アニメ15話

アニメ15話でした。

今回は息抜き回だった印象。
13、14話とたいへんなシリアス回だった。更に次回もおそらく特大のシリアス回なのでワンクッションはさみたかったのかなという意図を感じます。
とはいえその中に真面目にアドバイスを送るアラシなども出てきて「おぉちょっとずつ成長してるじゃないか」と思えるのは良いバランスです。

今話は戦闘も久々に序盤のような爽快感のあるワイルドブラストで、シリアス一辺倒ではなくこういう回も必要だなと改めて思いました。
もっとも今後の話数に余裕があるならですが。


さて中身。
冒頭、行き倒れる一行・・・・・・・・・。
うーん、ペンネが入った事で旅の快適さと安全性は飛躍的に向上…すると思ってたんだけどなぁ。
まぁペンネは風邪っぽかったのでこれはしかたないか。
で、ペンネが風邪で動けない間にアラシが変なもんを勝手に喰って食あたり…みたいな流れでしょうか。
今までは食料が無くなって餓死寸前だったので進歩と言えば進歩か……。

そんなわけで行き倒れた一行。
それを助けたのは謎のハイテンションボーイ・ヒジキだった……。


薬草で食当たりのアラシ、風邪のペンネを救うヒジキ。
……ヒジキ君はデザインはちょっとモブキャラ感が漂う……。

デザイン面のみならず作画があんまり安定してない印象も受けます。今回は特に。
たぶんゾイドの描写に費用の大部分をかけてて残り少ないカツカツでキャラや背景をやってるのかなー。
まぁゾイドがカッコいいことが第一なので良いのですが、ちと気になると言えば気になるかな。
DVDやブルーレイでは修正されてるのかな?

さてヒジキ。
ヒジキは10年間ゾイドを追い続けているものの、いまだ相棒は見つからず。それどころか追い回される始末。
そんな状態らしい。

当初、もうアラシのありえた可能性の一つなのかなーと思って見ていました。
そういう要素もあるのかなー。
好きで追い回してるけど心でつながる事を知らないから10年間まるで成果が出ていない。
成果が出ないのは学びを知らないから。でも持ち前のハイテンションでいまだ闘志だけは衰えない。

ゾイドは作中を見ていると本気で向かい合えば必ず心を開いてくれる気がする。
でも一話時点のアラシみたいな接し方だとダメ。
ヒジキは学びをせず、一話時点のアラシみたいな接し方を10年続けてるんだろうなぁ…。
ある意味凄い…。

そうそう、以前の「ゾイドを癒す森」の回でシメジをアラシのありえた可能性の一つと書きました。
シメジはゾイドを嫌う村の出身。そんな村でゾイドが好きゆえに孤立し森に住んでいる。。。
この場合、ゾイドを理解したパターンがシメジ。
理解できずに追いかけまわし続けたパターンがヒジキなんだろうか。
作中のアラシは師匠と呼べるゾイド乗りに出合ったから今の状態に至る……。
こんな風に思うと人の運命なんてちょっとしたことで変わるもんかもしれないなー……と思えて感慨深いかも。


さてヒジキは村を出て10年も一人でゾイドを追いかけているらしい。
で、今まさに村に帰るというよくある感じの話。



今回はあまりストーリーを深く考えるような回じゃない気はしますが、幾つか気になったところを書くと村人は帰還に際して「ヒジキじゃねえか」とすぐに気づいていた。
ヒジキ側も「あそこには親父の畑があるから」などと言っていた。
けど10年も経てばもうちょっと忘れられてる気がするし、10年も経てば畑の位置や作物が変わっていてもおかしくない。
でも作中ではヒジキにすぐに気づいたし、ヒジキ側も畑の様子を確信的に語っていた。
すなわちヒジキは「一人で10年旅をしてゾイドを追っている」と自称しているものの実はコッソリと村に戻ったりしてたんじゃないだろうか。
だから村人はヒジキをよく知っているしヒジキも畑の様子を確信をもって語れる。
もうちょっと言うと母親はそれを知らないが父親はそれを知っている印象でもありました。

そうそうヒジキはスマートフォンみたいなものを持っていた…。


これ何だろ。
通話はしていなかったので薄型のデジカメかな。
そんなもんが作中世界にあるんだなぁ…。なんか町の構造物などとのレベルの差が激しい。
この辺ってどうなってるんでしょうね。
少なくとっも超貴重品ではあると思いますが。

この端末、形状からして乾電池か充電池で動いていると思います。つまり永続的には使用できない。
電池調達ないし充電が必須である。
この事もヒジキが村に定期的にこっそり帰っていた事の裏付けになると思います。

ヒジキ君は実は定期的に村にこっそり帰っていた。
本人は父母にはバレないようにしていたつもりだったが、実は父親にはバレてた。
そんな風に思うと、それはそれでまたドラマが深くなるかも。


今回は戦闘は村の畑を焼き発掘調査を強行するデスメタル帝国。それに対してライガーが立ち上がるというもの。
ライガーはヒジキの強い想いを受けて戦ったのですが、それに加えてライガーが自らの意思で戦っているようにも演出されていたように見えました。
今回のデスメタル帝国の行為は周囲の森に住むカブターにも悪影響を与えていた。それを見て何か感じるものがあったように見えた。
ゾイドの王とも称されるワイルドライガーです。こういう状況を見ると何か感じるものがあるのかもしれないなぁ…と。

デスメタル側のやり方はやや謎が残る。
発掘となれば結構大掛かりな作業。自分たちでやるより村を降伏させて人的資源を確保、そいつらに掘らせた方が良い。
なのに自分たちで発掘作業をしていた。
手間がかかるし気付いた村人から反撃される可能性も高い筈なのに。
あんまり頭の良いやり方ではないですね。うーん、なんでだ。

次に、わざわざ畑を焼く必要ある…?

発掘=穴掘りだから、大木ならともかくこの程度の草は焼きもせず一緒に掘ってしまった方が早そうだけどなぁ。
畑は見た限りあまり大きな面積じゃないし、ピンポイントでそこ掘る? という気も。

今回のデスメタルは無駄が多い感じ。

あと、ラプトールやカブターなどは普通に生息している模様。
その戦力は野生体を確保すれば良い。
そうじゃなくてわざわざ発掘。という事は畑の下にはギルラプターなどのMサイズ以上の大物が埋まってるのかなあ。
あるいはヒジキが使っていたスマートフォンだかデジカメだかの薄型デバイス。こうした過去の遺産が出てくる可能性が高いのかなあ…なんていう事も思いました。


その他。

戦闘では緊迫感を維持したままオニギリのゾイド博士感が上手く出せていて、こういうのはいいなーと思いました。
あとガノンタスのダッシュ力が意外にも高くて驚きました。
何度かワイルドライガーを止める役目をしたガノンタスですが、作画上の都合ではなく実際にダッシュ力が高かったとは…。


で、あとはやっぱり注目なのは次回予告のペンネ!


これはもう白! ペンネすまんかったただのいい奴だったじゃないかと思った所でこれ。
次回どうなる!?
次回は特に見逃せませんね。
ペンネ回なので特に作画にも注意を払ってほしい所。
期待しております。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

通信手段

今回は一般人にもスマホが普及していることがビックリしました。
てっきりデスメタル帝国の上層部しか持てない高級品・軍需品だと思ってた。
 今後は、アラシたちもスマホを使うのかも。
そうでもしないとデスメタル帝国相手に組織だった抵抗はできないですよね。

No title

親父さんはああ言ってましたが、あれはライガーもヒジキの心に応えてのことですよね。森のゾイドを案じただけなら、ヒジキを乗せて行く理由もないですし。ヒジキが当初のアラシと似ていたからというのもありそうですね。

このヒジキ、ライバルと銘打ったものの、特に張り合うでもなく、意地悪く接するでもなく、言動の端々に人の良さが出ていたり、アラシの助言も素直に聞いたりと、結構気に入ったキャラです。最終決戦辺りで発掘した相棒と共に再登場して欲しいです。三式さんの推測通り、埋まっていたのがMサイズ以上なら頼もしくなりそうです

No title

いわゆるギャグ回でしたね。
作画がおかしいという声が多々聞こえますが、個人的には気にならない(以前に書いたように子供向けアニメと割り切っているため)ので、今回も総評として面白かったと思います。

冒頭早々に窮地に陥っているフリーダム団でしたが、腹ぺこバタンキューでは無いのでペンネの参加で食糧事情が改善されたという意味でめでたし(笑

面白可笑しく話を回す中でアラシの成長を描いたことを評価します。いわゆる子供向け作品の中で「主人公が成長している」というのをわかりやすく表現するのは意外と難しいと思うのですが、「他人に何かを教えている」というスタイルはわかりやすいと思います。限定的とは言えベーコンの教えを次に伝授しているという様子は大人にも感慨深いかと。

また、茶番劇でツッコミを多々入れながらもあくまでヒジキを立てるというのもよかったです。大なり小なり「相手に配慮できる」というのは大人になった証しのひとつだと思います。

スマホはキャリアやら通信費やら謎が多すぎますが、それよりも自分は「10年前に村を飛び出したヒジキ」くんが一体何歳なのか=アラシたちの年齢は?が気になる点でした。

あと、BD情報が飛び出ているようですが「1巻がディスク2枚組みで10話収録」でAmazonではVol.5まで予約受付開始ということで【祝!1年放送確定】ですね!いやーメデタイ!アニメ無印みたいに、第2部(第3クールあたり)から「アラシ青年篇」とかにならないかな、と勝手に期待してます。

・・・さて、来週はいよいよペンネにメスが入るようなので、刮目して待ちます!

デスメタルの謎

今回は半分ギャグ回でしたね。まあ次回がかなりシリアスな展開になりそうなので、こういう話も入れるほうがいいんでしょうが。

デスメタルは発掘のために畑を焼き払っていましたが、本当にゾイドが埋まっているんでしょうか?あれでは精々数体しか発掘できないとしか思えませんが、ラプトールを本当に1000体デスレックスに食べさせたため発掘しているんですかね?

あと前々から思っていましたが、Zボーイズはどうして上半身裸なんでしょうか?
露出は少ないほうがいいはずですし、支給できないはずはないのですが。

珍しく批判的意見書きます

キャラクターの作画は確かに気になっていました。キャラクターはそれぞれ性格が魅力的なので勿体無いと感じることがあります。

私はこれが今風の絵柄だと割りきって毎回ゾイド見てますが、今風のアニメ描写に馴染んだ方でもゾイドの人物描写は厳しく見られるのかどうかは興味深いですね。批判覚悟ですがアニメキャラの描写は個人的には95年位がピークだった気がします。魔人ブウ編のドラゴンボールは影の付け方がとても丁寧で(使える色数が少なくハリボテと揶揄されることもありますが)ドラゴンボールスーパーでもその頃の作風を継承し、個人的に好きでしたが、古い・懐かしいのでしょうか?

今回はストーリーが息抜き回だったし、ヒジキのキャラと合っていたかもですが、今風昔風の描写ともかくとして指や体のバランス等今回ちょっとひどかったです。そんな中でもペンネさんは流石にボディーラインに気を使われてましたねw

No title

ゾイドワイルドの世界って最初はゾイドジェネシスとか、他作品で言えばラピュタとかナウシカぐらいの前時代的な感じを思い浮かべていたんですがそうでも無いのかもしれませんね。

とりあえずデスメタル帝国はロケットランチャーやスタンガンといった武器に、カンゴクのような大規模な研究施設、キャビアの使った罠を起動させる装置、などを持っています。
また今回ペンネ、ヒジキについてはスマホのような小型の端末を持っていたり。(ドレイクも持ってる)
ついでに言うとアラシの服装がそもそも現代の子供と大差ない。

これはゾイドワイルドの世界は、元々は「現代レベルの文明があったがゾイドによって破壊あるいは衰退させられ、多くの人間は泣く泣く前時代的な生活を強いられてる」んじゃないかと予想します。
ややマイルドではありますが、ある意味マッドマックスの世界に近い感じ。

なので「スマホは今や材料の採掘などもゾイドのせいで人間の生息圏が狭まったのでままならず新造は難しいが、現存しているものを使うことは出来る(電話会社あるのか?とかは置いといて)。」
「デスメタルは組織として機能しているため一般人よりも比較的文明機器を維持している、または製造できる。」
しかし世界的にはゾイドのせいで人間の文化レベルは一気に後退してしまっている・・・・。デスメタル以外にちゃんとした国が無いぐらいに崩壊している。
と考えれば人々がやたらとゾイドを忌み嫌い恐れるのも結構納得がいきます。

ゾイドワイルド初期のコロコロ記事ではライガーが戦車などを豪快に破壊している写真がありました。
あれはゾイドワイルド本編が始まる前にあった出来事なのかも・・・?

スコーピアは兄貴だったのか…

ワイルド世界にも自撮り文化はあるのか…
みんなも自撮り棒を使う時は周囲に迷惑がかからないようにするんだぜ! 天才ゾイドハンターヒジキ様との約束だ!
作画も省力回でしたが、ヒジキの何とも言えないモブ顔とマッチしていましたね。

ヒジキの親父の推察は果たして当たっているのかいないのか。
野生のカブターやクワーガのことを考慮してデスメタルを叩きに行った、というのは、「ライガーが自分自身への言い訳として用意した建前」であり、実際は「ヒジキの熱意に押されてやれやれ仕方ないな的なノリで載せていってあげた」のかも…。真相はライガーのみぞ知る。

最後にペンネの使っていた携帯は、春菊さんのと同じ三本爪(?)デザインに見えましたね。次回で本音を全てぶちまけてくれるのでしょうか。

No title

今回は息抜き回でしたが、ラストのペンネの様子から、次回はまた一波乱ありそうですね。

今回の行き倒れはこれまでとはパターンを変えてきた感じですが、
旅慣れてる感じのペンネが参入しても、アラシたちは彼女がダウンしてしまうとこれまでと変わらない調子っぽいですね・・・。

OPやEDを見るとこの先ギョーザも一向に加わりそうな雰囲気がありますが、
彼が入ればアラシ達の旅ももう一歩マシになるのだろうか・・・?


ヒジキは熱意だけはありそうですが、
かなり調子に乗り易くて自分に酔いがちな感じなので、
ゾイドへのアプローチの仕方や相棒の何たるかについての理解度は1話の頃のアラシと同じくらいかそれ以上に一方通行そうなのが問題な気がします。

アラシは助けて貰った恩もあるし、昔の自分とダブる所もあるであろうから、父やベーコンを通して学んだ事をアドバイスしましたが、
いつかヒジキも真の相棒と巡り合えるといいですね。

ライガーはこれまでのエピソードを振り返ってみても、
自我が強いと同時に人間の心の機微を繊細に感じ取れる面もあると思うので、
ゾイドの王としてデスメタルに立ち向かったとも、ヒジキの想いを感じ取ったとも解釈できるのがいいと思います。

最後のヒジキの父親のセリフから考えると、
ヒジキは事あるごとに挫けては村に帰って来ていたのは確かでしょうね。

そうなるとホントにこっそり帰っていたのか、村人達も「何時もの事か」と話を合わせて応対していたのか、気になる所ですが・・・。
(後者だったら両親も村人達もヒジキを甘やかし過ぎな気がしますが、あるいはヒジキ自身が自分の身の振り方をどうにかするしかないから、それまでは話を合わせていたのかもしれないとも思います。)

ペンネはこれまでの経緯(特に11話~13話)的に一先ずは白なのかなとも思いましたが、
今回のラストと次回予告を見るに、まだ見ぬデスメタル四天王の1人と繋がありそうなあたり、
次回の一波乱が気になります。

No title

>アンキロさん
技術レベルがよくわからんですね・・・。
ヒジキ君が持っていたとはなぁ。
とはいえ通信機器としてではなくてカメラとしての見つかっていたようなので、たまたま発掘したがカメラ機能以外は理解できなかった とかじゃないかなあと思います。

今回のスマホのような「幾つかある世界の遺産」を掘り起こして、それでもってデスメタルに対抗していくのも熱いかもしれませんね。

>レイさん
ヒジキにライガーが答えたのは確かですね。
しかしカブターに全く相手にされなかったヒジキが伝説のゾイドに乗れたって言うのは凄いよなあ…。

キャラにアクはない素直な感じでしたね。
バカみたいに直球というか、アラシに近い感じというか。

決戦時には駆けつけて欲しいですね。あの調子で、でも成長した技量で戦って欲しい。
そしてガンダム00のコーラサワーさんみたいに飄々と生き延びて欲しい…。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ギャグ回でありつつなにげに色んな要素がありつつな回でしたね。
作画はギャグとしての方向性で荒れていたなら作風として良いのですが、そうではなく単純に質の低下だったのでやはり難点だと思いました。
円盤では直ってることに期待したいです。

アラシの成長は重要でしたね。
普通、バカだろお前……と言ってしまいたくなるようなヒジキ。そこに真正面から向かい合って真剣なアドバイスを送る姿はアラシだからこそできたものと思います。

ヒジキの年齢は気になりますねぇ。
アラシよりは年上かな。でも家出時の年齢が小学生くらいでしたよね。
あれでよく10年も…。
やはりちょくちょく家に帰ってた説が濃厚な気がします。

>YHさん
シリアス回直前のギャグ。嵐の前の静けさ・・・・・・ではないけど雰囲気をガラッと変える為の回だったんでしょうね。
畑の下のゾイドは謎ですな。
ラプトールではないと思います。ラプトールならその辺の野生の群れを捕獲したほうが手っ取り早いような・・・。

ボーイズの服装は謎ですねえ。
まあ、帝王ギャラガー自身が似たような格好なので統一されてる可能性も・・・・。

>kageさん
アニメの作画は年代ごとの傾向ですね。
90年代までのアニメは「立体として正確に」を念頭に影が入っているんです。
「平面の世界に立体を表現したい」という考えですね。
ですが2000年以降はあえて平面的に影を入れるものが増えています。
「平面としての魅せ方を追求したい」という考えですね。

これは私見ですが、ゲームなどで3DCGが一般的になってきた=3Dがあふれ出した=2Dで3Dに迫るより2Dは2Dとして魅力あふれるものにしたいという考えでそうなったのだと思います。
私も個人的には90年代後半くらいの影付けが好きですねー。
今の影の少ない作画って日常系アニメとかには向いてると思うんですが、バトルシーンが多いアニメには淡白すぎてあまり向いていない感じもします。
まぁ、回顧的な思いかもしれませんね、、。

>狭霧さん
いつの時代も自分を撮りたい人はいるんですねえ。
ヒジキはモブ顔でしたがあのキャラの感じとは妙にマッチしていましたね。

ライガーとヒジキの想いがどう交差したか というのは様々な考察が出来ますね。
いずれにしても良いシーンでしたね。

>ラウルさん
波乱前の息抜き回でしたね。
行き倒れは「またかよー」と思いました。ペンネが倒れたから仕方ない・・・ような気もしますが、ペンネから習って学習する事も覚えたほうが良い気がします。
サバイバル生活のプロへの道はまだまだ厳しい…!
尺に余裕があれば、ペンネ中サバイバル生活講座の会なんかがあっても面白そうですな。

ヒジキは今まで教えてくれるゾイド乗りに出会えなかったのが不運なところでしたね。
今回、アラシたちに出会えたのがせめてもの救いかな。
画面には写らないと思いますが、彼もあの世界の中で大きく成長すると思います。
成長して・・・どこかでまた出てくれると良いですね。
後半肉につれてシリアス度は上がるでしょう。その時にいいムードメーカーに鳴ってくれる事にも期待です。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント