復興の立役者

こちらの続きです。今回はガイロス帝国について考えたいと思います。



これは第一次大陸間戦争の地形。
グランドカタストロフ後は…、


大陸が割れた。
凄いもんです。まさに地殻変動……。

さて暗黒大陸ですが、旧大戦時はニクス地方の南の一部が示されるのみでした。


こんな感じでした。
おそらく当時の暗黒大陸の中で最も人口が多く栄えているのがこの地方だったのだと思います。
何故かというと南寄りなため、寒い暗黒大陸の中ではまだしも過ごしやしであろう為です。

逆にトュルク地方は人は住んでいないわけではないが、まばらな程度だったんじゃないかな。
だからあまり触れられなかった。
(未知の野生体生息域や古代遺跡はありそうな気もしますが)

グランドカタストロフ後の暗黒大陸は、ニクス地方はヴァルハラを首都とし割と全域に活気があるように感じます。
対してトュルクは全域が廃墟と化しているという……。



これは以前も書きましたが、ガイロス帝国はトュルク復興を放棄しニクスに全民を集め集中的に復興したのかも。
その結果、とても効率的な動きが採れた。

対する共和国は全域を復興した。


さてガイロス帝国の復興というと、極めて重要なのが「ゴリラ型ゾイド」の存在だと思います。
幸運にもガイロス帝国にはまとまった数のアイアンコングが居た。
ハンマーロックも居た(キット発売は遅れたが、西方大陸開戦時からその姿が確認できる)。
ゴーレムもアタックコングも居た。
長い腕で器用に作業をこなすこれらのゾイドが復興を強力に支援したのは想像に難くありません。



ヘリック共和国には同様のゾイドは残念ながら居なかったなぁ…。
ゴジュラスはパワーはあるけど作業にはあまり向かない…。ディバイソンもゴルドスも同様。
強いて言えばゾイドマンモスがある程度の作業ができるかな。
しかしアイアンコングに比べれば雲泥の差…。

復興の効率化+ゴリラ型ゾイドの存在。これがガイロス帝国軍の強さの秘密なのかも。

復興を効率化させた上に作業用に最適なゾイドが居た。しかもそのゾイドは復興を終えれば直ちに戦闘ゾイドとして扱えた。
この期間の大きなキーワードはゴリラ型ゾイドであると思いました。

さすがは帝国最良ゾイドの誉れも高いアイアンコング。そしてその血筋を引く各ゾイドです。
戦闘での強さ、作業用ゾイドとしての優秀さ、グランドカタストロフを生き延びる種としての生命力の強さ。
まさに万能に相応しいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

近年、気候変動の影響で凍土が溶け出し
まだ見ぬ古代生物が姿を現しつつあります。

20から30年ほど前にはこれを生かしたマンモス復活プロジェクトが組まれてもいました。

夢のある話ですね。

ゾイドでも似たような話があるかもしれません。
となると暗黒大陸は可能性の土地になります。

オーガノイドがあるので少々死んでても復元できますしね。
古代遺跡もあるようですし何気に土地の脅威度はすさまじいです。

No title

共和国が全域を復興したことには、大陸そのものに肥沃で魅力があった事と、ヘリックVSゼネバスの裏でもあった民族間の争いが影響しているのではないかなとも考えました。
ガイロスのようにどこかに集約してしまえばもっと効率の良い復興が行えたのかも知れませんが、そうすれば再びヘリック共和国は分断の危機です。
少数民族から「私達の土地は見捨ててゼネバスを滅ぼした時のように多数による圧政を行うのか」というそしりは免れません。
それは、当時のヘリック共和国からすれば避けたかったのではないでしょうか。
学びもせずに二の轍を踏むことだけは。
そして、そうして全土を復興することこそが、中央大陸の平定に繋がったという見方も出来るのではないかと考えました。
だからこそ、後にレイ・グレッグのようにゼネバスの民でありながらも共和国のために遺恨なく戦うものも出て来れたのではないかと。

共和国としては、自ら再び反乱の目を撒くのだけは避けたかったのだと考えるのです。

No title

>NoNameさん
現在はともかく将来的には極めて可能性の高い土地と言えますね。
とはいえ戦争をやっていれば「現在」が重要になってくるから本文のような状態になったと推測します。

この地の古代遺跡はあまり調査されていないので、今後の進展に期待したいですね。

>やまさん
書かれている事、全面的に賛成です。
まさにその通りと思いました。
一見して当然に思える行いも、深く見れば極めて高度な政治的判断がされていると思うと深いものですねぇ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント