新ディメ

レビュー更新しました。
新ディメトロドンです。こちら


メカ生体版に続き、機獣新世紀版。

個人的に、新世紀ディメの外装をメカ生体フレームに移植すれば最強のディメが完成します。
メカ生体の鮮やかな赤い装甲も魅力的ですが、設定と照らし合わせれば最高にカッコいい。
その反面、一般機としてみれば鮮やかすぎる気もする。
適度に落ち着いた新世紀の外装はステキです。

さて残るディメは暗黒ディメですが、どこかで釣り上げなければ…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

機獣新世紀版ディメトロドンと言えば確か電ホビではキメラブロックスの管制機としても活躍したと書かれていましたね。

ファンブック4巻を読み返すと「その驚異的な索敵能力で共和国軍の拠点を次々に発見していく。 それ故に共和国兵士達は武装・格闘能力共に貧弱で同クラスのゾイドには勝ち目の無いディメトロドンを、バーサークフューラーやダークスパイナー以上に恐れるようになっていくのだ。」と書かれていて、強力な電子戦ゾイドを敵に廻した時の恐ろしさと、運用する側にとっての頼もしさを感じました。(この間も書いたことですが、索敵要素のあるシュミレーションゲームで、しかも敵の全滅が勝利条件の時は索敵向きの性能のユニットを本当に重宝するので。)

それにしてもディメトロドンが再販した時のバトストにおける中央大陸の情勢は、このゾイドが再就役するのには正に絶妙のタイミングだったと思う。
電子戦ゾイドの脅威はキットやファンブックの解説などで描かれた通りだろうし、ただでさえ首都が陥落して士気が下がっているであろう共和国軍にとって、特にD-Day上陸作戦と当時のディメトロドンの事を知っている者にとっては心理的な影響もかなりのものがあるように思う。

ディメトロドンは直接戦闘は苦手でも自分の得意とする土俵で最高のパフォーマンスを魅せてくれるゾイドだと思います。(と言うか電子戦ゾイドの中でも特にバトストで自分の得意分野での活躍が描かれている方のゾイドだと思う。)

No title

ディメトロドンのファンブックEXはいいですよね。
ディメトロドンの貴重性を表現しつつ物語としてもしまっていて、火力の高い機体の活躍とはまた違った深みをだしてます。
ストーリーによるゾイドへの感情移入という面では自分の中では全ゾイドの中で一番でした。
逆に言うとバトルストーリーって重要だなあと改めて感じる訳ですが。
ただ、自分は最初『全天候3Dレーダー』という名称変更に気づかず、あの小さいのにこんな威力が?とか追いつめられた時の切り札がコレ?と困惑した部分もありましたがw

No title

>ラウルさん
ああ、たしかにブロックスの指揮官機でもありましたね。
ただ実質的にロードゲイルが指揮官機として描かれていたのは残念でした。

復活時期のストーリーは、電子機にとって良い舞台となっていましたね。
ゴルヘックスもダークスパイナー対策として重要な役割を担いましたし。
色々とやりすぎな所もあったと感じる機獣新世紀ゾイドですが、色々と絶妙なところも多いですね。

>NoNameさん
EXは良いですよね。特に初期のものは。
後期のものはちょっと・・・でしたが。
ライガー形が取り上げられることが多い中、非常に貴重なものでした。

名称はハッタリの効いたものであってほしいですね!
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント