ナックルコング

ナックルコング~!

今日はこちらを紹介。
ラプトールの次はトリケラドゴスかナックルコング、どちらを作るか迷いました。
ですが最終的にトリケラは一番楽しみにしていたから最後にとっとこうと思った事、コングのワイルドギミックの仕組みが気になったことからコングを先に組みました。


動力ボックスはワイルドライガーやギルラプターと同じです。
汎用であの動きを作るのは凄いなぁ…。共通化がホントに徹底しています。

しかし凄いですね、なんていうかギルラプターみたいなワイルドギミックだと理解できるんです。
通常時は歩行。そしてワイルドギミック用にパーツ位置を調整すると「歩行しながら武器ギミックが”追加”される」というパターンは仕組みがなんとなく想像出来る。
パーツ位置を調整したらギアがかむんだろうな、というものです。
ただナックルコングのような「通常時は歩行・ワイルドブラストすると歩行を止めてドラミング」というのは構造が想像できなくてなんかもうホントに凄まじいなと思います。
まぁ同様のギミックにバーサークフューラーやダークスパイナーがありますが、両機は動力ボックスが専用だったからまだ分かるんです。
ナックルコングの場合は共通動力。他機と同じ構造で大胆なギミック変化をしているんだから凄まじいです。


さてさて組もう。


ボーン状態。
これ、凄いです。めちゃくちゃリアルにゴリラの骨格です。組んでみて衝撃を受けました。
恐竜型やライオン型もリアルな骨ですが、ゴリラは更にリアルすぎる骨。不気味さを感じるほどです。
凄みというかオーラというか・・・があります。



腕の角度が今までにない新しいものです。
アイアンコングなどは腕の曲げ角度が「前に」なっていますが、ナックルコングは内側に曲がっています。
凄いなぁ、これだけでゴリラ感が飛躍的に向上した。
もちろんアイアンコングのデザインもステキですが、今回のコングはより実物のゴリラに近づくべく極限まで寄せてきた感じがします。

アイアンコングはメカとしてのラインとゴリラの再現度を程よく混ぜた着地点を探してる感じがします。
両機の腕デザインは方向性の違いでどちらも良い。
ただアイアンコングはあまりにも傑作すぎた。その結果としてハンマーロックもシルバーコング(アタックコング)もゴーレムもレイコングも同じ感じになっていた。
もはやゴリラ型=コングタイプの腕が標準という状態です。そこへきて新しいラインを出してきたナックルコングは鮮烈です。


あと、スイッチの形状がデザインに完全に溶け込んでいます。
これも驚きでした。


装甲を付けて完成!
前から見たときの迫力が凄いです。
前面から見るとけっこう装甲面積が多い感じがする。実に頼もしいではないですか。


ただ後方から見るとけっこうホネホネなんですね。
前からと後からのギャップがかなりあるなぁ。
後ろ側ももうちょっと装甲をつけても良いと思うんだけども。

この理由を想像するなら、正面から突撃してそのままぶっ潰す。後から被弾する事はそもそも想定していない設計なのかも。
ライダーは四天王の一人「原始のフォアグラ」ですが、かなり荒々しい性格をしている模様。
彼の戦闘スタイルを想像すると、正面に極端に偏った装甲をしていてもおかしくないかも。

ところでどうでもいい余談ですが、フォアグラ攻略の為にはぜひともフリーダム団のメンバーにアンキモ君を探し出して欲しい所ですな。


この状態での歩行ギミックですが、いかにもゴリラのナックルウォークで「おぉ」と思いました。
関節の連動が無いのでやや不恰好ではありますが、腕の角度のおかげで今までに無いゴリラの動きをしていてとても面白いです。

そして・・・、



ワイルドブラスト!

ドラミングじゃーい!
足の角度を変更&肩を後ろにズラす事でギミックがワイルドブラストに切り替わります。
うん、この構造は凄いですね。実物を見ると更に凄いです。
肩を後ろにズラす事でパーツの連動が切り替わるんですが、えー、どう説明したらいいんだろう。
腕は通常は歩行用の軸にかみ合ってるんですが、後ろにずらす事で背中の回転軸に連動されるようになる。
よく伝わらなかった場合は実キットを組んでください。
よくこんな構造を思いつくなぁと関心しきりです。

感動だったのはナックルに付けるグローブです。
肩装甲の半分がグローブになるんですが、事前において「組み換えだろうな」と予想していました。
いや違いました。なんと「変形」だったのです。
肩装甲は腕パーツと接続されています。


肩装甲を外して(外しやすいデザインになっているのがお見事です)、画像のように倒してナックルに装着する。
いやー、これは凄いですね。

組み変えだとアニメでどう演出するんだろう…と少し心配していたんです。
ブロックスみたいにパーツが飛行して都合よく変形するってのもなしではないんですが、あんまり好きじゃない。。
やっぱり「装甲は装甲であってそれ以上じゃない。けどそのかわり装甲としての機能には絶対の自信がある」みたいなのがいいなぁと思うんです。
ナックルコングの肩装甲は腕パーツとつながっており組み換えじゃなくて変形でワイルドブラスト形態にできるようになっていた。
これは大きな喜びでした。

ドラミングは腕の動きもさることながら、胸が大きく鼓動しています。
これもまた大きな効果を挙げています。
更に口が大きく開閉してまさに叫びをあげている。ワイルド!

ちなみに口なんですが、内部に舌と思しきパーツがありますが、これがちょうど1/72パイロットを座らせれそうな形状…。


絶対狙ってるだろ!!
乗せたら、ちょうどZナイトみたいな搭乗位置になりますな。
幻の装甲巨神に改造しても面白いかもしれませんね。


アイアンコング大先輩と並べるとこんな感じ。
大きさはミドル級ですね。
今までにないサイズのコング。
色は黒いのが凄みがあって似合っています…が、こうして見るとコングみたいな赤黒にしても似合いそうな気がしてくるなぁ。
カラーでも色々楽しめそうですね。

残念ポイントは音かな。
アイアンコングは一定周期で咆哮音を出すギミックがありました。といってもギアがこすれてる音なんですが…。
それでも、やかましい咆哮音はアイアンコングのパワフルさを強調していました。

ナックルコングはワイルドライガーと同じ動力ボックスなので静かなものです。
大迫力のドラミング。胸の鼓動も凄いし、口の開閉は雄たけびをあげているよう。
なのに静かなんですよねー…。

ナックルはギリギリで胸には当たっていません。
そういう動きをしているだけなんですね。
当たるようになっていれば、胸を叩く実際の音が響いていたかもしれないのになぁ。ちょっと惜しいです。
ガブリゲーターやグラキオサウルスがワイルドブラスト発動時に「ガチンッ!」と迫力の音を出していたのを経験しているので期待しすぎていたところはあったかなぁ。
姿の迫力に対して音がないのでちょっとアンバランス。
ただまぁ、実際に当たるようになっていたら転倒しかねないし、パーツの破損度も上昇してしまうだろうから仕方がないかも。

アニメでも早く登場して欲しいですね。
漫画では既に登場していますが、今のところギャラガーに煙たがられてるだけだからなー。戦闘が見たい!

腕の迫力が凄いです。ボーン状態も凄みがあります。
腕での格闘戦。そして原始のフォアグラは「野蛮な性格」と現在されています。なので被弾しようが構わず戦い続ける。その結果装甲は全てはじけ飛びボーン状態に。それでも戦いをやめない・・・!
みたいなものがあれば最高だなーと妄想しています。

そんなわけでナックルコングでした。
さあトリケラドゴスも組むぞー!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ゴリ

とても分かりやすい製品レビューありがとうございました。

共通動力ユニット使用は予想していなくて、TOMYの技術や動力ユニット外側の設計センスの高さに驚きです。知育玩具としてより意義があるよう感じました。

部品の差し替えは無いと思ってました。ベアファイターが買うまでは「絶対立たせるには足のキャップを外して別のハードポイントに差すんだろう」と思っていて当時びびりましたので。変形がワンタッチなのは実に機能的で動くおもちゃとして本当に説得力があります。ガン・ギャラドの様にもっとセールスアピールがあって良いようにかもしれません。

音はちょっと残念ですね。共通ユニット使用で、どう表現するかとなると思いつかないです。プラスチック以外の材質を部分的に使用するとか、ちょっと思いました。

No title

待ってました!

骨形態が不気味な顔立ちだなと思っていたのに、装甲を付けたらこの格好良さ。黒目を塗るとシャバーニに匹敵するイケメンぶりです。
ギミックと言えるか微妙ですが、下顎の装甲が面白いです。普通に付けると牙が露出するのですが、鼻の下端が掛かるように付けると牙が隠れてアイアンコング風になる辺り、旧ファンのことも忘れないタカトミの配慮が感じられます。

No title

すみません、もう少し語らせて下さい。
下顎だけ外した状態もまた格好良いです。コングで極限解放したらこうなるんじゃないか、などと妄想も捗ります。
ワイルドブラスト時に少し倒れ易いのが玉に疵ですが、それを差し引いても面白いギミックですし、ここまで気にいるとは自分でも少し驚いています。

No title

ワイルド第3弾はこれまた傑作揃いで甲乙付けがたいものばかりですが、ボーン形態のイケメン度はナックルコングが一歩リードしているように思います。特に、頭部の処理は「ゴリラの化石か?」と思わせるほどの雰囲気を出していて◎。

ライガーとの共通ユニットであの動きを出しているというのは、素晴らしい!
Twitterでも話題にしている人がいましたがビックリしますよね、これは。
ビガザウロ〜ゴジュラスの遺伝子が受け継がれているようで嬉しいです。逆に、共通ユニットに合わせてギミックが矮小化した某ソルジャーや某ドーベル系にならないよう今後の発展を願いたいです。


>今回のコングはより実物のゴリラに近づくべく極限まで寄せてきた感じ
自分はむしろ「動物のゴリラを(ナナメ上に)通り越してキングコングに寄せてきた」感じがあります。アーマーの凶悪な面構えと、ドリミング+咆哮のコンビネーションが強烈です。

>アイアンコングはメカとしてのラインとゴリラの再現度を程よく混ぜた着地点を探してる感じ
これは、まさにその通りですが、これが傑作であるが故の呪縛(は言い過ぎですが)から解き放たれて、新たなゴリラ型ゾイドが誕生したことに拍手です。

No title

黒系のカラーリングのボディのなか赤い目だけが浮いて輝いているので、狂暴な表情と相まってまさに狂戦士という風貌です。

ギミックすごいですねー。
箱を開けてライガーと同じ動力ボックスが出てきたときは驚きました。
腕を動かすだけでなく、胸が鼓動する・上半身を前後にのけ反らせると素晴らしい動き。
ドラミング中、背中のパイロットが操縦してるというよりは振り落とされないように必死にしがみついてるようにしか見えないのはご愛敬ですが。

ぜひアニメでも四天王の名に恥じない戦いを見せてほしいです。

No title

最初みたときはギミック仕込む都合でその他の部分に皺寄せが来ているゾイドだと思いました。昔の玩具みたいに。
プロポーションや歩行モーション、後ろ足のでかすぎる踵部分とかですね。画像で見ると格好悪い。
しかし組み立ててみるとそれらの犠牲で得たドラミングギミックは本当に素晴らしいです!
ワイルドライガーやグラキオサウルスの自動変形が凄かったし、ギルラプターの変形がショボかったので、これなら全部自動変形にしてくれよと思いましたが、これは手動で変形させること自体が楽しい!パチッパチッと小気味よい。
肩装甲の変形がまたいいですね。組みかえじゃないし、余剰パーツがでないから変形させることが苦じゃないんですよ。

ただこのゾイド実際に買って組み立てないと100%の魅力が伝わらないですね。
買わないと魅力がわからず、マイナス要素だけ見えてしまうというのは商品としては欠点のあるゾイドじゃないかと。
もっとも今は動画がありますから。動画やレビューみればもう買わなくてもいいやーってゾイドもあると思いますが、ナックルコングはむしろ欲しくなるタイプだと思います。

このナックルコングはスタッフのチャレンジ精神の塊ですね。
私なら歩行とドラミングを両立した時点で満足してしまいそうなのに、
咆哮・鼓動・のけぞりの動きをも盛り込んだことには驚嘆の一言です。
歩行に関しても絶妙な拳の角度がのしのしとした横揺れを作り出し、
単なる電動版ハンマーロックで終わらずに独自性を得たと感じます。
なんというかべた褒めですがそのくらいに感動してしまいました!

No title

いやー名作誕生ですね。
過去を振り返れば、アイアンコングという傑作がありましたが、ゴジュラスギガのような後継機は結局生まれず、マイナーチェンジばかりが続いていました。またエヴォルツオーネが開発中ということもありましたが、これも結局中止。ゴリラらしさを追及しながら、動きもあって、買いやすい新たなゾイドを生み出すには、ゴリラというお題は難しすぎるのでは?……
しかしそれが今年になって、ナックルコングとしておもちゃ売り場に登場しました! これまでが難産だったせいか、とても感動的な気持ちになりました。トミーのエヴォルツオーネのリベンジマッチです!

No title

フォアグラもアンキモも同じようなものじゃないかーい!!(ツッコミ)

No title

顔が! 顔が凄いです!
ドラミング時の大口を開けてる牙の並んだ顔が、とても凶悪な面構えで、めちゃくちゃカッコイイですね!

肩アーマーをナックルガードにする、というのはロボットものでは珍しくないギミック(例:Gガンダムのガンダムマックスター)ですが、可動アームで繋いで差し替え無しなのは開発スタッフのこだわりを感じます。強いて難を言えばドラミング時に肘関節が動いてくれないことですが、ここに関節を仕込んじゃうと複雑化&組立難度増加があからさまなので、やはり仕方ないですね。

No title

アンキモ
  「(フォアグラコングに対して)
   このナックルコングは出来そこないだ、勝てないよ。
   明日またここに来てください。本当のナックルコングをお見せしますよ。
   (翌日、相棒ナックルコングのワイルドブラスト披露して勝利)
   人とゾイドの無限の絆が生んだ、健康なワイルドブラストと、
   人間の小賢しい悪知恵で作り出した、病的なデスブラストと、
   どちらが強いか!? しかもこのナックル(以下略」
こうですかわかりません。

ナックルコング、なんだか「もしもアイアンコングがゴジュラスのコンセプトで開発されてたら」といった感じもしますね。
アニメゴジュラスが悔しがるくらい大暴れしてやって欲しい物です・・・!

森の賢者らしい理知的な雰囲気のアイアンコング、
キングコングやドラゴンボールの大猿のような凶暴性を感じさせるナックルコング。
好みこそ分かれるでしょうがどちらも良い物ですね・・・!
(もしジェネシスが今から作られていたら、デッドリーコングはナックルコングが原型になってたかも・・・?
 デッドリーの顔を思い出そうとすると、ワイルド式な目になってしょうがない)


>ぬりさん
有名品(フォアグラ等)信仰な食通()と、自然崇拝の無礼なグータラ新聞社員がそっち行きました! 逃げてください!(誰か「山岡が動いた!?」)

No title

>kageさん
モーター、今回は別かも・・・と思っていましたがまさかの共通!
凄いです。
知育玩具としてのポテンシャルは最高ですよ。
ここまでの拡張を見込んでの動力ボックス設計だったのかなぁ…。ホントに凄いです。
まさかワイルドライガーを見た時は同じ動力ボックスでここまで色んな姿勢のゾイドに広がるとは思わなかったです。

音は「痛し痒し」ですね。
共通ボックスでも動きは工夫できるけどさすがに音は…。
ここは開発側も悩んだと思います。
材質など含めて今後更に工夫が出てくると良いですね。

>レイさん
骨格携帯はホントに不気味ですね。
ぽっかり開いた目の穴が怖いです。
そして装甲を付けると表情が一変。
これは凄いですね。骨と装甲の両方でこれほど印象が変わるのはワイルド市場随一だと思います。

顔もいい感じにイケメンですな。
下あごパーツの具合で表情に差を付けれるのも面白い。
新たなゴリラ像を見事に築いてくれたと思います!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ボーン状態は今までの全機あつめてもNo.1だと思います。
カッコいいのはどれかというと各人の好みと思いますが、こいつは迫力というかオーラというか・・・かもし出す凄味が一段上です。
グラキオなんかは美しい骨だ。見事にメカニックと融合している!! って感じ。
コングはそれに加えて不気味なオーラがあると言うか…。
目のせいかな。とにかく凄いです。

キングコングは意識されてるかもしれませんね。
ナックルコングが唯一だけゴリラから外れているのは後ろ足の短さです。
実際のゴリラはもっと長い。でもキングコングだとあれくらいの小ささなんですよね。

あとドラミングは実際はゴリラは威嚇(先頭を避ける目的)に使うけどキングコングは襲い掛かる前兆というか攻撃的な面で使う。これもまたそれっぽいですね。

>しめじさん
赤い目は凄く印象的ですね。
狂戦士、いい響き。まさにそれですな!

四天王はキャビアと違って強そうな感じが期待できます。
パワフルに暴れまわって欲しい。ライガーを締め上げてほしいなー。

>サンボルさん
デザインはかなり頑張ってるものの、かかとなど確かに仕方ないけどそうなったかという部分はありますね。
でもそういうデザイン上の不都合が動かすと逆にかっこよく見えるようになっていると思います。
ゾイドのデザインって動かしてこそなんだなぁ・・・と思えるキットですね。

変形はいい感じですね。
パーツがカチッとなる感じも良いですよね。
腕は最初はちょっと怖かったです。これであってる?壊れない? と。
でも一度したら「スゲー、こういうことか!!!」と驚き、変形に夢中になれるようになりました。
余剰パーツが出ないのにグローブを付けられる。これも素晴らしいですね。

動かしてナンボのゾイドですが、これは今の動画が気軽な時代だからこそ販売決定されたモデルな気もしますね。
いやー、なんにしても素晴らしいことです。

>u4さん
まさにチャレンジ精神の塊ですね!!
ホントにドラミングだけでユーザー的には100点をつけてたと思います。
それでも満足せず咆哮・鼓動・のけぞりで200点をたたき出したところはホントに凄いです。
ゾイドは挑戦するシリーズ、と以前に書きましたが、その志を強く感じる仕上がりで大興奮です。

>ゴジュラス押しさん
名機誕生!
ゴリラで新たな傑作が登場した意義はとても大きいです。
ゴジュラスはなんだかんだいって後継機が出てますからね。
メカ生体ではキンゴジュが出たし新世紀ではギガが出たし。

コングは…強いて言えばデッドリーコングが出ましたがアイアンコング改といった程度でした。
エヴォルツォーネはホントに期待させておいて消滅・・・だったので悔しかったですね。
あとエヴォドライブでもコングは出なかったなぁ…。

そんな状況で出た新たなコングがこのような素晴らしい使用だったことはホントに凄い!!!!ですね。
感動的です。

>ぬりさん
やまおか「ふん、日本の食通と呼ばれる人間は、こっけいだね!!」
という伝説的な某美食漫画をご一読くださいませ!!!!!!!!!!!!!!!

>狭霧さん
顔、もーめちゃくちゃ叫んでますよね。
凶暴でまさに襲い掛からんとする意思に満ちてる感じ。最高ですね。

肩アーマーがアームでつながってるのは驚きでした。
設計大変だっただろうなぁ…。
変形時の感じも面白くて良いですね。ナックルを90度傾けるところとか、とても面白いです。

関節の動きは他の機ともどもいずれチャレンジして欲しいですね。

>kuehleさん
なんちゅうワイルドブラストをみせてくれたんや・・・・・
これと比べるとやまおかはんのデスブラストはカスや・・・

ゴリラはアニメでも動かしやすそうなので、今から登場が楽しみですね!!
暴れまくるナックルコング!
箱などでは強固な装甲を持つガノンタスを吹っ飛ばしたりしていましたが、どうなるか!?
(ガノンタスってガブリゲータにも噛まれてたし、けっこう箱での扱いが酷いかも)
パワー系で接近するとワイルドライガーは分が悪そうな気もします。どう攻略するかも見物ですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント