オススメの武器ラック作成方法

かなり簡単に製作でき、なおかつ不要資材を有効活用でき、更に実用性も高い。
と個人的に思っている武器ラックの制作方法を紹介します。


使用するのはこれ。
シールドライガーを製作すると必ず余るパーツです。
本来、サーベルタイガーの喉パイプのパーツですが、シールドライガーだと使わないのです。


まずパイプ部分を除去。
ニッパーでばっさり切断します。


切った部分に3mmのピンバイスを使用し、穴を開けます。
ピンバイスはいきなり3mmで開けず、最初は小さい径のものを使用し、徐々に太いものを使用していった方が良い感じです。
ちなみに画像のものは、ちょっと中心がずれてしまっています、、。
まぁ、特に気にしない。

ピンバイスはダイソーで100円で買ったものを使用しています。

3mmというのは、通常ゾイドのハードポイントの直径と同じです。
従って、この穴を開けただけで、通常ゾイドのハードポイントに差し込み可能になります。


両側に適当なジャンクパーツを貼り付けます。
丸モールドのディティールアップパーツが模型屋に200円くらいで売っているので、それを使用すると良いと思います。


ここに3mmの穴を開けます。もちろん、両側に。
そしてそこに、3mmの棒を挿します。
ちなみに3mmの棒ですが、ゾイドのランナーには、たいてい、どこかに3mmくらいの太さのランナーが混じっています。
そこを使用すると、いちいちプラ棒を買う経費が浮きます。


これで完成です。
武器パーツをつけると良い感じに連装砲です。

構造上、砲の仰角が変わります。
また、武器ラックが左右への旋回を可能としているので、この武器ラックを使用すると、「左右への旋回」「上下の仰角」が自由につけられます。
かなり良い感じです。

加え、ラック部分のディティールが、なんとなく武器弾薬庫っぽいのも、この使用用途に合致していると思います。
トランスリンクスの腰の武器ラックも、これで作っています。

さぁシールドライガーの余りパーツを取っている方は是非製作を!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント