帝都防衛航空隊_3

これの続きです。

----------------------------

状況がつかめぬ混乱があったとはいえ、あっという間に味方が3機ほど黒煙を引きながら墜ちていった。
私の機も直後後ろに回られ、離脱を試みたが全く出来なかった。
何しろこの機体は我々よりはるかに有速であり、運動性能も段違いであった。
この日は屈辱の、私の初・被撃墜の日であった。

敵の弾は愛機のゾイド生命体を完全に貫いており、一瞬で機体の操作は不能となった。
シンカーのコックピットは脱出用として単独でも飛行できるように設計されていたが、悪いことに衝撃でここも故障していた。
やむなく落下傘で飛び降りた私が見たのは、ほとんど壊滅した味方の惨状であった。

何機かはコックピットごと脱出したようだったが、プテラスはそれを追いかけ太い脚で捕え握り潰していた。
そこまでするものかと思ったが、我々も手負いのサラマンダーを追撃し撃墜せしめたいと常に思っていたのだから、これは当然の行為かもしれない。
ただ落下傘に降下する私は運が良かったのか相手にされる事は無かった。

サラマンダーはプテラスに守られながら、低空からの精密爆撃を行って悠々と引き上げていった。
落下傘で降りた私は、休む間もなく焼け爛れた街を走り回り、生存者の救出にあたった。

その日を境に、再び我々は苦境に晒された。
サラマンダーの長距離爆撃に随伴できる小型機というのはまさに脅威であり、小型機の航続距離の常識を打ち破った機体であった。
たださすがに帝国全域はカバー出来なかったらしく、帝国領の奥深いガニメデやウラニスク、ユビト、そして帝国首都といった都市はかろうじで爆撃を免れていた。

ここへきて、各地に散らばっていたゾイド生産工場や開発局を爆撃圏外であるウラニスク大工業地帯に集中させる事が方針として決定した。
しかし生産の一極化は危険な賭けでもあり、絶対防衛が必要とされた。
何故なら近い将来、更に航続距離を増した護衛戦闘機が誕生するとも知れなかったからである。
その為、ウラニスクへは最精鋭が集められ、機材人材共に最高の待遇がされた。
もう一つ、帝国首都も絶対防衛が必要であり、ウラニスクと帝国首都は通常部隊とは独立したゼネバス皇帝直属の親衛隊が編成され、その任務に付く事となった。
最高の待遇の反面、方針は体当たりしてでも敵を墜とす事であり、非常に過酷であると同時に血気盛んな部隊でもあった。
親衛隊は機種に関わらず全身を真っ赤に塗装する事が特徴で、後年完成した切り札シュトルヒも、まずは親衛隊に納品されている。

無論、私には親衛隊入隊の声がかかるはずも無く、今までと同じように最前線で防衛に就く事となった。
プテラスは強敵であったが、わずかながら希望をもたらしたのは帝国の偉大なるエースであるゴードン大尉が編み出した戦法であった。
それは通称ゴードン・ターンと呼ばれるものであった。
これはまず、敵をあえて後ろに付かせ、そのまま飛行する。
そうすると速力の差でプテラスが距離をつめて来るが、射程距離ギリギリまで迫られたところで、機体を横にローリングさせ360度回転する。
ローリングは大きな空気抵抗がかかるから機体は急激に減速し、プテラスがシンカーを追い抜く形になる。
そこへ間髪入れず弾丸を叩き込むという何とも荒っぽい戦法であった。

こう書くといかにも簡単そうであるが実際は極めて難しく、隊員がこれを覚えるまでには更なる犠牲が必要になった。
意外に厄介だったのは、プテラスとサラマンダーのシルエットがそっくりだった点であり、これは距離感覚を完全に狂わせた。
今までなまじサラマンダーとの距離を目測する事に慣れすぎていた為、まだまだ離れているつもりでも敵の有効射程圏内に入っている有様だった。
もし全く別のシルエットを持つ機体であればもう少し距離感をつかみ易かっただろうと思うと、この点は非常に悔しい事であった。
プテラスとの距離感を正確に掴むには、やはり何度かの実践を経験せねばならなかった。
だが大きく目測を誤った者は、すなわちそこで墜ちていった。

また上手く距離を測ってローリングしても、そこから射撃に移る事が困難でもあった。
なにしろロールするシンカーの横を全速のプテラスが抜けていくのだから、射撃タイミングなどコンマ以下であった。
上手く射撃出来ない場合、単に曲芸飛行を敵味方で行ったようなシュールな光景が残るだけだった。
最も上手く行く方法は無駄弾を大量消費する覚悟でローリングの途中から発射ボタンを押し続ける事だと言われた程であった。

死と隣り合わせの中、猛烈な勢いでその習得に努め、いつしか部隊でもゴードン・ターンを実践できる者が増えてきた。
同時に、我々はシンカー部隊を対・プテラス専門隊と対・サラマンダー専門隊に分け、迎撃戦術を見直した。
プテラスは厄介だったが、サラマンダーは爆撃をするのだから、それだけにも構っていられない。
そこで対・プテラス隊が死闘を演じる間に、対・サラマンダー隊が攻撃するという手順を整えた。
この戦術は功大いにを奏し、ある時はシンカーの被撃墜4に対しプテラス撃墜6サラマンダー撃墜2という記録を打ち立てるまでになった。

しかしそれも長くは続かなかった。
当然であるが、ゴードン・ターンは相手がこちらの誘いに乗らぬのでは話にならない。
この戦法はそもそも、相手に無防備な後姿を見せる事にあり、それゆえ敵は撃墜できそうだと付いてくるのである。
ある時からパタリと、敵は誘いに乗らなくなったが、これはゴードン・ターンが敵に知れ渡ったからだと思う。

悔しい事であるが、有体に言うと我々は空の戦いで完全に負けた。
もはやプテラスを撃墜することも、サラマンダーの爆撃を妨害する事も出来なくなっていた。
幸いだったのは、プテラスを超える戦闘機が誕生しなかった事であろう。
従って、ウラニスク工業地帯や帝国首都は壊滅的なダメージを受けるには至らなかったのは不幸中の幸いであった。

その代わり、プテラスが護衛に付ける範囲であるミーバロス、イリューション、ダリオス、オベリア東部は手酷いダメージを受けた。
それらの地域を防衛していた我々にとって、これは最も責任を感じるところであった。
ただプテラスの行動半径であったにも関わらず、バレシアだけはほとんど被害を受けなかった。
北方特有の嵐により超低空でしか飛べず本格爆撃が困難であったのと、同基地に所属するサーベルタイガー、ヘルキャットの活躍によるものであったという。

特に手酷いダメージを受けたのはミーバロスであった。
帝国の主要軍港であったこの場所は、施設がことごとく破壊され、いまやその機能を果たせるものではなかった。
一時期は大船団やシンカー潜水部隊を備え、帝国最大の脅威とまで謳われた設備は見る影も無く、鉄屑と砕けたコンクリートだけが広がっていた。
私は海軍時代をミーバロスで過ごしたので、その変わり果てた惨状に酷い無力感を覚えた。

軍港としての機能を回復するには数年かかると思われ、以降、破壊具合に満足したのかミーバロスは主要攻撃目標から外された。
ミーバロスの街では食糧事情も急激に悪化しており、配給の列には長い列が出来たが、なにぶん食料関係の工場もことごとく破壊されており、事態は極めて深刻であった。
軍港はその機能を果たせぬので、代わりに漁船を並べ漁師を住まわせた。
笑い話にもならぬ必死の策であった。
無論、これでは共和国軍に上陸される危険が予想された為、海岸沿いに土嚢を並べ、イグアンなど地上ゾイドを多数配備した。

次第に爆撃回数は減っていった。
おそらく共和国の判断として、プテラスを護衛に付けて爆撃できる圏内は全て破壊し尽くしたとなったのだろうと、我々は考えていた。
しかしまたしても、これは大嵐を前にしたしばしの静寂であった。

共和国はこの時、かつてない巨大さを誇るウルトラザウルスを開発し、その運用試験最終段階に入っていたのであった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント