ゴジュラスMK-II(限定型)を考える

ゴジュラスVSデスザウラーの続き。
今日はちょっと寄り道してゴジュラスMK-II(限定型)を考えたいと思います。



私は以前に書いた記事で、キャノン砲の威力が「量産型<限定型」ではないかと書きました。
・限定型は42cm高出力キャノン砲。威力は高いが故障しやすいデリケートな砲。
・量産型は42cm低出力キャノン砲、または38cm新型キャノン砲。威力はやや落ちたが故障が少なく信頼性が高い砲。

というもの。
限定型は尾部のアンカーも大きいですしね。

これに加えて、コメ欄で非常に興味深い説を頂きました。
まず「限定型は選りすぐりの個体が使用されているのではないか」というものです。
確かにこれはありそう!
やはり特別仕様のゴジュラスだから、超超活きの良い個体が厳選されているというのは非常に説得力が高い。
スーパーアスリート級の個体を使ったからカタログスペック以上に能力を発揮できる…。
ゾイドは生体だから、こういう事情を考えるとより面白いですね。

逆に言えば、量産型は生産数を高めるために二軍三軍的な、本来であればもう少し訓練などをしてから徴用した方が良いような個体でも、構わず改造したのかもしれませんね。

量産型は反撃にあうと弱いイメージがある。
格闘漫画のグラップラー刃牙に「金的を食らった奴の反応は二種類。やられたダメだ~と萎縮するタイプが一つ。もう一つは、こいつ許さねェと逆に超反撃に出るタイプ」というような台詞があります。
量産型は多分前者の萎縮しちゃう感じの個体が多いのだと思います。


次に、「部品の品質や仕上げの丁寧さも徹底して行われたのでは」とも頂きました。
これもありそうですね。
量産型は数をそろえる事が第一ですが、限定型は数より質を優先していると思うし。
品質の高さを徹底して追求しとにかく高性能を追及したRX-78ガンダムと、その型落ちパーツを流用して量産したRX-79G陸戦型ガンダムみたいな。
……もしくは簡易量産型であるRGM-79ジムであると言っても良いだろうか。


このような裏事情を想像すると、よりノーマル、限定、量産の各型の違いや魅力が見えてきて面白いですね。
さて限定型については、「活きの良い個体」「徹底した品質管理」の他にも「機動力」に注目した意見も頂戴しました。



「火力と機動性を強化したゴジュラスMK-II(限定型)も、デスザウラーが相手となると分が悪い」

機動力を強化したとあります。
でも、こちらについてはちょっと不思議でもあります。
カタログスペックでは「ノーマル:75km/h」「MK-II限定型:70km/h」で、むしろ速度は低下してるんですよね。

まぁ、あれだけ重いキャノン砲や諸々の装備を持ったのだから、いかに選りすぐりの個体であっても5km/h低下したことは仕方あるまい……。
というかたった5km/hの低下で済んでいる事が優良個体である事を示しているかもしれない。
人で言うと「普通に走る/重たいリュックを背負って走る」みたいな差だからなぁ……。

MK-II量産型は限定型と同じ70km/hです。
量産型は装備が少ないんだから、普通に考えて限定型より若干速くなりそうである。が、そうなっていないのが量産型の個体事情を物語っているのかも。

ちなみにゴジュラス・ジ・オーガは驚愕の125km/hを誇ります。オーガノイドの力凄まじすぎだろう……。

まぁ、オーガは置いといて。
機動力が強化されたと書かれているMK-II限定型ですが、その実最高速度は低下しています。
またこんな資料もあります。


これは小五に載った資料ですが、ノーマルを指して格闘力はMK-IIより上であると。
この号の時期はまだ量産型が就役していません。すなわち格闘力はMK-II限定型より上ということです。

格闘戦。牙や爪で戦う肉弾戦。
速度と同じく「重いリュックを背負って戦う」ような状態だから動きが悪くなるのは当然。
身軽なノーマルタイプに比して格闘力で劣るのは納得できる話です。

ではバトスト3巻戦力比較表の文章は誤り?
しかし誤りと考えるのも勿体ないです。

限定型は速度が落ちた。格闘力も低下した。でも機動力は高い。
この三つを矛盾なく解釈したいと思います。


実は「機動力」という言葉は小回りの良さや俊敏さを示す言葉ではありません。
そう解釈する人は多いし、そういう意味で使われている例も多いのですが。

言葉は難しい。
例えば「ハッカー」は「コンピューターに侵入し、不正行為を行う者」という意味で使用される事が多いし、世間一般の認識もそうでしょう。しかし本来の意味は「コンピューターやインターネットに詳しい者」です。
このように言葉は現在解釈している意味と本来の意味が違うケースが少なくない。
また「語感が良いからあえて間違っていても使う」事もあります。
「ゼロ距離射撃」は砲を相手に密着させて撃つ事ではありません。それは「接射」と言う。でもゼロ距離射撃という響きは凄くカッコいい。だから使われる。

このような語は使う方も悩ましい所がありますね。
「スーパーハッカーが大活躍する物語だ」という宣伝文句で小説を発表したとしましょう。
本来の意味で使っていたなら、多くの読者が誤解してしまう可能性が高い。
コンピューターに侵入し不正行為を行う者という世間一般に浸透している意味で使っていたなら、読者に誤解は与えないかもしれない。でも誤った意味で意図的に使うのはこれはこれでウーンいいのだろうかと思ってしまうでしょう。

話を戻します。
「機動力」の本来の意味は「軍隊として目的地まで迅速に移動する能力」のことです。
移動力ですね。
小回りが利く、俊敏であるというのは「運動性」と呼ばれる要素です。
格闘戦で重要なのは運動性ですね。

サーベルタイガーやシールドライガーは機動力も運動性も高い。
デスザウラーは90km/hの速度なので機動力は低い。だが接近戦では高速ゾイドをも捕捉する動きを見せるから運動性は極めて高いと言える。
ディメトロドンは150km/hの速度なので機動力はそこそこ高い。だが運動性は低い。

こんな風に言えます。

また機動力は移動する能力だから、単純に最高速度だけで決まるわけじゃありません。
たとえ最高速度が速くても、「持続力がない」「適応できる地帯が少ない」などの事情があれば到着は遅くなるでしょう。
チマチマと補給が必要。走破できる地帯が少ないから良い道を探してルートを大きく迂回しなくてはならない。
こんな事情があれば、たとえ最高速度が速くても早く届けることは不可能。

砂漠、森林、山岳地帯を越えた先に物資を届けるとして、F1カーと四輪駆動のジープのどちらが良いかと言えば後者であるのは明らか。
グスタフは最大牽引時の速度はわずか50km/hですが、あらゆる地帯を走破可能とされている。またこれは推測ですが、とてもタフそうなイメージがあります。最高速度(またはそれに近い速度)を維持したまま長時間の移動ができそう。
こういう風に考えると、グスタフはあんがい機動力の高い機体であると言うことができます。


さてゴジュラスMK-II(限定型)に戻りましょう。
おそらくですが限定型の「機動力を強化した」というのは移動力が高まったという意味でしょう。
背中に大きなエネルギータンクがあります。

通常、最高速度を維持したまま走り続けるのはコアへの負荷が大きすぎるので無理です。
長距離移動をするなら、ジョギング程度の負荷が大きくない走り方…「瞬間的な速度は低いが長時間安定して出せる速度」で走る必要があるでしょう。
10km走れと言われたら、100m走並のダッシュではなくそこそこに抑えた速度で挑むように。
これがノーマルゴジュラスです。

しかし限定型はエネルギータンクがある。これによって高負荷がかかる動きをしてもコアへのエネルギー補充が常に行われる。
だから最高速度を継続して長時間出せる。
よって移動力・機動力が高いのではないかと思いました。
その機動力は最高速度90km/hのデスザウラーをも凌駕するほどなのではないだろうか。

「火力と機動性を強化したゴジュラスMK-II(限定型)も、デスザウラーが相手となると分が悪い」
この解説もより深く考えましょう。
機動力が重要なように書いてあります。
これは、おそらく「適切な位置に迅速に移動しキャノン砲を最大限効率的に撃てる」のではないかと考えました。

キャノン砲を撃つ時に場所は重要です。
デスザウラーが岩の陰に居たとすれば、回り込んで撃たなきゃいけない。
回り込むというのは大幅な移動を伴う。
これが迅速にできればキャノン砲を有効に使える機会は大いにUPするでしょう。

逆に、回り込めないならあきらめてそのままの位置から撃つしかない。
そうすると岩が防御になるからデスザウラーにはさしたるダメージが入らない。

MK-II量産型は、キャノン砲が付いて重量が増えた。移動時にコアにかかる負荷がノーマルに比べて大きい。
それでいてエネルギータンクがない。更に個体も二軍三軍級のものを使っている。
当然、機動力はデスザウラー以下である。というかかなり劣る。
なので、適正な射撃位置につく事が難しいのかも。

それが
「ゴジュラスMK-II限定型2機VSデスザウラー1機が互角」限定型は機動力の高さを生かして適切な射撃位置につける。最大限に効率的な撃ち方ができる。

「ゴジュラスMK-II量産型5機VSデスザウラー1機が互角」量産型は適切な射撃位置に付くことが難しい。結局”ムダ撃ち”する事が多く、キャノン砲を活かしきれていない。

よって2機と5機という差になったのかも……と思いました。
ということで今回はゴジュラスMK-II限定型を考えました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

限定型と量産型において、もちろん性能差はあるのでしょうが、互角とされる機数に倍以上も差がついてるのは何故かと思っていました。
限定型のキャノンの方が威力が高くても、当たっても超重装甲に有効かはかなり疑わしく、
量産型のキャノン砲に比べて倍以上もデスザウラーに有効な火器とはと考えがたいところです。
それなりに効く(4門くらいあればデスザウラーにある程度ダメージを与えられる)ならば、
大型ゾイドの生産に負荷をかけてケンタウロスを作ったり、ディバイソンの突撃という危険性の極めて高い戦法を編み出さなくとも、
そのキャノン砲の量産に全力を尽くせば良かったと思うからです。

しかし、「機動性」についての解釈を見て、戦力比較表が想定しているのは「オーロラインテークファンに当てられるか一本勝負」なのかもしれないと思いました。
量産型なら、取り囲んで数を頼りに撃ちまくって5体、
限定型なら、高い機動力による位置取りと、限界までチューンナップされた精密射撃性で狙い撃って2体、
ウルトラザウルスなら、ひたすら撃って撃って1体……上手く当たれば……というような。

量産型の機動性ではデスザウラーのオーロラインテークファンを追えないが、限定型の機動性であれば追える、
というラインがあるのであれば、量産型は5体で限定型は2体、というのも納得できるように思います。

No title

自分も久しぶりにゾイドインフィニティやってたんですが、アーケード時代にゴジュラスを愛機にした理由もターンからの立ち上がりなどが使いやすかったからです
ゴジュラスシリーズが最高速度は遅いですが長時間の維持や馬力(重量物を装備した際の影響)に衝撃(砲撃に踏ん張れるか)耐性、旋回時に減速する数字が少ないなどが強い格闘性の秘訣だったと思っています

個体ごとの差は面白いですね。野生の本能を重視した共和国機は特に大きそうですし。ただ、対デス初戦は其れがアダになって各個撃破されてしまったのかもしれないですね
部品の仕上がりも共和国の方は構造が単純で品質の差は常に一定以上かつ補充部品も豊富そうですが、帝国はこだわりが強すぎて、良いのは凄まじく良いが悪いのは不良品も多く、補充部品の調達に苦労しているイメージがありました
確かにウラニクス工業地帯の事から重工業は技術力は良さそうですが、資源不足から本来の工程を踏めずに品質が悪化してしまったとも想像しました

No title

機動力を強化した限定型ですら分が悪いってのがデスザウラーの強さを物語ってますね・・・
背中のインテークファンを狙うゴジュラスに対してデスザウラーが棒立ちってのもありえないでしょうし
そう考えるとデスザウラーの尻尾にあるミサイルがインテークファン防衛のための迎撃兵器として最適な位置にありますね
いくら限定型とは言えミサイル食らえばマトモな射撃姿勢を維持するのは困難でしょうし
しかしそう考えると量産型のところに書いてある{キャノン砲で武装を強化した~」って文脈から背後に回ってインテ-クファンにキャノン砲を・・・って戦術をとるというより正面切ってキャノンを浴びせるが荷電粒子砲のが強いって意味合いに受け取れます
回り込むための運動性能というより向こうの攻撃をよけたりするって意味合いの機動性なのかもしれないですね

No title

限定型にエネルギータンクを追加したということは、ゴジュラスもそれほどスタミナは無いゾイドだったのでしょうか? 追加の重装備である程度の運動性と航続距離は低下するとはいえ、パワフルなゴジュラスならせいぜい7~8割程度の性能低下に収まると思っていたので。
ただ、いくらエネルギータンクの追加で最高速度で移動できる距離は増えたところで、速力がデスザウラーより劣るのは変わりませんし、見つからずに行動するか余程限定型の数が無ければ、デスザウラーの背後を取るのは困難だったかもしれませんね。
後の暗黒大陸紛争や新世紀でも両軍の新型の大半が高速ゾイドか飛行ゾイドだったり、ゴジュラスの次世代型のギガにヘルキャット並の速力を与えられたりしたのも、デスザウラーとの戦いが遠因にあったりして。

No title

機動性の勘違いは、例の白い悪魔のシリーズが最大の原因でしょうね。
スパロボだと運動性になってるけど、ずっと勘違いしてました。

ただ、火力と機動性に焦点を当てられているのが最大のヒントの様でも有り、
最大の縛りでもある様に考えられますね。

大前提を崩す様な考えになってしまうのですが、ノーマルが限定型より格闘力が高いと言われたのは、4連速射砲が片手を塞いでしまっているからだと考えられないでしょうか?

両手剣(爪)のノーマルと盾装備の限定型ですから、ノーマルの方が格闘力が高いと取られるのは自然。尾部のアンカーも格闘戦では結構邪魔になりそうですし。

なので、格闘に関しては触れられていませんが、追加武装無しの状態なら格闘でも限定型の方がかなり強いと思います。

共通コックピットの様に「縛りが有るならそれに沿って最高の答えを出す」事がゾイドの最高の楽しみなので、そこは大切にしたいのですが、やっぱりこうも考えたいです。

速射砲やキャノン砲でけん制しつつスピードを落とさずに接近して、格闘では分が悪いながらも限定型2台なら何とか戦える・・・と。

まぁ、コレだと「荷電粒子砲で消滅してくれと言うのと同じ」なのは重々承知してますが(苦笑)

No title

>居間さん
普通に考えて、そこまで装備品に差がないのに「5機、2機」と2.5倍の差が付いているのはおかしいですよね。
そんなに性能低下したのか量産型…。キャノン砲はあるのに。
しかし様々な可能性を考えていくと、たしかに限定型は強いなあと思いますね。

「キャノン砲が強ければいい」ではなく、それを使いこなす為の要素。
機動力であったり射撃管制能力であったり。
その辺を考えていくと凄く深くなりますね!

>デスペラードさん
インフィニティはゴジュラスは強かったですね(ギガよりノーマルの方が使いやすかった記憶がある…)。
最高速度はそれはそれで役に立つ場面も多いが、近接した格闘戦では運動性がものをいう場面も多いですね・

個体差の解釈は凄く面白いと思いました。
そしてコメントいただいた、「対デス初戦は其れがアダになって各個撃破されてしまった」っていうのもありそうですね!
当時のゴジュラスやそのパイロットの気性からすると大いに説得力がありますね。

品質は、帝国は国力的限界もあって高品質を維持するのが難しい場面も多いでしょうね。
国力が低い国は「質をもって量に勝つ」という方法を採りがちです。というか、そうしないと勝てないので当然でもあります。
でも、短期決戦ならともかく「早期講和を逃して戦争が長期化してしまった」様な場合は最悪ですね。
長期化すると必然的に量もある程度そろえなきゃいけない。
国力が低いので量産には限界がある。それでも無理に作ろうとするから品質が低下してくる…。
その結果、カタログスペックはともかく実際の品質ではむしろ敵よりも低性能になってしまう……。
やはり国力が低いのは全てにおいてネックですねぇ。

>ヒューイさん
当時としては限界までチューンナップしたのが限定型と思いますが、それでもまだまだ差が大きいというのがデスザウラーのすごさですね。
背中のミサイルはファン防護の為に使えそうですね。

私は、ミサイルは小型なのでゴジュラス自身は耐えるかもしれないけど、砲弾を撃墜する事ができると考えました。
ゴジュラスMK-IIの携行砲弾はそこまで多くないので、かなり迎撃できそう。
でもキャノン砲発射の瞬間に撃ち込んだりすると、態勢を崩したりはできるでしょうね。
使い方は色々ありそうですね。

>samonさん
ゴジュラスにスタミナはありますね。
バトスト1巻冒頭でも、帝国領土奥深くに侵攻するゴジュラスが登場します。
ただしここで書いているスタミナは「歩いて100km移動できるスタミナ」ではなく「短距離走並みのダッシュでどれだけ移動できるか」というスタミナです。
短距離走並みのダッシュは、普通の人だと200~400mくらいが限界じゃないかな。
それを「エネルギータンクで補強して数キロ維持できるようにできた」という解釈です。

戦闘はスピードが重要です。
迅速に射撃位置に移動し発射。そしてすぐに退避。
「その距離を移動する事は可能だ」ではダメなんです。
「最高速度を維持してその距離を移動できる」じゃないと。
そういう事が出来るのが限定型と考えました。

>ミドリさん
限定型の格闘力についてですが、片腕が使えないのはデメリットですね。
ただし・・・四連速射砲は近距離用の火器と見ています。
すなわち格闘戦でも使える武器だと思います。

口径もそこそこ大きいし、
「近接する敵に四連速射砲を全弾ぶち込む」→「弾切れの速射砲を捨てて両腕で格闘戦」とすれば、むしろ格闘戦での強さはUPすると思います。
それでもなおノーマルの方が強い。それほど重量増による運動性の低下があると思いました。

デスザウラーに対しては、やはり荷電粒子砲が同あがいても最大の難関になりますねぇ。

No title

連投失礼します

背中に不意に飛んできた砲弾を打ち落とすのにミサイルで迎撃する!!たしかにコレは面白い!!考えもしなかったです
けどこれで砲弾の直撃は避けられるかもですけど迎撃する距離によってはミサイルの破片でデスザウラー本体はともかくインテークファンが悲惨な目にあいそうですねw
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント