漫画版機獣新世紀ゾイド

ゾイドワイルド関連も熱いけど、もう一つド熱いのが漫画版機獣新世紀ゾイドの新装版ではないでしょうか!
今日は漫画版の話です。

コロコロオンライン

新装版・・・完全版・・・。
ボンボンの漫画はけっこう復刻完全版が出る事が多い印象なんですが(ロックマンXとか)、コロコロだと比較的珍しいんじゃないかな。
とにかく喜ばしい事です。



もちろんてんとう虫コミックス版は全巻あるんですが、新装版も購入予定。


そうそう、1巻にはオマケのシールが付いてたんだよなー。懐かしい。


裏表紙がキットの販促を兼ねてたりするのがゾイド漫画らしい。
「特攻ゾイド少年隊」「コマンダーTERU」なんかもゾイドキットの写真が表紙や裏表紙に使われていますね。

新装版の作業は現在進められているという事で。
連載があった頃のコロコロを見ると…


主にカラーイラスト。単行本未収録のカラーイラストが非常に多くあるんですよね。
これが今まで埋もれたままになっていた…。これが(おそらく)蘇るというのは熱い事です。


~漫画版の思い出とか~

最初に見たのはネットでした。
当時、一話が当時のコロコロ公式ページでネット先行公開されていたのであります。
ネット先行公開は1999年当時としてはかなり先進的な試みだったと思います。


これは当時のコロコロ公式ページのスクショ……。回線速度が遅かった時代ということもあり、シンプルですねー。
同時期には「幻のポケモン ルギア爆誕」「ビックリマン2000」「スター・ウォーズep1 ファントム・メナス」なんかが特集されていますな。

この当時は正直「コロコロだろ~?」とバカにした態度をとっていたんですが(高三でそういう気持ちを抱きがちなお年頃でした)、まぁせっかくだから見てやるかとアクセスしたわけです。
そしたら最初のコマのガイサックの大迫力に圧倒されて「スゲェ漫画がきた!!」と一瞬で熱い手のひら返しをしたのをよく覚えています。

ホントに凄い衝撃でした。
あの一話は秀逸だと思います。
「野良ゾイド」
「小型ゾイドであっても人に対しては圧倒的に強さを発揮する」
「旧大戦の遺跡が点在する世界観」
などなど様々な情報を分かりやすく示すと共にワクワク感をこれでもかと高めている!!

上山先生ゾイドは絵の迫力が凄い。
絵の正確さ(キット形状を正確に再現している)という意味では超える作品はあると思います。それこそ「ゾイド惑星Zi」なんかはコピーばかりという点はともかく絵の正確さは随一だと思う。
ただ漫画の絵って正確ならそれでいいわけじゃなくて場の空気感というか迫力というか…。

上山先生ゾイドの絵ってもちろん上手いんだけどそれに加えてクローで殴ってるシーンはホントに重そうだし、そういう迫力が凄い。
極端なパースの使い方も大迫力なんですよねぇ。
魅力にあふれている。


漫画版は独自の世界観を持っていたのが良かったなー。
漫画は
・シールドライガー時代
・ブレードライガー時代
・ライガーゼロ時代
に分ける事が出来るかな?

シールドライガー時代は何といっても帝国軍最新式レールガンを装備したレッドホーンとの一戦が忘れられない。
この戦闘はゾイド漫画史上最強だと思います。


レッドホーン側(レールガン)の強さをこれでもかと描いた後、シールドライガーのとんでもない回避力を描く。伝説のシーンだと思います。

ブレードライガー時代はデススティンガー戦が印象深いかな。
ボロボロになりながらも戦う姿が壮絶だった。ここからライガーゼロに新生する流れも良かった!


上山先生ゾイドってメカの描写が絶妙だと思うんですが、それは戦闘時の迫力や普段の活き活きとした表情だったりします(ジークだけでなく、各機がちょっと顔の角度を変えていたりして生物感を出していたりするのが実に良い)。
それに加えて破壊の表現も凄いと思う。

シールドライガー時代と比べて、ブレードライガー時代は世界観が漫画独自の感じを増したかな。
そしてライガーゼロ時代はほぼ上山ワールドというか、既存のゾイド設定に囚われないものになったと思います。
ただそれが、どうしても販促漫画も兼ねる以上は編集の意向と噛み合わなくなったのかなぁと思ったりも……。
編集側は当然キットの販売促進に直結する仕様を出せと言うだろうし、でも漫画に出てきたのはオリジナル形態だった。
ステルスバイパーもステルスドラゴンになったし。

これはなー………、当時はどういう感想だっただろう。
この時期というと、正直当時の私が機獣新世紀ゾイド(バトストの方)に馴染めなくなってきていた時期でした。
ライガーばっかりやん……。もうそういうのいいよみたいな気持ちが強くなってきていた時期で、コロコロを熱心にチェックする事もなくなっていた。
なので後になってコミックス版を見たという状況だったかな。
なので当時リアルタイムでは「感想も何も、そもそもチェックできていなかった」というのが正直なところです……。

リアルタイムでもし見ていたらどうだっただろう。
当時は「ゾイド展開の全体」に疑問を感じていた中だったので、やっぱり否定的に見たんじゃないかと思う。
ただ今になって見ると、もはや上山ワールドが全開になったライガーゼロ時代の展開はこれはこれで非常に魅力的なんですよね。
「バトストではこうなっているのに」と言う事はいくらでもできるけど、そうやって退けるのはあまりにも勿体ない。
確かにバトストの設定などとは噛み合わない部分が増えた。あと、なまじアニメとキャラが重複するのでその混乱を避けたい意図もあったのかもしれない。
けどそんな事よりも、もはや「新しいゾイドワールド」としてその先を見たい気持ちが強い。そんな作品だと思います。

それが突然に終わりを迎えたのは悲しい限り。超強引に終わられた感じが否めなかったしなぁ……。
上に書いたように「販促漫画も兼ねる以上は」という部分を考えると仕方がない気もしますが、うーん。勿体ない。
結果論ではありますが、代わって連載された「ゾイド惑星Zi」が不発だったし……。

このまま続いて居たらどうなって居ただろう。
独自展開を許容していれば漫画としては更に魅力的になっていたと思う。
一方でやっぱり販促を強く迫られていた可能性も考えられて。
たとえばゼロを失いケーニッヒに乗り換える……のだがその後に短期間でブロックスに乗り換える。キットの展開を見るとそうなっていた可能性も……。
なので連載終了については複雑な思いがある感じです。

一番良いのはアニキで再開して下さることですかね!
ま、さすがにこれは難しいかもしれませんが、そうなることを願っています。

あと、これを足がかりに色んな漫画や書籍も復刻するといいのになぁ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

上山先生の道郎先生のコミックは本当に素晴らしかったです。

で、おぼろげな記憶を頼りにコメントさせて頂くのですが。
もう記録がないですしね(苦笑)
コロコロは子供たちが次々と卒業して行ってしまうので、3年以上続くものは厳しい。
加えてコミックの内容は素晴らしかったのですが、子供たちにとっては理解に頭を使う内容であったがために厳しい。
そんなことを小学館から言われて打ち切りが決まったと仰っていたように記憶しております。
後半の打ち切りの頃には、そういう事情で打ち切られるのであれば、商品をそのまま出してやる義理もない、だからオリジナルで固める、ということも仰られていたかなあ……。
何かしら、販促面でも揉め事があったとしてもおかしくないですね。
少なくとも当時お怒りだった先生の主張を信じるのであれば。

ともあれ、私個人としてはそのような事情があったとしても、物語的には一本筋の通った内容を最後まで描き続けて下さったように思っています。
Twitterによりますと新装版に向けて何かしらの作業をなさっていたとも言及されていたので、期待してもいいかも知れません。

そしてコミックのゾイドワイルド。こちらもかなり強引にスケジュール合わせされたなあという印象があります。
コミックのゾイドワイルドの事情を鑑みるに、版権ものを扱うに際しての姿勢はまるで変わってないことが予想されて。
それについては今後森茶先生以外の方がコミックを担当されるにしろ森茶先生のままであるにしろ、厳しい状況を強いられるのだおるなーと思うと、あまり素直に喜べない面がありますね。
上山先生の方が下手にアニメに完全に準拠しなかった分、幸せな漫画連載だったのかも知れません。
例えそれが打ち切りという結果であっても。少なくとも最後までは好きなように描かせてもらえたのだから。
まあ、これは外部の人間が懐古した感想ではありますが。

ともあれ。
コロコロアニキのアンケートハガキで熱意をこめた要望を送るのがいいのではないかなと思います。
当時は上山先生はそうしたビジネスと絡む漫画はこりごりだと仰っていましたが、今はその呪縛もない筈。
同人誌という形であれコロコロアニキであれ。綺麗なコミックの最終回を見届ける機会を頂けたらな。そう思う次第です。

今回の新装版に関しても、本来は版権問題が複雑すぎて実現しない事だったのを、当時読者世代だった編集者さんが熱意をもって頑張り、新装版の発売まで漕ぎつけて下さったという話ですから!
その情熱のこもった新装版を是非とも手に取りたいですね。

現在、Amazonでは2巻まで予約可能です。私は既に予約済みです。
時期に3巻も予約可能になると思うので、その辺りは注視して予約したいと思います。

No title

漫画版機獣新世紀ゾイドはコロコロのゾイドの記事と合わせて当時の自分をゾイドに惹き込んだ偉大な漫画ですね。

見応えが抜群だしストーリーもしっかりしているので、
個人的には毎月ワクワクして読んでましたし、
後年見返してもいい漫画であると再認識します。

ただ、今こうして販促を兼ねた漫画という視点で見ると、
24ゾイドを含む当時未再販のゾイドを積極的に出した点や、
後半に行くにつれて漫画オリジナルのゾイドが増えていった点は、
当時の読む側としてはワクワクしたけれど、
編集側としては販促的に難色を示していたかもしれないと思える所もあります。

漫画版はレイヴンとの和解で終わりとなり、
ゾイド漫画はZOIDS惑星Ziに移行しましたが、
その後のケーニッヒやブロックスへの移行を考えると、
あのタイミングで終わったのは良かったと思うし、
その一方で漫画版におけるバン達の物語の続きを見たいという思いもあるので、複雑な所です。

ただ、今考えてみると、こうした連載作の移り変わりなんかは、
コロコロで宣伝してる玩具の路線転換や新機軸の展開何かも関わっている様に思えます。

ゾイドより少し前か後のタイミングが主ですが、
ミニ四駆の場合は、
第2次ブームの牽引役となった「爆走兄弟レッツ&ゴー」と共にフルカウルミニ四駆が大々的に展開し、
主役格のマグナムやソニックなどはストーリー進行と合わせて時に新型シャーシのデビューと合わせて新マシンを続々と出した末に、
新たにエアロミニ四駆を展開する際に主役などを一新したレッツ&ゴーMAXに移行し、
マグナムやソニックとはまた違うマックスブレイカーなどの新たな主役マシンが登場したり、
その後新機軸のダンガンレーサーが出るにあたって、
レッツ&ゴーMAXも終わって新たにダンガンレーサーの漫画がスタートしました。

また、競技用ビーダマンの場合は、
ボンバーマン型からオリジナルデザインのOS,PI,PI-EX,R,E-Unitと変遷していった間は、
漫画「爆球連発!!スーパービーダマン」もそれに合わせて続々と新型・新世代のビーダマンが登場し、
その中でも主役のフェニックス系はOSからE-Unitまでその血統を残していきましたが、
競技用ビーダマンそのものが対戦重視かつ安全性を考慮したバトルビーダマンに移行する際に、
「爆球連発!!スーパービーダマン」は終了し、
バトルビーダマンの漫画である「B-伝説!バトルビーダマン」がスタートしたりしました。

あと余談ですが、
「爆球連発!!スーパービーダマン」はコロコロでの月刊連載という性質上から、
物語内でのビーダマンの世代交代が凄い短期間で起きていて、
数日間の地方大会の中で、
一回戦でOSビーダマンのファイティングフェニックスが誕生し、
長くても2,3日後であろう決勝戦の最中にPIビーダマンのバトルフェニックスに世代交代したり、
その後も多少の時間的ゆとりはありつつ全国大会の1回戦から決勝戦までの間にPI→PI-EX→R→E-Unitと世代交代をしていきました。

特にOSビーダマンからPIビーダマンへの移行の頃は、
決勝の相手となるライバルチームもPIビーダマン(主催者側のコンピューターにハッキングして開発データを入手して作ったモノ)を所持しており、
大会参加者に既存機種を強化するOSギアが配布されたりしていた裏で、
既に次世代機種であるPIビーダマンの試作モデルの設計などが進行していた事になっていたりします。
(ちなみにこの漫画、地方大会の時点で各チームにはオリジナルパーツなどを設計して金型を作って実際にパーツを成型する事まで出来るラボ施設が用意されているというハイテクさはあります。)

話が大分それてしまいましたが、
こうして思い返してみると、
コロコロは漫画版デュエルマスターズの様に扱うカードゲームが(マジック・ザ・ギャザリングからデュエマに)変わっても漫画のシリーズはそのまま続くモノもありましたが、
その一方で1つのシリーズの中での世代交代とするには限界がある場合には、
主役交代や漫画そのものの交代をもって次世代に移行していたと思うし、
その中で漫画版機獣新世紀ゾイドはライガー同士での世代交代という事もあって上手い世代交代(パワーアップ)が出来たと思う反面、
ZOIDS惑星Ziは従来キットからブロックスへの移行と言う事情を踏まえた上でも、個人的にはあまりいい感情を持てない世代交代になった様に思います。

ともあれ、何やかんやで漫画版機獣新世紀ゾイドの新装版は嬉しいですし、楽しみです。

No title

その後、上山先生のゾイドは、ゾイドは女性格を持つとされて、ロリ少女姿の女体化ジークが現れましたが、あのまま連載が続けば、お色気ムンムンの女体化デスザウラーや女体化マッドサンダーといった、ぶっ飛んだキャラクターも登場したのでしょうか?

No title

最近、上山先生と塩崎先生の漫画を通して読む機会がありました。

塩崎先生の漫画は、当時ゾイドに対して負の意見を書き込む方が多くて、終始厳しい時代の連載でした。ケーニッヒウルフよりもレオブレイズが強いなんて、無理難題だと思いました。先生のゾイド描写は正確で繊細であり、キメラの無機質で不気味なところにマッチしていてそれが群れをなすと圧倒的絶望感があって、迫力よりも絶望感という魅せ方に感じました。ストーリーも好きだったんですけどね……

上山先生の漫画は通して見ると、とにかく女の子を描きたかったんだな、という印象です笑。現在でもフィーネは色んな方面で人気があるし、アーバインの妹はアーバインの魅力を引き出していて良かった。ハンナも戦う女性キャラとしてのリアルさ下品さに溢れていて良かったと思うのですが、コロコロのチビッ子読者は多数の女性キャラやお色気をコロコロに求めていたのか、そこに疑問を感じてしまいました。街のシンボルのゾイドまでが若い女性の姿であり、おもちゃの販促漫画としての葛藤もそうですが、さすがにここで何かがあったんじゃないかと勘繰ってしまいます。

No title

デススティンガーとの決戦後のイセリナ山をライガーの背の上で弁当喰いながら登る話は唯一の戦闘が無い回なのにワクワクして見ました。
新しい旅の仲間も手強い敵も出さずに面白い話って作れるんだなと当時
漫画のいろはもわからない頃しげしげと読み耽ってました。

No title

自分が初めてゾイドに出会ったのは幼稚園の頃アニメを見ていました。

兄とブレードライガーを組み立てましたが当時まだ幼かった故工具を扱わずハサミでつかって粗削りな組み立てで完成しましたがすぐに捨ててしまいました。

そしてコロコロに出会ったのはちょうどスラッシュゼロ中盤頃で漫画ではライガーゼロ初登場の号でした、このときはゾイドではなくベイブレードやデュエマにはまって、ゾイドは少し見ていましたが上山版はスラゼロ終了後、低年齢に合わせて打ち切りになりその後は塩崎、溝渕の漫画は掲載されましたがどちらも上山版みたいな人気を得られず打ち切りになりゾイドの漫画はここで途絶え、ゾイドの人気が更に低迷してしまい、自分は6年になるとコロコロを卒業しました。

(※以前書いた書き込みの修正です。)
森茶版は第一世代の締めをとるため或いは第二世代の準備に取り掛かるため強引に展開を早め連載を終了した後(上山版とは異なる経緯)、2か月の休業を挟んで8月は違う漫画家が描く第二世代の漫画は掲載されます。
改めて見て第一世代は自分にとってつまらなかったです(アニメも(主に兵器のないゾイド))。

ゆっぱり新旧路線の第二世代のビーストライガーを買います(第二世代は新旧路線で原点回帰となったから)。

No title

>やまさん
上山先生ゾイドはホントに素晴らしかったですね。
内容は対象年齢を考えたら難しい所も確かにありました。
「戦争は民衆を味方に付けねばならない」とか、そういう理論もキチンと構築されていました。
でも過度に難しいことはなくて、あこがれを抱かせる程度のレベルの高さというか。そんな丁度良い感じだったと思います。

打ち切りについての当時HPに描かれていた内容は記憶していますが、これについては片方からの意見なので何とも言いかねます。
一つ確かなのは惜しかった。何らかの道を探ってほしかったところですね、、、。

今の時代だからこそアニキで続編を存分に書いて下さればよいのですけどねー。

>ラウルさん
作中の世界観に引き込んでくれる。ホントにそんな作品でしたよね。
今読み返すとますますその魅力が伝わってきます。

私は24ゾイドなんかはいい感じのファンサービスだったと思いますが、後半のオリジナルライガーになってくると、編集やトミーの意向と違ってくるだろうなぁとは思いますね……。

後のゾイド展開を見ると、ある意味ではあそこで打ち切られて良かった気もします。
ブロックスにみんなで乗り換える…とかになると、もう全く別の漫画になってしまいそう。
でも、、、やっぱり複雑な思いを抱いてしまうラストですね。

販促漫画は様々ありますが、やはり主人公は最新ミニ四駆を使う宿命にあったりと制約は多いですね、、。
難しいものです。
その中でもどうか互いに歩み寄り相互に益のあるポイントを見つけて欲しいと願うばかりです。

>samonさん
知りません。

>kageさん
塩崎先生の作品は…、まぁ当時のトミーの意向に振り回されたところは極めて大きいでしょうね。
それにしてももう少しバランスを取れなかったのかとは思いますが…。
あのライガーゼロイクスの真っ二つ事件やら初期のブロックスの魔人ブウ並の不死身さとか…。
この辺を調整できていれば随分よくなったと思います。
あとは……、決めのシーンではせめてコピーを使わないとか。イクス最後のシーンさえコピーだったのはさすがに……。
逆にキメラブロックスのシーンはたしかに仰る通りで不気味さが良く出ていたと思います。

上山先生の女の子キャラの魅力は確かに(笑
好きなんだろうなあと思いますね。
逆にバンの父ちゃんみたいな激渋キャラもたくさんいますが。

ハンナは私は好きで嫌いでしたね。
コマンドゾイドに乗ってるシーンは「おぉ!」と思いました。
整備に怒鳴るシーンなんかは嫌いなんですけど(笑
でもああいうキャラはいいよなーと思います。

>駄文書きさん
わかります。
ワクワクしましたね。
山で巣作りをするゾイドが出てきて。作中の世界観が紹介されていて、そういうワクワクも大きな回でしたね。
個人的にはガンバ号がバトルローバーみたいだった点にもときめいていました。

>gdさん
「コロコロ2019年6月号中身」の記事に対して付けて頂いたコメントに私は以下のように返事いたしました。
--------
ここは多くの方が見ている場所なので、意図せずフェイクニュースを広めてしまう可能性があります。
ですので情報には出所を確認した方が良いと考えます。
それが不明ですので確認したという事です。
--------
これについてご理解頂けていますでしょうか?
依然としてソース不明な情報を書かれており、率直に申してかなり困惑しております。
これ以降も同じようにソース不明の情報を書かれるのなら、私はこれ以上の書き込みを許可する事はできません。
以上申し上げます。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント