帝国共通コックピット

コラム更新しました。
帝国小型ゾイド頭部に付いてあれこれ。


こちら

140429b.jpg
クリックで拡大

こういう好札が出来たのが楽しかったです。
テクノロジーの進化が想像できるというか。秀逸です。

改めて共通コックピット。楽しいものです。
新型を望みたいです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

共通コクピットの使い方には当時感心してました。
追加パーツや見せ方でここまでイメージが変わる。
匠の技を見せられたような気がしてヘルキャットやハンマーロックのような工夫ある機体は一発で気に入りました。
ああいう工夫は誰にでも思いつけるものではありません。
それだけに新世紀ゾイドの小型共にはこういう点では少し残念でしたが・・・

確かに帝国軍は共通コックピットの流用と少ない追加パーツで違いを出すのが
うまいですね。
共和国の共通コックピットが帝国に比べて少ない迷走気味な理由なんですが
共和国は格闘重視なので少しでも攻撃手段を増やすために口・牙を付けたために共通コックピット
が廃れたのかもしれません。
対して帝国は射撃戦を重視したので口や牙を付ける必要性が低いので共通コックピットが使われ
続けたのと思います。

以前レビューでドスゴドスの口は格闘戦に向いてないと書かれてましたが、
それを見て思ったのが、あの口はゾイドの食事用で武器としては二の次なんだと、考えてしまいました。
その説を元に描いたのがpixivに上げた帝国軍新共通コックピットです(苦笑)

No title

普段、ヒコーキを見ていると、ブロックとして一体化されてても現場の使い勝手はどうかねえ?と思ってしまうのは捻くれ?
外見で差異はあっても中身とかが問題。
米軍のDC-3とシャーマンが好例。(シャーマンはガルバンの戦車講座でも)

それはさておき、現在ウルトラの再生で、背部甲板をどうまとめるか思案中。
甲板の円盤部や、アタックゾイドもあるので、なるたけ使いたいけど、まとめ方が…

あ、先日古書で手に入れた『ブルーワールド新装版(星野之亘)』で飢えたブラキオがコンピーを喰らう場面が。私が書いたライジャーに噛み付くウルトラそのものですよ! 見て下さい!

(あの、「雪中行軍」ブログからでしか見られないんですが…)

No title

共通コクピットは本当に素晴らしいですし、この考察も大変興味深いです!

帝国共通コクピットはデザインもそうですが開けるとクリアパーツがコンソールみたいになっている所や追加パーツで大化けするところも大好きなところです。

あと、口が無い代わりなのか、バトストでやられてるシーンとかでは大抵コクピットを開けて口を開けたようにしていたりしますが、あれって、パイロットは大丈夫なんだろうか・・・?

No title

>EZさん
いいですよね、共通コックピット。
制約と言えば制約なんですが、それを逆手にとって活用しているのが、デザイン的にもミリタリーなデザインという意味でも最高です。
また見たいですね。

>鎌倉幕府さん
面白い説ですが共和国軍もバリゲーターを除いては重装甲SP級では口をつけてないんですよね。
ただHiユニット級でもウオディック、ブラックライモス、ブラキオス、レドラー・・・ たしかに口を重視したゾイドはあまり誕生していない。
この辺は研究に値しますね。

>アウラートゥスさん
・・・?
雪中行軍はフォトレタッチであれば上部タグのCreate→フォトレタッチの中に。
小説の方ならCreate→ゾイドマンモス奮闘機 にあります。

>ラウルさん
開けてもよく作られているんですよね。
本当、感心します。
ハンマーロックなどは共通コックピットを使用しているのが信じられないというか、凄い完成度です。

開いてるのは衝撃で開いたのか脱出しようとしているのか・・・。
でもあのシーンも好きです。

No title

返信有り難うございます。
ただ、私が言ってるのは投稿した写真の方で。
『other』から見ようとすると『No File』で、投稿した写真が見られないので

No title

申し訳ないです。
修正しておきます。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント