GZブラストルタイガー

HP更新しました。

GZ版ブラストルタイガーのレビューです。こちら
バリエーションキットなのでアッサリ目で。

コチラの色も劇中の活躍も魅力的ですね。
私はレビュー中でも書いたように黒いEZ版が好きです。
でもGZ版の渋い感じも捨てがたい。metal-Ziが無いのに活躍した所にもシビれます。
ブラストルタイガーの魅力はEZ版だけでもすごく高いんですが、GZ版によってさらに補強されたと感じます。

そんなブラストルタイガーも、いずれ再販されたら嬉しいなぁ。
このパワフルでカッコいいフォルムは今でも通用すると思う!


さてさて、この前の記事でブラストルタイガーや三匹の虎の強さを考えました。
その中で、もちろん強いんだけど「格闘戦でコングやゴジュラスよりも強い!」とアピールされる程度でありイメージほどではないと書きました。
多分エナジーライガーの方が強いと。
その話題の続きです。


しかし三虎の時代ってエナジーライガーから120年後なんですよねぇ。
だいたい知ってたんだけど改めて文字にすると凄いなぁ……。
120年て。一世紀以上も後なのか…。

120年っていうと技術もさぞや進化していそう。
それでいて未だに「格闘戦でコングやゴジュラスよりも強い!」とアピールされる程度というのはどうなのかなぁ。
もしかするとこの時代のコングやゴジュラスは超強化されたハイパータイプだったりするのだろうか?
(この推測はコメ欄でも頂きました)
でもDVD映像を見る限りアイアンコングの外観には一切の変化がないし動きも変わっていない感がした。
なので向上はしているだろうが劇的ではないと思います。

別次元に強い機体を作るなら「改造により向上させる」よりも「1から作り直す」方が良いと思う。
自衛隊にはF-4EJ改というF-4ファントム戦闘機を徹底的に近代化した機体があります。
F-4の初飛行は60年前。運用開始から58年。もはやお爺ちゃんとも言われる古参機です。
ですがF-4EJ改は魔改造とも言われるほどの手が加わり初期型のF-16と同じくらいに強くなっている。
凄まじい向上です。サーベルタイガー→セイバータイガーを思わせる強化。
ですが、悪い言い方をすればしょせんはそこ止まり。当初から新時代の最新技術で完成したF-22やF-35にはどうあがいても勝てない。

外観が一切変わっていないコングは、そこまでの向上はない事を思わせる。


120年………。
地球の例を出すと最初の動力飛行機が飛んだのが1903年なので115年前。ニアです。
ライトフライヤー号は48km/hで260m飛ぶだけでした。
今やマッハで飛び航続距離も搭載量もすさまじい飛行機があります。



ライトフライヤー号飛行から約10年後に起こった第一次世界大戦(1914-1918末)の頃には、速力は100km/hを超え航続距離は伸び、搭載量も爆弾を積める程に向上した。
そこからどんどん向上して第二次大戦終結(1945)頃には600~750km/hにも達した。
ここまではプロペラ機の時代でした。
そしてこれ以降はジェット機の時代になり音速の時代に。巨人機も凄いのがある。


ゾイドも初期のガリウスが主力だった時代(ZAC1980)とグランドカタストロフ(ZAC2056)…その間76年 を見るとしっかり進歩してる気がするよなぁ。

でも一方で新世紀の時代にはそれほど技術向上が無かった気もする。ゾイドの強さという意味においては特に。
オーガノイドシステムとかジャミングウェーブは凄いと思いますが、局地的に凄い技術が出た一方で一気に強力機を量産するようなものにはならなかった感じもする。
(オーガノイドシステムは量産機ではレベルを下げているの試作機ほどの強力機ではなくなっている)


年代を経ると技術は上がる。それは確かですが、一方で「完成形となった技術は使われ続ける」というのもあったりします。
「ブローニングM2重機関銃」という12.7mm機関銃は世界中で生産・運用されています。
米軍主力戦車のM1エイブラムスも自衛隊最新戦車の10式もこれを副砲として積んでいます。
ではM2はいつ開発されたかというと1918年。今年でちょうど100年です。
で、おそらく今後もずっと生産・運用されるであろうと予想されています。
(ただし正確に言うと1918年に試作版が完成しひとまず制式採用されたがその時点では欠点も多かった。改良がされ今の形になったのは1933年)

M2はこれだけ古いので何度か後継のより高性能の機関銃を作ろうという計画があったそうだ。
しかし米軍が1950年代に後継として作ったM85機関銃は構造が複雑でメンテナンス性が悪い=故障も多くて失敗した。
2000年代にも今度こそと新型機関銃を開発し最新技術を惜しみなく投入するもやっぱり失敗。
結果、今もなお費用を考慮しての基本構造・性能トータル面でこの重機関銃を凌駕するものは現れていない との事。
スゲー、こういう事もあるのですね。


運用が長いといえばB-52爆撃機も凄いよなぁと思います。
1955年に就役し、いまだに現役。
現在は2050年代までの運用が予定されています。100年爆撃機…!


技術は「新しい革新」が起こった時にはすごい進化が起きます。
「飛行機ができた!」という事で短期間で超進化。
「ジェット化した!」という革新で更に超進化。
でもジェットエンジンを進化させ続けたら、もはや更なる強力ジェットエンジンを作るのはなかなか難しくなってくる…。
ジェットに変わる次世代的性能の新型推進エンジンが生まれれば更に超進化するんだろうけど…、ジェット機のままだと厳しそう。

技術進化とは


このようなグラフじゃなく、




このようなグラフであると思う。




補足を入れるとこんな感じ。
新しい何かがあった時に凄く進化する。
そしてその技術を極めたあたりから向上させるのが難しくなって、進化はするんだけどかなり緩やかな坂に。
そして次の何かがあった時にまた一気に向上する。

動物の進化も同じようなグラフを描くそうです。
キリンの首は長い。従来は「高い木の葉っぱを食べれるように徐々に長くなった」と考えられていましたが、現在は「ある地点から急に長くなった」と考えられているそうです。
革新となる何かがあって、そこから急激に進化するものなのでしょう。

(飛行機の場合はプロペラ機の限界地点付近でジェットエンジンが実用化したので幸運にも停滞期を挟まず上昇のグラフを維持できた)
(機関銃も、たとえば実弾に変わってレーザーガンが実用される革新が起これば一気に次世代性能のが生まれてM2は廃れるでしょう)

エナジーライガーからの120年は、もしかすると技術革新的なものが無く長い長い停滞期といえる期間だったのかもしれないなぁ。
三匹の古代虎を甦えらせたのも、何とかして停滞期をぶち破り革新的なものを得ようとしていたのかなぁ…なんていう事を思いました。

こういう技術を考えるアプローチも面白いかも。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

惑星Ziと地球で公転周期が違うとか、Zi人の寿命なんかも考慮する必要がありそうですね。
世代交代までが長い分、ブレイクスルーや革新的な発想が生まれにくい、というのはあるかもしれません。
あとは……フルモデルチェンジ後のゴジュラスやアイアンコングと三虎の差が、かつてのゴジュラス/アイアンコングと当時の三虎相当の機体との差にほぼ等しいから、あまり性能向上してるように見えない、とか?

No title

(こっそり)
せんせー、レビュー記事の本文中に「レイズタイガーはカラー変更とパーツ追加をして「レイズタイガー」として。」とありますが、『ソウルタイガー』ではありませんか?

No title

機獣新世紀時代のゾイド開発は、枯渇した野生ゾイド資源との戦いでしょうね……
旧世代機を引っ張り出し、新鋭機はクローニングによる弱体化した素体が主体。
完全野生体も、結局のところ、「旧大戦時のゾイドに匹敵する力」だと思います。
その意味でも、機獣新世紀時代最大のブレイクスルーはブロックスでしょうね……

一方で、ゴドスでも荷電粒子砲を積んだり、古代チタニウム装甲、集光パネル、
エナジーチャージャーなど、武装面のアップデートはかなりのものが見られます。

この方向のまま技術進歩が続いていたのなら、野生ゾイド資源の回復、もしくは
それに匹敵する性能の素体を確保する技術ができて、三虎時代のゴジュラスや
アイアンコングは、メカ生体時代の基礎性能+機獣新世紀時代以上の武装に
なっているのかもしれません。

また、ゾイドジェネシスの時代が同一世界観上だとすれば、バイオゾイドは、
どこかの段階でブレイクスルーの結果生まれたんだと思います。

No title

自分も当時、「120年も経ってゴジュラスやコングかよ!」と思いました。しかし考えてみれば、大きな戦争もなければ(なかったですよね?)兵器開発にそこまで力を入れる必要もないわけで、これまでのような急速な進歩もないはず。ならば旧世代機の代表格の、ゴジュラスやコングが継続して使われるのもありなのかも、と思い直した次第です。もちろん、マイナーチェンジやバージョンアップはしていたかも知れませんけれど。国家間の大戦争ではなく、地域限定のイザコザなら、現行機で十分でしょうし。それならこの二機を撃破できるというのは、かなりの強さということになるかと思います。

No title

ブラストルタイガーは砲撃が超強いと聞いていたのでその砲撃力で強引にバイオゾイドを消滅させたんか?と思っていたらファイヤーフロッグみたいな戦法だったんですねw

フューザーズは新世紀の時から120年たったとはいえ顔ぶれはあんま変わってなかったですねぇ・・・技術が頭打ちだったのかも
とはいえそこから文明が滅びたがヘルアーマーなんつうチート兵器が開発されてるし・・・ナゾです

ジェネシスはマトモに見たことはないのですがレルアーマーにより旧ゾイドのほとんどは歯が立たなかったでしょうけど当時のファンからはだいぶ反感をかったんでしょうかねぇ・・・?

No title

ゾイドの発展の中で地球由来のオーバーテクノロジーが取り入れられていることも関係があるのではないでしょうか
(ゾイド世界の本来の技術レベルはもっと低い)

No title

おそらくですがゴジュラスギガの配備がうまくいった結果、高速ゾイドの攻撃力が低速ゾイドの防御力に及ばなくなってしまった世界なのではないかと。

低速ゾイドに関する技術はメカ生体時代でほぼ完成しています。
メカ生体時代のマッドサンダーやデスザウラーが戦場の頂点に君臨できる点から言えると思います。
マッドサンダーとデスザウラーが一線級であり続けられる主な要因は攻撃力と防御力を高水準で兼備している点です。
とくに防御力については格下の後発ゾイドに正攻法で破られる事例は少ないと言えます。
低速ゾイドの防御技術についてはメカ生体時代に頂点に達し、それを維持したまま新世紀時代に突入したのは間違いないでしょう。

新世紀時代には戦場の高速化に伴い、速度を重視したゾイドが隆盛を誇ります。
高速ゾイド万能論とでもいうような状態になっていきます。
その到達点はエナジーライガーと言って間違いないでしょう。
正しく陸戦における最強ゾイドの一つです。
が、このゾイドはご存じの通り非常に不安定です。
よく戦場に持ち込んだな誰か止めろよレベルで安定してません。
ここで高速ゾイドの技術的限界が露呈したのではないでしょうか。
また新世紀時代にはゴジュラスギガの登場もあります。
このゾイドはマッド並の防御力・デス様以上の格闘能力・ゴジュラス譲りの使いやすさ・コマンドウルフ並みの速力を兼ね備えたゾイドです。
速力以外の面においてはすべてが高水準であり、速力についても遜色ありません。
新世紀ゾイドの終焉と同時に、高速ゾイド万能論も終焉を迎えたということでしょう。

さてここまで含めた新世紀時代から120年後のゾイドの状況と3匹の虎を考えてみましょう。
アイアンコングやゴジュラス、デスザウラーやゴジュラスギガの状況から鑑みるに戦場の主役は低速ゾイドによって担われているのは間違いないでしょう。
高速ゾイドはその本来の任務、遊撃や追撃・偵察及び敵高速ゾイドの活動の妨害に主眼を置かれた活動になっていると想像できます。
新世紀時代の高速ゾイドの役割が重騎兵だとすれば、軽騎兵ともいえるポジションにおかれており、これはメカ生体時代の高速ゾイドの運用に先祖返りしたともいえるでしょう。そういう点でいえば低速ゾイドは重装歩兵といえるかもしれません。
さてその中で3匹の虎に求められた役割は何か。
それはおそらく高速ゾイドの復権ではないかと。
3匹の虎の誇る攻撃力はデス様を屠っている点からわかるとおり非常に強力です。
この3機はエナジーライガーの持つ性能のうち、その攻撃力に焦点を絞って設計されているといえるでしょう。
重戦車に対する対戦車自走砲のような存在といえます。
低速機が幅を利かす戦場に一石を投じようとした3匹の虎たち。
戦場の主役から追いやられた、レオマスターの末裔の高速機乗りたちの意地が具現化したゾイドかもしれません。


No title

ゾイド世界においては母体となるゾイドが必要なことから、技術革新が起きても搭載するものが無ければ意味が無いというジレンマがあります
それを強引に解決させたエナジーチャージャの存在は今回の題目においては重要な気がしました

暴走した場合に広範囲を消滅させる可能性のある出力を持ちながら、フルパワーでの稼動時間は5~10分と極端に短いです
そこまでの装置で増幅した武装を以ってしても、当時のゴジュラスギガ相手には不利であるとされているため、武装、装甲等の基礎技術は既にこの時代から高い水準にあったのではないかという仮説が浮かんできました
ゆえに出力に合った装置をいかに組むか、を考慮すれば飛びぬけた技術進歩は必要なかったのかもしれません

三虎のコアを通常の方法では制御できないという問題については口マンがありますね
非常に自我が強いのか、はたまたコンバットシステムやソフトウェアにあたる分野の技術が低い(ダクスパによるハッキングで大混乱が起きた前例)ため不可能なのか
いずれにしても興味深い内容です

No title

ジェネシスでのブラストルタイガーの活躍と言えば、
個人的には終盤でディガルドの要塞を攻略する際に、要塞の周囲に張り巡らされた堀の水をサーミックバーストで蒸発させて、そこを伝って要塞内に突入する展開があった事を覚えています。

GZ版は最初見たときは三匹の虎伝説版と比べて地味な印象でしたが、
こうして改めてみると結構いい感じなカラーですね。

技術の停滞期とブレイクスルーと言えば、
個人的には逆襲のシャアやガンダムUCの数十年後が舞台であるガンダムF91でジェガンが最新鋭の小型MSに全く敵わずにやられるシーンが印象に残っています。

また、技術の停滞期を感じさせる作品としては、
ガンダムXの舞台である戦後世界や現在ガンダムエースで連載中のクロスボーンガンダムDUSTの世界観なんかも印象深いです。
前者だと連邦やら宇宙革命軍やらが新型機をボチボチ作っていますし、
後者は宇宙戦国時代の果てにだいぶ色々と衰退してる感もありますが・・・。

ホビージャパンのフォトストーリーなんかを見るとフューザーズと近しい世界で後のムラサメライガーの原型になってそうなライガータイプとかも出ていた様な記憶があるので、
この辺からも色々考えられそうだと思います。

No title

>みょんさん
寿命は特に考慮する必要がありそうですねえ。
色んな影響が考えられそうです。

考えれば考えるほど色んな要素が出てきてまとめるのが大変ですが、なにせ120年というと砲もない期間の事なのでゆっくりジックリ考えていきたいです。

>ネームレス Mk-II 量産型さん
うわーい、こっそり直しておきました!
ありがとうございます。

>居間さん
野生ゾイド生息数はメカ生体時代は豊富、新世紀はかなり厳しかったでしょうね。
ブロックスが必要とされたのは必然だったと思います。

ゴドスの荷電粒子砲はどの程度の威力なんでしょうね。
正直、向上したといっても「(メカ生体仕様の)コマンドウルフの装甲を撃ち抜けるか」と言われると怪しい感じもします。
例えるなら、97式戦車チハの主砲が57mm砲から新型の高速47mm砲に変わった程度の違いかなと思ったりもしています。
確かに向上はしているが…という。

ビーム砲は原理としていえば「電荷を帯びた粒子(ビーム)を撃ちだす」ものと思います。すなわち広義でいえばビーム砲は小型であろうが全て荷電粒子砲です。
ただし慣例として荷電粒子砲というには「大型ゾイドを一撃で破壊し得る」ほどの威力のものを指す場合が多い。
しかし「荷電粒子砲です」と言い張る事も不可能ではないので、ゴドスやサイカーチスはハッタリとして荷電粒子砲と名乗っているのだと解釈しています。

という一方で、大幅にアップデートしていたと考えるのもそれはそれで面白い。
なのでその可能性も考えていきたいですね。

ジェネシスはかなり未来の話ですよね。
アニメだから別物・・・という考えもある一方、積極的に取り込んで考えたい気もしますね。

>nocchiさん
120年後においてもゴジュラス・コングというのは嬉しいような違和感が勝るような・・・複雑な気持ちになりますね。
戦争状態だったかどうかは不明です。
ですが無かったと考えるべきでしょうかねー。色んな意見を聞いてまた考えるうちにそう思うようになりました。
平時であればゴジュラスやコングは十分すぎるほどの戦力ですね。増設が容易な機体なので搭載する火器を新型にすれば簡単に近代化できるのも利点ですね。

>w15さん
ブラストルタイガーの描写は「強みを活かしている」のだがストレートに砲撃で沈めるんじゃなくて「意外性を持たせて」「でも説得力の高い」感じになっているのが最高ですね。

バイオゾイドは敵側なので「強い」「通常では攻略が困難」となったのは自然だと思います。
ですがそのことに対して説得力があまり与えられていなかったのが反感を買ったと思います。

>passerbyさん
その要素は多いにあるでしょうね。
グローバリーIIIが飛来 というのはあまりにも凄まじい影響でした。
100年後、200年後であっても強い影響を与えていそう。

>makiさん
なるほど、たいへん興味深く読ませていただきました。
新世紀の戦争が終わった後、低速ゾイドの構成になったのは面白い説ですね。

私は新世紀の戦いが高速機中心になったのは「遺跡調査」という迅速さを求められる作戦があった影響が高いと考えています。
であるなら、戦いの場が西方大陸から中央大陸に移った後の時代は高速機は「従来ほどは」必要とされず低速・重装甲・重武装のゾイドの時代がまたやってきたと思います。
(ただししばらくはそれまでの戦場での活躍もあり高速機万能論が幅を利かせていたとも思う)

まぁ、いずれにしろあの後の時代においては「従来ほどは高速機偏向になっていない」事は可能性が高そうですね。
その事に対して不満や疑問を持つ一派が三虎という究極の高速ゾイドで復権を狙った…。
面白いですね!
三虎は展開された期間も少ないんですが、妄想がふくらむ構成になっていますね。

>アザレアさん
「母体となるゾイドがなければ強力兵器があっても意味がない」というのはゾイド界におけるジレンマですねー。
私は技術革新がなぜ重要化というと、たとえば「エネルギー効率のよい武器を開発できた=エネルギーのロスがないので同じゾイドからより破壊力の高いビーム砲を撃てる」ような事例があるのだと思います。
よりエネルギー効率のよい構造をすればこそ高速にできたり攻撃力を高めたりできるのだと思います。

技術革新前のゴジュラスと後のゴジュラスで比べれば分かりやすいと思います。
有り余るパワーがありながら構造的陳腐さからお荷物だったゴジュラス。
構造を一新し洗練した事から重パワーを遺憾なく発揮できたゴジュラス。

エナジーチャージャーは面白いですよね。
性能面を見ると強力だがハッキリ言って試作もいいとこですね。。。
そこから120年かけてエナジーチャージャーの技術は咀嚼されていったのかなぁ・・・。

>ラウルさん
サーミックバーストは便利でしたよねー。
荒々しい虎なのに、けっこう頭脳線を展開していた印象です。

GZ版は「硬い金属」という感じがします。
私もEZ版の方が鮮烈で好きなんですが、こちらも見れば見るほど悪くない、なかなかいいカラーです。

ホビージャパンのストーリーは興味深かったですね。
アニメとバトストを繋げる試みがされていましたよね。
あれも考察の材料としていきたいです。それにしてもあの記事はカッコいいゾイドが満載だった!!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント