錆びとり合戦

先日、初期版のゴドスをゲットした記事を書きました。


1984年に発売された当初のゴドス。
イグアン発売より前のロットのゴドスは少し形が違う。
一番分かりやすいところでは、




上が初期版、下が後期版。
ゼンマイの金具形状が違う。それに伴いプラパーツの形も若干違うということです。

この貴重な初期ロットゴドスをゲットして意気揚々としていたのですが、


非常に残念なことにゼンマイの金具が錆びている。
これが大きな問題でした。

そこで……、


磨いた!


反対側も磨いた!

完璧ではないものの、これで見違えるレベルで綺麗になりました。
さびを落としたのは初めてですが、まぁ良い感じになったかな?

やり方は強引です。
綺麗にする方法も教えて頂いたりしていたんですが、「安くあげよう、失敗しそうならその時に器具を買おう」の精神で家の中にあるもので挑戦しました。

方法は、2000番の紙やすりで磨いただけです。
ただし根気はいります。片面30分くらい磨いたんじゃないかな。全体が均一に磨けるようにしなきゃいけません。
(何も考えずにこすると端の方ばかり削れる)

あと、単なる金属というより「ゼンマイ」という部品の集合体なので、あまり力をこめすぎるとぶっ壊れる。
なので、やさしく、でも力を込めてやするのがポイントですね。

これで上手くいかなかったら器具を買おうと思っていたんですが、どうやらその心配はなさそうかな。
この後、更に目の細かいコンパウンドで磨けばほぼ完璧になると思います。

ちなみに磨いたのは上面のみ。側面はプラパーツを組めば見えなくなるので、曇りはありますが、そのままにしています。
金属を磨いたので錆び止めスプレーとかした方がいいのかなぁ…。その辺はもう少し調べてみようと思います。

コンパウンドが完了したら、組み立てて復元完了までもっていきたいです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

タイトルの「錆とり合戦」にちょっとクスリと笑いました。
次は「錆取物語」でいきましょう(笑

むかし、むかし、あるところに錆取りの三式とふものありけり。
自室にこもりて錆をとりつつ、ぞいどのことに使いけり。

No title

フフ、無心で磨きここまできました。
ここからがまた長いんですが、物語を続けて参りましょう。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント