マンモスの騎士

改造ゾイドの中で、これはどかなー・・・再現しようかやめておこうか。そんな風に思っていたものがありました。
それはこちらです。


「マンモスの騎士」
凄まじい改造機ですね。
もー、思いっきりガンダムのギャンが付いています。超合体。

これは戦闘機械獣のすべてで紹介された改造ゾイドです。
「おもしろ改造コーナー」というページで自由気ままにゾイドを改造してあって、その中の一つでした。
ストーリー中には登場せず。
なので再現しなくていいかなと思っていたんですが、いやいや後になって「やっぱりやっときゃ良かった」と思いそうだったので思い切って再現しました。


(ミサイルシールドと槍状装備は描き入れたら形がよく分からなくなるので撤去しました)
それにしても凄い改造じゃのう…。

背中にマンモスの耳が付いています。これは翼を意識していると思います。


全体的な造形はこれの先祖と言えるかもしれないなぁ・・・。


色はゴールドとシルバー。
なんかそんな所も凄い。ただこの時期の改造ゾイドは金で塗られている事がとても多い。
なので色はこの頃の標準ということもできます。

描くにあたって・・・、


腕は「バトロイド」の造形と共通性を持たせました。
こういう所で少し技術的つながりを持たせられたら良いかな。

さて、バトスト的にはどう解釈するべきか………。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いやはや何とも凄まじいですな・・・
確かにバトスト的に解釈するとケンタウルスの前身となったと考えるしかなさそうな感じですね。
そこから考えると、もしかしたら「ゾイド核はどの程度野生体の体から逸脱しても稼働するか?」という実験を行うための機体のような気がします。
確かコアボックスの資料で、ゾイドコアが自分の体と認識しないと稼働せず、コアを搭載した戦車は動かなかったという描写があったように思います。
ただ下半身が戦車になった改造機はいくつかあったので、このぶっ飛んだ機体にしてもそうした「戦闘用ゾイドのボディはどの程度まで形状を変えられるか」という疑問に立ち向かった機体なのかもしれません。
そしてそれが後にケンタウルスにつながった、とか。

No title

(゜Д゜)・・・

全体のインパクトも凄いけど、最前面にミサイルを剥き出しにしているのも衝撃的です。衝撃受けたら誘爆しちゃう=マンモス+騎兵なのに突撃ができないじゃないですか。

ゴドスヘッドとマンモスだと、時期的にどのタイミングとみるのが妥当でしょうかね。
色合いからしても、ヘリック王時代の名残の儀式用で王宮警備隊(大統領親衛隊の前身)の機体でしょうか。

この発想が後にウルトラザウルスに活かされた可能性はあるかもしれませんが・・・。

No title

なんともまあ、言葉に困る改造ですねえ……

1つ着目できる点があると思います。
頭がゴドスであるという点です。
これでわかるのは建造時期。
確実にゴドスのロールアウト以後です。
ゴドスのロールアウト以後はマンモスの陳腐化が進行している時期です。
ゴジュラス等のパーツが使われていない点を鑑みるに、マンモスの近代化改修案でまず間違いないでしょう。

現地改修された機体ではないと思う点は手持ち武器の存在です。
槍ですよ、槍。
それもゴジュラスが掴むことのできる太い柄ではなく、明らかに専用で作られた細すぎる柄。
こんなの専用に設計したに違いない。
それくらいゾイド戦における槍は汎用性が少ないです。
しかもこいつの槍は明らかにランス(突撃用の槍)だし・・・・・・
まあ、仮にピルムやジャベリン(いずれも投げ槍)であったところでそうそうあたるわけないんですけどね。

じゃあサラマンダーで暗黒大陸を爆撃する系の仕事があるのでこれにて失礼。

No title

これはまたスゴイ改造ですね・・・

そもそもマンモスの頭にこんな胴体のっけてマンモスは大丈夫なんだろうか?w
マンモスからすればうで2本が俺の鼻がふたつや^^とかなったんでしょうか?

あるいはマンモスの格闘攻撃を強化するには腕が必要・・・って考えだったのかもっすねぇ

No title

ケンタウロスの試作機と言うのもありますが、格闘戦においてゴジュラスのパワーを活かすために2足から4足への実験機とも言えますね

2足に比べて4足だと旋回などは劣りますが、前進するパワーと安定性が上がります
レッドホーンの後継機が出てくるのを見越して作ったとも言えますね<仮にレッドホーンの後継機なら突撃でゴジュラスに勝てる機体にすることでゴジュラス神話の完全な払拭やアイアンコングとも連携も行けますし
実際はデスザウラーとブラックライモスと言う答えでしたが…

もしくはゴジュラスクラスのコアを持った重砲機体の実験かも知れませんね<ウルトラだと量産性が著しく低いし
仮にマンモスのコアだとしても生産性でカバーできる数を生産できますから重砲隊のポストレッドホーンで採用できるはずでしたが、ゴジュラスのキャノンが優秀過ぎて「マンモスやゴルドスに積めばコスト抑えられね?」になったと思いますね

No title

>soqさん
何とも凄まじいです。
ケンタウロスの前身 と考えるのが良さそうですが、でも年代がかなり違うというのもあるんですよねー。
そこが難しいです。

初期の頃は合体ゾイドがよくありました。
地球人来訪後にキメラの実験をしていた。その一環かなとも思います。
技術的に言うと後のケンタウロスに繋がっていそうですね。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
ギャンのミサイルシールドが「なんでシールドやのにミサイル付けとんねん」と突っ込まれがちなので、その要素を引き継いでいるとも言えますね。
先生でミサイルを放った上で突撃するのかな?
でも重量が増えてそうだし、なんていうか突撃速度は遅そう…。

開発経験自体は後に活かされていそうですね。
本機自体はあまり活躍していないと思いますが…。

>makiさん
近代改修案…。かなり大掛かりですねぇ。
これで強くなったのかしら…。

槍は「バトロイド」とかなら扱えそうですね。
バトロイドもけっこうなイロモノですが、こうして並べるとまだしもマトモに見えるなあ…。

>w15さん
なるほど、腕部分を鼻と認識させるのは面白い発想ですね。
確かに象の鼻は腕のような動きが可能…。
しかし胴体の事はどう思っているのだろう……。

>デスペラードさん
ゴジュラスのコアを使っている、ですか。
なるほど新しい説ですね。
でもゴジュラスのパーツは一切使っていないのでどうかなーとも思います。
(マンモスとの共通パーツという意味では使っていますが)

コアはやっぱりマンモスじゃないかなあと思います。
その目的は更に考えていきたいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント