されたライガーゼロ(非エース機)は本当にライガーゼロのコアを使用していたのかなんてのを考えて(妄想して)みました。

ゾイドは身体の構成が同じなら自前のもの(野生の体)でも人工のもの(兵器の体)でも問題無く動かせるという設定ですよね。ゼロとエナジーは同じ野生体を使用しているし,ブラッディデーモンはジェノのコアを代用しているのなら多少の違いは無視できると思います。
それなら極論ゼロの身体にシールドのコアを移植しても動かす上では問題がないということで。もちろん出力等はオリジナルと比較すれば劣っているけれど,限定型OSを使用するなどで対処すればある程度操縦性と性能のバランスはとれるのではないかと思いました。

ゼロは高性能であることはもちろんですが,簡易的な装備の換装であらゆる(というと言い過ぎかもですが)局面に対応できるその汎用性の高さこそが最大の強みだと思います。
それなら多少性能は劣っていても,コアが確保しやすい既存のライオン種のコアを代用し,白兵戦専門の機体よりも汎用型の機体をそろえるという選択肢もありなのでは?なんて思います。
これならセロ登場以降シールドを見かけなくなったのは,シールドのコアをゼロの身体に移植していたから,なんて理由がつけられるかなと思いました。

No title

ゼロは決して大量生産されていたわけではなく、エースの機体だからこそ目立っていたと思いますね。
エースだからこそ活躍し、エースだから激戦を最後まで生き延び(仮に撃墜されてもコアとパイロットが無事ならほかのところは作り直して復帰できる)、そのエースを倒すことが帝国の新型ゾイドの性能のアピールにはうってつけであるから出番が多かったのだと思います。

クローン培養は可能であったとしても、出来上がる物が出力や強靭さでオリジナルに劣るからこそ、B-CASのようなコアに多大な負荷をかけるようなものは使用できないのでボディの高い拡張性も生かせなかったりすると思われますね。大量に作っても乗りこなせる人間が都合よくいるかどうかわからないですし(軍の規模が1/5〜1/10になってる共和国的に)。

No title

ゼロの戦闘力はタイプゼロで量産型ブレードクラスですから、コスト高から共和国軍の主力の本命はあくまでケーニッヒだったと思えます

当初はライガーゼロは閃光師団のみ配備(3巻次)で同師団が解散後に高速戦闘隊に分散配備されたんだと思います
恐らくゼロ捕獲後に解析中にコマンドウルフをベースにCASや野生体設計を組み込もうとしたが無理で、その後に西方大陸の狼を見つけて、同時にゼロの量産を少数生産に絞って暗黒大陸上陸後に高速隊の主力をケーニッヒに移行するつもりだったと思えます

HMMか電ホビではネオゼネバスのゼロはオーガのドシステムの培養だったとしてます。彼らが欲しかったのは「完全野生体」ではなく「高性能なコア」であって、案外培養の過程で寿命などを削っ
て野生体クラスのコアにしたのではないかと思えました

後サーベルからグレートサーベルになったように首都陥落後の共和国ゼロは近代化改装して完全野生体クラスの戦闘力を持った同種の通常コアではないでしょうか?<テレストリアルモードからCASさえなければコストは割と下がるでしょうし、コア捕獲の労力も減れば許容内に収まるなど


エナジーライガーのブレード攻撃の比較がブレードライガーってのを考えると、実はタキオンシステムなしのエナジーの性能は実はゼロに毛が生えたレベルなのかもしれないと思えました

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
まぁ、野生体を捕獲さえすれば改造は幾らでもできるんでしょうね。
その野生体を効率的に捕獲する作戦が確立された時点で量産の問題は解決するのかも…。

中央大陸完全陥落以後に作られたギガは養殖者かも知れませんねぇ。
その辺の事情も考えると面白いですよね。
この辺は考えれば考えるほど見解が出てきますね。
同人誌で見解をまとめられるようにがんばります!

>No Nameさん
たしかにハッキリとは書かれていないので「おそらく」レベルなんですよね、、、。
新記事で見解を出しましたのでどうぞ!

>No Nameさん
帝国軍はOS技術でリードしていましたね。
西方大陸戦争戦勝、そしてガイロス帝国と同盟を組んだことからOSでコアを培養する技術などを得たのかもしれませんね。
ガイロス帝国軍は度の程度まで共和国軍に協力していたのかなども考えていきたいです。

増産の方針は仰るとおり各国の思想に差があったと思います。
年代と共に徐々に変化はすると思いますが、基本としては仰るとおりの内容だと思いました。

・・・ウルトラは種の保存の為に増産して欲しいなぁ……。

レイのゼロが最後まで同じ個体だったというのは燃える想像ですね!
それはぜひそうであって欲しいなぁ。

イクスについても全くその通りだと思いました。
ライガーゼロだから全部同じ、ではなくて、様々な事情があると考えると面白いですねえ。

>やまさん
「必要だから国力を超えてでも作らせる」というのは戦時中においてはままありますね・・・。
そうしてしまう国と言うのは負けた後が大変になってしまう・・・。

>No Nameさん
「ゴジュラスも古くから神族に」というのはゾイドヒストリーファイルですね。
、、、私は実はあの本はあまり信用していなかったりします。
分かりやすいところでいえば国家分裂時に帝国側がもっともっと後の時代に完成したはずのゾイドを引き連れていたりします。

あとゴジュラスの初期のあの荒々しさを見るとやはり完全野性体と思えてなりません。

ライガーゼロの完全野生は初期ロットのみ…というのはゾイドの寿命(成長に最低でも数十年)を考えると難しそうな気がします。
一方でOSなどで無理やり成長させたとすればアリな考えだと思いました。

>Fさん
シールドライガーのコアでライガーゼロ!
た、確かにそれは有りそうな見解です!
思えば改造機で昔はディバイソンと合体したりもしていました。
そういうのに比べればライガーゼロの外観になるなんて全く問題がない気がします。
生産ラインもゼロの部品に集中できれば効率が上がるだろうしなぁ。
これは面白い説です!

>K・I・Fさん
エースだから目立っていた説も捨てがたいですよねー。
あとB-CASに対応する為の強度なんかもなるほどと思いました。
先ほどのFさんの投降内容なんかも照らし合わせて見解を導いていきたいですねー。

>デスペラードさん
ケーニッヒは「主力にするつもりだった」 のは確かでしょうね。
しかし現実は厳しかった……。

タキオンシステムを外したエナジーはゼロに近い性能しかないのは私も同じ意見です。
あの機体は5分間の全力稼働時間をいかにいかすかにかかっていると思います。
その5分を耐え切れば勝てる。ギガなら耐える。
ただしゼロは同タイプだけに逃げ切ることは難しい。そういうことだと思います。
結局そういう使用を完成させているのでエナジーが恐るべき期待であるという評価は覆らないかなーと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント