カノントータスをちょっと語る

先日、カノントータスの線画を描きました。


で、カノントータスですが、メカ生体版の箱裏にはバリエーションとしてこんなのが載ってる。


せっかくだから作ってみる。



…砲身の先に赤いラインが入っているのが好きなので勝手に入れた。
(このライン表現が好きな方って居ます?)

サイドスカートは大戦中のドイツ戦車っぽい感じがする。
「短身砲では威力が低いので口径は劣るが初速の速い長身砲に換装した」というのは旧日本軍の97式中戦車チハを髣髴とさせる。
おそらく両方がモチーフなんだろうなあと思います。

こういう風に史実がモチーフになっているものは実に面白い。
しかも、色んな所からモチーフを集め、それを「ゾイドとして」落とし込んでいるのは凄く魅力的。
割と重要なのは「参考にする」といっても、そのまま流用しているのではなく、一度ゾイドとしてどうなのかを咀嚼している所だと思います。

ところで初めてこのバリエーションを見たとき、こんな事を思った。
記載されている「従来の短砲身では対機械獣戦には威力がない為、初速の大きい長砲身に換装されたタイプ」であるが、
これを見て、マジか! ってなった。

バトスト3巻でイグアンをぶっ飛ばしているように、ノーマルタイプでも十二分の威力があるんじゃないのか…。
今回これをちょっと考えてみたい。

このカノントータスであるが、
●長砲身タイプは対ゾイド戦を目的としている。言い換えればノーマルタイプは対ゾイド戦には向かない。
●しかし後のバトストを見る限り、長砲身タイプが量産された気配は無い。
●それどころかノーマルタイプが対ゾイド戦において大きな戦果を挙げている。

この辺から察するに、多分、カノントータスには初期型と後期型があるんじゃないだろうか。
以下、妄想仮説。

初期型の砲は、説明にもあるように「対ゾイド戦では威力がない」ものであった。
カノントータスの突撃砲は臼砲であり、砲口は大きいが砲身は短い。初速も遅いし射程も短い。
確かに砲弾は大きく炸薬量は凄まじい。命中した時の威力は絶大で、要塞やトーチカを一撃で粉砕する。
だが止まった目標を撃つ事は良いが、対ゾイド戦においてはなかなか効果を発揮しなかった。
機敏に動くゾイドを狙っても当たらないのである。
残念ながらそもそも当たらないのであれば、「対ゾイド戦では威力がない」と言わざるを得ない。

そこで、砲口は小さくとも砲身を長くしたタイプが試作された。
長砲身だから初速が速く、射程も大幅に伸びた。これにより命中率は格段の上昇を得た。
砲弾は小さくなり炸薬量は減ったが、初速が速い=貫通力が強い為、命中時に敵ゾイドを破壊する分には充分なものであった。
また砲弾が小さいので、携帯弾数が増加したのもメリットであった。
理想的な強化を果たした長砲身タイプは、初期型に代わり生産の主力になるかと思われた…。

だがここで新しい技術が投入される。
「従来の短砲身であっても、砲弾を改造すれば良いのではないか」
すなわち砲弾をロケット弾にし、砲弾自身に推力を持たせれば良い(ロケット化できるのは大口径砲ならではである)。

このタイプも試作される。
長砲身タイプと比べると、砲弾をロケット化した事により、初速・射程距離共に遜色ない仕上がりになった。
ここへきて、短砲身のままでも命中弾を得られるようになったのである。
威力は炸薬の量が桁違いなので、比べるべくもない。
弾丸をロケット化した事で、短砲身タイプのカノントータスも、対ゾイド戦で充分以上の威力を持つようになった。


比較検討のうえ、結局は砲弾をロケット化した短砲身タイプが生産の主力となったのであった。
長砲身タイプが敗北したのは以下の理由である。

●初速・射程は同程度であるが、破壊力で長砲身タイプは劣る。
大質量の砲弾の方が炸薬量が多い。当然、従来の要塞やトーチカへの攻撃力も有しているし、対大型ゾイド戦をも視野に入れられるのだ。
一機で様々な任務を複合的にこなせるタイプを生産したほうが様々な観点から良いと判断された。
●唯一、携帯弾数の少なさだけは問題であったが、これは同時期に給弾車仕様の機体が完成した事で解決を得た。

こうして後期型のカノントータスは、初期型とほぼ同じ外観ながら、砲の有効性を一新したものとして登場した。
アルメーヘンの橋争奪戦(国境の橋争奪戦)におけるカノントータスも、後期型である。

・・・とまあつらつら考えてみましたが、こういう風に考えたりするのが凄く楽しい。

もう少しだけ肉付けすると、ゾイドバトルストーリーには1巻と3巻に戦力比較表が付いている。
で、カノントータスのところを見よう。

1巻。
ハンマーロック、ヘルキャット、イグアン、サイカーチス、シュトルヒに対して「負け」になってる。
カノントータス弱いな…。

しかし3巻。
ハンマーロックとイグアンに対しては「勝ち」に変わっている。
ヘルキャット、サイカーチス、シュトルヒには相変わらず負けのままだが。
これはやはり何らかの変化があった筈だ。
改良が加えられたのだろう。
カノントータスは亀だから機動力を上げるのは厳しいだろうから、多分、砲の方が変化したと見るべきだろう。

戦力比較表の変化に、
●機体説明の「対ゾイド戦では威力がない」の表記
●長砲身タイプの存在。しかし量産はされていない模様。
●戦場にはその後も短砲身のタイプが登場し活躍している。
の要素をからめて導いたものでもあります。

それにしても対空砲も対空レーダーもあるのに、シュトルヒはおろかサイカーチスすら落とせんのか・・・。
レーダーの方はアップデートされなかったようですねえ。
あるいは、対空砲は旋回できないのが痛かったのかもしれない。

もう一つ補足。
上の妄想に「給弾車仕様」なるものを出していますが、こちらも箱裏バリエーションに載っている・・・、


こいつを参考にしています。
こっちの方も線画を作りたい!
が、こっちの仕様は構造をイマイチ理解できていないので難しい。
これ、どこに弾が積んであってどういう原理で補給してるんだ・・・?
あと、細かいけどレール上の「○」は穴であり抜きにすべきじゃないだろうか。
難しい。
この辺の問題をクリアしたら描きたいです。

いつかバリエーションも含めて全て線画にしたいなあと思ってたりします。
壮大すぎる目標ですが。
文章ももっとまとめたい。そしていつかそれを本にしたいとも思う。
時間はかかっても成し遂げたいです。とにかく、妄想をどんどん書いていきたいなーと思っています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

機体の強化改良についての意見

カノントータスの線画、かっこいいです。

非常に興味深く、素晴らしい考察です。勉強になります。

全ての機体は強化改良されていったと考えられるので、大変に説得力があります。加えてカノントータスは好きなゾイドなので、強化されているとすれば嬉しいです。こういった火器は、技術力が上がれば威力も顕著に上がりそうです。カノントータスの最大の売りは火力ですからね。

話はそれますが、格闘力等はどうなんでしょうね。

最高速度はブースターの強化や装甲の軽量化である程度改善されますが、やはり力や闘争心は強化しにくいのでしょうか。オーガノイドシステムで戦争が起こった事を考えると、さすがに格闘力を強化するのはオーガノイドシステムだけだったのでしょうか。

例えば、新旧とも強襲部隊の主力だったとされるゴジュラスですが、長きにわたって主力とされたからには理由が有りそうです。少なくとも火器の威力は上がり、装甲の強化と軽量化で頑丈さと運動性は上がっているみたいですが…
某所では、惑星大異変で凄まじい環境にさらされて生き残ったゴジュラスはゾイドコアの出力が上がって強くなった、と考えていらっしゃる方がおられました。

勿論、ゴジュラスだけでなく、生き延びた全てのゾイドがそうだったとするなら尚嬉しいです。これは公式の設定ではありませんが、ゾイドは生き物ですから、こういった想像が出来るのは強みだと思います。

兵器であると同時に動物でもあるというのは本当に上手い設定だと思います。

長文失礼いたしました。

No title

線画、チョー細かい!
いいですね。

イグアンぶっとばしてるシーンは、配置的には2体で十字砲火してるようにも見えますね。
空飛べない機体にL字は辛そうです。これなら仮に初期型だとしても何とか。。。?

No title

うーむすごいですね…こういうのできる人尊敬します。
そしてまさかの給弾車仕様!邪神復活で多分最強のスタミナ回復能力を持っていたやつですな…こんなやつだったんですね(GBのドットでしか見たことないので…だいたい同じなのでドット職人頑張ったんだなぁ)
名前がサプリトータスとかいう名前がついていましたが、これはゲームオリジナルの名称なんでしょうか?
そう考えるとあのゲームそんな奴ばっかりな気が…

No title

今回もまた面白い考察ですね。

機体の改良や近代化改修は常に行なわれてそうだし、こう言った改修がされた可能性も十分にありえそうです。

長砲身の砲と言うと、アニメ無印には2体のカノントータスに大型のキャノン砲を連結したような改造機も出てきましたね。

対空戦と言うと、メカ生体時代のバトストには3巻の帝国山岳基地を巡る戦いで高射砲装備のカノントータスが補給物資などを載せたサイカーチスを撃墜しているシーンもありましたが、あれはそれ用に改造した機体だし、天候や相手の状態もあってこそだろうしなあ・・・。

ふと思ったのですが、HMMの旋回砲塔仕様のカノントータスって、ひょっとしたら主砲の旋回だけでなく、対空性能の強化なども視野に入れたバリエーションって言う風に考えられそうかも・・・。

給弾車仕様も面白いですね。
個人的に給弾レールはベルトコンベア的なもので丸いのはローラー的なものなんじゃないかと考えたりもしたんですが、可能性はあるのだろうか・・・?

あと、どこから弾を装填するんだろう?
キットだと丸ごとガバって開く後ろの部分からだろうか・・・?
個人的に2つ並んでいるダクトよりも上の部分が開いてそこが給弾用のスペースなっているんじゃないかと考えたりしてみました。

No title

>かかしさん
箱裏バリエは魅力的なものばかりですので、できれば増やしたいです。
マニアックなものも多く、凄く貴重で魅力的なものです。
公式が全部公開してくれればいいんですが・・・。
というか昔はしてくれてたんですけどね。何故か削除されているという。

カノントータスの格闘は最低レベルでしょうね。
いくら堅牢な防御力があると言ってもひっくり返されたりしたら終わりです。
近接された場合はもう、ひたすら耐える事のみがカノントータスに出来る事なんでしょうね。

格闘力は、当初はゴジュラスはノロマメカとして完成したが地球由来の技術を導入して機敏さを得たという実績があるので、内部的なシステムを洗練させることで駆動機関がスムーズになり、結果としてUPするというのは大いにあると思います。
また当初は純粋な野生体だったものが次第に量産=クローンや家畜化される事により闘争力の劣った個体になる=弱体化
あるいは、より強い個体を増やす政策により全体のレベルが上がる=強化
いずれの想像もできて研究し甲斐があります。

>NoNameさん
橋の上で実質ほとんど動けないイグアンに対して砲撃ですからね。
初期型でも十分いけそうです。
この考察では都合上、後期型として考えています。バトスト3の時点でイグアンに「勝ち」となっているので。

>ななしさん
GBにはほぼすべてのバリエーションが出てきますからね。
驚異のマニアックゲームでした。
名称はGBオリジナルで、メカ生体版では単に〇〇仕様というような名前のみでしたね。
GBでは名称にも字数制限があったり感じが使えない制約があったので名称を設定したんでしょうね。

>ラウルさん
アニメのはゴジュラスが間に合わないから急遽2期のカノントータスで代用してた感じですね。
あれはいい感じに燃えました。

バトスト3の対空カノントータスですが、ノーマルの時点で対空火器および対空レーダーがある機体なのにああいった改造機が登場している辺り、カノントータスの対空性能の根本的劣が伺えてしまいます。
HMMのは旋回できるので対空性能は上がってそうですね。
ただ主砲を側面に打つとひっくり返りそうなので旋回できることに対しては懐疑的ですが。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント