今の公式に思うこと

昨日の記事に対し、沢山のレスや拍手、ありがとうございます。
ちょっと、続きのようなものを。

先の記事の様な事に書いたとはいえ、じゃあ今の公式に満足しているかというとそんな事は全然無いです。
本なりゲームなりHMMの再生産なり…。ゾイド関連アイテムはそれなりに出ていると思います。
ですが、それでも公式の態度に大いなる不満や不信はあります。大いに改善して欲しいと思うことばかりです。
その辺を書きます。

春から8クールでアニメ化してそれに呼応して再販&新型開発しろ同時にバトストも連載しようとか、そんな無茶な要求をするわけじゃない。
そうじゃなくて、現実的に出来るだろうという範囲で。むしろ何故しない?と思わざるを得ない。そんなレベルで思う事がありすぎます。
こうして冷静に書ける程度に落ち着いてはいますが、かといってあまり穏やかではないです。

今回は、今の公式に対する現時点での思いをまとめたいと思います。
例によって長くなる上にまとまりに欠ける部分も多いと思いますが。


ちょっと前置きから。

さて、昨日の記事ですが、凄く嬉しいなぁと思うのは、こういう真面目な文章で沢山の反応がある事です。
Zoids Ignitionがそういう場所になれた事は何よりだと思っています。
ここが単にゾイドが好きというだけの場所じゃなくて、ゾイドの今後なんていう、ともすれば恥ずかしいくらい真面目な話題において本気で盛り上がれる事はすごく嬉しい。
(もちろん好きを確かめ会う場所である事も凄く大切です。それは言うまでも無いですが)


私は、私とユーザーの繋がりや信頼関係はとても大事だと思うし、大切にしたいと思っています。

ただ、それのみに固執するのは危険だなとも思います。
あまりにも個人を妄信していると、全面的に信頼しすぎていると、いつも自分と同じ意見を言ってくれる存在だと思ってしまいがちです。
なのでふとした事で亀裂が入りやすい。
どういう事かというと、妄信している人が少しでも自分と違う意見を言うと、「どうしてそんな事言うの?こうじゃないの?」ってなりがちだという事です。
ちょっとの意見の相違が、大きく裏切られたような気持ちを起こしてしまいます。

私は、個々のユーザーの繋がりや信頼関係はとても大事ですが、その前には、まず同じ目的を共有する事が必要だと思っています。
ゾイドが好きである事。そしてそのゾイドを追っていきたい。盛り上げたい。
こういった思いの共有です。
この熱い思いを持つユーザーが沢山居る。が、ユーザーの中には当たり前だが個性や好みはある。
そう理解した上で個々のユーザーがつながりあえば、相互に些細な違いをいがみ合わずに認め合っていけると思います。

以前にガルタイガーをレビューした時に、
『ガルタイガーなんて駄作をレビューするよりもっと先にレビューすべき機体があるのでは?優先順位をもっと考えた方がいいのでは?』
というようなメールを頂戴した事がありまして、うーん……ってなった事があります。
これは一例で、こういうことはたまにある。

これは「私とその方」という「個と個」にこだわりすぎたゆえの悲劇と思います。
個と個のつながりを過剰に意識すると、正直動きづらい。
私は常に個々のユーザーの顔色を伺いながら萎縮した更新作業をしなければならないだろう。
ユーザー側も、あまりにも私に気を使いすぎて過剰に肯定すると、それはそれで全く反証意見が出ず裸の王様状態になる。

そうじゃない。
「俺らはゾイドが好きなんだ。盛り上げたいんだ!」
その大きな目的を同じくしている事。その中で色んな個性がある事を知れば、自由に色んな事が気持ち良く発言でき、発展的な事が出来ると思います。
そんなわけで、大きなワクを共有して居る事を再確認し、その上で個々の繋がりを持っていければ良いなと思います。

今、昨日の記事のような話題で沢山の反応があるという事は、理想的な状態に近づきつつあると実感出来るものであります。
Zoids IgnitionというHPを続ける中で、私とユーザーが大きな目標を共有でき、その中で発展的な議論が出来ている。
そのことは改めて大感謝です。
この流れは大きくしていきたいと思っています。なので今後ともよろしくお願い致します。


さて、前置きが凄く長くなったけど本題。公式に対して思うことです。

公式に対して思うのは、先に書いた「同じ目的を共有する事」これが出来ていないんじゃないかなという事。その一点に尽きると思います。

伝わってこないんだ。公式がゾイドを盛り上げようって気持ちがこれっぽっちも伝わってこないんだ。
申し訳ないけど私はそう感じてる。

新シリーズをやる度に世界観を変に改変してしまうのは良くないと思う。
それはゾイドを盛り上げる事が目標というより、公式という立場を利用して自分が感じた世界観を押し付けようとしているおこがましさを強く感じてしまいます。
少なくとも配慮が足りなさ過ぎる。

世界観の改変。以前のものの否定。
いや、創造の前に破壊が必要というのは確かにある。
でも、ならばせめて創造するところまでやれ。
今までのものをぶっ壊し、更なる高いステージに創り直す作業なら肯定もしよう。
だが、壊してその後放置。
それはいかんだろう。

ゾイドリバースセンチュリーの後、実に5年も放置。
ゾイドオリジナルでは5つ出す予定が4つで終わり何のフォローも無し。
HPは展開終了後、放置を開始しはや5ヶ月も更新が無い。
「毎月25日頃更新」という文字が実に悲しい。

新作ゲームが出る。何故真っ先に公式HPで取り上げない・・・。
紹介はいつになるのだろう。

コンセプトアートも5が出ない。
あの半端なエンドでいいのか?

思うのは、ユーザーと思いを共有してくれという事です。
「俺らはゾイドが好きなんだ。盛り上げたいんだ!」
その思いが公式にあるのか?

メーカーだから色んな事情がある事は大いに理解します。
でもこの放置振りは異常だ。

「何よりメーカーが熱い思いを持ってる」そんな状況になる事を切に願います。
しかし今、そうなっていないから大きく嘆くものであります。

そういえば、先日の記事内で、「何だかんだ言って公式で何かしたいという思いはある」と書きました。
ただ、今の公式だと、正直…、公式という言葉に重みがあまり無いというか…、今の状況の公式に認められたところで何の価値があるんだ?と思ってしまうというのがあります。
非常におこがましい事を言っているのは承知していますが。

願わくば、ユーザーに熱い思いが伝わってくるような展開を、瞬発力だけでなく持続力を伴って行う事。
最低限でも保温くらいはする事。
ファンが誰しも公式に認められたい!と強く思うような状況にある事。

今の公式に対し思うこと、望む事はそんな感じです。

今、新しいゲームが発表されました。
まだ公式サイトで取り上げていないとは先に書きました。
しかし過ぎたもんは仕方ない。ここから是非挽回して欲しいです。

なんだかんだで新しい事が起こったとき、それに期待したいという気持ちが強く生まれます。
公式が、熱い気持ちをビシビシ伝えてくれるような事を期待しています。

昨日の記事よりもまとまりがない文章になってしまいましたが、今思っていることはそんな感じです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

あくまで私個人の意見をつらつらと。

いつもありがとうございます。三式様の御活動と情熱には頭が下がる思いであります。

どうしたら良いんでしょうねぇ。今の状況…

私はスピンオフ、外伝、平行世界の設定を増やさず、統一すべきだと思います。そうすればアニメとバトルストーリーで対立する事も無い。統一してしまえば、どちらが正しいかなんて争わずに済みます。パラレル設定は何でも有りになってしまうし、受けなかったら初期化という今の公式の態度を助長している感もあります。

ただ、アニメもバトルストーリーも違うから楽しめるのも有るんですよね。アニメも、バトルストーリーの設定では動かしにくいから独自解釈をしたのでしょうし、一方でアニメみたいに主役はライガーザウラーだけとバトルストーリーはつまらなくなる…

私は幻獣型は陸海空万能過ぎるので否定的ですが、一方で幻獣型ゾイドは既に沢山出ていますし、今更否定は出来ないです。

背負い武装や火器、刀や鋏が万能でそれ自体が強いなら、本体は要らないじゃないか、戦車にでも付けてしまえ、とも思いますが、一方で平成では刀武装が人気だったから連発したとも考えられます。

共和国はキャノピーで無骨な、帝国は重装甲で洗練された意匠で良いじゃないかとも思う反面、平成ではキャノピーが受けなかったからキャノピーが減っていったとも考えられます。

旧式が弱くて最新鋭万歳な所を止め、旧式でも操縦者や改良次第で最新鋭に退けを取らない設定にすれば良い、そうすれば独自解釈で頑張れるし、旧式ゾイドファンも嬉しい、とも思いますが、それなら何の為の最新式だとも思います。だからこそほいほい新型を出さず、熟考して新型を出してほしいんですが…

また、最近は異常な動物愛護団体も増え、創作物相手に喧嘩を吹っ掛けているので、野生動物を改造したというゾイドの設定を大っぴらに動かしにくいのかもしれません。

工場の大部分がある中国とは関係が悪化し、世界情勢の変化から、石油価格も高くなって、人件費も上がる一方だし、プラモデル好きな少年も大分減りました。

ライガー、ザウラーも大人気だったからこそ平成で連発したんだろうし、昭和の人気機種ゴジュラスのファンに対しても、強化デスザウラーとさえ殴り合えるゴジュラスギガを産み、融和を図りました。

色々考えると公式も辛かったと思うし、考えもし、受ける事は続けたと思います。ここまでやって無理なら、もう復帰は不可能なのかも…
ただ、潜在能力は高いと思うんですよね、ゾイド。諦めが早い気もします。
どうにか上手く動かせないものか…

ゾイドはまだやれる!と信じたい反面、もう無理でしょ…と思う自分も居ます。本当にどうしたら良いんでしょうねぇ。


難しいですね…

No title

実は最近ガルタイガーが好きかも・・・と思ったり
なぜかは説明できないですけど
なんででしょね?

ところで公式ですがするかしないかハッキリしてほしいって思ってます

新作ゲームも今ココで知りました

公式さん何か動いて~
とりあえずは公式HP更新から再開してほしいです

【公式にコンタクトをとって欲しいという お問い合わせへの回答】の記事も拝読したのですが、タイミングを逃したのでこちらに一緒に書き込みさせていただきます。

ZOIDS IGNITIONさんの「あくまで個人、一ユーザーの考察」というスタンスとそれを貫くのはやはり、大変素晴らしく思います。熱い想いや反対意見に向き合う姿勢も。

公式…。今現在のタカラトミーの内部事情は私には全く知るよしもないのでなんとも言えないのですが、元々ゾイドに携わっていたスタッフさん達はきっと今もゾイドを愛しているんじゃないかなーとは勝手に信じています。それが上層部には受け入れられないのが組織というか企業の悲しいところのような…。なんにせよ、本家が結局どうしたいのかは確かに伝わってきませんよね。

No title

うーん、個人的に公式は時期が時期だけにゾイドは旧トミーからタカラトミーになってから右肩下がり一方になっちゃったようなイメージがあったりします・・・。

その一方でタカラトミー系のロボット玩具で現在も継続している物と言えば旧タカラサイドから続いているトランスフォーマーシリーズが真っ先に浮かんできます。
実写映画の上映や海外で製作されたTVシリーズのプライムの流れに乗ったりしながら、その一方で海外だけでなく国内でも、アニメや映画をやってない時期でも停滞することなく旧作のキャラのリメイク玩具なんかがしばしば出ているからか、「一体何処で差がついたんだ・・・。」って思ってしまいます。
ただ、トランスフォーマーシリーズも好きだし、海外市場の規模で言えばトランスフォーマーはかなりのものがあるようにも思えるので色々と悩ましい所ですが・・・。
あと、プライムの国内玩具に付いていたアームズマイクロンなんかはジョイント径が5ミリで作りや雰囲気にどことなくブロックスに近いものを感じたときはちょっと複雑な気持ちになりました・・・。

公式側の姿勢や熱意がもっと伝わるようにして欲しいし、ゾイド熱を維持する為に、それこそ機獣新世紀復活前夜や復活直後のような、資料館的なサイトやより充実したコンテンツ(ツイッターなり掲示板なり資料館と被るけどアーカイブの充実だったり)を展開して、ユーザーとの間に持続的な繋がりがあって欲しいですね。


また、個人的に世界観などに関する設定面では、統合するには難しい矛盾が多いなら、緩い繋がりがあるパラレルなり、いっそアニメやマンガ、バトストでまったく異なるパラレルワールドにしてしまってもいいと思います。

例えば、HMMのブレードライガーやジェノザウラーの設定なんかでは「バンやレイヴンがバトストの世界観だったらどういう立ち位置だったか、あるいは、アニメをバトストの世界観に照らし合わせるのならこうなるんではないのか?」と言う点ではちょっと関心するところがあったし、

ちょっと違う気もしますが、GBA用ソフトの「サイバードライブゾイド ~機獣の戦士ヒュウ~」ではゲームオリジナル機が大々的に登場していて、その一方で、確か設定面では物語の舞台は惑星Ziと同じ星系の別の惑星ということになってましたし、

妄想戦記なんかは「あくまで妄想なので実話(正史)かどうかは定かではない」と言うスタンスを取っていましたし。

ウルトラマンや仮面ライダー、先述したトランスフォーマーシリーズなんかはそれこそパラレルワールド設定を導入してシリーズ内の作品間での設定や世界観の違いに説得力を持たせたり、そこから更に世界観を広げたり(原典とは違うパラレルワールドを舞台にしたり、各々の世界の間の壁が何かを切っ掛けに崩されて世界の垣根を越えたクロスオーバーをしたり)しましたし、
ゾイドでも、ゾイドサーガシリーズは時空転移装置や時空に生じた歪みなどを利用して過去や未来に渡ることで、ある意味それに近いことをしているし・・・。

ともあれ、ゾイドがいつかまた大々的に復活する為に、充電期間中にもその熱が冷めないように、公式側もユーザー側も頑張っていってほしいです。
長文失礼しました。

No title

日本に限っていえば、ゾイドはガンダムに続くロボットもの2番手の地位を取れるコンテンツだと思うので.、公式のやる気のなさはもったいなく思います。トランスフォーマーの方が世界的な商売の分重視するのはわかるんですが、ゾイドも忘れないで欲しいです。

No title

とりとめがありませんが……。

自分は正直、昔のバトスト万歳派なので(笑)、まあ、色々言うのもなんなんですが(ちなみに、学年誌は親に買ってもらえなかった口)、やはりトミーには期待するんですね。でも、バトストの世界と混同しつつ(苦笑)アニメはとても楽しく見ましたし、ネットでのいがみ合いはタイムリーには全然知りませんでしたし、リバースセンチュリーやゾイドグラフィックスなどもとても楽しみました(今年のだけ楽しめませんでしたが、主な理由は「値段」です。まあ、これは仕方ない)。「末期ゾイド」と悪口を言われる人気のないガル・タイガー等のゾイドにも特に疑問も抱かず(苦笑)楽しみましたし(彼らの出てくるジオラマがとても素晴らしかったのは大きいと思います)、今でもガル・タイガーもゴッド・カイザーもバトル・クーガーも大好きです。まあ、このように、能天気な、幸せなゾイド人生を歩んだほうだと思います。

子供のころにバトストの素晴らしさを刷り込まれたもので、やはりトミーに期待する気持ちがあるのですが、まあこれほど「やりっぱなし」状態が続き、話も設定もバラバラになってしまうと、「公式」に事態を収拾するのはなかなか難しいのではないかという悲観的な気持ちにもなります。
とすると、別の道もないのかな、と思ったりもします。

「公式」に期待するのは、ある意味、トップダウン的なものに対する期待だと思います。「上」に設定や物語を決めてもらって、我々はその受益者でありたい。それはそれでよいでしょう。
その一方で、ボトムアップ型のアプローチもあると思います。それがどのような形かわかりませんが、もしかすると、三式さんやほかの方がご自分のホームページ等で「独自に」行っている分析や解説、ゾイド世界の再構成などと、それを見て大変楽しませていただいている我々というのは、そういうボトムアップ式の楽しみ方をできているのかな、という気もします。

なんやかんや言っても、我々結構自分なりにゾイドを楽しんでいると思います。親がダメだと子は自分で努力します。公式がへたっているとファンは自分でがんばります。

意見がまとまっていませんが、そんなのもあるかな、と思いました。ゾイドが今後生き残るための商業戦略とかまじめな問題はありますが、それはともかく、純粋に「楽しむ」という観点から言えば、我々ファンを含め、ゾイドはそれなりにがんばっていると言える気がします(ていうかそう言いたい)。

No title

ゾイドで大切な事が「正史」なのか「キット」なのか判らなくなって来ました(涙)

バトストの矛盾も次々に生み出されて来た歪な「正史」も、
自分で作って動くプラモの魅力には適わないハズなんです。

俺達が小学生の頃、バトストよりも単純に格好良い機体に魅了されて、
安くないプラモをどうやって買って貰うかに尽力してたじゃないですか。

いつの間にやらキット以外の事で頭が一杯になって、
設定や世界観やストーリーの矛盾ばかり気になってた。


こんなんゾイド違う。


今の公式が良くないのは『格好良いゾイドが作れなくなった』だけだと思う。

大人の事情とかそんなの以前の問題じゃないでしょうか?
TFは外国の方が格好良くしてくれたからタカトミは助かった。

だって、映画になる前のTFは今のゾイド以上に衰退していた。
それが映画で大きく姿を変え、昔のファンを置き去りにしながらも
それ以上のファンを獲得して、尚且つ旧TFを再販で補って成功した。

今からゾイドが盛り返すには、良い見本が既にあると思う。
ゾイドを格好良く『変化』させる事が出来ればきっと…と思う。

もし、そうなれば、今の混沌は良い意味の免疫を作ってくれている。
もう俺達、ちょっとぐらいおかしな世界観を持って来られても大丈夫なハズw


今回、新しいゲームが発表されて少し盛り返すかとも思いますが、
『ゾイドはキットが本筋』。

いつか、大きく変化したゾイド達を映画で見たい。
そこで出て来るゾイドを組んで動かしてみたいと感じました。

ふと、そう思っただけなのに…
…長々と纏まりのない文章になってしまい申し訳ないです(汗)

No title

>かかしさん
部分や個を議論せず全体を俯瞰で見通した議論が必要であると思います。
そうすると全体としての方向性や決まり事が出来、おのずと逸脱しないようなものが出来ると思います。
今の公式はこれが無いので好き勝手やって失敗している気がします。

>TRTRさん
ちなみに、ぶっちゃけるとガルタイガーはそこまで好きではないですよ。
見るべきところはあると思いますが総合的に言えば厳しい評価は免れない機体だと思うし、サーベルと比べると雲泥の差です。
ですが機体の好みでレビューするなと言うのはミニマムな所にこだわり過ぎていると思うので、もっと広い視点が必要だと思います。
我らはゾイドを盛り上げたい意思を共有している、と。
その上でガルタイガーを取り上げる事が不満だというならいいんですが、紹介したものに関しては「貴方は物が分かるゾイダーだと思っていたのにガルタイガーなんて駄作を取り上げるなんて裏切られた気持ちだ」というようにおっしゃられていたので悲しくなったのです。

公式はやり方がとにかくヘタというか・・・。
盛り上げる姿勢をみせて欲しいですね。

>クロテツさん
愛しているでしょうね。確かだと思います。
そうでなければ初代スタッフが今更トミーに戻ってきたりはしないでしょうし。
それを受け入れ最大限に活かす土壌がトミー社内に無いと思うのであります。
会社故に色々あるとは思いますが、もうちょっとしっかりして欲しいなぁというのは正直な所です。

>ラウルさん
まぁ、トミーがタカラトミーになって、続ける予定だったLBゾイドが打ち切られたという噂もあったりして。
合併は良い部分もあり悪い部分もあり。
ゾイドに関してはけっこう悪いあおりを受けた部分は否定しがたいですね。
とはいえ嘆いても仕方ないので精いっぱいやってほしいものです。
いったん始めたらケツはふいてほしいです。
でないと悲しすぎます。

>たけのこさん
一時期は二番手につけていましたね。
昭和の黄金期と平成のアニメ期は間違いなくそうであったと思います。
その後の持続がヘタだったなーと思います。特に平成は。
活かして欲しいですね。本当。
向こうが超絶上手い売り方をしているんじゃなくて、こっちがヘタだから・・・と思えるのが辛いです。

>す さん
なんだかんだでトミーには期待してしまいますよね。
あれだけのものを過去に魅せてくれたし、それで育って色んなものを得た。
だから応援したい。
でも今の現状は・・・。

ユーザーがゾイドを楽しむ事に関して貢献できているのは嬉しい事です。
特にディープな方に向けて刺激は与えられているかなという自負もあります。
過去のコンテンツを掘り起こすのは楽しいです。
ですがやっぱり今の現状は悲しい、、、です。

>No Nameさん
個人的には世界観も重要だと思います。
世界観が土台となり魅力あるものが生まれると思うのであります。

クリエイターには二種類のタイプが居まして、一つは制約が無い方が上手くいくタイプ。
もう一つは制約があった方が上手くいくタイプです。
日本人は特に後者である事が多いです。

例えば、何も無しの状態で「カッコいいのを作ってみな」と言われた方が上手くいくタイプと、
「実在する戦車のディティールを参考に。関節にはキャップを配置する。動力を配置するからこの部分はこの形状で・・・」というような枷が付いた方がかえって仕上げやすいタイプです。

前者は強烈な実力が無いと上手くいきにくいのと、最高のワンオフを生むのに適していると思います。
対し後者はクオリティーの統一を図りやすくシリーズに適していると思います。
世界観はデザイン上の枷となり、結果的に統一という良いデザインを生みやすいと思います。

つまり世界観を共有する事がデザインの一歩だとも思います。
回りくどいですが。
世界観が強烈に崩壊していると思えます。

その世界観に則り、その枷の中で生まれる統一感や、その枷の中でさえ放てる個性の確認。
それらをまずやってほしいなぁと思います。

とまあ思いましたが、この事は後日またまとめたいと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント