シンカー

HP更新しました。レビューです。


シンカー。こちらです。どぞー。

シンカーは本当、活躍してます。
このクラスとしては最も活躍した機体ではないだろうか。

水空両用という特異性もあろうが、空戦メインの任務でもシュトルヒ以上に活躍している。
何故にカタログスペック上で劣るシンカーがかくも活躍できたかは近いうちにコラムにしたいと思います。

あと、暖かくなってきたので、外に出かけて池に浮かべて写真を撮ったりしたいです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お久しぶりです。
シンカーはこうしてみるとマルチロールファイターとも呼べる機体ですね。
私も旧版のシンカーが欲しいです。
まぁ、最近金欠なので何も買えません。小説も大スランプでいっこうに筆が進みません。
何とか頑張りたいと思います。
それでは。

No title

シンカーといえば気になっているのは『はたして海軍機なのか、空軍機なのか』ということですね。

安定性の高そうなフォルムは直協支援機としてうってつけのように思えますし、魚雷をガンポッドか対地ミサイルに換装するだけで済みそうです。
耐圧殻兼用の重装甲は並の対空迎撃システムには耐えてくれることでしょう。戦闘機というよりは攻撃機や襲撃機といったカテゴリーですね。どうあがいても亜音速ですし。

でも諸元を鑑みるに主戦場は海上でしょうし……じゃあデス様の上空護衛をやってたシンカーは海軍機なのか?謎です。

No title

>屠龍さん
まさに万能機ですね。
ただどちらかというと戦闘機だが攻撃機としても使える のではなく、攻撃機だが無理やり戦闘機としても運用している というような感じがします。
それはそれで魅力的です。

>みょんさん
多分、海空両方に納入されているのではないかなーと思います。
F4ファントムのように共通の機種を使うという事はあって良いと思います。

戦史を見るとたとえばレドラーが重い対艦ミサイルを積んで出撃したりした事もあり、無数のバリエーションがあり、海軍納入タイプと空軍納入タイプでは微妙に異なっている等と考えても面白いと思います!

No title

正にその水空両用と言う機体特性がこの機体の活躍の場が多いことの源だと思います。
そして水圧に耐える重装甲もまた、帝国共通コクピットと合わせてパイロットの生存率を高めているのも大きいと思います。
「当たらなければどうと言う事はない」って言うのは最終的にはパイロットの腕次第ですし、やっぱり機体自体の防御力って結構重要な要素だと思いますし・・・。

キットは作った中では初めて水上走行ができるので自宅のお風呂で泳がした時には感動しました。
というか、両脇のタンクに発泡スチロールを組み込んだ時に「ひょっとして・・・。」と思ったらその通りだったと言う。w

PSゾイドシリーズだとサイズの分類はMサイズなのに耐久値はSサイズ並みと言うのが悩み所でしたね・・・。
共和国軍と比べて帝国軍はSサイズのゾイドのレパートリーに欠けるので、「これでSサイズなら・・・。」とも思ったのですが、耐久値はアーマー系のパーツである程度補えるし、水中なら奇襲も出来るし、特にメカ生体の遺伝子だと陸戦ゾイドや空戦ゾイドで対潜属性の武器を持っている機体は殆どいないので相手を一方的に殴れるし、敵の水中ゾイドが密集するポイントに不用意に突っ込まなければ案外耐えられるんですよね。
とは言え、終盤になると部隊編成の枠的にやっぱりサイズがネックになってくるんですが・・・。

No title

防御力も重要ですね。
対中戦において大活躍したフライングタイガース。
彼らが使用したのは運動性が劣悪で、しかし装甲だけは分厚いP40戦闘機。
対する日本軍は軽快な動きを誇る一式戦闘機隼。
実際、隼はP40を圧倒したものの、それにしては被害多く成果少ない。
P40は自慢の防御で撃たれても撃たれても落ちず、あたり角度によっては跳ね返したことさえあったとか。
逆に隼はすぐに落ちてしまうもんだから…。
これをシュトルヒをあわせて考えても面白いと思います。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント