26話!!!!!!!

26話でした!

やはり今回も盛り上がる展開で良い感じでした。
物語がどんどん加速している!!


さてオメガレックスはラプス島を脱出し秘密基地に向かった。
連合軍の必死の捜索にも拘わらず、その位置は不明だという……。


空と海からの捜索が良い感じ。

そういえばオメガレックスは泳いで島から離脱したんですよね。
ゾイドってデスザウラーが海を渡ってウルトラ艦体と戦った事があるし(バトスト3巻)、その気になれば泳げる機種が多いのだろうか。
やっぱり生物なので水に浮くのだろうか。
マッドサンダーも「どう見ても無理やろ」としか言えないミニフロートを付けただけで暗黒大陸まで泳げるようになるからなぁ…。

コマンドウルフやハンターウルフは犬かきとかもできるのかな。
もちろん専用の水上/水中用ゾイドに勝てるわけじゃないけど、一応は移動程度ならできる機種が多いのかも。
ゾイドの有効性の一つか。

話が逸れてきたので戻します。


連合部隊は対策会議中であった。
こういうシーンがあるのは良いな。
会議の中で、オメガレックスの元に「軽く一個師団を超える」という戦力が集結している事が判明する。
シーガルの元部下だ。

……けっこうシーガル派って多いんだな。
なんだかんだいって准将という地位にふさわしい人望はあったのかも……。
また彼のような強硬派は同調する者は激しく支持するだろうしなぁ。


会議にはシェリー大佐の姿も!
オメガレックス対策のために本音の意見を臆さず述べる姿がステキ。

「ジェノスピノ復活」

やはりこれがきましたね。
しかしこの意見を述べるのは勇気が必要だったはず。
なにしろあの破壊獣を…。

現在ゾイドコアが破壊されているんですが、これの修復は可能なんだろうか?
まぁ物語の展開としては「修復される」とは思うんですが、その方法はどうやって?
「オーガノイド」でも居れば可能だと思いますが……。
作中でどのように修復が進むかに注目です。

ハント大佐はまた、ジェノスピノのライダーは共和国側から選出するとも言い切る。
ハント大佐とても良いなぁ。
リスクは承知で、しかし最も現実的なプランを臆さずに述べる。
反論にも毅然として意見を重ねる姿が気持ち良い。その内容は簡潔で分かりやすく正論でもある。
大佐に相応しい豪胆さ。リーダーに相応しい器だと思います。
これからディアス中佐にも勝るとも劣らない活躍を期待しています。

どちらかというとディアス中佐は優しい…というより甘い。
しかしハント大佐はその辺厳しそうでもある。
レオは民間人である。ディアス中佐は優先して守る。
でもハント大佐の場合はレオの技量や志を認めつつも「戦闘に参加するなら自分の命は自分で守れ」というスタンスになるんじゃないかな。
そういう展開も見てみたいです。


会議の一方、あの男を巡る戦いもあった。
そう、アルドリッジ!


ファングタイガーは健在!
凄いじゃないですか。あのガトリングフォックスの一斉射撃を受けて無事って。
一斉射撃を受けた後は「サリー誘拐」からみんなその場を離れていた。放置されたファングタイガーが自己修復して動けるようになったのかも……。

アルドリッジは追撃部隊に包囲されもはや絶体絶命……かと思いきや、ドライパンサーの援護で辛くも脱出に成功する。
うーん、味方にならないかと思っていたら、あくまで敵側に居るようだ。


オメガレックスを見て「凄いなぁ」「俺が操縦するのか」と上機嫌になっていたので、あ…、これはもうアルドリッジはダメかもわからんねと思いました。
あんたいい加減に懲りろよ!
もはや味方になる路線は諦めた。おバカな敵役でこれからも頑張って欲しい!



ファングタイガー追撃時のレオとリュック隊長部隊の協力は「おぉ」となりました。
最近ホントにリュック隊長が良い感じのキャラになってきた。

「民間人」と呼びつつも、少しずつレオを認めているリュック隊長はいい人だな。
本作では様々な立場のキャラが登場する。
それぞれ違う価値観がある。でも、そんな多彩な人たちが「ゾイド乗り」である事を通じて互いを認め合っていく感じがとても素敵です。


さて、事態は連合軍にとって芳しくない。オメガレックスは行方不明だし、アルドリッジも逃がした。
しかし一方、ランド博士側にも懸念があった。
「オメガレックス復活」これはランド博士も障害と認識する所だったようで、残骸の破壊を目的にした大部隊を差し向けた。

襲撃に苦戦する連合部隊。
だが、共和国軍が新たに復元した最新鋭機「ソニックバード」の大活躍もあり、どうにかそれは未然に防がれたのだった……。


という事で26話でしたが、今回もとても良かった!!!!
オメガレックスの行方を軸に緊迫した展開が続く。

会議で軍事的な所を見せつつ、レオとリュック隊長のちょっと認め合う所を描いたり、ハント大佐の毅然とした姿を描いたり。
とても濃い中身だったと思います。

アルドリッジは味方になるチャンスを永遠に失したかな……。
と同時に、これはもうおバカだと。
そろそろ自分が捨て駒にされてる事に気付いた方がええで……と思ってしまった。
(スピーゲルは分かってる気もする……)

しかし、敵側ならばそれはそれで。
何度でも調子に乗ってもらいましょう。
「そんな攻撃がきくかぁぁぁ!」と機体性能に頼ったあげく、扱いきれずに侵食される絶望を味わって頂きましょう。
その後やっぱり懲りない所までがセットで。


ソニックバードはカッコ良い!!
お手本のようなアピール回でもありました。

そして乗り手はジェイク!
軍人になりつつも、一方でノリは相変わらずあの時のまま。
良い感じでした。

ジェイクはなー。
宇宙を目指すと言っていたけど、やっぱり空への憧れが強かったのかな。
裏を読むと、共和国軍としては「スカウトしたい高い技量」「共和国の軍事機密に触れた」の二点から猛烈にスカウトしたんじゃないかな。
後者は深刻ですね。
もしジェイクが入隊をあくまで拒んだら、多少強引な手が必要になっていたかも……。
そうなる事もなく、うまく楽しませている共和国軍は上手いことやったと言えるかも。


内容が非常に濃かったので、例によって今回は感想vol.1です。
ランド博士の事、両軍の関係のことなどなど、次の感想で更に書いていきたいです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

そういえば

ワイルドゾイドはコアの移植に関してあまり言及された事がなかったような。
ジェノスピノ幼生体みたいのがいて、そこからコアを準備したらいけるのか。
発掘される骨格は成体の物ばかりなのかというのも気になります。

No title

いやー、ソニックバードかっちょよかったですね!!!!!
翼を畳んだ高速飛行形態は、いわゆる槍ギャオスみたいで怪獣好きとしてはちょっと感激。
機動テストで縦横無尽に飛び回る勇姿は飛翔感溢れまくって素晴らしい!
これは人気が出ますよ。

色とデザインからキットでは「サラマンダー」的なイメージが強いのですが、アニメでは演出的には「ストームソーダー」ポジですね。無印ではストソは超航空迎撃のため宇宙に言ったようなモノだから、ジェイクの宇宙を目指すというのもあながち嘘にならないかも。

アニメ前半の捜索と国連っぽい会議は、ゴジラ映画っぽさが強い描写でしたね。巨大ゾイドが相手だと、怪獣映画的な展開はありでしょう。怪獣と考えると海を移動するのも自然ですね。ジェノスピノ戦で湖を渡ってくることを想定しなかったのには疑問が残りますが…

レオとリュックの掛け合いは、大先輩(無印主人公)と新人(ワイルドZERO主人公)の会話と考えると興味深いですね。レオを庇ったり、対策会議で責任逃れをしないリュックの株はまた上がりますね。

そしてリュックのキャノンブルは見事に背中のユニットだけが外れましたね。これがパワーアップの伏線だと嬉しいのですが、どうですかねぇ〜。

兵士が反乱する理由

≫オメガレックスの元に「軽く一個師団を超える」という戦力が集結
 個々の兵士はなぜに反乱へ参加したのか?
今後の展開で掘り下げてほしいですね。
まさか全員が、アルドリッジのように「軍内で失敗して、居場所がない」+「おバカ」ではないでしょうから。

No title

重要な会議なのですが、文官が参加していませんね。
純粋に軍事行動の作戦会議ならわかるのですが、国家の命運を左右する外交交渉という方がよいような議題だったように思います。
これを軍人だけで決定するとは、両国ともかなりの軍事国家ですな、と思いました。

昔の無印では、宰相とか摂政とか、必ずしも武官ではないと解釈できる国家首脳部も出ていましたね(まあ、宰相とか摂政とかも軍人出身者がやっている、という可能性はありますが、一応立場上は軍隊を代表しているわけではない)。
今シリーズの国家体制、政治体制はどうなっているのか、気になりました。

そういうと、共和国大統領はどうやって選ばれるのか、帝国は世襲なのか、選挙王政なのか、いろいろ気になる点は出てきます。世襲とすると、どういう系譜なのかなーと気になりますね!

No title

>アングラーさん
コアは修復の方向で動いているようですね。
それができるって凄い…。
発掘されるのは確かに成体ばかりですね。
ただ、子供のものは小さすぎて戦力にならないから使われていないだけかも。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ソニックバードはカッコ良すぎ!
空戦をあれほど上手くカッコ良く描いたカメラワーク大絶賛です。
きびきびと動くソニックバードと、対照的に自由気ままなジェイクの対比もGOOD。

会議と戦闘のバランスもとても良かったです。
分かりやすく。なおかつ緊迫感や国という単位を上手く示す構成が良いぞー。

リュック隊長は最近お株が上昇しすぎです。
今後も活躍して欲しい。彼にしかできない生真面目な軍人としての見せ方をこれからも期待しています。

>アンキロさん
最新話を見た時点で真相が明かされましたが、今話を見た段階では「強硬派」だったと思っていました。
軍の中には、「これだけの兵力があれば実力行使で目的を達する事ができる。なぜしない!?」と考える派閥は生まれるものです。また、それはえてして強硬な手段に出やすい傾向にあります。

>すさん
まぁ軍事国家でしょうね。それは間違いないと思います。
惑星Ziに居た頃も戦っていたようだし。

あと、両軍が連合を組んでいるという状況ではありますが、その事態は「オメガレックス排除」という単純明快なものです。そして軍にしかできないものである。
それゆえ政治家が出てきてややこしくするよりは軍人でという流れは不自然ではないと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント