EZ-017~22

今日の色変え

EZ-017イグアン

色が濃くなって強そうになったイグアンです。
いかにも量産兵器、歩兵ゾイドといった色だったメカ生体仕様と違い、一機でかなり強そうなイメージがする。
新世紀イグアンはなー。箱裏活躍図がめちゃくちゃ強そうで悪そうで。


顔を少し傾けてるのが効果抜群。凄く印象に残っている一コマです。
ゴドスじゃ勝てねぇ…と思ったもんです。


EZ-018サイカーチス

イグアンと同じく、やはり銀→ガンメタルになっていますが、メカ生体時から銀と赤が反転しています。
これはこれで良い感じ。
新世紀ではバトストよりも漫画版の三機編隊の活躍が印象深かったなー。
ヘリ系ゾイドの特性をこの上なく活かした見事な戦法でした。


EZ-021デスザウラー

メカ生体時のイメージからほとんど変わっていませんが、色は装甲・メカ部分共に濃くなっています。
非常に強そうなイメージ!
装甲の色はこっちの方が好きです。
赤い部分は特別機感のあるメカ生体版も良いし、落ち着いた新世紀版も良いし。甲乙つけがたいです。
キャップは灰色なので、当時「トビー・ダンカン仕様みたい!」と思ていたなあ。


EZ-022ゲーター

ゲーターはすさまじく色が変わりました。
当時は凄い違和感があったな……。せめて赤ければなあと思っていたんですが。
ま、でも「ガイロス帝国」だしこれはこれで。
「対ゾイド戦は苦手」なゾイドなので、他の機とは色のイメージを大きく変えたのかな。


~メカ生体版と共に~

イグアン



ヘルキャット


デスザウラー


ゲーター


EZ-017~22でした!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

パジャマトリッパー

このラインナップが発売されたのは99年の秋の終わりの頃でしたね。

兎に角売り場のゼンマイ機体の割合がピークの時期でおもちゃ屋のゾイドコーナーは壮観でした。

学校の帰りにハローマックで買ったのですが、とてもメルヘンチックでセンチな曲が流れていました。

最近ハローマックのtwitterが話題で覗いてみたら、私がこの時聞いた曲はパジャマトリッパーという事が分かりました。この時期にリリースしたばかりの新曲だったそうです。

と、脱線してしまいましたが、ゲーターとカノントータスが同じ値段でしたのでゲーターの売れ行きは苦戦したのでは無いでしょうか?箱の厚みが全然違った気が……

パワーユニットゾイドで箱が最厚だったのはシーパンツァーでしょうか?殻パーツの形状から仕方無かったのでしょう。

実際キットが一番大きいのはマルダーかステルスバイパーのどちらかの様に思いました。シュトルヒは580円並み。

No title

改めて色を見ると旧時代と現代という感じがします。

ゲーターは地味に対人、対陣地戦という役割が与えられてましたね。
活躍シーンは箱裏だけでしたが新世紀の初期はこういった描写や記述がとても丁寧でワクワクしました。

死と紅の目覚め

こんばんは。
新世紀版のデスザウラーは私のゾイドデビューで、なおかつ私の常識を色々覆したキャラクターでした。
まず名前。それまでは「死」が怖くてたまらなかったのですが、デスザウラーを見た時に、同時に途方も無い強さと憧れの対象になりました。それにしてもよっぽど強くない限り「デス」って単語はゾイドには付きませんね。そんじょそこらのシリーズでは安易に「デス○○」ってつけてしまうことがよくありますが。
あとは黒とベストマッチな濃き紅色!!主役ではまず使われないだろう禍々しい色合い。今まで青系統が好きだった私に中二心を目覚めさせたと記憶しております。それ以来、赤の中でも濃き紅色、後に旧メカ生体のデスザウラーと同じく朱色が好きになりました。

No title

新世紀の帝国軍のカラーリング統一感がありますね
ただゲーターとレドラーは紫メインって感じですね・・・なんでだろう、のちのジェノザウラーカラーへの布石ですかね?

イグアンの強キャラ感はなるほど強そうです
新世紀だとゴドスとの力関係はどうだったんでしょう
メカ生命体の頃は初期こそイグアン有利でしたけど中盤では互角だったような?

サイカーチスがアニメ未登場ってのは不遇です
同機のダブルソーダはあんなにおっきくでてたのに・・・なぜだ

デスザウラーは伝説のゾイド的な扱い受けてましたけど・・・
メカ生命体の頃を知ってからはギルベイダーのが強いんじゃ?って思いましたね、まぁデスザウラーでも十分脅威ではあることに違わないですけど

ゲーターが数でゴルドスに対抗してたのはおもしろい設定だったと思います
けどディメトロドンはどうした?って感じでしたね、当時
まさか後々復活するとは思ってませんでしたけど

No title

>kageさん
街のおもちゃ屋さん!その一角がゾイドで埋まっていましたね。
パジャマトリッパーは「ハーローハーローハローマック!」っていうアレですね。
懐かしいなあ。webストアでいいから復活しないかなあ…。

カノントータスは箱が分厚いですね。他は同じだったと思います。
シーパンツァーも他と同じだったと思います。ギチギチではありますが。

>No Nameさん
初期は「一気に再販した」という事情ゆえに一機一機を丁寧に解説する余裕がない。
そこで箱裏の活躍シーン写真などで「ユーザーが最大限に想像出来る描写」を心がけていたと思います。
逆に発売ペースが落ちた後はストーリーで一機にかける描写の量が増える。つまり文章などで容易に補えるから、活躍シーン写真は特に世界観を広げるというよりヒーロー性を強調した単純にカッコいい写真になっていったと思います。

>スサイド生田さん
デスザウラーのデスにはとてつもない重みがありますよねー。
次いでデススティンガーにも重みがあるかな。
デスピオンは・・・どうかな?
色はメカ生体、新世紀共に凄く好きです。
黒赤であればこそデスザウラーですね。
(といいつつ暗黒カラーとかも好き)

>ヒューイさん
ゲーターはガイロスパープルですね。
ジェノザウラーとの繋がりはあまり無さそうなんですが、なんででしょうね?
不思議。

新世紀でのゴドスとイグアンはイグアン優位です。

1:イグアン登場時期→イグアン優位
2:D-DAY以降→互角(おそらくゴドスが強化された)
3:新世紀→イグアン優位(両機とも強化されたがイグアンがより強化された)
という感じですね。

ギル・ベイダーはとてつもなく強いゾイドですが、会戦の雌雄を最終的に決するのは陸上機です。
なのでギルは単独としては強いゾイドに過ぎない。デスザウラーを筆頭に地上戦で完全制圧するゾイドが居てこそ意味のあるゾイドでもあります。
ガイロス帝国はデスザウラー復活の後にはギル復活も計画していたでしょうねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント