GZハウンドソルジャー

レビューを更新しました。
GZ版のハウンドソルジャーです。
こちら


ヒーロー色の強いRPZ-12も良いですが、ミリタリー色の強いGZ-004もステキ。

ジェネシスのキットはどれも色味が良いです。
カノンフォートの緑も見事だし、モルガもロクロウと比べれば重量感が格段にあるし、ハウンドソルジャーも砂漠用としてたいへんカッコ良いです。
コマンドウルフと部隊を組まなかったことが悔やまれます。

「色が良くて、活躍がなかったのが残念」
ジェネシスのキットへの思いは、これである事が多い…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

自分にとってハウンドはこれが初めてなのでこの色の方が見慣れていますね。

当時はメカ生体を知らなかったのでなんとなく「デモンズヘッド的なエッセンスを加えたコマンドウルフ」みたいなイメージを持ってました。

No title

渋いカラーリング、メカ生体版の方が出た時期はどれも派手派手だったので差のふり幅に驚きます。
ガルタイガー他、メカ生体版でしか出なかったゾイドが新世紀版でミリタリー感あるカラーリングで出てたらどうなるかちょっと気になります(オルディオスはあの配色じゃなきゃオルディオスにならない気もしますが)。
 
新世紀版ハウンドソルジャーですが各武装がガンメタルになってるのが好きですね。
特にブレストボンバーの黒光りする砲身は迫力が増して強力になったような気がします。
逆にいただけないのがハインドバスター。
内部メカと同じカラーなので目立たない…どころか見る角度によってはパッと見、胴体と一体化してただでさえ太いお腹がさらにでっぷりしてるように錯覚してしまいます。
個人的にはハイパービームガンのような色合いなら砂漠仕様にも馴染んで程よく目立った武装になったと思うのですが…。

すみません…

新世紀版じゃなくジェネシス版でした…

No title

>黒さん
頭部の造りなんかは従来機よりも新世紀ゾイドのそれに近いですね。
装甲の張り合わせ方なんかに、確かにブロックスに通鶴エッセンスがあるような気がします。

>しめじさん
ガルタイガーは惜しかったですね。
ジェネシス版で出ていたらさぞや渋いカラーで出ていただろうに、勿体無かったです。
(ただランナー構成から難しい気も若干しますが…)

ハインドバスターは同意ですね。
メッキと違い、重々しい金や胴はむしろ渋みを出しますからね。
そうしていれば、目の部分にシールを貼る必要もなくなったのかなーと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント