28話はみんなポンコツな回だった

アニメ28話でした。

ソルトが登場!
イケメンでイケボイズでカッコいい最速ゾイドに乗ってるソルト。
でもちょっと残念なポンコツおバカちんだった。

超負けず嫌いで明らかに冷静な判断ができてへんぞ!
クールで知的なキャラだと思ってたのに。
でもあれはあれでいいキャラで良かったです。
あそこまでポンコツだけどちゃんとカッコいい部分はカッコいいし。



さて28話ですがソルト&ハンターウルフが早々に登場して戦うかと思いきや……、腹減ったとか大食いとかソルトの天然具合とかでなかなか進まない……。
なかなかグダグダでもどかしい感じがしましたが、今回に関しては新キャラ・ソルトの予想外なポンコツぶりに驚きつつも楽しめたので良しです。
……というか今話は全員どこかしらかポンコツだった。
アラシもペンネもオニギリもギョーザも飲食店のおっちゃんもみんなポンコツやないかい!

こういう展開の遅さがあるというのは、まだまだ残り話数にまだまだあるという事かしら?
思えば、まだ四天王は少なくとも3人健在だし(キャビアもOPを見る限り健在っぽいけど)、まだまだ続きそうではありますね。


ソルトですがホントにポンコツだったなー。
何でも最強だ…という事で大食いに乗っかっちゃうところもだけど、手配書にはアラシの写真も付いていただろうに。
ワイルドライガーは意識していたけどそれに乗るライダーの姿をまるで意識していなかったとは。
いいのか賞金稼ぎとしてそれは。


さてハンターウルフVSワイルドライガーは今回は叶わなかった。
ただしトリケラドゴスVSハンターウルフという異色の戦いが見れたのは良かったです。
しかもトリケラがかなり優勢で驚きました。やるやんギョーザ!
トリッキーな戦いもなかなか見どころ。

最終的に変な時計のせいで位置がバレて倒されちゃったけど……、あれさえなければ目的達成できてたよねぇ……。
トリケラVSウルフの戦いは最終的にウルフがどうやって勝ったかのシーンがなくてそこは残念でした。

戦いはトリケラ&ギョーザの危機にようやくライガー&アラシが駆けつける。そして次回に本格的な戦いが始まる…という感じ。
今回はホントに次回に向けてのタメの回というか、そんな印象でした。
多分、次回に凄い戦闘をぶちこんでくる。その制作が大変だったのでいちど今回のような引き延ばし的な回が必要だったのだと予想します。

ドレイクはホントに最後の方に出てきただけだった。
次週には登場するようですが、んー、どうなるやら。
台詞がなんだか映画のベジータ的なキャラのそれになりつつある気がする。

そんなわけで28話でした。
今週はソルトの意外なキャラが面白かった回でした。が、戦闘では正直やや肩透かしな回でした。
が、その分来週は凄い事になると予想しています。
29話に期待!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

テンポ悪し

今回は正直テンポ悪かったですね。町や大食いの描写はあんなにいらなかった感じがします。
ソルトは思ったよりダメなやつでしたね。もっとクールなやつだと思っていたのに。ただギャップは面白かったし、冷徹なところもあるので今後に期待です。
トリケラ&ギョーザは結構上手く戦っていただけに最後は残念でした。トリケラのパワーと防御力をもってすればあそこまでやられるはずはないんですが…。パワーと防御に優れるゾイドがかませにならないか一抹の不安が残ります。ドレイクも予告で完全にスルーされておりかませにならないか不安ですが…
最後に全員ポンコツだったとのことですが、デスメタルも結構ポンコツな印象です。ライガーにはもはや四天王クラスでないと勝負にならないのに手配書をデスメタルだけに配布しているようですしね。水や食料を渡さないように各町に厳命するなりソルトのような賞金稼ぎをぶつけるなりしたほうが効果的なはずなんですが。

ソルト(笑)

クワーガ出ないと言ったら出ました!(笑)よかったよかった。
痛めつけられましたが、一応4匹とも無事だったようで。
飛び去る4匹のカットは、ゾイドを心配する子どもたち(視聴者)への優しい配慮ですね。

ソルトはまったく予想外のキャラでした(笑)
確かにストーリーのもたつきはあるかもしれませんが、下らない大食い競争のくだりやその他の小ネタ、個人的には結構楽しく見ました。

よくある、過度な新型機優遇が懸念されましたが、トリケラドゴスが予想外の活躍で、よかったですね。「あ~噛ませ犬にされちゃうのかあ」と思いきや、これは意外でした。
次回のドレイクも予想外の大活躍してほしいですね。

ワイルドブラストしたときの顔が、ソルトにせよ、サンラータンにせよ、個性のある表情になっています。
ワイルドブラストすると、ゾイドだけでなく乗り手の本能(本性)も解放されるのかも、と思いました。
そうすると、三白眼でやたら恐ろしげな顔つきになるアラシって……(笑)

No title

確かに、ソルトが予想以上に残念イケメンでした(笑
でも「愛すべきお馬鹿」ポジションで意外と悪くないと思います。Twitterでは「ハリーチャンプみたい」と言う人もいて、なるほどと思いました。

登場人物の茶番(まあまあ面白かった)はさておき、ゾイドの見所は安定してましたね。
一発目が、俊敏なウルフと重厚なトリケラの対決とは予想外。オオカミvsトリケラトプスという構図は、ゾイド界隈では殆ど無い構図なので良かったと思います。結果的にトリケラが負けたとは言え、モーションも戦い方も工夫が見られました。これが、ガン○ムなどの戦闘モノだと中途半端に引き分けになる(リアルロボット系の主要キャラ同士の初回戦闘だとどちらも程々になるはず)思うのですが、勝ち負けがしっかりつくけどどちらも致命傷を受けない程度で収まるのは悪くないです。

アラシとの戦いは持ち越しですが、四天王やらギョーザ仲間入りなどのエピソードが前後2話で扱われているので、ソルト邂逅編も次週と合わせて2話構成なんでしょうかね。

ドレイクがどう動くかな・・・

途中のくだりは、漫F画太郎先生の作品を彷彿とさせる展開でしたね。もし、先生の作品だったら、あの後からが本領発揮なんでしょうが……。

私はあまり詳しく無いのですが、スカイピースはyoutuberとしては相当メジャーで姪が公園で遊んでいたらPV(MV)を撮影していて姪達にも気さくに応じてくれた好青年達です。姪の周りの友だちもみんなyoutuberだと気付いたそうなんで起用したことで人気向上に繋がってほしいと思います。

No title

ソルトしょっぱなからポンコツキャラでしたね。
初登場時はクールだったのに仲間になった途端いろいろポンコツが判明する…な展開は想像してましたが、まさか即行でおバカ属性が附与されるとは……、ある意味フリーダム団に相応しい新キャラですw

コマンドウルフは索敵にも優れた能力を持っていましたが、ハンターウルフは声の届く範囲で待機していたライガーを察知できないところを見るとそこまで得意ではない感じ…なのかな?
ギョーザ見つけたのも目覚まし時計が鳴ったからだったし…。

他の方のコメントにもある通り、手配書はフリーの賞金稼ぎを対象に出したものだと思ってたのでデスメタル内のみに向けたものということには自分も意外でした。
傘下のものでもライガーを捕えたものには特別報酬を与える…というのはわかるのですが、逆に言うと金で釣らないと部下たちも全力で取り組まない程度でしかギャラガーの支配力はないのかと…。
思えばトリュフもフォアグラも自分の失敗をごまかして報告しようとしてましたし、意外とラッキョ―が一番忠誠心ある部下だったりしてそれがギャラガーが常に手元に置いておく理由なのかも?

No title

自分は28話はなかなか楽しめました。
ソルトはクールなイケメンですが天然と言う人気の出そうなキャラクターですし、
クワーガも無事に4匹で飛んでいったので気絶させただけで倒したわけでは無くて安心しました。
(賞金にならない&弱いゾイドを倒す必要なんて無いと思ってるのかもしれませんが)

アラシとの無駄な大食い対決もソルトの意外と負けず嫌いで意地っ張りという性格を表すのに分かりやすかったですし、二人で街から出てきた時にさすがに食べ過ぎた・・・・って顔してたり細かいとこで面白かったです。

戦闘も少なめではありましたが壁を走るウルフと岩石を武器にするトリケラという対照的な戦法の対比で見ごたえがありました。
だいたいこういう展開で今までのゾイドだと高速ゾイドが圧勝だったのでトリケラの健闘を称えたいです。
また、ソルトは戦いになるとさっきまでの天然ぶりがウソのように冷静になったのも良かったです。

そして何より、ハンターウルフのワイルドブラストが最高でした。ソルトがウルフを撫でてウルフの耳がピコピコっと動くのも可愛いし、その後の加速するシーンは凄いカッコいいしで・・・。
来週がますます楽しみです!

No title

>YHさん
正直なところ急いで昇華しようと思えば28話内容は前半で終わらせて後半でジックリ戦闘も可能だったでしょうね。
それができない製作態勢を想像するとちょっと歯がゆいです。
その分、来週には期待したいです。

トリケラはおそらくですが重防御なのできゅっと丸くなっていれば耐えられたでしょうね。
むしろ高速機特有のスタミナ不足でウルフが撤退していた可能性が高いでしょう。
ただしゾイドワイルド各機の致命的な弱点としてライダーむき出しという事情があります。
ここを直接狙われたら丸まって耐える体勢が維持できない。結果として弱点をさらしてああなったと推測します。

手配書をデスメタル帝国内部にっていうのはたしかにどうなんでしょうね。
いまさらラプトールだと群れで戦ったところで返り討ち…というのは目に見えているだろうし。
どうするつもりなんでしょうね?
仰るとおり各町に通達するなりして締め上げていけば容易いと思います。
そうなっていない現状でさえいつも行き倒れているし。
それが分からないギャラガーではないと思うのですが。

>す さん
クワーガは確かに一番地味目ですねぇ。。。
一話の初っ端に登場したのはよかったんですが。
ラプトールと共にデスメタル主力装備になっても言いと思うんですけどねえ。
でも今回を皮切り登場回数が増えると良いですね。

そるとは面白かったですね。
クール系の愛すべきアホで好感です。
それでいてハンターウルフに乗ると別人の様にカッコイイからそのギャップもステキ。

トリケラも見せ場があって良かったですね。
過度な新型ひいきにせず従来機にも見せ場を造る構成は今後にも期待したいですな。

ワイルドブラストは「本能解放」なので仰るとおりアラシの内には・・・・。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ソルトはいい感じでしたね。
まぁ、あまりクールカッコいい知的最強キャラだとアラシに代わってフリーダム団リーダーになっちゃいますからねー。
あのくらいのおバカでリーダーにはなれないくらいがちょうど良いと思います(笑

次回はドレイクがどう動くかは楽しみですね。
立体的な戦いに期待です。

>kageさん
あははは、酒場で延々やってるやつですな。
リアルタイムであれ見てるときはきつかったなー。

スカイピースは私も詳しくはないんですが良きお兄さんな感じなんでしょうかね。
ぜひとも盛り上げて欲しいですね!

>しめじさん
事前のクールイメージからあまりにもかけ離れていて驚きつつも面白かったです。

たしかに索敵力はあまり高くないみたいですね。
イヌ科のゾイドだとにおいや音などで周囲のゾイドをある程度把握できそうなのですが。

デスメタル内部への手配書はどういうシステムでしょうね?
部隊は本国中央からの指示によって配置されているのが基本だから勝手には動けない。
そこに手配書を配布させたところでどういう動きができるのだろう。
賞金に釣られて俺が倒すと決意した者が居たとして、持ち場を勝手に離れるのは兵士としてダメでしょう…。
というような事を思うので謎だなぁ。。。

忠誠心については仰る通りかもしれませんね。
一応、「ギャラガー、ギャラガー!」とコールされるシーンもあったので最低限の信頼はされているのでしょうが。

>No Nameさん
クワーガは無事で良かったですね。しかし昆虫系はやっぱり頑丈だなぁ。
岩を落とされた個体は、クワーガは一話でもっと巨大な岩をアラシから落とされていたので、実はあんがいどうってことなかったのかもしれませんね。
ソルトに攻撃された機体も、空中では壁や地面がないので衝撃が逃げやすい。それで無事だったと思います。
またソルト側としても、完全破壊しようと思えばできたかもしれない。ただそれにはある程度全力を出す必要がある。余計なエネルギーロスを省くためにもある程度の攻撃に留めたと思います。

壁を走るウルフは凄かったですね。さすが最速機というインパクト。
そしてトリケラ側も重量級の見事な描写があって良かったですね!
来週は更に戦闘が多そうなので楽しみです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント