あろざうらあ

レビュー更新しました。
アロザウラー! 


こちら
どぞー。

個人的な思い出ですが、漫画版の機獣新世紀ゾイドで初期の頃に一コマだけ出てきて(神父さんがゾイドとは と説明するシーン)。
この事があったので、早々に復帰するものと信じて疑わなかった。
再販は遅かったよ…。そして色が残念だった。

今回のレビューはメカ生体版です。
当時持っていたんですが手放してしまい、そして最近になって遂に再び手に入れる事が出来たのでレビュー出来ました。

アロザウラー、ゴルヘックス、レイノスあたりは旧カラーの需要が強いと思うので、ゾイドグラフィックスで再販しても良かったんじゃないかなーと思ったりもしています。

さてさてアロザウラーですが、デザインもさることながらゴジュラスゆずりの戦闘スタイルもいかにもゾイドらしくて大好きです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

いつも素晴らしいレビューをありがとうございます。感謝感激でございます!

アロザウラー来ましたか…!!
中型ではコマンドウルフと並んで最も好きな機種です。
全てのゾイドを含めてもゴジュラスやゴジュラスギガに匹敵する最も大好きな機体です。
共和国らしいキャノピー製操縦席も良いし、火器が少なめで格闘重視なのも肉食恐竜型らしくて素敵です。滑らかな背中と精密な彫りが入った腹側の意匠の対比が素晴らしいのは私も全面同意ですよ!
色も初期の機体は渋くて素晴らしい。
平成世代ですが、当時再販された青磁色の機体は可愛すぎる色だと思ったものです。個人的な意見ですが、アロザウラーは初期の色の方が好きですね。


レビューを拝見いたしましたが、本当に愛が伝わってきます。
火炎放射器の位置が口と前足と二通りあると書かれていらっしゃいましたが、少なくとも平成版を買った自分は、前足爪の間と記憶しておりました。いや〜勉強になります。口の中に火炎放射器があるとしたらデスザウラーを意識したんでしょうね。
自分は火炎放射器は前有りの爪の間にあるものだと思っていたので、爪で相手の装甲を傷付けつつ、爪の火炎放射器で内部機構を焼き切る妄想をよくしておりました。

アロザウラーはデスザウラーキラーのゾイドなんですね。
平成アロザウラーの付属バトルストーリーではギガを守り、デスザウラーに深手を追わせています。しかもこの時は無改造だったはずで、捨て身の攻撃で弱点を突いています。更に言えばこの攻撃時に火炎放射器と2連ビーム砲を使ったので、案外威力は口径に見合わずそこそこの威力を持っているのかもしれません。
(至近距離で弱点に集中砲火したという条件付きですが…)

派手な火器を搭載していないのも、それを必要としないほど格闘が強い事の現れですし、けれども兵器として説得力を持たせる程度に火器が付いているのが本当に秀逸です。(後年の相棒のゴジュラスギガもこのような控えめな火器を付ければまた評価は変わってきたのかもしれませんね。)

中型では量産性、機動性、格闘性能がそろい、共和国の信頼もさぞ厚かったでしょう。何より、見た目がかっこ良くゾイドらしい。極めつけはバトルストーリーで活躍している点です。全く文句の付け用が無い。

このゾイドには自分のゾイドの理想像です。
絶滅寸前から保護され最配備された事実もそれを物語っています。様々な可能性を秘めた本当に優秀なゾイドだと思います。

大好きですよ!

なんだか長々と語っちゃってましたね。失礼いたしました。

No title

メカ生体版のカラーが一番良いですね。
機獣新世紀版は、なぜあの色なのか?
でも再販は素直に嬉しかった

No title

確かに設定上のポジションは小型(中型?)ゴジュラスですが
1000円クラスとは思えないあの複雑な脚の構造や
シルエットはデスザウラーのそれに近い感じがします。
(ネットで見たデスザウラー風にアレンジされた改造作品が
違和感無かった、というのもあるんですが…)
少し触れられていたブラキオスの首もウルトラを簡略化したもののようですし
電動、ゼンマイの垣根を越えて敵対勢力のキットに構造が逆輸入されている
と考えるとちょっと面白いですね。

平成版は色のせいで不人気なイメージが付きまとってるんですが
もう少し配色にギガの随伴機って設定が反映されてればと……
初めて買ったゾイドゲームの主人公機だったので
結構思い入れは強かったりします。

No title

アロザウラーの歩行と連動ギミックは本当に素晴らしいです!

Hiゼンマイであれだけの動きをすると言うのは動かしてみると本当に感動します。

バトストの戦歴も本当に勇ましいです。

その一方で、個人的にジョイントが少なめなので武器の付け替え遊びと言う点では少々物足りなさがあります・・・。

ただ、このシンプルさがまた魅力的なゾイドでもあると思います。

個人的に、カラーリングはPSゾイド2でのカラーリングがお気に入りです。

No title

>かかしさん
アロザウラーは大好きな機体で、文中にも書いている通りスタンダードな一機だと思っています。
なのでレビューできてほっとしています。

アロザウラーとゴルヘックス。あの時期に再販されたゾイドは色が批判されがちですね。
帝国のディメトロドンやシュトルヒは保守的に落ち着いていたんですが。
色を変えているのもアレですが、もともと同じ色だったものを二色に分けるのは勘弁して欲しかったです。
モルガのような成功例もありますが、ほとんどは失敗していると思います。

火炎放射器は、PSのメカ生体の遺伝子では口からの方を採用していますね。
記載上、「(×2)」が書かれていないので、火炎放射器は一基のみで口というのが正しいのかなあと思っていたりします。

デスザウラーキラーというのは確かに。
格下の機体が格上の機体に立ち回るのは燃えますね!

>ぬりさん
色々と半端なカラーだった印象です。
ゾイグラで完全復刻して欲しかったですね・・・!

>ミルキーさん
ギミックに関しては後のデッドボーダーと同じものを有していますね。
本当、このクラスにしてあの出来は最高です。

デスザウラーやウルトラザウルス。
当時の最高ランク価格帯のゾイドの動きを「電動だから出来るもの」とせず、積極的にゼンマイでも再現しようとした姿勢は絶賛すべきものです。
新世紀以降は「改造パーツを付けたら動きません」なものが発売されたりもしましたが、いまいちど熱いゼンマイを見せてほしいですね。
ヴァルガはそういった意味で本当良かったと思います。
惜しいのは続かなかった事ですねえ・・・。

>ラウルさん
Hiゼンマイなので安定して動くのも嬉しいですね。
ジョイントは尾部に集中していますね。
後方警戒出来るように改造する分にはいいんですが、前方に向けた火力を増やすのはチト厳しいですね。
腕辺りにポイントがあるといいかな…。
確かにそこは惜しいです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント