アニメ11話


突撃! 恐怖の都市カンゴク


アニメ11話の感想です!
今日は待望のガブリゲーター登場回。そしてガノンタス大活躍回でした。


いつものように腹が減ったアラシとオニギリはやばい状態になりかけるが、そんな時ふと打ち捨てられたゾイドの残骸を発見する。
その先にはゾイド実験施設、カンゴクがあった……。


カンゴクはデスメタル四天王の一人、「狡猾のキャビア」が支配する巨大施設。
漫画版だとオニギリが捕えられていた施設ですね。アニメだとオニギリは7話で登場したゾイド開発研究所に捕らわれていました。
なお7話の研究所はカンゴクの出張所であったらしい。

余談。
漫画とアニメ。比較すると、漫画版は登場人物の絵が若干幼い感じがします。
ストーリーは両方とも大筋では同じだが若干の細部が違う感じ。
パラレルと解釈します。
とすると、漫画版の方が事の発端・旅の開始が1~2年ほど早かったのかも。
だからキャラの絵が幼い感じになってる。またデスメタル帝国の勢力も1~2年分だけ少ない。
アニメ版では1~2年分かけて勢力を拡大しているので出張所なんかも作れている。
漫画版ではそこまでではないので、本部ができたばかり。出張所が作れる規模じゃない。そんな感じなのかも。
という風に漫画版と比較しつつ楽しんでも面白そうですね。


アニメに戻ります。さてカンゴクは7話の施設よりも格段に巨大な場所だ。
あの非道な行為が行われていた場所の本拠地。許せねえ……! というわけでアラシはさっそく突撃しようとする。



しかし今回は極限状態まではいかなかったものの、またしても空腹かいな……。
様式美のお約束ギャグ描写も悪くはないんですが、いいかげん成長して欲しい気持ちもあるよなぁとは思うなー。

またカンゴクに突撃しようと。あくまで突撃しよう大丈夫だそれしかねぇと言うアラシ。
オニギリの意見をまったく聞かない感じはちょっとイラッとするかもなー……。
アラシのおバカで、でもゾイドを思う気持ちはめいいっぱい。その一直線な所はいいんだけど、もうちょっと対話する姿勢というか柔軟さも見せたほうが良いんではないかなぁ。
実際、その後は心配でここは危ないと忠告に来たペンネともども捕えられたわけだし。
(捕えられた事の直接的な原因はペンネですが、そもそも町の情報を調べもせず飛び出したアラシたちを追ってきたので根本の原因はそこにある)
むーん。
そろそろ成長面も見たいなあと思ってしまいます。



さてペンネです。
心配でアラシたちに忠告しに来た。めっちゃ優しいじゃないですか!
いやそこじゃなくて……、今までペンネをデスメタル側の関係者と推測していましたが、今回は捕えられ銃を突きつけられていた。
あれ、予想はハズレだったのか・・・・?
疑ってすまない、ペンネは本当にただのいい子で偶然出会いまくってただけだったのか。
・・・いやそうじゃない気がやっぱりしますが、それについては後述。


監獄に捕えられたアラシ、オニギリ、ペンネ。
デスメタルはオニギリに価値を見いだしていた。彼の技術でデスメタルキー開発を再開しようと。
この状況を利用し、オニギリはデスメタルに協力するふりをして自分だけ檻から出る。
そして隙を見てガノンタスを起動。


今回は戦闘は圧倒的オニギリ&ガノンタス回でした。
亀光砲を撃ちまくって施設を大破壊、砲の威力を気持ちいいくらいに見せ付けてくれました。
あれだけやったらゾイドもライダーも消耗が凄いでしょうが、それに見合う成果。
やっぱり砲は強いなーと思わせてくれる回でした。

同時に、砲のメカニズムも気になってるかなー。これについての考察なんかもいずれ行いたいです。
亀光砲はラプトールやライダーへの殺傷力はない(吹き飛ばすのみ)。だが施設は破壊できるという便利仕様。
「衝撃砲」の類なのかなと現段階では推測しています。

ガノンタスはその後接近されればラプトールに対してなす術が全くない様子もあって、強いところと弱いところの描き分けがされているのは見事ですね。
今回は初のワイルドライガーがワイルドブラスト不使用の回でもありました。
戦闘は今までの難点だった単調さが消え、緊張感もありとても良かったと思います。


ただ今話はちょっと見ていて「んー・・・」と思う箇所の方が多かったかなぁ……。
今回の難点は演出面かなぁと思いました。
セキュリティ甘すぎませんかね。ちょっと露骨に………。
カンゴクは、7話で起こった研究所(出張所)破壊の一件を当然知っているはず。
であるならまず捕えた三人全員を同じ場所に置いておくのが不自然。まぁそれ位なら良いんですが、問題はデスメタル職員ですね。


分かりやすい鍵を持って寝てるとか………どうなの。
しかも他に警備する人員は居ない。
うーん、、、、、、、、、そりゃいくらなんでもないんじゃないのか? と思ってしまいました。
凄く。
何だろうなぁ、例えば

オニギリがデスブラストキー複製品が出来たので実験したいと言う

ガノンタスに刺す瞬間、ゾイドキーに持ち替えてガノンタスを起動

銃などでオニギリを攻撃する職員達。ガノンタスは自慢の装甲でオニギリを守る

ワイルドブラスト発動・亀光砲で暴れまわりワイルドライガーやアラシたちを救助した


みたいな流れにした方が良かったんじゃないかなぁ……。


ライガーたちを捕えていた檻も、7話の教訓を生かすならもっと頑丈にして、また7話よりも強力な電磁ロックでも仕込んでおくべきでは。

あとキャビアもオニギリが裏切る事を全く想定していなかったようで、それのどこが「狡猾」やねん…。
どちらかというと現在のところ滑稽のキャビア。
四天王がこの程度でいいんだろうか。
なんだか「ま、あいつには無理だったよね。予想はしてたけど四天王の面汚しだったよねー」とかギャラガーに捨てられそう…。

まぁカンゴクに関していえば職員の質が低すぎるのが原因な気もします。警備もせずに寝落ちする職員が悪い。
ただその上で言うとカンゴクの職員を適切に教育できていなかったというのはやはりキャビア氏の落ち度でもあるのですが。


寝顔が面白すぎたのでそこは良かった。

なんだかなぁ。キャビアはあんまり開発研究所の管理者には向いていない気がする。
戦闘では本当に強いのでしょう。なのでその面を活かした配置にした方が良いんじゃないかなぁ。
カンゴク運営…、デスメタルキー複製品開発はドレイクさんあたりに指揮を任せた方が上手くいきそうな気がする。まぁドレイクの重荷をこれ以上増やすのはかわいそうな気もしますが……。

今回はガブリゲーターは終盤まで登場せず。
てっきり前半から暴れまわると思っていたのですが、ひっぱるなぁ。
オモチャ売り場を見ているとやっぱりワイルドライガーは売れていて、ガノンタスもギルラプターもいい感じに減ってる。
徐々にガブリゲーターが停滞している感じもします。はやくアニメで活躍を~!
あと次話でいきなりやられて退場ってならないように願っています…。


でもめっちゃカッコいいので期待。

心配なのはデスブラストを初っ端から使わないかという事。いや、というか既に使い始めたか…。
ここがちょっと心配です。
贅沢を言いますが、初っ端はノーマル状態で。そして苦戦した時に初めてデスブラストをという流れを希望したいなぁ。
ガブリゲーターはノーマルからしてとんでもなく強い。そしてデスブラストすると更に手がつけられないくらい強い。という二段構成にして欲しいな。
今話の演出から若干来週の展開に不安を感じつつ、でもやっぱりガブリゲーターがカッコいいので超期待しています。


最後に、ペンネについてです。
デスメタル側の人物かも…と推測していたペンネですが、今話ではデスメタル側に捕えられていた。
この説は間違い?
ですがまだまだ怪しい気もするなー。
・ペンネがデスメタル偵察兵に見つかった瞬間が描かれていない。
・カンゴクの職員がたまたまペンネを知らないだけ。
な可能性も感じています。

四天王という地位にあるキャビアなら知らないという事はないかなぁ…。
でも、ペンネの今までの不自然なまでの遭遇回数、そして8話で戦闘をずっと監視していた姿。あれはやっぱり疑惑を生むよなぁ。

来週はギャラガー様が直々にカンゴクまでお越しになるという事で。
今までデスメタル帝国関係者、もっといえば髪の色からギャラガーの血縁者説まで出していました。
ギャラガー様のご到着とともにその辺の事情も判明するでしょう。
はてさてペンネの正体やいかに。来週はそこんとこにも大注目しています。

説は真実か。それとも間違いでホントにただのいい子なのか。
後者だったらホントにすまん。

来週でカンゴクでの事件が解決して、その後はペンネが制式に一向に合流する流れなのかなぁ……。
合流したら今度こそ飢えることはなくなると思うので早く合流するべし!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ストーリーがシリアスなはずなのに、コミカルな演出が目立つ話でしたね。

アラシくんの脳筋はちょっと酷かった(笑)・・・のですが、下手にキャラをぶらさずに(子供にわかりやすいぐらい)目一杯に振り切っているという意味では、悪くないと思います。「こっそり突撃」は盲点でした(爆笑

上山先生の独自展開の機獣新世紀ZOIDS EXで、確かバンに対して「純粋であることの強さがある」みたいな台詞があったと記憶しているのですが、それにより磨きを掛けた感があります。視聴者の賛否は分かれそうですが、少なくても自分は「子供番組と割り切るという前提で肯定的」に感じています。

むしろ、まだまだ幼稚なアラシのおかげで、ゾイド(ライガー)が保護者のポジションになっているというのは、結構良い感じだと思います。ガンダムでは絶対に描けないシチュエーションですし、ジークでは力不足だと思うので、ゾイドワイルドならではでしょう。


一方で、カンゴクが色々とザルなのはご都合主義と言わざるを得ませんが、キャビアが粛正するから人材不足になっているのかもしれません。次回、眼鏡を外したのび太くん・・・もとい豚骨狡猾のキャビアの本領発揮を楽しみにしておきます。漫画見たくすぐに退場しないことを期待します(汗


なお、ペンネ=ギャラガーの妹説を期待している自分としては「ギャラガー本人以外はそのことを知らない」と思っています。理由は、ギャラガーの「誕生日オメデトウ」の寝言に対して側近が「誰の?」と返しているのが伏線(=幹部クラスでも妹の存在を知らない)と睨んでいます。なので、次回のギャラガー登場で何か動くのではないかとワクワクしております。

No title

ふと思ったのですが、野生のガノンタスはどうやって生き残っているのでしょうね?
今回までを見る限り、ガノンタスはワイルドブラストを使わない限りまともな攻撃力がない様子。甲羅があるとはいえ、軽量なラプトールやクワーガの突進さえ受け続けるのは辛そうです。外敵を排除出来ないとなるとジリ貧になりそうですが、果たして…。

ペンネは半信半疑ですね。根は良い娘なのでしょうが、シメジの森の件がある以上疑い寄りにならざるを得ません。もし只の偶然だったら一緒に謝りましょう(笑)

No title

この回でははじめてアラシとワイルドライガーのワイルドブラストがなくかわりにアラシ以外の人物(オニギリ)が単独でワイルドブラストを発動しました
たしかにアラシはこれまでの主人公ではものすごく嫌いで共感をえません
アラシは本当にガキそのもで行動も完全に子供じみてました。

気になったところ

キャビアは狡猾というより冷血といったほうがいい感じがしますね。ただセキュリティがザルすぎるところを見ると案外舐められているのかもしれません。あんなボスがいたら毎日びくびくしながら過ごすことになるでしょうし。

ところで亀光砲ですが、建物だけを破壊できる便利仕様ではなく手加減して撃っているのではないかと思います。
ガノンタスはIQも高いしオニギリもゾイドを大切にする以上、敵でも殺してはいけないと考えているでしょうし。ただ三式さんの説ならギャラガーが漫画で言っていた「そっちのカメはいらないから」が納得できるんですよね。デスメタルは建物を破壊することをあまり考えていないみたいですから。

最後に細かいことですが、ペンネとアラシを一緒の部屋にしていいものか気になりましたね。お互い異性として見ていないでしょうが、ちょっとね。
長文失礼しました。

No title

アラシの突撃脳にはイライラする人もいそうだなーと思いましたが、
大人から見るとそうなりますが子供から見たらそうでもないのでは?
ルフィや悟空も割とあんなもんですよw
その後オニギリのことをちゃんと仲間として信頼しているのはとても良かったですね(それこそルフィぽい表現でしたね)

ゾイド人の末裔

キャビアの顔色が青白いなー、これは飽くまで敵役としての視覚効果だなー……と思いきや、そこはゾイド、深読みも可能な余地があります。
何が言いたいかというと、
キャビアはゾイド人の末裔じゃないか?という説です。
ZAODに以前行ったときに見た(或いはネットで見た)資料では、ゼネバス皇帝が青白い肌をしてた、と記憶してます。ゾイドワイルドはゾイド作品であるがゆえに過去展開と絡めずに突っ込まずにはいられません。もしかしたらキャビアはゼネバス人の血を引いた地球来訪者の末裔なのか、或いは落っこちてきたゾイドコアにゼネバス人の遺伝情報があったのか。前者が本当ならばゾイド人が宇宙船でゾイドコアを地球に落とした、という可能性も出る……流石にやりすぎか。
中々面白い考察のできるゾイドワイルド。難を言えば、アラシが問題児である、という事くらいでしょうかね。

アラシの単純極まりないあの性格ですがあれぐらいじゃないとライガーの相棒としてワイルドブラストできないんじゃないかと思います。
ライガーもなかなかうっかりな性格で好戦的で喧嘩っ早い似た者同士。アラシが穏健な性格で物分かりが良かったら逆にライガーはアラシを選ばなかったでしょう。
アラシが明らかに無謀なことをしようとする場合はライガーの方がストップをかけるのでペアとしてみる場合バランスが取れていますし、どうも保護者役はライガーなんですよね…。
今までにないかなり新しい関係じゃないでしょうか。

今回のガノンタスですが体当たりを食らってワイルドブラスト状態ではオニギリを守れないと判断してゾイドの方から切ったようでした。
そこらへんの判断をゾイドの側からできるのがワイルドブラストの一番の利点かなと思います。
その点デスブラストはボルトで鍵口を固定してあるので完全にライダー判断です。そこらへんが勝負の鍵を分ける時がいつかくるのではないかと期待しています。

No title

今回は正にオニギリ&ガノンタス回でしたね。

オニギリは元々デスメタルキー複製の研究をさせられていた訳だから、デスメタルにとっても利用価値がありますし、
それを逆手にとって基地の破壊と脱出の糸口がある事をアラシに目で伝え、
アラシもそれを理解して機会を待っていたのはとても良かったです。

ただ、アラシの突撃連呼は個人的にはちょっとテンポ的にクドい気がした所でしたが、
そこはギャグとして見るべきか、作戦実行の号令としての突撃と見るべきか・・・。
(後者は流石に無理あるかも・・・。)

8話の時の事を思い返すと、個人的にアラシは成長の伸びしろがある分、
今の段階では子供らしい義憤と感覚で動いている様に感じます。

ただ、個人的に、現時点でのアラシはまだ頭脳的な戦い方はまだあまりできないと思う反面、
良くも悪くも感覚で動くから、それが吉と出るか凶と出るかで言えば、
今回の様な大規模な基地に戦いを挑むのには相性が悪く、
その一方で(まだ色々と未熟とは言え)感覚的に相手の真意を察せる面があると感じます。

だからこそアラシには突撃バカな面があり、オニギリが口で説明して作戦会議をしても突撃一辺倒な一方で、
オニギリが牢から出る為に口ではデスメタルに協力するとってもその眼差しから「必ず何とかしてくれる」と彼を信じる一面もあり、後半の展開が映えたと思います。

デスメタルがザル警備なのは、昭和の仮面ライダーとかを見ているからか、
緩いとは感じましたがそこまで気になると言う事は無かったです。

ただ、上司のキャビアがあんな性格である事を考えると、ちょっと気が緩み過ぎな様な気もします。
逆にあんな上司だからこそ人望が薄くてあんなにザルになっているのかもしれないですが。

ペンネはこれまで少なからず間者的な印象もありましたが、
今回の話を見る分にはその線は一先ず薄まったって印象です。

ガブリゲーターは遂に登場&次回大暴れっぽいので、
次回にも期待です。

No title

オシズシ=オニギリ
トンコツ=キャビア
知らないとさっぱりな謎の等式

キャビアさん、オニギリが寝返ったフリなのを見通して、オニギリがカギを手に入れた瞬間に背後から「君ならそうすると思ってたねぇ」とか言いだすと思ってたのに……本当に信じ込んでたのか。
狡猾というか……迂闊?


色々と興味深いシーンが多かったですね
・ペンネとデスメタルの(番組上)初接触
・珍しくアラシがワイルドブラストせずに終了
・突撃脳なのに一転して、仲間を信用して体力回復とか言い出す
・何気に人間を殺す(と思われる間接的な)描写は番組で初かな
・デスメタル幹部の就寝シーンは気合いを入れる約束なのか

オニギリくん、大事な何かを失いつつも騎士様(ゾイド)を救いだし、その後窮地に陥るもののギリギリでヒーローに助けられる…………あれ、これつまりゾイドワイルドのヒロインはオニギリでは?!

No title

オシズシ=オニギリ
トンコツ=キャビア
知らないとさっぱりな謎の等式

キャビアさん、オニギリが寝返ったフリなのを見通して、オニギリがカギを手に入れた瞬間に背後から「君ならそうすると思ってたねぇ」とか言いだすと思ってたのに……本当に信じ込んでたのか。
狡猾というか……迂闊?

色々と興味深いシーンが多かったですね
・ペンネとデスメタルの(番組上)初接触
・珍しくアラシがワイルドブラストせずに終了
・突撃脳なのに一転して、仲間を信用して体力回復とか言い出す
・何気に人間を殺す(と思われる間接的な)描写は番組で初かな
・デスメタル幹部の就寝シーンは気合いを入れる約束なのか

オニギリくん、大事な何かを失いつつも騎士様(ゾイド)を救いだし、その後窮地に陥るもののギリギリでヒーローに助けられる……あれ、これつまりゾイドワイルドのヒロインはオニギリでは?!

No title

オシズシ=オニギリ
トンコツ=キャビア
知らないとさっぱりな等式

キャビアさん、オニギリが寝返ったフリなのを見通して、オニギリがカギを手に入れた瞬間に背後から「君ならそうすると思ってたねぇ」とか言いだすと思ってたのに……本当に信じ込んでたのか。
狡猾というか、迂闊?

色々と興味深いシーンが多かったですね
ペンネとデスメタルの(番組上)初接触、珍しくアラシがワイルドブラストせずに終了、突撃脳アラシが一転して仲間を信用して体力回復とか言い出す
デスメタル側も、何気に人間を殺す(と思われる間接的な)描写は番組で初かな。そして幹部の就寝シーンは気合いを入れる約束なのか。

オニギリくん、大事な何かを失いつつも騎士様(ゾイド)を救いだし、その後窮地に陥るもののギリギリでヒーローに助けられる……あれ、これつまりゾイドワイルドのヒロインはオニギリでは?!

No title

オシズシ=オニギリ
トンコツ=キャビア
知らないとさっぱりな等式

キャビアさん、オニギリが寝返ったフリなのを見通して、オニギリがカギを手に入れた瞬間に背後から「君ならそうすると思ってたねぇ」とか言いだすと思ってたのに……本当に信じ込んでたのか。
狡猾というか、迂闊?

オニギリくん、大事な何かを失いつつも騎士様(ゾイド)を救いだし、その後窮地に陥るもののギリギリでヒーローに助けられる……あれ、これつまりゾイドワイルドのヒロインはオニギリでは?!

No title

気になった所は管理人さんと同じですね。
見張りさん寝るなよ…
ただ、そこまでのシナリオは思いつきませんでしたよ。

子供向けなので、あまり重くなったり辛辣になったりするのも駄目だからあえて分かりやすくて滑稽な描写にしたんでしょうね。

深読みするなら、連日連夜深夜までこき使われて、見てない所で休むしかないのかも。人望の無い上司なら、面従腹背されてもおかしくはないし。キャビアが殺人していると明言し、それっぽい描写もあったのは意外ですね。まぁ狡猾のキャビアなので、嘘をついている可能性もありますが。

No title

>ネームレス Mk-II 量産型さん
シリアスなのにコミカルな演出はいい選択だと思います、、、がその中でももうちょっとなーと思う部分もありました。
特にセキュリティ部分。。。

「純粋であることの強さがある」というのはオニギリがアラシに対して「嵐には知識は必要ないと思う。もっと深いところでゾイドとつながっている」と評した事と似ているのかなーと思います。
そういう力強さは確かにあります。
それはしかし精神面での強さであって実際の強さは認識する必要があるんかなーともどうしても思ってしまいます。
子供が喜んでいるなら良いんですが、その点も少し疑問です。

セキュリティが「キャビア自身のせいで」というのは面白い説ですね。
たしかにあの粛清頻度から言えば優秀な人材ほど消耗してしまうでしょうね。
単純な頭数も減ってしまい、あのような状況に…。

……いやでもあの寝てたやつは擁護できないかも。
危機意識持たなすぎやろ!
…あれくらい気楽で楽観的な方がカンゴクでは過ごしやすいのだろうか…。
あとやっぱりオニギリたちが反乱を起こす可能性を全く予見できていなかったキャビアはダメだとも思いました。

>レイさん
ガノンタスは防御力が高いのでぎゅっと丸くなって我慢する感じじゃないかなぁと思います。
そのうち諦めて去っていくのを待つ感じ。
あとは重量があるのでさすがにのしかかるだけで小型ゾイドを排除するくらいはできそう。
水適正があるのも独自の強さですね。もっとも水だとガブリゲーターが天敵になりそうですが・・・。

>gdさん
嫌いとまでは申しませんがもう少し行動に慎重さがあるといいなあと思います。

>YHさん
冷血…。私のイメージだとけっこう熱血な所もあるように感じています。
熱血というよりすぐにカッカしちゃうというか…。
部下はあんまりビクビクしてないですね。あの粛清がある以上はのほほんとは出来ないはずですが、うーん。
舐めていたらそれこそ粛清されそうな感じもします。
あるいは粛清されるのはある程度上の立場のもの(責任がある立場の者)だから一般職員は関係ないと思っているのかも。
それでも位気持ちにはなりなさいよと思いますが。。

>No Nameさん
悟空の突撃精神があれでいいのは悟空が味方再度の最強切り札であって彼に頼るしかない事が明らかだからだと思います。
あれがもしフリーザの偵察兵とかヤムチャとかが突撃じゃーとつっこんで被害を増やしたらオマエなぁとなると思うんです。

>スサイド生田さん
なるほど、ゾイド星人…。
顔が青いのは確か海族だったかな。
前種族ではないんですが青系の顔立ちの種族は居ました。
まぁ問題なのは肌の色についてゾイド星を描いた作品で触れられることはほとんどなくて皆同じような肌の色であると言う事ですね、、、。
だから今になってその細かいことが拾われるのかなぁと言う疑問もあります。

>No Nameさん
単純だからワイルドブラストできる…というのはまぁ「真っ直ぐに信頼する」という意味ではその通りだと思いますが、それは戦術的思考が出来ないこととイコールではないと思います。
両立できるものじゃないかなぁ・・・。

ゾイド側の意思で出来る事が多いのは仰るとおり今期の特徴であり今後の描写に大きく期待できるものですね。

>ラウルさん
アラシの突撃連呼、くどかったですね。
気持ちは分からんではないんですが、30分アニメの中でのバランス配分が最良でなかったことを踏まえると余計にくどかったと思える。。。

警備のザルは確かに昭和の特撮を見てると笑って許せますね。確かに。
でもワイルドは2018年の作品だからなぁ・・・。
あえてそういう昔の作品っぽいザルさを演出している風でもないのでやっぱり気になってしまいます。

>狭霧さん
仰るような展開だと狡猾なんですが…、思いっきり信じていましたね。
むしろなんで信じたのかというレベル。。。

オニギリ、たしかにヒロイン枠に最も近いかも・・・・・・。

>No Nameさん
ザルはちょっと。寝るのもアレですが一人だけだったというのもちょっとなぁ。
分かりやすいのは分かりやすいでいいと思います。
ただ緊迫感を削ぐような演出だと似合わないと思うので使いどころだと思います。そして今回はあまり良くなかった。
そんな風に思います。

人員が消耗しきっておりしかも使い捨て体勢だから頭数も足りていない。そんな可能性は確かにあると思います。
ただあの警備の人の様子からはあんまりその感じが伝わってこないので…やっぱりザル警備にしか見えないのが痛いです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント