ディメトロドン・・・?

マッドサンダーのバリエーションであるサンダーパイレーツ。

実はかなーリ好きです。
学年誌では小三の89年1月号に登場します。

マッドサンダーにマストを付けてついに海戦タイプに改装!
潜水艦型のマストを装備したので海に潜る事もできる。
強力なジェット水流を噴射して前進。
ウルトラザウルスを超える最強の水上ゾイドだ。


と解説されています。
まぁ、確かにソードで切ればウルトラザウルスでも真っ二つだとは思いますが、兵器的な有効性ではキャノン砲を四門持つウルトラに軍配が上がりそうよなぁ…。
この巨艦で密着攻撃をしようという発想が凄いな。いかにもゾイド的で共和国的で素敵。
ただ潜水機能はウルトラよりサンダーパイレーツが上なのかな・・・?
ウルトラは基本的に水上艦であって潜水艦ではない。一部には潜水用に改造されたタイプもあるし、その気になれば潜る事も不可能ではないと思いますが。

マグネーザーがないですが、まぁ海戦では不要だからなぁ。
子供の頃、この頭部を見てモノクロニウス型に変化した! と思っていました。

さてサンダーパイレーツですがこの号の記事は「改造マッドサンダー紹介」というようなノリで作られており、具体的にこんな戦いをして共和国軍がどうなったというようなストーリーは添えられていません。
ちょっと寂しい…。
右上に海戦時の写真がありますが、それが戦っている唯一のシーンです。

・・・ところで、この写真って子供の頃からずっと「ディメトロドンを運ぶ輸送船を切り裂いている」のだと思っていました。
ですがよく見ると、ちと違う事が判明しました。


ディメトロドンをよく見てみよう。
なんか、ちょっと変…。
顔から尻尾のパーツに繋がっている。

左側、尾部の方も、中ごろにビーム砲が二門が付いており微妙に異なりますね。
あと、よく見ると分かるんですが尾部付け根には三連装砲も付いています。パーツ的には1/700ウォーターラインシリーズの戦艦大和の主砲と思われます。

うーん、何ぞやこれは・・・。
残骸を積んで航行中の帝国輸送船を襲っている・・・という解釈が一番楽なんですが、んー…。
謎だ。

あるいは・・・、


こんな感じでディメトロドンを積んでた?
そして・・・、


こういう角度で切られた。
沈み行くディメトロドンが重なって見えて写真の様になったと・・・。

んー、どうなんだろう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

あー此奴全体像気になりますよね。
私はゾイド斬るぞーって説明文と船から積載してるにしては不自然に頭や脚とか飛び出してるから純粋に海仕様の改造ディメトロドンだと思ってます。
でもここで取り上げられるという事はこの写真以外資料がないわけか。
もやもやする。もやもやする。

もやもやするといえばウルトラザウルスザキャリアも。
こいつも全体どうなってるのか不明ですよね確か。
あれ水の下どうなってるんだ。


衝角VSレーダー

 サンダーパイレーツの姿、初めて見ることができました。ありがとうございます。

 サンダーパイレーツ、意外に合理的な設計思想があるのではないかと感じました。
 地球でもテゲトフ提督率いるオーストリア艦隊がイタリア艦隊に勝利したリッサ沖海戦など、衝角攻撃は、装甲と機関が発達した近代でも有効な戦術として再発見されていました。
 前面装甲が分厚く、攻撃時の衝撃にも耐えられそうなマッドサンダーに強力な推進機を載せ、衝角で敵大型艦船すら一刀両断にする!、燃える設計です。更に水中から攻撃することを考えると、無印アニメでウルトラザウルスを攻撃したデススティンガーのように、潜水艦や超大型艦をも沈められそうです。あと、生粋のバリゲーター乗りが大活躍しそうですしね!

 もしかしたら、このディメトロドンは海戦仕様の改造を受けた機体で、この場面では単機が撃沈されたのではないかと思いました。尾部と一体になっている艦体のようなパーツが確認できますし、Zoidsバトルカードでも「ウォーターフロート」という何にでも「水適正」を与えるカードもありますし、周りに輸送艦らしき残骸も見当たらないので、もしやと思いました。あと、船体が真っ二つ=撃沈のイメージです(笑)
 長距離砲を持つウルトラザウルスや敵爆撃隊などを早期発見する為にレーダー・ピケット艦に改造されたディメトロドン。しかし、先行警戒中、水中から現れた改造マッドサンダーに一瞬の内に撃沈された。燃える設定です!強力なソナーさえあれば…(笑)

 メカ生体におけるZoids星の艦船・水上ゾイドがどのようなものか、あまり知りませんが、この推理は如何でしょうか?(笑)
 それにしても、改造バリエーションの多さは、妄想の幅も広げて本当に面白いですね。
 長文、失礼しました。

No title

おお、こいつはぜひ全貌が見てみたいですね。

改造ディメトロドンだとしたらワクワクです。
もしやディメトロドンを改造したスピノサウルス型とかだったら?などなど。
でも当時はスピノの生態は知られていなかったように思いますから、望み薄でしょうか……。

No title

なんでこんなところでわざわざ改造ゾイド出すんだ!?てのが多いですよね。しかも凝ってる。別にブラキオスとかそのまま出しても文句は言われないのに。。。

ゾイドに関する有り余るエネルギーを感じさせられます。それこそ、後世までゾイドというものに対する「期待」を維持させるほどの!

しかし答えは何なんだろう。。。胴体も長くなってそうですが。

No title

>RZ(偽さん
これ以外に資料がないです。
このシーンの…やられる為だけに専用の改造ゾイドを用意するとは豪華な事です。

船と合体したシーマッドのような姿なんでしょうかねえ。

>Admiral Hausさん
そういえばラム戦を意識してる可能性は極めて高いですね!
体当たりで絶大なダメージが期待できる。ゾイド的な戦法だと尾思います!

ディメトロドンを改造してピケットにというのも面白いですね。
レーダーは残っているようだし、その可能性も高いと思います。
対戦装備の発達でウオディックが優位性を失った事情があるので、帝国軍は何らかの手で制海権を再び取り戻す策をしていた…その一環が本機なのかもしれませんね。

>メカカブトさん
スピノサウルスの存在は知られていましたが、あまり知名度は高くなくマイナーな感じでしたね。。
ディメトロドン改造のスピノ型だとすれば、ダークスパイナーとの中間のような造形になっていれば面白いですね。

>NoNameさん
贅沢ですよねえ。
多分、ウオディックやブラキオスでは小さすぎて華がない…というか弱いものいじめの様に見えちゃうからでしょうね(笑
構図によっては帝国艦隊を単艦で破壊するサンダーパイレーツという感じで燃えるものになった気もしますが。
それにしても、正体を明かさないからこそ期待させるものがありますね。
こういうのが奥深さであり魅力ですね。もどかしい一方で探究心をくすぐります。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント