バリアント、てーっ!

本日の線画。


ゴジュラス・バリアントです。
バトスト1巻では対アイアンコング用ゴジュラス「9バリエーション」の中の一機として紹介されました。
大型長距離ミサイルを持つアイアンコングに対抗して、同じく大型長距離ミサイルを装備した。いやミサイルの大きさはこちらの方が大であると思える。

何ともストレートな対抗。大艦巨砲主義的というか、実に良いですね。
ただ共和国軍はミサイル技術では帝国軍に劣っていただろうから誘導装置などが未熟で命中率が悪かったと推測しています。
それが採用を逃した理由じゃないかな。
あとコスト面の問題もありそうかな。砲弾あたりの費用が制式採用されたMK-IIのキャノン砲よりもかなり高そうである。

本機は多分9バリエーションの中では実用度が高くかなり採用を競った仕様じゃないかな。
ミサイルの誘導技術に関しても開発を続ければ改善しただろうし。
(余談だけど、ここで採用されたのが本機であったなら、ウルトラザウルスはキャノン砲四門じゃなくミサイルを無数に装備したような仕様になっていたかも)

ただ、連射可能な長距離キャノン砲仕様が優秀すぎたので、惜しくも採用を逃したのかもしれない。


さて、ゴジュラス・バリアントです。なお名前は当時のメンコだったかカードだったか…それのみで公開されていた。
バリアントはバトスト1巻では対アイアンコング用として紹介されたんですが、学年誌学年誌(小一)では、ザ・スナイパーのライバルといった感じで登場しました。
だから、こちらのペーパーモデルでも揃って立体化されているわけですね。

バトストではZAC2033の強化型ゴジュラス。
学年誌では具体的な年数は書かれていませんが、ザ・スナイパーの運用時期から考えるとZAC2036年と思われる。
採用は逃したものの解体(ノーマル仕様に戻す)される事はなく、細々と運用を続けられていたのかな?

バリアントのミサイル…、一発あたりの破壊力・命中率・射程距離ではMK-IIのキャノン砲を超えていると思う。
そうしたことから運用が続いていたのかも。
ただし、ZAC237年にウルトラザウルスが登場する。射程100kmを達成した超砲撃型ゾイドの出現によって、ようやく運用を終えたのかもしれないなあ。

9バリエーションはこれで4つ目。オギータタイプ、ベン・ハー、ドリルダート、バリアント。
そろえて一覧にしたいのでまだまだ描き続けます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

毎度、楽しみで夜も眠れません!

No title

このミサイルだと2発しか撃てず補給もままならないから正式採用が見送られたのかもですね
バスターキャノンが採用された理由がコングのミサイルに比べて連射出来るのが~てきなこと書いてありましたしね
ひいてはサーベルに対してミサイルが命中しにくかったのもあるのかも
コングを仕留めるだけならまだしもレッドホーンやサーベルに対してはバスターキャノンで十分大破させられたでしょうし

桑島法子さんの声が聞こえます(ナツカシー)

ミサイルは迫力がありますね。
ゴジュラスのパワーならこんな大型ミサイルでも
活動できそう。
撃ち尽くしたあとは格闘戦にという運用思想だったのでしょうか。

No title

それまで大砲ばかりだった共和国がいきなりミサイルを持ち出すんだから、いかにコングのショックが大きかったか分かる描写ですね。

No title

ザ・スナイパーとの対戦結果はどうなったんでしょうね。
互いに視認した状態であればバリアントがかなり優勢かなと思います。巨大ミサイルのホーミング性能がどの程度かはわかりませんがサーベルタイガーの機動力でも逃げ切るのは難しい、狙撃銃を背負っているなら尚更。仮にミサイルの爆破範囲から逃げられてもゴジュラスの装甲を貫いてコアを打ち抜くほどの火力はないかと思われ攻めあぐねそう。
逆に互いの姿をまだ確認してない状況であれば高い確率でザ・スナイパーが先に相手に気づくと思うのでミサイルを打ち抜ければそのまま勝利しそうです。「生きてスナイパーの姿を見た者はいない。」は気づかれる前に殺るという意味かと思うので戦場の地形が両者の勝敗に大きく関わりそうですね。

ゴジュラスやセイバータイガーなどのエース級ゾイドは元が強いから弄りようがないからなぁ😅アレンジするならスチームパンクやカラクリ風にするなら面白いけどノンフィクションSFみたいな?

ミサイルの系譜

確かに大型ミサイルは以後の共和国ゾイドではほとんど採用されて
いませんが、箱形ランチャー入りの小型ミサイルはMK-2限定型・
ウルトラザウルス・シールドライガー・ディバイソンと一時期の
標準装備と言えるほどに採用されています。
バリアントで技術を蓄積しつつ、大型・露出構造の不具合を嫌った
ように思えました。

No title

考えてみれば共和国で大型ミサイル装備のゾイドと言うのはそんなにいませんね。
(改造機ならともかく正式採用されたゾイドでここまでの大型ミサイルを積んだ機体は殆どいなかった気もする・・・。)

ミサイル運用を重視した機体だけに撃った後のデッドウェイトになる装備も少なそうだし、
アウトレンジからの攻撃を重視していると考えられるからミサイルの発射装置をパージしても回収は容易だろうから、
意外と実戦ではミサイル発射後は速やかに格闘戦に移行できた可能性もあるかも・・・。
ただ、ミサイル自体のコストはかなり掛かりそうですが・・・。

No title

>メカカブトさん
あざっす! コンプまでどうにか勢いを保ちたいです。

>w15さん
2発撃ったら後がないですからねー。
キャノン砲も撃ち終わったら後がない所は同じですが、まだしも多くの弾を撃てるのでずいぶんマシである気がします。

サーベルは高機動機。このミサイルは巨大で運動性が低そう。なのでサーベルには当てにくいでしょうね。
キャノン砲でも当てにくいとは思いますが、やっぱりそれは連射でカバーできるのだと思いますねえ。

>ナタルさん(´;ω;`)さん
ミサイルのデカさが強引なゴジュラスらしくて良いですねえ。
格闘戦は勿論できると思いますが、キャノン砲以上に大掛かりな装備なので、さすがに重くてちょっと性能が落ちていそう…。

>しめじさん
結果は分からないんですよねー・・・。それが良くもありもどかしくもあります。
結果が描かれていない一戦て、けっこうあるんです。

巨大ミサイルは外したとしても周囲一帯ごと吹き飛ばす威力がありそう。
なので私はバリアント優位かなーとみています。仮にスナイパーが生き延びたとして戦闘を維持できる地帯からは外れると思います。それ位まで移動しない事にはこの巨大ミサイルは防げない。そうした意味で言うと、バリアントは確実に戦力を無力化できる能力ではあると思います。

>NoNameさん
元から強い機体だけどさらに強くしちゃえるのがゾイドの魅力の一つだと思います。
無茶なのも現実的なのもどっちも魅力的です!

>砂ZPさん
小型なら運用可能・大型は厳しいという感じでしょうねえ。
あるいは大口径キャノン砲・・・しかも射程が100kmにも達したものを作れたのでそちらにかじを切ったのかも。

>ラウルさん
改造機で言うと本機とディバイソンコブラくらいですね、共和国軍でデカいミサイルを持っているのは。
・・・そのかわり、新世紀の時代にはサラマンダーが「どっちが本体やねん!」て位のミサイルを持ちましたが。
この辺の機体に帝国技術がどの程度融合しているかは興味深いですね。

そういえばアイアンコングはミサイル発射後にパージが必要でない(発射機のコンパクト化が進んでいる)というのが凄いなと思いました。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント