開発者

ゾイド戦視に名を残す多くの人たち。
その中で私が最も深い印象をもっているのはチェスター教授です。
マッドサンダーを開発したという所も魅力ですが、ヘリック大統領にさえ皮肉を言う所だったり、運用面においての議論で将校を相手に一歩もひかぬ所だったり、自らの離婚で戦う所だったり、戦いや科学者という所への哲学だったり。
すごく好き。

さてチェスター教授と言えば「20代の頃より一級の科学者として活動し、共和国の多くのゾイドを開発した」とされています。
明らかになったところではウルトラザウルスとサラマンダー、そしてマッドサンダー。
しかし、他にもありそうである。
明確な記載がないので想像するより他はない議題ですが、何となく自分の持っているイメージを。

全てではないと思います…というか思いたい。
色んな開発者が居る方が面白いと思います。
チェスター教授は一時期帝国軍の捕虜となっていた。なので、その間に登場したディバイソンは確実に違う開発者と思われる。
また、やはり時期から考えて「ケンタウロス」にも関っていなさそう(これは改造ゾイドだが)。
キメラ的な面ではあまり関りがないようにも思える。

さてさて、私はチェスター教授が開発したゾイドを以下の機体と推測しています。

ビガザウロ、
ゴルドス、
サラマンダー、
ウルトラザウルス、
ゴルヘックス、
マッドサンダー、

他にもあるとは思いますが、強く「これだ」と思っているのは以上の機体。

共和国ゾイドって「堅実なる積み上げ」が得意だと思う。帝国ゾイドは革新的技術でもって解決する傾向が強いと思うのですが。
そう考えるならば、堅実な積み上げをした機体を中心に推測して「ビガザウロ」「ゴルドス」かなあと思いました。
後にウルトラザウルスを開発しているチェスター教授ですが、同機はビガザウロ+ゴルドスのような機体であったと思う。
ビガザウロからは旗艦能力や水陸両用能力を超強化して引き継いでいる。あと当時としては規格外の超サイズで登場した事も共通している。
ゴルドスからは後方支援に欠かせないキャノン砲を超強化して引き継いでいる。
ここから逆算してもビガザウロやゴルドスには中心メンバーとして関わっているのかなと思いました。

逆にマンモスやゴジュラスにはあまり関わっているイメージがありません。
ゴジュラスは最強を目指して開発された割には「完成当時はノロマだった・最強を得るのは地球技術を得てからであった」という事からです。
おそらくですがチェスター教授が関わっていたならば、完成当時から使い物になる程度には仕上がっていたのではないかと推測します。
チェスター教授的に言えば、当時の技術では「コイツは使いもにならない」と考え開発に関わらなかったのではないだろうか。と思っています。
(教授の思考として「これはモノになる」と思った野生体を積極的に改造するスタイルだと推測する)

ゴルヘックスはゴルドスの小型発展機だからです。
後に捕虜となるチェスター教授ですが、ゴルヘックスの完成直後(トンネル作戦直後・トンネルを抜けた共和国軍や民が安全圏までの移動をしていた時期)に捕虜になったのかなあと推測していたりします。

チェスター教授の開発機。開発機のアナタの推測はどんな感じでしょうか。


帝国軍にもチェスター教授と並ぶ偉大な科学者「トン・ホバート」技師が居ます。
デスザウラーは彼の設計。
彼もまた偉大な開発者とされながらもデスザウラー以外の開発機が定かでない…。

コチラ何となくですが、帝国軍は革新的技術でもって対抗する事が多い事から察するに
マーダ、
ヘルキャット、
サーベルタイガー、
デスザウラー、
を想像しています。

ただし、チェスター教授は常に絶大なる信頼を得ていたことに対して、ドン・ホバート技師は割と苦労の連続だったのかなとも思っている。
ドン・ホバート技師の名声はデスザウラーの成功によってようやく確定したと思います。
バトスト2巻の漫画を見るに、当初はデスザウラーはあまり期待されていなかった風にも思える(それはつまりドン・ホバート技師の扱いが透けて見える)。
開発とは残念ながら結果から評価される事の方が多い…。

開発者というのはとても良いテーマだと思います。
これを深く掘り下げたバトスト4巻はとっても良い本だと改めて思った次第です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

あまり小型中型は作らなさそうなイメージはありますが、
ゴドスは無敵時代を作ったほどの傑作機なので関わっていそうな気がします。完全に推測ですが、ゴジュラスの強さを目の当たりにして、これを小型にして量産すればと思って作ったんじゃないかと。
アロザウラーは後年、他の技術者がゴドスの機構をベースにアップグレードして作った感じがします。

他にはベアファイターとガンブラスターですね。
これはマッドサンダーが堅実さを持ちつつ既成概念から大きく外れたゾイドなので、この2機も同じ流れを汲むと思うので。オルディオスもそうかな~と思わなくもないです。

ドン・ホバートに関しては同じく革新的な機構を好んでいるふしがあります。
あと、敵国の技術や仕組みを応用するのは嫌っている感じがします。ゴジュラスとキャラかぶりしないようにデスザウラーを作っていますし。
レッドホーン、シンカー、ヘルキャット、サーベルタイガー、ディメトロドン、レドラー、ブラックライモス、ライジャーあたりは作ってそうです。

No title

個人的にゴジュラスで良く解らないのが、地球人の手が入るまではノロマだったところなんです。
あまりノーマルゴジュラスに機動力を上昇させる装備とかが見当たらないし、そもそも素体が強いはずなので多少の効率的でない装備装甲をつけてても大丈夫だと思うんですが、、、

やっぱり優秀な科学者の中では記事の通りゴジュラスは今はモノにならんと思われてて、そんな中でゴジュラスを改造しようとしたのは飛び抜けた人か山師しかいなくてその時は後者だった。だから改造が悪すぎて素体の能力を殺したけども山師だから当然と思われ誰も検証せず作業用に回されそうになった、、みたいな感じなのかなと。。。

ま、後でとんでもないアメリカンドリームが彼を待ってたわけですが!(笑)

納得の記事!さすが三式さん!

ゴジュラスを開発したのは誰でしょうね~?気になって仕方なかったり…
言われてみると、確かにチェスター教授はゴジュラスの開発に
かかわっていないだろうなぁと思えましたね。意外な話だ!

地球の技師がゴジュラスを開発したとなると、もう「クローネンブルグ」しかありませんね!
同時にレッドホーンも「ランドバリー」でしょうね!この辺はHMMレッドホーンのストーリーにも
出て来る要素だからもう確実かな!ゴドスも「クローネンブルグ」なのかな?

問題はアイアンコングをどう考えるか?だ!多分ドンホバート博士はかかわっていないだろうけど、
アイアンコングもそれなりに優秀な人が開発したんだろうな~と言うのはうかがえますね!
多分その人はハンマーロックも開発しているでしょうね!

ちなみに今日HMMのライトニングサイクス、シャドーフォックス、ゴドスが届いて今サイクスだけ
作った所です。サイクスのHMM設定はゾイドファンから見ても良い物じゃないでしょうか?
拒否反応でそうにないHMM設定は珍しいなぁと思ってみてます。
明日19日にはゴドス、明日19日から明後日20日はシャドーフォックス作る予定です♪

No title

基礎技術の積み重ねが強みの共和国にあって、ゴジュラスは革新技術を取り入れて完成した、という部分は珍しい立ち位置ですね。チェスター教授の開発した機体はいずれも戦局を覆す活躍を見せましたが、開発コンセプトはあくまで野生体の力を活かすこととと積み重ねた技術なんですね。

さてバトスト新世紀、オーガノイド戦争の集大成であり元凶であるデススティンガー。
この機体の開発は誰の主導で進められたのでしょうね。
(漫画版「ゾイド」では「ドクトルF」なる人物らしいですが)
オーガノイド、その一端であるOSの危険性は試作ジェノザウラーのテストパイロットのリッツから散々訴えがあったはず。
それをデスザウラーに勝るとも劣らない装備を与えちゃうようなクレイジーな技術者とは。それとも破滅願望か、はたまた後の反乱を企てるG・プロイツェンの指示なのか。なんだか闇が深い気がするのは私だけ・・・?

No title

チェスター教授のゾイドですが、あくまで彼は名脇役のゾイドを作ろうとしたのではないのでしょうか。

マッドサンダーが脇役かと問われると困ってしまいますが、マッドサンダーが主力と言われれば少し違うと思っています。
マッドはあくまで対デスザウラーのゾイドですので、あくまで主力ゾイドの露払いが任務であったはずです。
戦車を倒すための駆逐戦車を志向してゾイドを設計するのが、チェスター教授のゾイド設計の哲学ではないかと思います。

まさかマッドサンダーが主力になるとは誰もが思いもしなかったことではないでしょうか。
やっぱり共和国は運用思想に深刻な欠陥を抱えているのか、新型ゾイドの開発能力に難があるのか……

No title

昔読んでたゴジュラスの2次創作ですが、長距離キャノンを設計する際にチェスター教授に面会しているネタがありました。
機体そのものは設計してなくても、技術提携の面で交流があったと思うと面白いと思います
ホバート博士とチェスター博士と言えば義手関連があったと記憶していますが、可能性としてキメラに繋がると思うと少し哀しいです<好意的にみれば、生物合成ではなく生物のサイボーグ化に近い(もとからサイボーグ的なものですが)と倫理的に肯定できます。

機体設計にかかわるのなら間違いなくキングゴジュラスに何らかの(部分レベルなどでも)かかわりがあると思います。
あと、総合的なバランスからカノンフォートやキングライガー(指指揮管理)も考えました

 バトルストーリーの登場人物に注目したことは少ないのですが、チェスター教授に関してはゾイド星の出身ではなく、ランドバリーらとともにグローバルIIIでゾイド星に降り立った地球人なのではないかと推測しています。その根拠は、彼の名前にあります。
 ゾイド星の人名は、ヘリックやゼネバス、ガイロス、ガラモスなど、地球人には耳馴染みのないものが多いです。一方、チェスターといえばイングランドの城郭都市の名称でもあります。チェスター教授のルーツがイングランドにあると考えると、頑固な皮肉屋という彼の人柄に、ついつい英国紳士的なものを感じてしまいます。もっとも、トビー・ダンカンやマイケル・ホバートなど、地球人風の名前も多く存在しているので、この仮説はかなり怪しいのですが……。
 チェスター教授が地球人だとすると、戦争初期から存在していたビガザウロやゴルドスの開発に携わることができませんね。しかし、それらをベースとした改造ゾイドのいくつかは彼の手によるものかもしれません。地球人のゾイド開発も初めは手探りで、チェスター教授も知られざる珍兵器も生み出していたかもしれませんね……。

No title

〉ゴジュラスファンさん
ここは貴方の日記じゃないんだから人のブログでこないだ私がなになに買ったとかいうのを話し出すのは失礼じゃないですか?
せめてその記事と繋りがある内容ならいいでしょうけど、突然関係ない話をし始めるのは自分のこと話したいだけに見えますよ。
もう少し会話のキャッチボールすることを覚えたらどうですか?貴方のはキャッチボールじゃなくて勝手に一人で相手が構えてないのに投げてるだけです

No title

>NoNameさん
ゴドスはちょっと悩みましたねー。
ただゴジュラスとゴドスの登場時期が極めて近しいので、「片方を参考にもう片方が開発された」ではなく同時進行的に開発されていた気がします。
厳密に言うと開発順は、
ゴジュラス(ノロマ)→ゴドス→ゴジュラス(改)
のようですね。
もちろんゴドスも地球人の手で強化されていますが、こちらはゴジュラスと違い登場当初から強かったようです。

ベアファイターは「いかにも」ですね。
ベアの登場時期はゴルヘックスと同時位なので、捕虜になったタイミングと照らし合わせると深い考察が必要になりますね。
ガンブラスターもそれっぽい気がします。
ただチェスター教授はバトスト4巻を読むにつけマッドサンダーを最後に開発から身を引き闘病生活に入ったような気もします。

ドン・ホバート技師は資料がより少ないだけに逆に想像がはかどりますね。
ブラックライモスの堅実さと革新さを兼ね備えた見事な仕上がりはまさに氏の設計かもしれませんね。
そしてブラックライモスを開発しているという事は同じような性格をしたレッドホーンももしや…。
想像が膨らみますね。

>No Nameさん
たぶん関節などの組み方が(後の目で見れば)劇的に下手だったのでしょうね。
巨大な二足歩行機なので、最も設計が難しいのは脚部の筈です。
転倒しないように作るだけでも大変なのに、そのうえ機動性を確保するなど前例のない中では難しかったのだと思います。
関節がイケてないので動きがぎこちない…という感じを想像しています。

「むろん未来的に言えば可能であろうが技術をあと十年は蓄える必要があるだろう」というようなものが当時の目だったのかもしれません。

>ゴジュラスファンさん
決定的な事は言えないので何とも想像に頼る他はないのですがクローネンブルグにしろランドバリーにしろ具体的な考察材料に乏しいのがもどかしい所です。

>A-10に乗りたい人さん
デススティンガーの設計者はかなりクレイジーですよねー…。結果がああなる事は半ば分かっていたただろうに・・・。
シールドライガーDCSは「制御装置」のようなものを壊したのでしょうね。
デスザウラー級の装甲を持つのに、あの程度の砲撃で破損するとはちとお粗末な気も。

ただ何て言うか、「分かっちゃいるけど引き返せない」地点にまで開発が進んでいたのかもしれませんね。
既にかけた費用を考えれば今更中止になどできようものか・そうだ制御装置を付けて完成させちまえ…みたいな。

>makiさん
私は教授の開発するゾイドは「戦略」が常に考えられていると思います。
味方をバックアップする母艦機能を持ったビガザウロ
電子戦でバックアップするゴルドス(ゴルヘックス)
味方部隊を完璧に統括するウルトラザウルス
マッドサンダーもまた前線で味方部隊を直接指揮できる旗艦機能がある。
またコイツが味方の盾となる事で全軍は被害を防ぎ本来の力を出せる。
教授のゾイドは「個」というより味方の全軍の力を効率的に活かす事を考えられているのかなーというイメージですね。

>神楽歌さん
交流はあったでしょうねー。
その度にアドバイスをしたり影響を与えたりもあったと思います。
逆に重鎮ゆえに疎まれたりする場面もあったのかなーとか想像すると面白いですね。

バランスの良さから言えば確かにカノンフォートやキングライガーは似合っていますね。
カノンフォートは大陸間戦争初期において主力級の扱いを受けましたが、それも氏の開発だったから安心感があったのかもしれませんねえ。

>名無しさん@ニュース2chさん
お気遣いに感謝しますが注意等は必要あると判断すればこちらで行いますのでそのようにお願い致します。
もしも気になる事があって「このように注意した方が良いのでは」というような事があれば、問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いです。
なんにせここに直接書いちゃうとほら、あんまり良くない感じの空気になっちゃうではないですか。
そんな感じですね。

ちなみに具体的な見解を言うとコメ欄は関係ない話題でもOKと書いているので特に問題はないのですが、まぁバランスはあるかなあとは思うのでその辺を意識してくれればとても嬉しいですという感じですね。

開発プロジジェクトとして

デススティンガーについて〉〉
なるほど、兵器開発のプロジェクトとして引き返せない段階まで進めてしまっていた状況(あとおもちゃの事情:笑)なら、あの全部載せの仕様でも納得がいきます。
またそれまでのデスザウラーなど帝国大型ゾイド同様、「一騎当千」のゾイドでした。このコンセプトはビガザウロやウルトラとは対極ですね。
きっと決戦兵器として活躍が期待されていたのでしょう。結果は「惑星存亡の危機」の有様でしたが。

たしかHMMデススティンガーの解釈では最初から暴走は織り込み済みだった様子。制御装置もちゃんと機能してたかアヤシイですね。クレイジーだったのは開発陣だけではないのかも・・・??

No title

デススティンガーの装甲が公式ファンブック見ると割れてるんですよね…割ってから暴走してるんですよね。
一巻によるとグレート装備なしでもセイバーはシールドと同クラスですし、DCSの火力が上がったのは確かですが…
可能性としては写真だともはや超至近距離だったことや、三式さんのコラムの弱体化したバージョン、実は全身ではなくごく一部のみ採用なども考えられます。

・・・自力で割ったというのはさすがに構造や性質(筋肉張らせてシャツを破るように圧力はる行為)は無理だと信じたいです

No title

神楽歌さん>>
あれ、DCSの砲撃では傷一つなかったように見えましたが割れてましたっけ?確かにゼロ距離の攻撃でしたが。
デススティンガーの頭部装甲が「割れた」のは、終盤にブレードABとジェノブレの最大火力を集中して浴びた後ではなかったでしょうか。
たしか砲撃にEシールド発生機がついに悲鳴を上げてようやく装甲に攻撃が届いたはず。

さすがに自分の意志で装甲をパージするでもなく「割る」のは無理がある気がします。ただし、システム内部のリミッターを外すのはその限りではありませんね・・・恐ろしや・・・

No title

ファンブック2の暴走シーンでは、
DCSの砲撃はフェイス部分の装甲に命中(なぜEシールドを張っていなかったかは謎)していますね。
その後サイクスに乗っていた指揮官が沈黙したデススティンガーに接近。破壊されてしまったのか?だが、外からの損傷は見られない。
という文面があります。
装甲が割れたのはジェノブレイカーの荷電粒子砲+ブレードライガーの高密度ビームの連射にEシールドが耐え切れずに、装甲に荷電粒子砲が直撃した時ですね。

・・・・ブレイカーの荷電粒子砲(本文ではゴジュラスでも消滅させられるぐらいとされている)をまともに食らって顔の装甲が割れるだけってどういう装甲なんだ・・・・・。

デススティンガーの開発者

まあ、デスザウラー並みの装甲って言われていますからね~そのせいで、
ゴジュラス・ジ・オーガが勝つ姿がイマイチ思いつかない…
(荷電粒子砲を破壊できれば互角に戦えると思うけどね)

それはともかく、バトストのデススティンガー開発者は確かに謎ですが、一部媒体では
ドクトルFが開発者だと思いますよ。バトストも断言はできないけど、そうかも知れない。
少なくとも、HMMではドクトルFがコアを培養調節したと書かれているし、
それで人がデススティンガーを制御できるようにしたつもりだったみたいです。
(その目論見は失敗に終わったんだけど…)

またHMMでは、ドクトルFはオーガノイド研究の第一人者でもありますから、
ジェノザウラーやレブラプターは彼が開発したのでは?との推測が出来ます。
事実、上山先生の漫画では、ジェノザウラーを開発したのはドクトルFだった様に記憶しています。
ただライトニングサイクスの開発スタッフにドクターDが関わっていたのは、HMMでは確実ですが、
ドクトルFが開発スタッフの中にいたのか?気になってます。
まあ、アニメでは、サイクスを作ったのはドクターDでいいんじゃないかとも思っています。

批判の多いHMMの設定なので、多くのゾイドファンは無視するかもしれないけど…
後、ドクトルFは最終的にガイロスに残ったのか?ネオゼネバスの味方に付いたのか?
気になってます。ドクトルFはオーガノイドを制御するインターフェースの存在に気付いたのかな?

No title

確認しました
確かに割れたのは決戦でしたね<装甲
ということはキレて暴走したっていう・・(汗)
あそこまで重武装のDCSで接近するということはエースなんでしょうね<コンバットフリーズ狙いか、格闘戦のための牽制出の砲撃でしょうね

No title

>A-10に乗りたい人さん
組織の意思決定は時として不条理な事をしますからねぇ。。。。。
実際に戦時中の開発や生産を見ていると本気で役に立つと考えられたとはとても言い難いものを作っている例はいくらでもありますからねえ・・・。

この方面から考えると、
デススティンガー一号機は正直不安だらけで未完生徒も言える状態と開発者も認識していた。
それを解決するには膨大なコストがかかる。どうしよう…。
ええい、いっそ完成したことにして実戦に放り出してやれ。
実戦で戦果を挙げれば改良の為の予算が下りるから、そこでブラッシュアップしてやればいい…みたいな感じで強引に運用されたのかも とかも思いました。
(未完成ではあるがあんなに簡単に制御装置が壊れるとは想定外であったのだろう。制御装置が外れる前は順調に運用できていたし)

>神楽歌さん
装甲とかはコメ欄の流れの通りですねー。
デススティンガーの超重装甲はいかなるものかという考察も今後行いたいですね。
たとえば、
分厚い装甲は柔らかい鉄で構成して砲弾を吸収する構造が多い。結果として被弾すれば「バターに指をさしたような」跡が付きます。
薄い装甲は硬い鉄で構成して砲弾を跳ね返す構造が多い。強力ですが防御力を超える砲弾を受ければ「割れる」ように崩壊します。
傷痕からいかなる材質や構造をしているのかはぜひとも考えたいです。

>NoNameさん
DCSの砲撃ならEシールドはらんでも大丈夫~ と舐めてたのかもしれませんねぇ。。。。
あそこでシールドを展開していれば運命は変わっていたかも…。

>ゴジュラスファンさん
コメ欄で貴方について言及されたものがあるのでせめてそれについて触れる等した方が良いと思います。
そういう事ができないので私は過去に何度も注意をしたし他の方からも言われる事を認識した方が良いです。

No title

皆さん、レスありがとうございます。
こうして議論が広がってくれているのはやっぱりうれしいですね。

NoNameさん>>
ジェノ本体の外観があまり変わらずに最大出力でゴジュラスを消し飛ばせる・・・本当なら恐ろしいです。ただ実際そんな破壊力がジェノザウラーからの強化で上がったりするのか?と私個人としては懐疑的です。
そしてアタックブースターのハイデンシティビームキャノンが侮れないです。なにせブレイカーのシールドでも悲鳴を上げるくらいですから。
いずれにしてもこの2機がかりの攻撃ではただでは済まなかったようですね。

ゴジュラスファンさん>>
FB2で確認しましたが、ドクトルFのプロイツェンに提出した報告書の抜粋がありましたね。いやあうっかりしてました(汗)
帝国ゾイド開発の総監督のようですし、まずもってOSやデススティンガー、あ開発を主導していたとみて間違いなさそうです。このほかサイクスなど、ほぼ全ての帝国OS搭載ゾイドの開発にはかかわっていそうですね。
ネオゼネバスの反乱以降、ガイロスの新機種がいないということはそっちに引き抜かれた可能性も高い。

神楽歌さん>>
おっしゃる通り本当に「キレて暴走」したようですね。
もしくは眠りから覚めたようにも見えます。
DCSは扱いが難しそうですからエース級が乗っていそうですね。
あの戦場は山間部の狭い地形で敵味方が入り乱れてる状況だったようです。しかも最初デススティンガー(暴走前)が地中から現れたようですから、かなり共和国の追撃部隊に肉薄していたのでは、とも考えています。
ビームを確実に当てるには接近もまた必要だった可能性もありますね。

三式さん>>
場をお借りしてる身で話を広げてしまい恐縮です。

FB2のドクトルFの発言では「危険すぎるからすぐにOS計画の中止を!」と明記されてましたね。確認すれば良かったのに早とちりで申し訳ないです。
「真オーガノイド」のコアを手に入れて、OS開発の完成を帝国軍は目指したのだと思います。おそらくプロイツェンは後のデスザウラーを復活、強化、量産するのに役立てるつもりだったのでしょう。そして実際に達成しました。
デススティンガーを解き放つことは現場にしてみれば間違いなく「不条理な意思決定」ですね。上層部は制御がやがて利かなくなるこの機体を「切り札」としてではなく、単なる大量破壊兵器として「見切りをつけて」投入したのでは、とも思えます。
現場としては泣く泣く投入の決定に従いました。しかしそう簡単に暴走されては堪らないから、何とかリミッターで押さえつけようとしたけど、簡単に破られ、回収と改良のチャンスも失ったといったところでしょうね。

・・・しかしあれだけの事件が起こってなぜ「KFD」をまた作ったのやら・・・

長文失礼しました。

No title

>三式さん
デススティンガーの装甲ですが、ファンブック3巻のライガーゼロVS量産デスステ(KFD)のあたりで、パンツァー部隊の集中砲撃で「超重装甲もひしゃげる」という表現が出てきます。
なのでやはりデススティンガーの装甲は、どちらかと言えば「分厚くて粘りのある合金」なのかなあと思います。

同じシーンでシュナイダーの突撃でブチ破られている写真もあります。ここでもバキンと割れているというよりは突き破られてるみたいに見えます。
また、ゴジュラスギガのバトストEXではギガの踏みつけ攻撃で「砕ける」では無く「踏み抜く」という表現がされているのも気になります。
私が調べた限りでは、こんなとこでしょうか。

実際あまりゾイドの金属についての表現ってストーリーでは無いんですが、
レーザーブレードの類はすべからく曲がらずに折れている、マグネーザーは折れたこともありますが形状記憶の性質があり折れずに曲がるようになっている、とかありますね。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント