超巨大電子戦用機械獣

レビューを更新しました。
ゴルドスです。

こちら。どぞー。

ゴルドスは旧レイアウトのHP時にはレビュー出来ていなかった機体で、今回のレビューが完全新規になります。
今までのものは(新規に近い形で作り直していたとはいえ)復旧が主だったので、久々に新規のレビューが出来てほっとしています。

素晴らしいゾイドです。
地味なので機獣新世紀時にはあまり人気が出なかった…んですが、今後もゾイド界には必須と言って良い機体だと思います。
なので堂々と居座り続けてほしいと願うばかり。

なんでこんないいゾイドを後に回してしまっていたかと言えば、その画像処理の大変さですね...。
ビガザウロ級のゾイドはどれも造形が複雑で大変なんですが、ゴルドスは特にしんどかった。
もう、細かい凹凸は多いわ背びれに抜きはあるわ。
そのたびに造形の素晴らしさを再確認する一方、画像処理的にはタブレットを持つ腕が痛くなりました。
今のレビューのコンセプトの一つが、出来るだけ多くの画像を使用して造形の素晴らしさをアピールする!なので、枚数が多いので余計にしんどかった。
しかし出来てよかったです。

そして、まだまだ頑張りたいです。
ゾイドマンモスも旧レイアウト時にはレビュー出来ていなかった機体。
なのでゾイドマンモスと…、あと母体である所のビガザウロ(こっちは復旧)も急ぎたいところです。

ゾイドマンモスのレビューでは、戦歴がかなり不明な機体なので、その辺を開設できればといいなと思っています。
ゴルドスのレビューでもちらっと書いていますが、意外な事に輸送用の扱いがけっこう多かったゾイドです。
おっと、この辺の続きはゾイドマンモスのレビュー時に。


んー、でも次は画像処理が楽そうなゾイドにしたいな…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

動く電子要塞さん

素敵です。いつも大変な作業お疲れ様です。

ゴルドスは無くてはならない機体ですよ。こういった機体が居るからこそ戦術に幅も広がり、戦線が維持出来るもの。

アニメでは最初の重要なお話に登場しましたし、アーバインに認められた機体でしたし。

ただ、公式設定で純粋な格闘能力は低いとされたので、やられ役を任される事も多く、また電子戦用という堅実ながら地味な戦術ですから描写しにくかったんでしょうね。子供というのはアニメで大活躍した機体に魅力を感じるものですから。

こういった機体こそ必要不可欠であり、花形の高速ゾイドも戦術の一つにすぎない事を分かりやすく描写出来ればまた違ったかもしれません。

地味だからこそ、裏方だからこそ、それが魅力的でもあるんですけど…

No title

レビュー拝見しました。
私もゴルドスは大好きなゾイドです。
ただ、新世紀ではゴジュラスと価格が同じというのがつらいですね。
同じ価格ならゴジュラスを選ぶ人が多いと思います。私もまずはゴジュラスを買いました。
ストーリ中での扱いの差もありますが、キットも目の発光があるゴジュラスの方が豪華に見えます。
ステゴサウルス型なのでモチーフ面では人気はあるはずですが、価格のせいでゴジュラスが競争相手になってしまったのが不幸だと思います。

No title

ゴルドスは好きな電子戦ゾイドなんですが、未だに手に入れてないゾイドの内の一体・・・。(あの頃の自分に3000円はキツかった・・・。)

バトストではバリゲーター同様、やられる事が多いですが、裏方でこそ本領を発揮するゾイドなだけにその活躍を想像するのは楽しいです。

また、PSゾイドシリーズだとバリゲーター同様、バトストでの鬱憤を晴らさんばかりの強ユニットになっていた印象があります。

武器の命中率はいいし、射程も長いし、
特にPSゾイド2では電子戦ゾイドらしくレーダー系の装備も追加されたので索敵役として敵のステルス機の探索やマップ上のお宝探しにも大活躍だし、
高速レールガンはその名の通り行動速度がメチャクチャ速いし、
改造すればゴジュラスMk-2の武器がどんどん追加されるから更に火力も倍増するしで、かなり優秀な砲戦ゾイドとして大活躍した思い出があります。

まあ、移動力が低くて鈍足なのがちょっと悩みの種なんですが。w

ところで、一つ気になっていることがあるんですが、
PSゾイド2などのゲーム作品では、ゴルドスにゴジュラスMk-2限定型の装備一式を装備した強化形態の名前が「シャイアン」になるんですが、
この名前って何か元ネタがあるんでしょうか・・・?

長文失礼しました。

初めまして、初コメントです。

初コメント失礼します。

メカ生体版カラーをよく見たのは初めてで思ったんですが、渋くて滅茶苦茶カッコいい!!ですね!
新世紀版から入って、アニメ初期に登場した白いゴルドス以外はやられ役だったり、FBでも活躍してなかったり、戦闘用の武器が目立たなかったりで、正直、少年の頃は勿体ないことに魅力に気付けませんでした。ディメトロドンやゴルヘックスはバトストEXで感動してすぐ好きになったので、そう想うと妄想戦記のキャノニアーゴルドスのエピソードが企画ごと頓挫したのは本当に悔やまれます(><)
もし本家が復活するなら、バトストEXみたいにゴルドスが主役で活躍する話が読みたいです。
敵に接近されても迎撃できるようにゴジュラスキャノン以外にも重火器積んでもカッコ良さそうです。ガトリングやミサイルランチャーなんか似合いそう(^^)

長文失礼しました。
レビュー、お疲れ様でございました!
ではでは。

No title

>かかしさん
ゲーターともども、頑張ってほしいですね。

戦闘力が低いのは妥当でしょう。むしろこれが強かったら無理やりすぎると思います。
ゴルドスは基本は安全圏にて自軍の支援をする機体なので、攻撃される事がそもそも想定外の機体なんでしょうね。
バトスト1には「火力支援として戦闘に参加する事もあった」という表現がありますが、この一文こそが、基本は戦闘に参加しないゾイドである事を物語っています。

主にゴルドスを倒すのはコングやヘルキャットですが、彼らは単独で敵地奥深くまで入り込める奇襲のエキスパートです。
それゆえに…でしょうね。

しかし活躍させて欲しいのは確か。
EXのような冊子に期待したい所です。

>ボスイヌさん
昔はゴジュラスの方が800円高かったんですけどねー。新世紀では同じ値段になっちゃいました。
なのでゴジュラスに購入が流れたのは仕方なかったのかなー…と思いますね。
ギミックはゴジュラスの圧勝ですね。
目の発光もそうなんですが、二足歩行なので全高が高い。それが威圧的で、実際のギミック以上の効果を出していると思います。

ステゴサウルスは古くから有名で人気のある、3大草食恐竜だと思っています。
(トリケラトプス、ブラキオサウルス、ステゴサウルス)
人気があるのは確かなので、今後また売れるような戦略を練った上で再販されてほしいですね。

>ラウルさん
再販一期組としては最高価格帯でしたからね。
なかなか価格がネックになり売れなかった側面は否定しがたい…。

シャイアンはメカ生体時代にそういう愛称が付いていました。
同様に、キャノン砲を装備したサラマンダーはマーキュリーの愛称がありました。
バトストには未掲載なんですが、ゴジュラス9バリエーションなんかにも愛称があります。
いずれ紹介できればと思います。

「シャイアン」という名前は、当時は戦争をモチーフにした映画やゲームのタイトルになっている事がけっこうありました。
なので、ミリタリーっぽい雰囲気でつけられていると思われます。

>クロテツさん
はじめましてー!
よろしくお願いします。

新世紀の緑もいいですが、メカ生体版の黒も渋カッコイイですよね。
クリアパーツを除けば一切の色味がないなんて、全ゾイド中でもゴルドスだけです。
それがいい!

子供の頃はなかなか気付けない部分も多い機体ですが、じっくり見返すとどんどん惹き込まれますね。
そういった脇を固めるゾイドがどんどん増えてほしいです。

ゴルドスは脚部の貧弱さから、あまり大口径砲を搭載しすぎては行動できないようなイメージがあります。
安定して撃つ分には105mm高速キャノン砲が限界っぽい気がしてしまいます。
ですが、対空用に小型火器を満載した状態…とかであれば凄く似合うと思います。

次回もお楽しみにー!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント