HELLDIVER

先日のアンケートで質問した「ヘルダイバーは飛べるのか飛べないのか」ですが、結局半々という結果でした。
ですが趨勢として「飛べるというより「浮ける」程度。また滑空程度なら大丈夫だが飛行ゾイド的な動きは不可能」という感じになったように思います。
シーバトラス的な運用は厳しいのかもしれない。

なんだか、以前はシーバトラスと互角程度の飛行性能だと思っていたんですが、今回のアンケの結果を受け、「浮ける」「滑空できる程度」でも面白いなあと思いました。
まだ自分の中で結論は出てないんです。
ですが今回は、ヘルダイバーの飛行性能をひとまずその程度と考えた上で文章を考えてみたいと思います。

SS風にしてみよう。

----------------------------
中央大陸の北西。バロニア諸島には小さな島が無数に点在している。島々を縫うように、共和国軍ウルトラザウルス艦隊は単縦陣で航行していた。
ウルトラザウルス7隻と護衛のバリゲーター12隻の堂々とした威容である。

「陣形そのまま。速度、第一戦速を維持」
旗艦のウルトラザウルスから指令が飛ぶ。

「チッ、嫌な場所に差し掛かるぜ…」
司令のリー中将がつぶやく。
そう、ここは共和国艦隊にとって実に嫌なポイントだった。
制海権は共和国側が掌握している。だが、バロニアの島の幾つかを、帝国軍は頑なに守り続けていた。
それらの島には航空基地があった。そこから対艦装備を積んだレドラーが飛び立ち、航行する共和国艦隊に攻撃を仕掛けるのである。
現在航行中の場所は、ちょうど攻撃を受けやすい海峡だったのである。

「各砲座、バリゲーター。迎撃準備をしておけ」
だが、既にレドラー対策は完成しつつあった。
護衛を務めるバリゲーターは対空用の特別仕様である。ノーマルの対空ミサイル4発から、一気に16発に増やしてある。
単発での威力は弾頭小さく低いが、航空機レドラー相手には十分であった。
12隻のバリゲーターが合計192発ものミサイルを放つ。無論、ウルトラザウルス自身の対空砲もうなる。レドラーをもってして、さすがにこれを避る事は難しい。
実際、数日前の戦闘で、リー中将率いる艦隊はレドラーの襲撃を見事撃退し、見方被害ゼロ、敵撃墜6という素晴らしい成績を残していた。

「中将、レーダーに感あり。7時の方向、高度2000、距離65000、機影多数。間違いなくレドラーだ」
「やっぱりきやがったか…。速度、第三戦速まで上げ。陣形、輪形陣に!」
号令で、陣形が素早く変わり艦隊の速度は一気に上がる。
「落ち着いて対処すれば負けん。こうして撃墜数を増やしていけば、次第にジリ貧になって島を放棄するハズだ…」

「敵、M1.0で急速接近中。会敵は3分後」
「いいか、撃墜するより被弾しない事を優先しろ。貴重なゾイドを沈める事は許さん」
今やデスザウラーが共和国首都を攻略。中央大陸のほとんどは帝国の支配下にある。
そんな中、ゲリラ戦で挑む共和国軍にとって最大の問題はゾイド不足であり、特にウルトラザウルスは最も貴重な存在なのである。

「中将、レドラーだが何かおかしい。半分くらい、やけにデカい爆弾だか魚雷だかを翼にぶら下げてる」
「何だと?一撃必殺の決戦兵器ってか…。何だかわからねえが、そんなにデカいもん積んでたら運動性能はガタ落ちの筈だ。ひるむな」

やがて爆音が響き始めた。もはやレーダーに頼るまでもなく、直接視認できる。
「対空砲火、撃ち方よーい」
レドラーが急降下爆撃の体制に入ったら、すぐさま対空砲火の嵐を見舞う。
しかしまさに対空砲火が撃たれるその直前、レドラーが動いた。
「敵、大型爆弾を射出! なんだこれは!?」

一斉に放たれたそれは、ウルトラザウルスを大きく逸れ、急角度で海に突っ込んでいった。
「なんだ…? 思ったより早く撃たれてびびったが……、失敗作か…?」
いやしかし次の瞬間、一隻のバリゲーターから大きな火柱が上がった。
無残に右後脚を吹き飛ばされ、機体は完全に横転している。

「何が起こっている!?」
続けざまにウルトラザウルスからも火柱。
「水の中に敵が居るのか!? ソナーはどうなってる!?」

「感なし! ウオディックもシンカーも居ません!」
共和国軍は、少し前に対潜用の新型ソナーを開発したばかりであった。
これはウオディックやシンカーが深く潜っても正確に捉えられる画期的なものであり、それを搭載して以降、ウルトラザウルスは再び海での最強の座を取り戻したのである。
しかし今、ウルトラザウルスは謎の攻撃を受けていた。

ドォォォォォォ…
再びバリゲーターが火花を上げ沈んでいく。
「中将、海面を! あれだ!!」
その時、クルーが謎の敵を遂に見つけた。
水中から背びれだけを出して、超小型のサメ型ゾイドが高速で走り回っていたのだ。

「大型爆弾なんかじゃない。敵が投下したのは小型ゾイドだったんだ!」
レドラーは翼下にヘルダイバーを吊下しウルトラザウルスに接敵。そこから射出し突入させたのである。
あまりにも小さく軽快すぎるので、レーダーで補足出来ない。
「くそっ、ちょこまかと!」
一発一発は大した事ない。これだけでウルトラザウルスが沈む事はない。
だが、こちらは一切の攻撃があたらない。悪戯に被弾だけが増えていった。

「中将! 残りのレドラーが来る!」
ヘルダイバーを搭載していなかった…、いつもどおりの対艦ミサイルを装備した攻撃機型レドラーが、混乱する共和国艦隊に突っ込んでくる。
「くそっ、対空砲火、撃て!」
だが今やヘルダイバーによって半数のバリゲーターが沈められている。
また対空砲火を撃つ中も、容赦なくヘルダイバーの魚雷がウルトラの巨体を揺らす。
「くそっ! 艦が揺れて照準が付けられねぇ…!」

海戦は、激しさを増していった。
ヘルダイバー初陣の日。この戦闘で、実に8隻のバリゲーターと3隻のウルトラザウルスが海の藻屑と消えたのであった。

ヘルダイバー。
レドラーの翼下に搭載され、海上から射出される。
海面に突入後、小型高機動の特性を活かし、共和国艦隊を翻弄する。
単体では搭載量・航続距離が少なく、広大な海では使用しづらいし決定打足り得ない。
だがこの機体はサメ型という特性を活かし、空中から射出後、そのまま海に突入できる能力を付加できた。
それにより、高空ゾイドに搭載される事で諸々の弱点をカバー。海戦で大きな威力を発揮する事となったのである。

射出された後、海へ向け一直線に突っ込む様は、まさにヘルダイバーという名に相応しい。

----------------------------
という感じで、「ヘルダイバー」という名前からして「急降下アタックを空からかける」所は残したいし、でも「浮ける」「滑空できる程度」の能力でいい気もするし、という事で妄想してみました。
書いてて、自分の中のヘルダイバーはこれでいいかなと思い至りました。

なんにせヘルダイバー大好き。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ヘルダイバーの大活躍に、感動!

SSを拝見しましたが、素晴らしいの一言です!

アタックゾイドであるヘルダイバーが(レドラーとの連携の下とは言え)、バリゲーター部隊を撃破し、ましてやあのウルトラザウルス撃沈に貢献するなんて!

驚くと共に、ゾイドファンの知識と想像力次第で、ゾイドはここまで魅力的になるのかと、大いに感心致しました。

小さなアタックゾイドが、文字通り知恵と勇気で巨大な敵を撃破する活躍を目の当たりにし、感動すると共に、ゾイドに対しての視野が広がりました。

シーバトラスが一番好きだった私ですが、ヘルダイバーにも心を惹かれてしまいそうです^^

素晴らしいアタックゾイドの活躍を描いて下さり、誠にありがとうございました。

No title

相変わらずバリゲーターが不遇・・・(笑)
コラムで拝見しましたが実際にバトストでもヘルダイバーに黒星付けられてるんですよね。

これを読むとヘルダイバーがコマンドゾイドで再販されなかったのがとても残念に思います。

No title

レドラーに搭載して空中から投下・・・、この手がありましたか!!

SSもグッと引き込まれる展開で面白かったです!

でもレドラーに搭載して空中からの投下となると、ますますコックピットにはキャノピーとか装甲とかが欲しくなってくるような気もします・・・。(と言うか実機には絶対あって欲しいです・・・。)

でもサラマンダーの背部コックピットしかり、惑星Ziの頑丈で勇敢な兵士ならきっと大丈夫・・・、かもしれない・・・。

No title

>コバルトブルーさん
ありがとうございますー!
アタックゾイドを派手に活躍させたいぜっていう願望がかなって自分でも気に入ってます。
結局のところウルトラを沈めたのはレドラーの対艦装備ですが、ヘルダイバーは見事その活路を開いた。
アタックゾイドはそんなサポート役。主役じゃないけど居ないと勝てない感じが似合うなーと思います。

>黒さん
ま、お約束ということでw
いずれバリゲーターが活躍する話も書ければと思います。

アタックゾイドの残り4機は絶対に再販して欲しいですよね!

>ラウルさん
やっぱりコックピットは機になりますよねえ。
実際は完全透明なキャノピーなのでキットでは省かれてるとか思いたいです。
グランドモーラーの件があるので今はこれを信じています。
まあ、それでもかなり負担はでかいと思いますが!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント