コックピット仕様の妄想

先日のゾイドワイルドのコックピット仕様についての記事、問い合わせ自体もそうですが記事へのレスでも熱心な感じに議論がされていてウオー熱くていいぞと思いました。
で、問い合わせた方から再度連絡がありまして、Gガンの例えで腑に落ちたのでワイルドのアニメを偏見もたずに見てみようと思ったとお返事いただけました。とても嬉しいです!
ありがとうございます。あと見てみてイイじゃないと思ったらキットもぜひ買いましょう!
それにしてもあれこれ書くよりGガンと言った方が伝わるこの説得力の高さはいったい・・・。

普通の会話をキャッチボールとすればこういう話し合いはやってること事態は同じだけど全力剛速球の投げあいな感じがします。
みさらせこれがワイの魂の叫びじゃいという球がうなりをあげてせまってくる。それをウオリャァと受け取って、しかと見たそしてワシの返事はこうじゃい受けとれぇええい みたいに投げ返す感じ。
あつっくるしいんだろうけどそういうぶつかり合いをして気付きを得ていく感じが好きです。
徳光康之先生みたいな感じといったらこれはマニアックな例えになっちゃうでしょうか。


ところでコックピットへの議論というのも具体的にどういうものなのかが謎という今しか楽しめないものですね。
ということで今回は私が考えたゾイドワイルドのコックピットはこんな感じじゃないかなーという予想・妄想です。


私はゾイドワイルドでたびたび使われる「人機一体」という言葉に注目しています。
もともと従来シリーズからしてゾイドの推奨される操縦は「精神リンク」というと特殊なものでした。
今回のゾイドワイルドの操縦は、そこから更に一歩踏み込んだものじゃないかなーと予想しています。

精神リンクっていうのも具体的にはよく分からないんですが、「ゾイドとパイロットが意識を共有する」をする事だと認識しています。
意識を共有しているからパイロットが動けと思えばゾイドがそう動くし、噛み付けと思えばそのように動くわけですね。

新世紀ファンブック3巻の描写
----------
レイはもう、計器を見ていなかった。操縦桿さえ握っていない。愛機との精神リンク。それだけで、バーサークフューラーに立ち向かう。そう決めていた。
----------


精神リンクと箱のようなものらしい。
さてワイルドはここから更にもう一歩踏み込んだもの。
つまり操縦法はゾイドとまさに一体化するようなものじゃないかなぁと思っています。
うまく説明しにくいんですが、精神リンクはあくまで「意識の共有」であって「共有しているといっても実際は別」であると思うんです。
上のレイだって「操縦桿さえ握らずライガーゼロを操る=ゼロと意識を共有している」中でさえ「バーサークフューラーを精神リンクによる操縦で倒してやる」という自身の意思がある。

対してワイルドだとまさに一体化。「ゾイドの意識はパイロットの意識でありパイロットの意識はゾイドの意識である」という互いの存在の境界線さえなくなるレベルで一体化するんじゃないだろうか。
そんな風に想像しています。

ここでは意識の話をしましたが、その他の要素もすべからく一体化するのではないだろうか。

なので喰らった時のダメージも「一体化」が適応されている。
もはや「パイロットに当たった」とかそんなレベルじゃない。
ゾイド(一体化している乗機)の頭部にダメージを負えばパイロットの頭にもダメージが。腹に喰らえば腹が。そんなダメージの感じじゃないかなあ。
まさに人機一体。
そんな風に予想しています。

これはダメージ以外の要素でも適応される。
先日「やっぱりワニのパイロットは辛そう」と書きました。ワニは敵に噛み付いて水中に引きずりこんだ上で大回転します。「デスロール」という技ですね。
ぜひこれをやってほしいのですが、あのコックピットでできるんか……? ともやはり思ってしまう。
でももし今回妄想しているような「ゾイドと一体化する」というものなら、一体化している瞬間においてはゾイドとパイロットは同じなわけだから大丈夫という考えが成り立つと思います。

これだとすると一見して剥き出しという危険そうに見えるコックピットだが実際は一体化するわけだから大丈夫。諸々の問題がクリアできるというわけです。
「肉体がそこにある以上どうやってダメージなどを共有するんだ」という疑問・謎は残るわけですが。


まぁ現在のところの予想は「ワイルドブラストを発動して人機一体化すれば大丈夫である」というものです。
ちなみにワイルドブラストは漫画では現在「めったにお目にかかれない」ように扱われていました。
多分凄く難しいんだろうなあ…。
パイロットがゾイドを想いゾイドがそれを認める。そんなやりとりがあって初めて一体化に至ると思う。
だから難しいのは当然。

でも発動させないと「ゾイドの戦力として全開状態を出せない」「一体化していない状態ではパイロットが被弾するとマズイ」になる。
だからデスメタル側は「むりやり一体化する、強制解放のデスブラスト」というシステムを開発したんじゃないかなあ。
そんな風にも想像しています。

いやー、どうなることか。
楽しみです。
今しかできない妄想を放送前に思いっきりもっともっとやっていきたい次第です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いつに間にかもうすぐキット発売なんですね。
昔はまだかまだかと指折り数え、少しでも早くてにいれようとイベント先行やフライング発売を狙ってあちこち巡ったものですが、今は待つのが苦じゃなくなったのは大人になったのか、年を取ってワクワクする気持ちを失ってしまったのかわかりませんが…。
でも乗り遅れないようにだけはしないとなと思います。シリーズ展開中に目一杯楽しむのが一番いい方法だと思うので。
なんか終わるの前提みたいな書き方で申し訳ないですが、今までの事があるからなぁ…。

No title

東京おもちゃショー絡みでゾイドの記事が沢山あがっておりますね。

ITmedia ビジネスオンライン
「12年ぶりに復活「ゾイド」は“ワイルドさ”で現代っ子の心をつかめるか」
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1806/07/news130.html

「新シリーズを企画する際にこだわったポイントが“ロボットっぽさ”からの脱却」
「戦争やロボットを扱った子ども向けの作品は減少が続いており、いまの小学生にとって兵器としてのロボットは身近ではなくなっている。そこで、従来とは異なる野生あふれるゾイドが現代っ子に合うと判断した」
「コックピットを廃止して(中略)“ロボットっぽさ”を和らげて親近感を高める狙い」
「“生き物っぽい”というコンセプトを徹底するため、ゾイドに乗り込むのではなく、またがって戦う設定に今回から変えた」

・・・ということだそうです。
真面目(?)なロボット作品は深夜アニメ=大人向けになって、子ども向けのメカものは精々ガンダムビルドファイターズ程度で、あとポケモンやプリキュアなどの「主人公と心を通わせる友だち」が安定して人気があるという分析なのでしょうか。シンカリオンはどうなのかって思いますけど(笑

今回は意図的に、往年のファン=大人の感覚を刷新して来ているというのは、どうしても踏まえておかなくてはいけませんね。成功するかどうかは別として。

No title

ゾイドワイルドのキットももうすぐ発売で、高まってきましたね!

……コックピットがない乗っているだけの状態での一番の懸念は、私にとっては一つです。
「榴弾が飛んで来た時にどうするのか?」これに尽きます。
榴弾を食らえばゾイドは無事でも剥き出しのライダーは無事では済まないですからね。
PVでもデスメタル帝国の兵士(?)がロケットランチャー構えてた気がしますし。
この辺りもどう描写されるのか、視聴して確かめたいですね。
何かパワードスーツめいたものを着ているというのなら、まだすんなり納得したのですが。
少なくともアニメではそれはないようなので。
その辺り、なんとか設定をでっちあげるでもいいので腑に落ちる回答が出来たら欲しいですね。
無いなら無いでも、それなりに楽しみますけれどね!

いずれにせよ、発売と放送がもうすぐとはいえ待ち遠しいですね。

No title

ダメージがパイロットに反映される・・・Gガンみたいや(´・ω・`)

精神リンクはともかく痛みもフィードバックされるとなるとワイルドブラスト発動して腕の一本や2本ぶっとばされようもんならどえらいことになりそうです
まして頭に被弾したら・・・ああコワイ

精神リンクとやらで振り落とされたり大けがしないことを願うばかりです

No title

>サンボルさん
多分、スタートダッシュで一気に攻めるか。スロースタートだがジワジワ攻めつづけるかの差だと思います。
まあ、あんまりプレッシャーを感じると楽しめるものも楽しめなくなります。
なのでマイペースではまれば良いのではないカナーと思います!

>ネームレス Mk-II 量産型さん
私は今回の仕様、「時流を掴みつつ、しかし一方でゾイドの核は失わない」という方針なのだと解釈しています!

旧シリーズも事あるたびに紹介されているので、完全に過去のものとするのではない。なにか描いていくと思っています。
今回、「ゾイドを兵器として扱う」のがデスメタルです。
ですがデスメタルにも正義がある。単純な悪と正義の戦いではないとあります。
兵器としてのゾイドをどう扱うのか。それにも大注目しています。

>やまさん
発売が待ち遠しいですね!
私は今回書いた記事のように「人機一体」というところで大丈夫になるのかなーと思っています。
はてさてどうなることやら。

予想をはるかに超える凄い描写があればいいなあ。

>w15さん
パイロットの感覚としてはエヴァンゲリオンに近い感じになると予想しています。
もっとも描写としてはエヴァの様にえぐいものにはならないと思いますが。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント