ワイルドライガーの特異性

少し前ですが公式からこんな情報が。



更にこんな情報も。



今回は試作品はピンクで作られるのが慣例なのかな?
随分プリティーな色ですが、これはこれで似合ってる感じもしますね。
カブリゲータータオツーって感じ。


ゾイドワイルドのコラム「ランナーレスの仕様を考える2」で
----------
ゾイドワイルドの各機は「装甲の色を変える」だけで雰囲気がガラッと変わるのは大きな特徴です。
またどんな色でも似合うようになっています。

----------
と書いています。
ホントに装甲の色を何にしても似合うのは凄い。また色を変えるだけでガラッと雰囲気が違って見えるのも凄いなあと思います。
これは第二弾で発売されたクワーガやグラキオサウルスも同様です。
おそらく今後もそうでしょう。

色を塗るとやっぱり思い入れも増す。まさに相棒っていう感じになります。
キッズに挑戦しやすい仕様。失敗する事が極力少ないように。出来上がったものは自分だけの色で俺の相棒に。
そんなステキな仕様だと改めて思います。

ただ唯一だけ例外があると思います。それはワイルドライガーです。


ワイルドライガーは主人公機ということもあって他の機よりも造りが若干豪華というか。色の多さは特徴の一つです。
装甲は白ですが、青いパーツも混じっています。
しかも爪や牙が金色。これも特徴的です。他の機は銀なのに。
こういう造りなので、色変えのチャレンジは他の機に比べて少しだけ難度が高いんじゃないかなー。

コラムで従来シリーズの機に対して、以下の様に書きました。
----------
手っ取り早く色のイメージを変えたい場合、やはり装甲部分の色を変えるのが最適です。しかし従来機のカラーの場合は、装甲だけでなくフレームの色まで変えないとバランスが悪くなったりします。
例えばデスザウラーの装甲を青や緑にする。そうするとフレームの赤と色味がケンカしてしまう。装甲を青にするならフレーム部分も青になじむ何かの色で塗らなきゃいけない。
鮮やかな色味はそういう事が起こりやすい。しかし黒やガンメタルなどの彩度の低い色なら大抵どんな色とでも馴染みます。もちろん従来ゾイドでも装甲とフレームの両方を塗ればいいんですが、手間としてはかかります。

----------

ワイルドライガーはこれに近い感じだと思います。
装甲の白だけを変えてもいいんだけど、それだと青や金と色味がケンカする事がある。装甲を別の色に変えるなら、青や金との相性を考えた色にした方より見栄えが高くなる。
色の相性で悩むなら、いっそ白・青・金全て変えたほうが手っ取り早いかも。
そうなるとけっこう塗るパーツ数が多くなる。
ゾイドワイルドシリーズの機体では、唯一だけ難度が高い感じになっていると思います。

これは多分ですが意図的にそうされているんじゃないかなぁと思います。
何故かというとこれがまた設定と絶妙にリンクした秀逸なところなんですが、ゾイドワイルドの世界は基本的に皆生息数が多い感じです。
クワーガやカブターはもちろん、巨大なグラキオサウルスもかなり多くが生息する。
ガブリゲーターは四天王のキャビアが乗っていて強制解放デスブラストをさせられています。が、それは捕獲された一機がそうなっているだけで他にもたくさんのガブリゲーターが生息しています。
ライバルのギルラプターさえパッケージに複数映っています。

「強制解放・デスブラスト」のヤバイ描写がされたガブリゲーターやギルラプターですが、あれを見ているとホントにワイルドブラストして対抗したくなります。
生息数が多いからそういう想像もしやすい。ワイルドブラストを成功させたガブリゲーター、ギルラプター。
これでもって戦うぜ! という想像は容易だ。

ですがこの世界で唯一の例外がワイルドライガーで、「白いタテガミを持つ唯一無二の伝説のゾイド」とされています。
ワイルドライガーのみが固有のゾイドな感じですね。
色パターンが他と違うのは、「唯一無二である」という部分を強調しているんだと思います。

思惑として、まずはゾイドワイルドのアニメを楽しんで欲しい。
アニメを楽しむというのは主人公を追いかけるという事だから、ワイルドライガーは劇中と同じ色で楽しむ事をまずは推奨。
アラシに共感しつつ楽しんで欲しい。
でも一方で改造する楽しみも提供したい。それはワイルドライガーを除いた各機で推奨していく。
そんなスタイルだと思います。

もちろんワイルドライガーの改造を否定するものではありません。
ワイルドライガーの改造ももちろん推奨していると思います。
でも劇中で「唯一無二のゾイド」としているゾイドを改造するわけだから、設定をどう付けるかという難度もちょっと高いです。
整合性をとりにくい。生息数が多いからどう設定してもいい他のゾイドと違い、より高い想像力を要求するわけです。
(キッズはキッズなりに真剣に設定を考えるものだし、それに対する納得感も高く欲するものです)

段階として、まずはワイルドライガーを除いた機での改造を体験させる。
それらは改造しやすいし、生息数が多いから脳内設定も付けやすい。
そこで成功体験を積めばスキルもアップします。
スキルというのは改造技術と設定妄想力です。
スキルアップすれば、いよいよワイルドライガーの改造にもチャレンジできるという段階が意識されているんじゃないかなぁと思います。


主人公機とそれ以外の機。
もちろんどちらも良いキットです。改造も推奨していると思います。
その両者を比べると、設定とリンクした凄い仕掛けを用意しているなぁと思います。
改めて良いシリーズ、キット仕様だと思うばかりです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

「ヤツ」の体色にそっくりなんですよねえワイルドライガー……

ライガーの特異性

自分はライガー優遇には再三疑問を呈してきましたが、最近考えが少し変わりました。主役でいいじゃないかと。

玩具的にはそこそこ大型だが超巨大サイズでもない。よほど貧乏な家庭でなければ親に強請れない事もないサイズ。品種は百獣の王。子供へのアピール力は猛烈です。

描写的側面では、素早く、躍動的な立体起動ができるライオン種は絵になります。中型からすれば超えがたい壁。同サイズからすれば強大なライバル。超巨大相手ならジャイアントキリングもできる侮れない奴。
大きさが絶妙なんですね。どんな相手でも何かしら絵になる戦いになる。

これがゴジュラスやデスザウラーなら、圧倒的な蹂躙になってしまいます。


古株ファンやバトストファンの人にとって、ライガーとは群像劇的世界観で絶対的主役像を作り上げた目の上のたんこぶとも思える存在ですが、新作では開き直って伝説的存在。あえて特異性を明言することで、反論させない空間にしました。

それに賛否はあるでしょうし、私も一度は抵抗を感じましたが、かっこいいなら仕方がない。しかも再三特異性が明言されながらも苦戦が目立つのもいいんです。乗り手が素人なのが大きいのでしょうが、乗り手の腕で上位関係はたやすく逆転するという描写。絶対王者ではなく賢王のようなイメージです。

旧設定では、誰もが主役機であり脇役でもあるミリタリな世界観でライガーという主役を決めたことで一大論争を巻き起こしました。そのせいで機種の活躍に偏重があり、そこを批判されました。かといって色々考えて描写した結果、微妙な扱いをされた傑作機も多いです。ゴジュラスギガとかね。機種が増えてくると、どうしても主役脇役が出てくるのが宿命。それを御しきれず群像劇にした結果、混乱が生じたのが末期バトストだと思います。

開き直って、ライガーが主役だよ?と言い切る潔さ。
なんでライガーばかり活躍するんだよ!→だって伝説の王だもん
多少の批判をねじ伏せる説得力は大いにあります。

最初から主役をライガーと言及することで、ライガーに偏重しがちな作風を強調し、その上で脇役もちょこちょこと描写するのは秀逸だと思います。
今作は、いい意味での開き直りが多く、応援したくなります。


逆にデスレックス はどういうポジションなんでしょう。
ライガーが超えるべき存在で、ラスボスなんですから、それなりの肩書きは着くはず。全ゾイドの神あるいは全ゾイドの皇帝?はたまた全ゾイドをひれ伏させる魔王?もうひとりの王とか。

ライバル機のギルラプターも希少種です。群れで狩をするであろう種なのに希少種というのは引っかかりますが、特異性は明言されています。

手下のラプターでさえそうなのだから、ラスボスのデスレックス はかなりの肩書きがつくでしょう。




ライガーを主役と銘打ちつつも脇を固める傑作種を立てる素晴らしさ。これが今作の魅力です。


ひょっとしたらラストの戦い、デスレックス に挑むため真なる力が覚醒し、多くのゾイドを咆哮で従える、なんて事もあるかもしれません。
あるいは今作のテーマである兵器か相棒かというのを描くため、デスレックスがライガーに感化されギャラガーを裏切るパターンでしょうか?
ひょっとしたらギャラガーなりの愛情があり、レックスも本当の絆を感じて戦いの中で本当のワイルドブラストをして惜敗とか?

期待でついつい痛い妄想をしちゃいますが、それだけ魅力のある作品です。

No title

FORの終了やグラキオ等の発売が忙しい月末に被った関係で、沢山の記事にコメントできないまま時機を逸してしまいました・・・(残念

さて、ワイルドライガーは名実共に「主人公機」と設定してあるのが、いろんな仕様に特徴として現れているんでしょうね。現時点では、はっきりと主人公機を据えたことは良い方向に作用していると思います。

旧1期では明確な主人公は無く(シールドライガーを主人公にした漫画はありましたが)、第2期の上山先生の漫画で「ゾイドと言ったらライガー系」というスタイルが確立されたと思うのですが、復刻版であるシールドや当時の新ゾイド第1弾であるブレードは、キットの構造的には主人公らしさはまだ無かったと思います。ゼロはCASという特殊な機能があったので別とすると、「主人公機として特別仕様」になったのはムラサメあたりかもしれません。・・・が、その頃のゾイドは最盛期を過ぎていたのは否めないところでしょうか。

そう考えると、ワイルドライガーが「最初から主人公機として誕生した初のゾイド」という意味で、ゾイド史の中でも「伝説」(の第1歩)になると面白いなと思います。

個人的には、伝説ではない「普通のライオン種」とかがバリエーションで出てくると面白そうと思ったりもします。



以下、他の人(NoNameさんたち)への返信になってしまいますが

>「ヤツ」の体色にそっくりなんですよねえ
これは、いわゆる「連邦の白いヤツ」ということでいいんでしょうかね?(笑


>最初から主役をライガーと言及することで、ライガーに偏重しがちな作風を強調し、その上で脇役もちょこちょこと描写するのは秀逸だと思います。
自分も賛成です。
アニメ無印はゴジュラスが登場早々にエンスト(?)してしまうのが残念でした。今回は、ヤラレ役とかはどうしても出てくるでしょうけど、どのゾイドも魅力的に描いて貰えることを期待しています。

No title

>これは、いわゆる「連邦の白いヤツ」ということでいいんでしょうかね?(笑
ヒント:口内の音波砲、地球に落下したゾイドコア

No title

キングゴジュラスは無いと信じたい…
奴は全体的にライトブルーだし、配色もそこまで似てません。
口腔内の砲は気になりますし、出自的にも地球の技術で作られた存在ですが
ゾイドワイルド の世界観はそこまで超技術が進んでいるか怪しいですし。発展した地球技術で異星で作られて隕石落下でコアが比較的野生的な地球に飛来と時系列に矛盾が…

それにせっかく賛否両論巻き起こしつつ新世界に舵を切ったのに、旧世界の行き詰まりの象徴を繋げられても混乱が…
そもそも今の著作権に厳しい子たちじゃキングゴジュラスはどう見えるんだろう。
うーん、個人的にはゴジュラスやライガーとかコンセプトアートの原始的種類のコアが流れ着いたとかなら納得だし混乱も少ない気はします。


とはいえ、地球由来で、ゾイドの頂点的存在のコアが流れ着いて地球で爆発的に進化という設定は縁を感じますね。

上のコメントした者ですが

↑ちょっと厳しい意見を書いてしまいましたが、あくまで個人的な意見です。悪しからず〜

何でも一人で出来てしまう万能最強スペックのキングゴジュラス のコアなら、確かに大いに説得力はありますね。奴は海中戦も得意としてますから、海に落ちても陸に落ちてもコアが進化していきそうな気はします。
そういえばキングゴジュラス はゴジュラスのコアと同種と何処かで見た気がするのですが、もしそうならゴジュラスのコアはどんな生命力を持ってるんでしょうね?あるいはオーガノイドシステムやらデスブラストに似た改造がコアに加えられているのかな?

正史と言われていたコンセプトアートはどうなったんでしょう。
確かあれも、ゾイドが地球産の生き物に似た姿をしているのは、地球産生物のDNAが由来しているとか。
惑星ZIと地球は互いに影響を与えあって進化発展していったんでしょうか?


あんまり度がすぎると混乱する妄想なのでどこまでしていいか悩みますが、大胆な方針転換の裏で、旧世代もニヤリとさせられる設定だと新旧融和出来て理想的ですね。

No title

>No Nameさん
咆哮砲といい、妄想ふくらみんぐですな!

>No Nameさん
仰るとおりミドル級サイズのライガーはちょうどよい位置に居ますね。
ゴジュラスほど大きくもない。かといって中型以下よりはかなり大きく特別感もある。
頑張ればどこまでもいける。恐竜型でもレッドホーンがこのサイズですが、とても良いですね。

ところでライガーは確かに優遇されすぎた面は否めません。
がライガーが出たからと言ってイコールまた優遇されてるよこれだからよー…と思うのは早計かなーとも思います。
仰られている通り、今回は優遇されている事を認めつつも他の機の魅力もたっぷりと描いています。
落ち着いて中身を見て判断できるようになりたいですね。

デスレックスは恐竜の王・T-REXそのもののイメージだと思います。

>NoNameさん
たしかに、咆哮は敵を怯ませるものであると同時に、味方を力づけるものであるかもしれませんね。
敵にとっては恐ろしく、味方にとっては頼もしく…。

ギャラガーは何か色々と秘めたものがありそうなので、実はワイルドブラストできる! なんて展開があってもおかしくない気もしています。
搭乗が待ち遠しいですな!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ライガーが主役になったのは99年当時のCG技術の理由もあると思いますが、徐々に主役機らしさが確立されて言った感じがしますね。
ムラサメはまさに主役っていう感じですね。
そのテイストは今回にも引き継がれていると思います。

普通のライオン種が出るかは分かりませんが、チーターやジャガーなどが出ても面白いですね。
トラの扱いも気になります。
ただこのカテゴリーだけが突出して増える事はないように気をつけて欲しいとも思います。

>NoNameさん
白・青・金のカラーはキンゴジュ的でもありますが、シールドライガー以降の共和国ゾイドが標準的に採用したカラーでもありますね。
ガンブラスター、ハウンドソルジャー、オルディオスなど。

著作権に厳しい子というのは意味をとらえかねますが、形がゴジラに似ているという事であれば特に問題ある造形だとは思いません。
(体型がゴジラ的と言ならこの体形の玩具は無数にあります。またゴジラ自身が第一作公開当時の恐竜学説に基づいた造形です)
ネーミングはまあアレですが(笑

「キンゴジュだ」という要素は私個人の意見で言うと違うと思いたいです。
というのもキンゴジュだった場合「そりゃ勝つわ」と思われかねないからです。
いまや勝って当然なイメージのキンゴジュ。
なので勝利の大興奮を味わうには、その要素を付けない方がより強調されると思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント