小さな巨人

ゴーレムを撮影しました。

ディープな方はこの構図に気付くはず・・・。

実はこのゴーレムはうちの秘蔵っ子です。
当時品です。

あまり話題にならないですが、再販版(パンツァー版)と比べると・・・、


左が当時品。右がパンツァー版。
お腹(パワーボックスのフタ)が違います。
アイアンコングと同じく、旧品=レッドホーンと同型で、新版=新規造形に変わっています。
ただゴーレムの場合、この部分は見えにくいので、ほとんど話題にならないのも納得なんですが。

あと、白い装甲が、旧版はツヤツヤで、新版はマットな艶消しな質感に変わっています。
(これは他の24ゾイドも同じです)
色もわずかに差があります。
なので、ほとんど同じではありますが、完全な代品にはならないみたい。

実は当時版のゴーレムは3パーツ欠品があるんですが(肩装甲、顔横の長いセンサー、背中のステップ)、撮影時はパンツァー版から一時借用しています。
よく見ると質感の違いが分かるかも・・・?
パーツはそのうちジャンクを探さねば。。

ゴーレムは凄くいいデザインしてると思うんですが、顔のモナカ構造が目立つのだけは難点かなぁ。


ゴーレム兵士は当時から凄い仮面やなと思っていました。
この下に伸びたあご(?)のおかげで、顔の可動がほとんどなくなっているという悲劇…。

ガトリングと言えばいまや暗黒軍という感じになっていますが、よくよく考えると電動で回るガトリングはメガトプロス、ゴーレム、ダークホーンと各国に一機ずつ配備されているんですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

入れ歯のネプチューン……。

ゾイド星のワニって、弱いんでしょうかねえ。
地球だとかなり強い生き物ですが。それこそ恐竜とタメを張るくらい。

No title

遠くに爆発するウルトラが見える!

ゴーレムは、なんとなく生々しくて不気味です。
装甲が筋肉っぽい曲面だったり、そうかと思えば機械剥き出しだったり、モノアイだったり・・・
ゴリラ(=霊長類、哺乳類)というモチーフのせいもあるでしょうが、サイボーグのようなややグロテスクな印象が強いです。
兵士もコワイ!
ツインホーンみたいな「む~・・・」っとした顔ですよね。
コラムの「24ゾイド=完全人工ゾイド説」を改めて読み返しましたが、やはりゴーレムは特別な存在なのかも・・・と思えてします。

No title

>メカカブトムシさん
ワニ、強いと思うんですけどねぇ・・・・。
いつかデイノスクス型が出てリベンジしてくれることを願いましょう・・・。

>さとうみずさん
単眼は独特ですよね。
デスピオンは丸い単眼でしたが、ゴーレムは生物としてはありえない三角形の単眼で、それが無機質で冷たい感じ。
でも妙に生々しくもあるんですよね。
絶妙です。

兵士の目はコングやツインホーンが意識されてるんでしょうねー。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント