ゴジュラスMK-IIVSデスザウラー②

昨日の続きでゴジュラスMK-IIVSデスザウラーを考えます。

ゴジュラスMK-IIはキャノン砲があるのでノーマルより善戦できる。
それは分かるが…、どちらもキャノン砲で戦うのに「MK-II(量)なら5機」「MK-II(限)なら2機」となっているのは何故? というのが疑問です。

思いつくところとしては、「限定型の方がキャノン砲の威力が高い」くらいでしょうか。
ゴジュラスキャノンは対アイアンコング用に開発されましたが、「対アイアンコング用」という所から考えればむしろ威力は過剰気味でもある。
「そこで量産型ではアイアンコングを倒せる威力を保った範囲で出力(初速)の調整がされ、やや低い威力になった」
こんな事があったのかもしれない。
私はそう想像しました。

むろん威力は高ければ高い方が良い。これは当たり前です。
「直撃でギリギリ倒せる」威力であれば、直撃させなければ無理。命中角度に装甲ではじかれる可能性もある。
「余裕を持って倒せる」威力なら、命中角度に関係なく倒せる。また命中せずとも「至近弾」で倒せる可能性も高い。
でも、威力が高いと自身にかかる負荷も高い。

ゴジュラスキャノンは、やはり付き位置の問題から限定型ではトラブルが多かったのかもしれない。
キャノン砲の構造を無反動砲にするなど最大限の配慮はしたが、それでも付き位置のロケットエンジンが壊れる事態が多発してしまった。
これが限定型を運用する中で無視できない問題となり、量産型では改められた。
衝撃を更に緩和するべく、出力がやや下げられた……。

量産型の砲は「一発あたりの威力は低下している。だがこれにより安定して撃てるようになった。その為、実質的な攻撃力は上がったといえる」
こんな仕様なのかも。
キャノン砲の攻撃力は、「機嫌よく動いてる時の限定型>量産型>故障し始めた限定型」という考えです。
運用が長くなると当然故障率は上がっていくから、後期になるほど限定型の実質的な砲撃力は下がっていった…。

そして「戦力比較表では絶好調時の限定型で記述してある」
だからこのような評価になっているのである。


んー・・・・・・・・、「量産型のキャノン砲は出力が下がっている」 これの裏付けができる資料はないかなぁ。

ゴジュラスキャノンが42cm砲というのは…、

こちらはゾイドバトルコミックの「ゴジュラス王者伝説」の一コマ。
キットでもウルトラキャノン砲(36cm)より一回り大きいので、42cmというのは決定的な資料として考えて良いでしょう。

(学年誌だったかでも42cm砲と記載されたものがあった筈なんですが、どの号だったか失念してしまい調査中です、、、、、。見つけ次第紹介します)

ただ一方で…、別の気になる資料もあります。


これは改造マッドサンダー「ビッグサンダー」です。ゴジュラスキャノン砲を背負っていますが、その解説をよく見ると……、


38センチキャノン砲
ゴジュラスMK-IIと同じキャノン砲を装備、
敵基地をふんさいする。


出力調整どころか口径そのものが縮んでいる………?

「キットでは同じ金型が使いまわされた。だが実際のゴジュラスキャノンは限定型:42cm砲、量産型:38cm砲である」だったのかもしれませんねぇ。
もっと言うと、MK-II量産型は運用期間が非常に長い。同じ兵器でも運用期間が長くなれば改良や変更がされるのは珍しくない。
なので、
・量産型初期ロット:42cm砲の低初速版
・量産型後期ロット:38cm砲
とかだったのかもしれませんね。そんな風にも思いました。

※限定型の時点から38cmというのはおそらくありえない。何故ならキットのゴジュラスキャノンはウルトラキャノン砲(36cm)よりかなり太いからだ。42cmというのはかなりシックリくる数値だ。38cmであるならあそこまで太くならず、微妙にだけ太くなった程度になるハズである。

威力的に言えば
「36cmウルトラキャノン>42cmゴジュラス限定キャノン>42cmゴジュラスキャノン低初速版=38cmゴジュラスキャノン」
でしょうか。

38cmゴジュラスキャノンについて言うと、

・38cmに小口径化したが、そのぶん砲弾の初速を向上させて42cm低初速版と同程度の威力を確保した。
・砲弾が小さいので、初速を向上させたが反動は42cm低初速版と同程度である(つまり故障が少ない)。
・砲弾が小型化したので携行数が増えた。


威力は同じだが、携行弾数増により撃てる量が増え、有効性がUPした。


キャノン砲を考えたところで、話をデスザウラー戦に戻しましょう。

量産型のキャノン砲の威力は限定型より低めに調整されている。
対デスザウラー戦を考慮し「限定型の威力を維持せよ」という声もあったが、「故障率が高い=そもそも戦えない」ので、けっきょく低威力版は採用された。

MK-II量産型のキャノン砲は、確かに単発の威力は低くなった。だがアイアンコングを一撃で倒せる威力は維持している。
それでいて故障率が下がったのだから、現場からは高い評価を受けることになった。
ただ、対デスザウラー戦においては威力不足が深刻な問題となったのだが………。
しかしそれでも、デスザウラーに遭遇する数はアイアンコングに遭遇する数に比べれば圧倒的に少ない。
なので低威力のまま生産されていったのであった。

こうしてバトスト3巻戦力比較表では「MK-II(限)なら2機」「MK-II(量)なら5機」でデスザウラーと戦えるという表記になったのであった……。


ただ………、それにしてもまだ疑問はあります。
限定型が量産型より強い事は分かった。でも、ホントに限定型2機でデスザウラーと戦えるのか…?

ウルトラザウルスもゴジュラスMK-II限定型も、デスザウラーにダメージを与えるものといえばキャノン砲だけでしょう。
長射程を活かして接近される前に全力で撃ちまくる。命中させまくって敵を撤退させれば勝ち。接近を許せばもはやなす術がないから負け。

ウルトラザウルス「1機」の評価になっています。
ウルトラザウルスは4門のキャノン砲を持つ。威力も最大。
分かりやすく言うと、「ゴジュラスMK-II限定型よりも威力の高いキャノン砲」を「2機分」持っているんです。
しかも、ビークルを持ち着弾観測機として飛ばせるので命中率も高いでしょう。

要するに砲撃力は「ウルトラザウルス1機>ゴジュラスMK-II限定型2機」です。

こう見ると、ゴジュラスMK-II限定型2機…門数こそ同じだが威力は下だし命中率もどうか……という火力で同じ判定になっているのはちょっと驚き。
「MK-II(限)なら4機」くらいでようやく互角じゃないかなぁ……。
量産型は5機のままでもいいかな。


今回書いていて思ったのは、限定型はやはり強い。運用が限定型になったのも頷けるピーキーさだが、強さは確かであるということ。
しかし、その限定型をもってしてもデスザウラーはあまりにも大きな壁であるということ。
バトストの戦力比較表の「MK-II(量)なら5機」「MK-II(限)なら2機」は、限定型の方が強いという部分では正しい。だが「MK-II(限)なら2機」というのはちょっと言いすぎである。
この部分からは、やはりゴジュラス神話を形成したい共和国軍の思惑が透けて見えるということです。
戦力比較表は大まかには間違っていないが、やはり共和国軍が自軍と自国民にウケが言いように調整した部分もあるのでしょう……。


ということでゴジュラスMK-IIを考えました。
のってきたので、次回は戦力比較表ではなくて実際の部隊運用時における戦いを見ていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

前の記事で量産型は前線で戦いやすいよう調整がむずかしそうなエネルギータンクや携行数の多そうなマシンガンを採用したと書きましたがキャノン砲のことを失念してました

反動軽減や口径調整による砲弾の仕様変更が5機と2機の差なのかもしれないですね
威力は高いに越したことないのでしょうけどおっしゃるとおり対デスザウラー以外を考えると威力の緩和など調整は必須だったのかもですね

No title

キャノン砲の口径って漫画が原点だったんですか・・・某先生も驚く初耳学!です(笑

ただ、主力兵器の口径をコロコロ変わるものなんですかね?
WW2時の軍艦を考えれば、戦艦・巡洋艦・駆逐艦のそれぞれの主砲・副砲で口径が変わりましたが、同じゾイドの同じ武器で「改良」するなら口径を変える=構造も製造も運用もみな変わるより、砲弾自体の改良で対応する方が自然では無いでしょうか。ゾイドの世界だと考えすぎでしょうかねぇ。

ーーー

ところで、話は全く変わるのですが、昨日TwitterのTweetから次の情報を見つけました。昨年春の記事ですが興味深かったです。ご覧になっておられますか?
タカラトミー アニュアルレポート2018
https://www.takaratomy.co.jp/ir/financial/annual.html
(特集:ZOIDS 開発ストーリー)

先日のタカトミのQ3決算(https://www.takaratomy.co.jp/ir/financial/new.html)では「ゾイドワイルドを積極的に展開した」という程度しか出ていませんでしたが、春には決算説明会資料(https://www.takaratomy.co.jp/ir/financial/presentation.html)が出るのでゾイドの近況がもう少し分かるのではないかと期待してます。

限定型の砲が速射性に優れるのでは?

三式さんの仰る多くの台数で多数の砲弾を注いで撃退する総砲弾量で圧倒する戦術を考えると、限定型は量産型の2.5倍の射撃速度を持っていた、という、案外単純な話なのでは、と思いました。
つまり、限定型の砲は量産型のより2.5倍頑丈にできていた、ということです。
量産型の砲は、量産性(価格)を重視して耐久性を下げた。
(あるいは、ちょくちょく砲身を交換する方が効率がよいと判断されて、不要に長い砲身寿命は短縮された。)
その結果、限定型2機分の砲弾を同時間で注ぐには、量産型は5機必要になった。
砲撃戦を決定的な要素として考えるならば、この考え方が5対2の原因として一番単純でわかり易い気がします。

砲撃だけがすべてでないとすれば、限定型は、特別にチューンアップされていて、格闘性能が高いとか、素材が違っていて防御力が高いとか、機体そのものの基礎的な能力差が大きかったと考えるのがよいのではないでしょうか?


さて、少し気になったのですが、「威力」というのは、具体的には何のことでしょうか?
「衝撃を更に緩和するべく、出力がやや下げられた」という場合の「出力」とは、何の出力でしょうか?

ビーム砲的なものであれば機体の「出力」によって威力の違いがあるのはわかる気がしますが、砲弾を発射するタイプですと、ちょっとよくわかりません。
仮に火薬の威力と考えても、単純に砲弾を火薬の力で飛ばして貫通力を得ていた時代(例えば第二次世界大戦以前)から類推すればそうこともあり得るかもしれませんが、グローバリーIII世の技術が導入された時期にそんな火砲を製造していたとは思えません。
レールガン的なものですと、発電機ですから「出力」は関係あると思いますが……。

湾岸戦争で、第二次世界大戦時の戦車と同レベルの技術で作られたイラク軍のT-72(輸出用の性能低下型)の125mm砲がアメリカの戦車にまったく通用せず、一方、新しい技術で作られたM1の120mm砲が容易にT-72の正面装甲を撃破したことからも明らかなように、口径とか、発射の威力とかで砲の性能が決まる時代ではないと思います(もしそうなら、口径が大きく口径長も優るイラク軍戦車の方が優位だったはず)。

二次大戦式の鋼鉄の砲弾では、現代の戦車には傷一つ付けられないそうです。そういう単に発射の威力で的を貫通しようとする方法は、20世紀後半には通用しないものになっています(ソ連はアラブ諸国にわざとガラクタを売りつけていた)。
一方、タングステン弾とか劣化ウラン弾とか新素材の砲弾は、二次大戦時の単純な鋼鉄の塊の装甲をいとも容易く引き裂くそうです。また、単純ないわゆる「砲弾型」(鉛筆型・釣鐘型)ではなく、特殊な機構を持った様々な種類の砲弾が開発されました。

ですから、砲の威力が低いというのは出力という問題ではなく、例えば、限定型と量産型では使用できる砲弾の種類が違うとか。
限定型は、何か特殊な、何らかの理由(高価過ぎる、扱いにくい、生産性が低い、環境・人体に悪い等)であまり配備されていない砲弾を運用できるタイプの砲を搭載していたとか。
その、限定型だけで運用可能だった砲弾が、デスザウラーに対して有効な打撃を与え得るものであったとかいうことなのではないでしょうか。

同じ125mm砲でも、対戦車ミサイルを発射できるものであれば、できないものより飛躍的に攻撃力が上に計算できます(但し地球での話。ゾイド星ではミサイルの評価が低いのでこうはならないかも)。最近では、ミサイルよりは安価なロケット砲弾とか、誘導砲弾も実用化されていますね。誘導装置があると命中率が上がりますから、ハズレが減って効率的です。

ただ、量産型を廉価版・普及型と解釈すれば限定型より性能を落とした(しかし安価で量産も整備もしやすい)武装を施したことは理解できるのですが(例えば、T-64の簡易普及版としてのT-72。T-64は自動装填装置付きで対戦車ミサイルも運用できるが高価で壊れやすく新技術ゆえ事故多発で乗員訓練も大変、T-72はなんにもないかわりに安くて扱いやすい)、
一方で限定型を「まだ量産配備するには早い」未完成版、量産型を「量産できる域に達した」完成版と解釈すると、そのような著しいダウングレードは不自然な気もします(T-72も弱くされたのは輸出型で、国内型はそこまでひどくはない)。

量産型の量産性を重視しすぎてダウングレードしすぎ、あとでデスザウラーを見て慌てて強化し直した(従って初期量産型と後期量産型は別物)可能性もありますね。
そうすると、5対2の差は初期量産型と限定型の差ではないかと。
後期量産型は、ギル・ベイダーと綱引きをしたり、結構頑丈になって実は限定型並なんじゃないかなあ、なんて思ったりもします。

No title

少しメーカーが違いますがモビルスーツのザクでアニメ版などでは武器はザクマシンガン(120ミリ)が主武器です
ですがOVAやゲームになると新型の90ミリかつグレネード付きのマシンガンが採用されています、そして威力も対MS戦のために貫通力が増した武器となっています

共和国の強さの一つに戦争へのシステムの構築がうまい(兵站や組織運営)ものだと考えると問題のある武器を放置しているとは考えられないと思いました
現にカノントータスの突撃砲も初期型から初速を増した対ゾイド型、新世紀には荷電粒子砲へと実用性を考えた仕様変更がなされています

ゼネバスがガイロスから帰ってくる間に限定型の無反動砲の問題を解決したり、もしくは戦争中に量産型で得たデータから改良モデルが製作されたり、接合部への改良が施されたのではないかと思いました
例えば限定型は出力に余裕があることを利用して38センチに口径を落としつつ発射の際に電磁加速の補助や新型の砲弾として炸薬や発射火薬を増量しつつ砲身を耐えられるように肉厚にした(重量増)とも考察しました

ゴジュラスキャノンについて気になっていたのは限定型と量産型ではキャノン砲そのものは同じなのに
取り付け基部が違うのが何故なのか気になっていました。メカ生体時代はゴジュラスはゾイドガムしか持ってなかったので正確なことはわからないですが新世紀では違うパーツだったと記憶してます。威力が違うから換えてるのですかね?

No title

地球ドラマチックの古代王女の墓の話を見ていたのですが、
今私たちが仮説を出し合っているのと何か似ているなぁと思いました。

今までの研究や考察と、新たな証拠品の登場による新たな仮説。
その時代に生きた訳では無い以上、全てが状況証拠による仮説ですので、
その仮説を詰めても詰めても、王手となるかどうかは分からない。
でも、だからこそ熱くなれる。

ただ、古代エジプトを語る仮説とゾイドの強さを語る仮説が違うのは、
ゾイドは「未来の兵器」を「過去の証拠」から推察している所でしょうか。

す様の砲の話はとても興味深くて、昔勉強した事を思い出したりしました。
未来は摩擦熱で放射能をばら撒く様な砲弾を使わないと思いますが、
きっといつかは、限定型が2機でデスと戦える事を裏付ける様な、
そんな「新技術」が出て、新たな仮説が出来るんじゃないかと思えました。

色々な考察が出て色々と考えさせられましたが、
「強い」の話になるとホントに皆さん熱くてホントに楽しいですね。

No title

>ヒューイさん
キャノン砲はやっぱりMK-IIの大本命の装備ですから活躍させたいですねー。
でも38cmと42cmだと、そこまで差は出ない気もするんですが。。。
やっぱり、前回の記事のコメ欄でもあった「優良個体」「最高品質」といった要素も複合されて2機と5機という差になったのかもしれませんねぇ。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
いえ初出は確か学年誌だった筈です。
すみませんそのうち提示します。

ちなみにこの漫画のセリフは学年誌掲載時点では「キャノン砲を受けてみろ」だったのが単行本になったときに修正されています。
ゾイドバトルコミックはゾイド設定のディープな部分に踏み込んでの改定がされているので、しっかりした資料の基づいて42cmと記載されたはずです。

砲弾の改良と言えば、ドイツの戦艦ビスマルクは38cm砲ですが中身の工夫に寄って40cm砲に匹敵する威力になったそうですね。
まぁ、でもここは、ゾイドの場合は単純にでっかい口径=強いで良いと思います。

>す さん
なるほど発射速度が2.5倍……。
ただ、そこまで差が出るものかなあと思います。
1.2倍くらいならともかく差があり過ぎじゃないかなぁ・・・。

出力は単純に火薬の量と考えていただければ良いです。
戦艦河内の「45口径30cm砲」「50口径30cm砲」が分かりやすい例になるかな?
wikipediaあたりをご参照いただければと思います。

砲の炸薬量を減らしているという考えです。
威力は落ちるがそれでも十分な水準(コングを貫く)を維持しつつ砲身命数を長くした。

ちなみにグローバリーIIIの時代でも火薬は現役だったと考えています。
なぜかというと、例えば現在でもB-52爆撃機が現役なように。M2重機関銃が第二次大戦から今に至るまで運用されているように。
時代遅れでも必要にして十分な能力を持ちコストが低いものは運用され続けるからです。
ビーム砲を運用する事と火薬の銃を使い続けることは「一方ソ連は鉛筆を使った」ってやつですね。

T-72はあからさまなモンキーモデルだったので何とも言いかねます。
まぁ、フルスペックモデルでもM1の方が強いとは思いますが。

口径は重要ですね。戦車砲くらいの大きさだと仰る通りなんです。でも戦艦級の36cmを越えるような砲弾だと問答無用で強いです。
それはもう細かい工夫を抜きにして質量が大きすぎるからです。
明治時代に完成した戦艦金剛の主砲を最新鋭の10式戦車が防げるかと言えばこれはNO。
という風に考えています。

>デスペラードさん
ザクは確かFZが新型マシンガンになってましたね。ポケ戦のやつだったかな。

カノントータスの例は分かりやすいですね。常にアップデートされ続けた名機だなあ…。

量産型は、仰るように級戦艦において様々なデータを収集し最適化させたものでもあるんでしょうね。
量産型は量産型でやっぱり魅力的ですねぇ。

>スカトロンガーさん
付け位置は気になりますよねー。
キット的に言うと金型の都合で限定型はああなった。量産型は金型を変更した。なんですが、それを考察に活かしたいですよね。

>ミドリさん
わかります。似ていますよね。ロマンあふれる。

この話題はまだもうちょっと続くのじゃ(亀仙人)
ご期待くださいませ。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント