グランチュラ箱裏

今日の線画。
今日はグランチュラのバリエを描き足しました。
昨日はマッドで今日はグランチュラ。
超大型から小型へ。
マッド改造機はもうしばらくお待ちを…。

さてグラチュラのバリエは既にコンプしたと思っていたのですが、実はまだあった。
この時期のゾイドは箱裏に改造作例が載っているのですが、グランチュラはある時期から作例に改定が加えられていて二種類の箱があるとの情報を頂きました。


こちらが今まで把握できていなかった箱裏。
すすす、すげえ。

全然知らなかった。箱裏の図案がまるっと変わるなんて事があったのか…。
ブラキオスNEWの箱が途中から変わったのは知っていましたが、まさか他でもあったとは。
(ブラキオスNEWの箱は実際には同梱されない武器が写っていたのでアウトだった)

うーんメカ生体ゾイド、特に初期のものは果てしないなあ…。

まぁ、そんなわけで書きました。

一つ目。

なんだかもうよく分からないスーパーグランチュラ的なものになっています。
脚が巨大化しているので分かりにくい。ボディだけ写そう…。


尾がありますね。あと牙というかアームというか…が付いている。
これもまたグランチュラ開発のテストベットなのかな?

ただ脚はタカアシグモ的というか、元より巨大化していますね。
サソリは脚が蜘蛛に比べて短い事が多いので、サソリ型ガイサック開発のためのテストベットとすれば脚の大型化は「?」な要素な気がする。
んー、なんなんだろ。

ガイサック開発の先行試験とグランチュラ強化の試験を一気に盛り込んだ実験機とかそんなものかな。


もはや軽快なグランチュラのイメージはなく凄まじい盛り具合になっています。


二つ目。

これは一転してすぐにでも再現可能な簡易改造機ですね。
後部にエネルギータンクを背負っている。

グラチュラはもともと探査機として開発されている。という事は本機は呼びエネルギーや物資を積んで長期の調査を行う機体と思われる。
本機によって解き明かされた謎や発見された新種の野生体もいる事でしょう。
裏方として挙げた功績は多い…的な機体と思います。


しかし問題はキャノピーの色…!
ユーザーが同あがいても再現できないピンクのキャノピーを使っている。
いや一応複製すれば製作可能だけど実質的に無理だろう…。
簡単に再現できそうな作例であり、色の再現は決してできない。アンバランスな仕様ですねぇ・・・。

そんなわけでグランチュラの情報を頂いた改造パターンでした。
奥が深い!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

尻尾生えてる方、ヒヨケムシみたいでなかなか気持ち悪いですね・・・・
どっちかと言うとザトウムシ的な感じもする・・・・。

No title

私クモは専門外ですがちょっと気になります。

タカアシグモとはアシダカグモの事でしょうか?
よく混同されてる方がいます。
脚のつきかたや雰囲気は
どちらかといえばジョロウグモなどに近いような気がします。
ハシリグモの仲間のように素早い種ではなく
この不安定さはヤマシログモや巣を張る種に近いものを感じます。
まああくまで個人の感想ですが素早さがあるタイプではなく待ち伏せか特殊地形対応型に見えます。

No title

>No Nameさん
確かにジョロウグモ的な雰囲気もありますね。
走りまわるハエトリグモなんかはもっと脚が太いので。
私は頭の上のアームがヒヨケムシみたいだなと思いましたが、
脚からすると巣を張るタイプのクモっぽい。
だとすると尾(のような)パーツは強化されたキャッチワイヤー射出装置かもしれませんね

No title

上の改造だと足が長い分偵察以外にも障害物を乗り越えられそうですね
下のは長時間行動できそうです
どっちにしても偵察に特化してたんですねえ・・・
ゲームじゃステルスだったんだがw

ザトウムシ型のゾイドはいたらカッコ良さそうですね。今回の作例でもまだ体が大きすぎるかもしれません。体はコクピットのみ、くらいで足だけつければ、らしくなるのかな。

ピンクのキャノピーですが、初期ゾイドのキャノピーはかなりニュートラルな透明なので、案外クリアピンクとかで上から塗装するだけで再現可能かも…?

No title

>NoNameさん
「虫っぽさ」を強調した改造ですね。
気持ち悪いと思える程のゾワッと感が出ているので大成功な改造ゾイドと言えるでしょうね。

>NoNameさん
うおー、すみません、そうですアシダカ軍曹です。
個人的にはジョロウグモなどの巣を張るタイプは更に脚が細長いイメージですね。あと足を立てずに寝かせて伸ばす感じがあるとそれらしいかなぁ。
本改造タイプは脚の長さを活かしてダッシュで敵に襲い掛かる姿をイメージしました。

>No Nameさん
アームは確かにヒヨケムシっぽいですね。
少なくとも蜘蛛じゃないよなあって感じがします。
んー・・・、キメラ機の可能性も?
「虫型」は構造から合成が哺乳類や恐竜より容易なイメージもあります。
そんなゾイドだったりして。

>w15さん
悪路走破力は更に向上していそうですね。
中央山脈などでも難なく行動できそうです。
ゾイド星の道の部分を探査する任務とすれば、このような脚になっていても不思議はないですね。

>マーネイスさん
ブロックスゾイドのコックピットパーツを使ってその周囲に細長い脚を付けるとそれっぽくなりそうですね。

キャノピーは濃い茶色じゃありませんでしたっけ。
透過度は高いけど赤っぽくするのは大変なイメージです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント