帝都防衛航空隊

夏の暑さがいよいよ厳しくなってきた8月、聞きなれぬ爆音に見上げると、見慣れぬ青い機体が一機、遥か高空を飛んでいた。
マグネッサーシステムの効果で、巨大な翼の周辺が金色に輝いていた。
そのあまりに優雅な姿に、恐怖というより美しいという感情を覚えた。
これこそが、長年に渡り我々を悩ませ続けた、サラマンダーとの初めての出会いであった。

私はエルンスト・ハルダー。
帝国の元・空軍大尉で、あの中央大陸戦役の空の激戦を戦い抜いた過去を持つ。
これは、私の回顧録である。


サラマンダーの噂はかねてより広まっていた。
共和国が化け物じみた爆撃機を開発中である………、しかし我々は現在の技術では製造不可能だろうと高をくくっていた。
しかしはたしてサラマンダーは戦場に登場した。
その航続距離や爆弾の搭載量も優れていたが、何より多少の被弾程度はものともしない頑丈さと並の対空砲では届かぬほどの高空を飛ぶ高高度性能が圧倒的であった。
当時まだサラマンダーという名称は知れ渡っておらず、我々はそれをアイアンウイングと呼び恐れていた。

サラマンダーの爆撃は狡猾であった。
敵は基地ではなくゾイド生産工場を重点的に狙い、その為我が軍のゾイド生産量は以降激減した。

近代戦は物量戦であった。
無論、個々の性能でもあったが、いかに性能の高い兵器でも数をそろえぬ事には意味が無い。
我が軍はこの時期、単機として比べれば帝国最強のレッドホーンを大きく上回るゴジュラスを相手にしていたが、それでも領土を侵されなかったのはその数がゴジュラスを大きく上回っていたからであった。

しかし今や帝国最大の脅威はゴジュラスではなくサラマンダーになった。
これを排除する事は急務であり最優先の課題となった。

私はこの時ミーバロス海軍基地の第121シンカー潜水部隊に所属していたが、我が部隊にもサラマンダー迎撃任務が通達されたのであった。

我々としてみれば無茶苦茶と言う他は無かった。
シンカーは空戦も可能な機体であったが、我々の任務は専ら潜水艦運用でありアクアドンやフロレシオスと戦う事であった。
無論、飛ぶ事はあった。
例えば空から進入する、あるいは攻撃後に空中に退避するといった事は珍しくなかった。
またこの頃は敵に新鋭バリゲーターが増えてきた頃であり、かの機体は水中運動性能すばらしく、飛んで敵から逃れる事も増えていたのは事実であった。
しかし高空に行く事は全く無かった。

それでもこの時期シンカーは帝国にある唯一の飛行可能ゾイドであり、わずかではあるがサラマンダーを撃退できる可能性を持ったゾイドであった。
その為、あらゆるシンカーが部隊の性格を考慮せず対サラマンダー用として召集されたのも、無理からぬ話だったのかもしれない。

しかしながらこれは結果論でもあるのだが…、海軍の潜水部隊まで召集したのはやりすぎだったようにも思える。
当然、それは共和国に制海権を大きく譲り渡した事でもあった。
この時期、シンカーは帝国唯一の海上/海中ゾイドであった。
シンカー不在の海を、偵察のフロレシオスは大胆に泳いだ。
その事は後年のウルトラザウルス上陸作戦における帝国大敗北に繋がっているような気がしてならない。

ともかくこの時から我々は、ベテランの潜水パイロットから新米の空戦パイロットしてシンカーに搭乗することになったのであった。

前途はとにかく多難であった。
そもそもサラマンダーは2万m程の高空を飛んでくるのだが、シンカーはそこへ行く事がやっとという有様で、そこから攻撃を仕掛けるなど飛行時間が500時間を越えるようなベテランでも困難だった。
その上シンカーの最高速度は水平M0.9であり、サラマンダーはM2.0を誇った。
サラマンダーは高度2万mでもさほど性能を落とさなかったが、シンカーはガタ落ちだった。
この問題に対処すべく、我々の配置換えと同時にシンカーの改良も着手されていた。

我々のレーダーは、サラマンダーを40kmほどの距離で探知できた。
だがその直後にスクランブルをかけたとして、シンカーの上昇力では高度2万mに達するまでに15分もかかり、我々が高度に達する頃には敵は爆撃を終えているという有様だった。

行けぬ要因は様々あったが、その最たるは水空両用ゾイドというところにあった。
確かにこれは便利なゾイドであったが、こと空戦時には水中用装備がデッドウェイトとなり水中ではその逆であった。
事は急務を要し、サラマンダー迎撃に限定するなら不要だろうという事で水中航行用の装備は全て外され、重量は6tも減り20tとなった。
スクリューや巨大なハイドロジェットノズルが外され、変わって中型のジェットエンジンが二基取り付けられ、上昇力は大幅に改善した。

また製作と整備的手間の大幅増を覚悟で、装甲の継ぎ目に全て目張りを行い、空理気的に徹底的な洗練を施しシームレス機のような外観となった。
しかしそれでも上昇力はまだ不足していた。
そこで装甲の厚みをギリギリまで削り落とし、更なる重量の軽減を図った。
その結果重量は17.2tとなり、これは後年登場し、繊細で華奢な姿と称されたシュトルヒよりも軽い点は特筆すべきである。
こうした処理の結果、シンカーは最大速力がM1.6にまで向上し、また高度2万mまでの到達時間は6分となり、何とかサラマンダー迎撃の要件を揃えられるだけのスペックとなった。

無論、これらの点は性能向上だけをもたらしたわけではない。
装甲が薄くなるというのは、すなわち機体強度の著しい低下を意味する。
上昇や急降下に関しては問題ないが、急激な旋回や急降下からの引き起こし等、空戦機動における制限を事細かに設けられた。
要するにそれは格闘戦はほぼ不可能という程のものであり、シンカーはあくまで一撃離脱戦法に特化したインターセプターとして生まれ変わったのであった。

こうした改造、及びこの空戦型シンカーを量産するまでには8ヶ月を要しており、いよいよ祖国は危機に瀕していた。
しかしこの間に、我々は空戦の訓練を十分に受ける事が出来、いよいよサラマンダー迎撃に出撃したのであった。


空戦型シンカーといっても、必ずしもサラマンダーに勝てる事を意味していたわけではなかった。
サラマンダーは昼夜を問わず襲来し、それは絶えず我々を肉体的・精神的に追いやった。
しかし警報が鳴ると気合一発でシンカーに乗り込み、我々は戦った。
またシンカーは、コックピットが共通コックピットと呼ばれる量産品だった為、与圧室を備えていなかった。
その為、我々は二本の酸素ボンベを背負い、電熱服というニクロム線を通した服を着て高高度の寒さを凌いでいた。
これも気合という他はなかった。

基本戦略としては、まず高度2万mまで一気に上昇し、サラマンダーの上方に位置する。
サラマンダーが下を通過する瞬間、一気に急降下しながら持てる火器を全て撃ち、そのまま下に抜けるというものであった。
もしシンカーにもう少しの機体強度があれば、この後、余速を利用して機体を引き起こし、再び攻撃出来たかもしれない。
しかしそうするとギリギリの強度まで装甲をはいだシンカーは耐え切れず、空中分解を起こしてしまうのだった。

迎撃は、必ず上方からと決められていた。
前方および後方からでは、サラマンダーの豊富な火器の餌食となった。
また下方からの攻撃は最も厄介で、自動追尾式の速射砲が付いているらしく、最も厳禁とされた。

サラマンダーはそのマグネッサーウイングにより、昼夜を問わず目視による発見は容易であった。
余談であるが、後年のシュトルヒはサラマンダーと同タイプの“穴あき”マグネッサーウイングを備えていた為、夜間戦闘では誤認が多々あり、かくいう私も誤認からあわや味方機を撃墜しそうになった事があった。
各機にレーダーと連動した味方識別システムが搭載されたのは、ずっと後年のレドラーになってからの話であり、この頃の装備では何かと苦労する事が多かった。

急降下は一気に加速する。
その瞬間、重力が無くなり、体は一瞬中に浮く。
抑えられない原始的な恐怖が体中を襲い、操縦桿にしがみ付かずにはおれない。
高速で飛行するサラマンダーを捕らえるのは容易ではないが、捕らえても射撃チャンスはわずか数秒程度だった。
その間に搭載された全ての機銃の発射ボタンを押す。
余談であるが、この戦法では敵に対峙する時間があまりに短い為、敵をロックオンすることなど全く不可能であり、それゆえミサイルはもともと撤去して飛んでいた。

迎撃も初期の頃はずいぶんと苦労した。
サラマンダーと対峙するパイロットが必ず通過するのは、距離の見誤りであった。
なにしろサラマンダーは巨人機である。
空戦型シンカーの武装は加速ビーム砲2門および30mm翼内砲4門であったが、いずれもサラマンダーに有効なダメージを与えるには、300m以内にまで接近する必要があった。
だがサラマンダーの巨大な姿は、この距離の目測を大いに誤らせた。
こちらとしては300m以内の距離に近づいたと思っても、まだまだ倍以上離れているのだった。
その結果、好位置に付いても、有効弾を与える事が出来ぬまま、ただ無駄弾を浪費しただけで終わる事が多かった。

サラマンダーは上方に向けての火器が無い。
従って攻撃する分には良かったが、その後下に退避するのが危険だった。
なにしろ自動追尾式の速射砲が猛烈な勢いで火を噴いた。
あまりにも速射される弾丸は、大気との摩擦で黄色い光の線となって見える。
我々はそれをアイスキャンディーと呼んでいた。

初陣で距離を見誤った挙句、アイスキャンディーの餌食となる者は多かった。
だいたい、距離感をつかむには少なくとも3度の攻撃を経験しないと分からない。
その間、アイスキャンディーの餌食になるかどうかは運次第だった。
なにしろ、回避運動をしようものなら機体が空中分解するのだ。
出来るのは、上手く避けられる事を願いながら一直線に降下する事だけだった。
この試練を乗り越え幸運にも生き延びた者だけが、サラマンダーとの距離を上手く測れる、有効なパイロットになれるのだった。






・・・・・好評でしたら続きを書きます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

帝都防空隊

 イメージ的にはマウザー砲を備えた三式戦飛燕ですね。
 この液冷戦闘機には妙な既視感があって、資料を集めました。
 シンカーとサラマンダーでは雲泥の差で、それこそB29と飛燕どころの差ではなかったでしょう。
 作風から、シンカーに目もくれず悠々と飛行するアイアンウィングの姿が浮かびます。
 戦記を描く場合、どうしても戦闘シーンのみを強調しすぎるあまり、かえって平板な印象を受ける場合もありますが、本作、非常に幻想的です。
 続編の描き方は著者の思いそれぞれですので、方向性を示すつもりはありませんが、この作品、この文章、お気に入りになりました。

No title

この話は完全に日本の防空戦のイメージですね。

文体は、世界の傑作機等の本に、かつてのパイロットが語る秘話みたいなのがよく載っているんですが、そういうのをイメージしています。
その分あまり華は無いのですが、個々の戦闘という点ではなく世界という面で見せるようにしたいなと思っています。

サラマンダーは完全にB29ですね。
高高度を飛ぶB29に当時の日本機は上がるだけでも精一杯だった…。

シンカーは様々な戦闘機のイメージです。
雷電であり、斜め銃を積んだ二式複戦であり、マウザー砲を積んだ飛燕でもあります。
飛燕は上昇力が意外な弱点だったそうですね。。
その分、ひとたび上がれば強かったそうですが。
「高度8000で編隊が組めるのはこいつだけだった」と何かの本に書いてあったのが印象的でした。


あと、これは凄くマニアックですが、二式単戦 鍾馗は、試験時に装甲の継ぎ目に目張りをして、どれだけ最高速度が出るかの試験をしているんですね。
結果は30km/hほどアップ。
鍾馗は個人的に大好きな戦闘機で、ここからアイデアを頂きました。

今後、B29を護衛するP51ムスタングや、それに対抗する紫電改なんかも出てくると思います。
そして三式戦・改であるところの五式戦も登場するかも……。

No title

本当にこの小説はB29の迎撃戦を連想させます。
ところで、マイナーなネタかもしれませんが、旧軍は一式戦を使用してB29を鹵獲する作戦を立てた事があるのでそれを再現してもおもしろいかとおもいます。
五式戦の登場も期待しています。

No title

一式は巷で言われるより随分強かったそうですね。
特に3型は瞬発的な上昇力が素晴らしく、P51にバックを取られた時など上昇して逃げる事があったとか…。

私は近頃までの認識では零戦>>隼だったんですが、米軍からは末期は隼の方が要注意とされていたみたいですね。
零戦は改良か改悪か良く分からない型ばかり出ていますが(それでも52型は最優秀だとは思う)、隼は3型は素晴らしく向上していますからねぇ…。

それでもB29の鹵獲は彼には荷が重そう…。
ただどうやったかは知らないんですが、南方でB17を鹵獲した事がありましたっけ。
鹵獲というテーマはいずれ扱ってみたいものの一つです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント