最初のカタログゲット

メカ生体ゾイドのキット付属カタログをゲットしました。

初代カタログです。
いえーぃ。嬉しいです。

いや実は、

同じ表紙のものは既に持っていました。
しかし今回ゲットしたものは・・・、


裏側上段のレイアウトが少し違います。
基本的に同じものなんですが、ver.1.0とver.1.1みたいな違いですね。


この表紙のカタログは83年の3月版と7月版があるようです。
今回ゲットしたのは3月版。

3月版のカタログ裏面はゾイド改造計画。
7月版はビッグマンクスが映っています。

あと、全体的な色合いも少し違うかな?
これは印刷機の具合だと思うんですが、3月版の方が少し鮮やかな感じがする。


せっかくなのでこのカタログの全容を。


※3月版も7月版も裏側上段と発行年の表記以外、レイアウトは同じです。

初期らしい良い雰囲気ですね。
コズミックヒストリー 壮大な時の流れが今、始まる
ビガザウロが実にSFチック。
このセンスは抜群。今でも古さをあまり感じないと思います。

ラインナップが少ないので各機の紹介も詳細です。
贅沢だなあ。


惜しいのはハイドッカーのビーム砲を一つ付け忘れてる事ですな。
ま、それはご愛敬。

とても良いものを手に入れました!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いいですね~カタログ。
この前実家に帰った時キンゴジュのカタログを掘り起こせて感動のあまりずっと見てました。
他にも「持ってるゾイドの横に〇をつけていこう!」みたいなページのあるやつもあり、当時の自分の付けた印を見つけてまた浸り、、、

個人的には武器の付け忘れ嫌いじゃないんですよね(笑)
何となくそれだけでも変化に感じて。
グレートサーベルみたく、イメージが変わってしまうほど武器が省略されているのはまあ、、、問題かなと思いますけど(汗

妙にリアル

武装の口径が第二次大戦の戦闘機みたいでやけにリアルですね。
それにしてもホギスとかステルンという名称は以後、聞いたことがありません。何か由来でもあるんでしょうか?

No title

>場末の葦さん
いいですよー。
仰られているカタログは多分ガンブラスターが表紙になっているやつですね。
武器の付け忘れ、付け位置の違い、試作品をいつまでも載せてる。
この辺はメカ生体時代のお家芸です(笑
それがまた世界観の広がりな感じで好きです。
カタログとしてはどうかと思うんですけどね(笑

>YHさん
武器名の前についているのは社名じゃないかなーと思っています。
グラマンF6F、ノースアメリカンP-51みたいなもんですね。
この説が正しいとすれば、武器メーカーの中で最も有名になったのはパノーバーとマクサーですね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント