その俊足が仲間のピンチを救う

以前に描いていたライトニングサイクスの線画…


これに色を付けました。


グレートサーベルに近いカラーでカッコいい。

ついでにアーバイン仕様も。

目の色が違うだけやんか! と言われそうですがそれが重要なんですよね。
当時、オレンジキャノピーが発売されなかったのが惜しまれるなあ。
(ゾイドワイルドだと抽プレ100名になってそう)

ライトニングサイクスは公開された最初の写真を見て「おおお!これはなかなかカッコいいのがきたやんか!!」とテンションが上がっていたのを覚えています。
背中の砲がデカすぎんか? と思った以外はかなり好感触で。
発売日は張り切ってジャスコに行ったのでした。

んで買って開けたら赤がパーツじゃなくて塗装表現だったこと。その塗装の具合が厚ぼったいわはみ出しまくってるわ…数ある塗装済みパーツの中でも最悪な部類に入るもので激しく落胆した記憶が色濃いです。
期待していた分、凄く裏切られた感覚が強かったなぁ…。

デザインはホントにイイと思います。
ボディが高速ゾイドらしく装甲を最低限にしてる感じが特に好きです。
当時は頭部デザインは猫科というより爬虫類のようだ…と思っていたんですが、今はスピード感を求めた結果だろうと解釈していて好きになりました。
塗装済みパーツの仕様が完成度を下げたのが本当に惜しいなぁ。
当時はアニメがやっていたのでキットの完成も最短時間で、となっていたのだとは思いますが。


ハスブロ版だと確かこんな色になっていたような…。
これはこれでカッコいい。

あとゾイドバトラー雷牙では天城理央たんの愛機になっていたのも覚えています。

線画だけ書いて色付けしていないものも多いので…、順次つけていかねば。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ライトニングサイクスはちょっと安かったですよね。
まさかこの辺りが雑いから安かったのでは・・・と邪推していまいます。
HMM版は完璧でめっちゃくちゃカッコいいですよ。

No title

HMMライトニングサイクス アーバイン仕様では、オレンジ色のキャノピーになっているんですよねー。
ライトニングサイクスも折を見て再生産して欲しいなあ。線画を見ていたら、また欲しくなってしまいました。

ライトニングサイクスは、きゃしゃなくらいに細いのがチーターを現していますよね。
当時のゾイドはあちこちで塗装処理をしていた気がします。
ライトニングサイクスもその一環ですね。

あと、コントローラーで動かせましたよね。デススティンガー共々。
結構遊びの幅の広いゾイドでした。

そういえば、HMMゾイドとかの設定を見ると、いまいちライトニングサイクスの強さが一定しなかったりしましたね。
HMMが出るまではセイバータイガーよりライトニングサイクスの方が後発ですしファンブックのパラメータの記述的にも強く表記されていたので後継になったのかと思っていたら、HMMではセイバータイガーのサポートに回っていたような記述があって。
……どうなんでしょうね?

No title

ライトニングサイクスはアニメとの相性が良くて話もよくできていたですね
CMの「仲間のピンチ」もバトストでの初出撃の撤退支援である点からアニメと両方につじつまの合う出来でした

No title

いつぞやのゾイドの歴史においてアニメと並行してのキッドの開発による弊害とやらがあったのかもしれませんね・・・
自分は今も手元にあるのですが特にきにはしてませんでしたけど

No title

高速機機らしい独特のフォルムのサイクス格好いいんですけどね、やっぱり背中の砲塔が大きすぎます。
ライガーMk-2はそれなりに説得力あったのですが、「新鋭の超高速機」が最初から巨大砲を背負っていたら、ちょっと速そうに見えないです。かつてのウイングライダーは高速機らしさを失わないバランスが上手かったなと思います。まあ、砲塔が電池ボックス兼ねているので小型化は簡単では無いでしょうが。

あと、全体としては格好いいのですが、顔のデザインや収納できる爪などが…モチーフのチーターらしくないというのも惜しいです。素直に「クロヒョウ型」にして、当初の設定通りにヘルキャットの後継機的なステルス機にした方が良かったかもしれませぬ…

貴重な「ライガーでもタイガーでもウルフでもない猛獣型高速ゾイド」なので、ガルタイガーみたいに黄色ベースで色塗ったら、少しはチーターっぽくなって印象深くなったでしょうか?(笑

No title

いざ線画にしてみてみると、首の長いライジャー感が半端ないですね。
帝国の高速機の系譜を垣間見えるゾイドかもしれません。

背中の砲塔については、必要な攻撃力を確保するためにはこれくらいしなけりゃいけないのだなと、当時は妙な納得をしていた記憶があります。
アニメを見ていた当時としては、アーバインのコマンドウルフの後継機という認識でした。
だから背中にゴツい砲塔を乗っけていても、違和感なく受け入れられたのだと思います。
逆にアニメ放映当時に背中がすっきりしたサイクスを見せられても、おそらく当時の私は納得しなかったのであるまいか(笑)

アニメ放映時にいの一番でキットを購入した友人がいましたが、目の色が気に入らないといいつつマジックで塗りつぶして大惨事になっていたのを思い出します。

No title

>No Nameさん
そう、ちょっとだけ安かったですね。
まあキャップも小型だし扱いはストソと同じ「中型」ですからね。
塗りは残念でした。
それだけのガンスナと同じくHMM版の造形は良かったです。ただ一点だけ「?」があるとすれば胸部インテークの内部に衝撃砲があったことかな。。。機能的に考えてこれはどうなのかなーと思いました。
まあ収納しておけば良いという話ではありますが。

>やまさん
HMMは気が効いていますね! ホントに最高です。
目もそうなんですが、拘束具をまさか立体化するとは。

塗装は当時の標準仕様とも言えますね。
その中でライトニングサイクスはハンマーヘッドと並んで塗りが汚かったと覚えています。

ゾイコンは二種類動かせるだけでしたっけ。
ストソには対応していないんですよね。これ、ちょっと寂しかったです。

強さはHMM版で混乱しましたよね。
短時間勝負ならサイクス。ただし長時間の勝負になればパワーのあるタイガー優位なのかな?

>デスペラードさん
キャッチコピーは新世紀の最高レベルといっていいほどかっこよくて痺れますね!

>ヒューイさん
ライトニングサイクスのトミーキットは確実に開発期間の弊害があったと思います。
ちょっと従来では考えられない位に仕上げが荒い…。
まるで試作品のパーツ割のようです。
本来はあそこから更にパーツ分けを構築して仕上げると思います。
惜しい…。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
背中の砲は高速気にあるまじき巨大さですよねー。
ウイングを付けたりと、どうにか違和感をなくそうという努力はしてあるのですが。

大きさは電池ボックスを兼ねたとはいえ「TSユニット」並の大きさにはできると思うので、ちょっとでかくしすぎた感じはします。

爪については同感です。
爪収納ギミックを、よりによってネコ科で唯一だけ爪がしまえないチーターに付けるのか…? という所は爪だけに詰めが甘いですな。

>makiさん
デザインの流れが見えるのは興味深いですね。
砲については長砲身で高速気に似合う装備にした努力が見える点は用と思います。

アニメを見ているとコマンドウルフの後継機のイメージになるでしょうね。
そういえば砲塔も「アーバイン仕様」を見ていたら違和感ないサイズかも…。

マジックの失敗は良く分かります!
私も小学生の頃は色んな失敗をしたものです。
ゾイドじゃないんですがプラレールの新幹線にカッコいいマークを描こうとして油性マジックで取り返しの付かないことをしたり・・・・。
ゾイドでも、コックピットがパカパカゆるくなってきたのでアロンアルファで接着したら霜がたって大変な事になったり・・・。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント