24話追加その1

新キット紹介……の前に、アニメ24話の追加です。
(キットは鋭意遊んでます)

24話はホントに色んな要素がありました。
燃える展開だった。
今まで色んなことがあった旅。その中で出会った仲間や強敵が一堂に会し、史上最強のオメガレックスに向かう。
何という盛り上がる展開だろう。
最初の感想にも書きましたが、これ最終回か? と思ってしまうほどの盛り上がりです。

前回のジェノスピノ戦はギレルの協力などはあったけど、やはり「共和国VSジェノスピノ」という感じだった。
それが今回は「共和国&帝国臨時連合軍VSオメガレックス」なのだから、よりいっそうテンションが高まります。

両軍の精鋭はすごい迫力。しかし荷電粒子砲の威力を知っている者としては不吉な予感を感じずにはいれないんですが…、どうなるでしょうか。

さて最終回っぽいと書きましたが、まだまだ話は続いていくハズ。
この先はソニックバードの登場もあるだろうし。
あと、物語で謎の要素と言えばレオの父のコンラッド教授でしょうか。父もどこかで物語に関わってくるものと思います。
そういうわけで、この先もまだまだ続くはずです。
楽しみで仕方ない!


レオとサリーの関係について、今回の脱出時から恋心が生まれたのでは…と書きました。
サリーは捕まってから感情が揺さぶられまくったでしょう。
そんな時に、いつでも真っ直ぐに自分の元に来てくれるレオを見たのだから、そりゃ。

今後は両者の関係についての描写も増えていくといいなー、と。

ところで、レオはなぜサリーにこんなにも一生懸命なんだろう、という疑問はちょっとあります。
ワイルドZEROは全体的に作風が「天空の城ラピュタ」に近いと思っています。
ボーイミーツガール。出会いから壮大な物語が始まる。
レオとパズーも似てると思います。何事も真っ直ぐに立ち向かう所が。

ただしパズーは「ラピュタを追う」という大きな目標があって、そこにシータと出会ったのでああなった所もあると思う。
レオは…なんだろう。
最初からライガーはもっていたし、強い絆で結ばれていた。
もちろん正義感が強いので帝国に追われるサリー(一話)を見て助けたいと思ったのは当然の感情だと思いますが、あそこまで一生懸命になる事には何か理由があるのかな…とも思っています。
自らの危険をかえりみず、一切の迷いさえなくサリーの為に動いている。すごい事です。
その理由が明かされると良いなぁとも思っています。

まぁ、「深い理由なんてない。恥ずかしいから言わなかっただけで、実は最初に見た時から惚れてたんだ…」とかだったらそれはそれでとても良いと思うんですが!

24話はまだまだ書きたいことがあります。
次はランド博士やメルビル少尉やシーガル元准将について書いていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

>キットは鋭意遊んでます
「鋭意」のこんな使い方は初めてみました(わははw

>荷電粒子砲の威力を知っている者としては不吉な予感を感じずにはいれないんですが…
残念ながらその予感は当たるでしょうね…
お客様の中にマッドサンダーはいらっしゃいませんかー!?


今回、サリーに恋心が生まれたというのは私としては疑問符です。
脱出の時にペンダントを気にしている表情から、憧れの異性に対する意識は十分にはレオに向いていないと読みます。私の観点ではまだ「兄と妹」ぐらいの感じでしょうか。

レオの側も(いつからそんな感覚を覚えているのかはわかりませんが)単身救出に向かう「お兄ちゃんなんだから、妹を守らなくちゃ」という気持ちだと思います。ギレルに「あんたに任せず、俺が行けば良かった」という台詞も、それで説明がつくと思います。

No title

荷電粒子砲、、、トリケラドゴスでは防げないだろうなぁ、、、、。というか大きさも違い過ぎるし。

サリーの恋心には懐疑的ですかー。
しかし兄弟にしてはずいぶん特別な感じがするというか、兄弟と恋愛対象の間くらいな感じもします。
そして今回でそれが一歩進んだと思いました。
まぁ、なんにしてもあれですよ。
わたしゃラブラブなシーンを見たいんだよ! って事で(笑
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント