環状線にて

眠らない街、という言葉がありますが、私が住んでいる大阪も間違いなくその一つだと思います。
JRは24時間化した方がいいんじゃないかと思うほど、日付が変わっても座れないほどに人が座っています。
大阪環状線は特に、全時間帯で乗車率が100%を超えているように思えます。



しかし一瞬、偶然か何かで、それが途切れる瞬間があります。
私は一度しか経験した事が無いのですが…。
環状線は内回りと外回りがあり、時間と駅により、やや利用の少ない地区が存在します。
それでもたいていは多数の人が乗り込むものですが、一度だけ、乗ったらその車両は私一人だけという事がありました。

こうこうと明るい街並みが外に広がり、しかし車内は私一人。
不気味に感じて前の車両に行っても誰も居ない。
ポツンと一人、ガタガタ揺られながら乗り続ける。



快速は小さな駅を飛ばしてゆく。
その通り抜けるだけの駅には、電車を待つ人が何人か見える。
快速で通り抜けるだけと知っているからか、こちらを見る事は無い。

不気味。
ついに快速が止まる駅になる。
それでも人は乗ってこない。
そのまま発車する。

こういう時、色々妄想してしまいます。
もしかするとこの電車は“普通じゃない”電車でこの後~~~ など。
我ながら発想豊かなものですが。

結局、その快速が止まった次の駅で、数人が乗ってきて「なんだ」と思うと同時にほっとしたのですが。


有名な怪談というか都市伝説というか・・・に、「きさらぎ駅」というのがありますが、この話が凄く好きです。
興味があればググってみて下さい。


夏だし怖い話でもしようかと思っているのですが、残念ながら過去に体験した事は既に記載済み。
カテゴリーの不思議な話参照
人生において語れる怖い体験は4つしかない…というか4つでもまぁ多い方だとは思いますが。


私が環状線で体験した事は、単なる偶然の重なりだったと思います。
終電間際で人が減っていた時間帯だった事、人が少ない区間だった事。
それでもかなりの確立だったとは思いますが。

都会の中の一瞬の静寂に出会う事は、凄く好きです。
永遠の静寂にならない程度に、また体験してみたいものです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント