第343ライジャー独立部隊(前)

「こ、このシールドが機動戦で圧倒されるだと!?」
ハックした通信から悲痛な叫び声が聞こえてきたが、構わず、横腹に前足の強烈な一打を浴びせかけた。
純白の装甲がひしゃげ、金色の砲が基部から吹き飛んで地面に落ちた。
だが本体はかろうじで体勢を立て直したようで、なおも離脱を図っている。
「さすが大型ゾイドはしぶといじゃねぇか。だが…」

愛機を一気に加速させ、そのまま大きく飛び上がる。
瞬間、軽くシールドを飛び越え、その頭を押さえ込んだ。
驚き慌てるシールドに、俺は連射キャノン砲、3連ビーム砲、小型ビーム砲、合計9門の砲を一気に浴びせかけた。
シールドは咄嗟にエネルギーシールドを張って抵抗する。
だが…、
「万全状態ならともかく、手負いで防ぎきれるほど甘い火力じゃないぜ…!」
寸分の休みもなく放たれるビームに、やがてエネルギーシールドに亀裂が入り、つに崩壊した。

ガシッ、
装甲にビームのぶち当たる音。
それでも連射はやめない。
数刻の後、ついにシールドは完全に沈黙した。

「ポイント43でシールドライガーMK-II撃破完了。そっちはどうだ?」
敵の撃破を確認した後、俺は味方に通信を送った。
「現在ポイント41。コマンドウルフ改3機の内、2機は撃破。1機は鹵獲しました」
「よし、いい返事だ。ではポイント00で落ち合おう」
「了解しました。それにしても大尉、これでシールドは4機目ですね。おめでとうございます」
味方機との通信を終え、俺はポイント00へ向かった。

EHI-09ライジャー。
全く、この機体は申し分ない性能を誇っていた。
高速戦闘ゾイドの始祖は、言うまでもなく、我が帝国のサーベルタイガーとヘルキャットであった。
だがシールドライガーとコマンドウルフの登場以来、帝国は常に後塵を拝する屈辱を味わうことを強いられた。
そんな屈辱を晴らすべく生まれたライジャーは、同クラスのコマンドウルフは勿論、手練が乗れば重パワーのシールドライガーをも仕留める事ができた。
時速320km/hの速度はシールドライガーを完全に圧倒していたし、小型ゆえに小回りの利きも良かった。
火力も、技術進歩により、より軽量で威力のある砲を多数装備していた。
帝国はここに、高速ゾイド最強の名を取り戻した。

だが、時代が、それとは別の屈辱を与えたのは皮肉であった。

夜、ポイント00で味方と合流していた。
鹵獲したコマンドウルフからライジャーにエネルギーパイプを直結させ、強引にエネルギー補給を行う。
補給基地に戻る事のない俺の隊は、このような形でしか補給をする事が出来なかった。

俺の隊は、ライジャー4機で構成された小隊だった。
正式名称、第343独立部隊。
その任務は、小型と高速性を生かし、中央山脈を越えてくるあらゆる敵に奇襲を行い、ダメージを与える事だった。
主力部隊、支援部隊、輸送部隊、偵察部隊、etc.
今まで数多くの敵と交戦し、俺の隊は一切の損害を出す事もなく、多くの敵を葬ってきた。
だがその結果招かれたのは、敵支配域での孤立だった。

ZAC2048年、「帝国最強ゾイド・デスザウラー倒される」この衝撃のニュースが大陸中を駆け巡った。
RBOZ-008マッドサンダー。
それがデスザウラーを倒した敵の名前だった。
このゾイドは、完全にデスザウラーの荷電粒子砲を無効化した。
こうなると、前面にマッドサンダーを置いた共和国軍は俄然勢いづいた。
ウルトラザウルスやゴジュラスMK-IIは、マッドサンダーに守られながら、その巨砲を存分に浴びせかけた。
デスザウラーを先頭に置く事で優位を保っていた我が軍は、途端危機に陥った。

ついに中央山脈から共和国の大軍が波のように押し迫り、ここへきて我が軍は一旦兵を引き、中央山脈の東側で一気に攻勢に転じる作戦に出た。
第343独立部隊はその時に設立された部隊だった。

俺の隊は、劣悪な状況の中、迫り来る敵と戦い、戦果を挙げ続けた。
しかし虚しくも、俺の隊以外はほとんど壊滅した。
俺の隊は戦果を挙げ続けた結果、敵地の真っただ中で孤立する事となったのだ。

「しかし、いよいよですかね。大尉」
「…そうかもしれんな。このコマンドから回収したエネルギーを合わせても、出撃できるのはあと数回が限度か」
「恨まんでくれ、ライジャー。俺も腹一杯にしてやりたいのは山々なんだが…」
補給の全ては敵から。この状況では、なかなか満足にエネルギーをフルチャージ出来ないのは無念な事だった。

「まぁ、これだけ敵を倒したんだから、本望かもしれんが」
ライジャー4機で挙げた戦果は、シールドライガー5、ディバイソン1、コマンドウルフ13、ベアファイター6、ゴルヘックス3、グスタフ16。
小型ゾイドを含めると更に膨れ上がる。
「だがまぁ、出来ることならもう一泡吹かせたいところだ」

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

司令部からの通信が入ったのは翌朝の事だった。
-マッドサンダーがトビチョフへ進撃しつつある。これを撃破せよ-

聞いて呆れた。
どうやれというのだ。
ライジャーは最高のゾイドだったが、ウルトラやゴジュラスのような超大型を撃ち破るパワーはさすがに無い。
ましてマッドサンダーなど。
だが恐らく    、周囲の部隊の全ては、壊滅したのだろう。
この指令は、苦し紛れのものに違いない。
帝国首都へ到達しようとする共和国の進撃を、勝てぬと分かりながら少しでも遅らせたいのだろう。

「仕方ない、か…」
俺は呟き、了解の返事を送り返した。

一息ついた後、部下に通達内容を教える。
だが意外にも、動揺は少なかった。
「最後の花火を上げるにはいい相手ですぜ」
「上手く仕留められりゃ、俺たちは英雄だ」
口々に出る言葉が、皆ありがたかった。

「よし、じゃあ決まったな。我が隊はこれより、マッドサンダー撃破に向かう」

トビチョフに向かう途中、敵勢力の詳しい内容が送られてきた。
運が良い事にマッドサンダー単機だった。
正確に言うと護衛にアロザウラーが数機居るようだが、それはライジャーにとって全く問題ないだろう。

マッドサンダーに関する情報を求めると、さすがに敵の最新鋭機であり、得られた情報は少なかった。
だが一応、得られたものとしては次のようなものであった。

:荷電粒子砲を弾くのは前頭部の盾のみで、側面や背面は耐え切れない。
:最高速度は100km/h~120km/h程度と予想される。
:本体の小回りは効かないが、首の可動範囲が広く素早い為、側面から攻撃を仕掛けても意外にドリルの餌食となる。
:背中の2基の砲塔は、アイアンコング級の装甲を貫く。加え全周囲旋回式で、旋回速度も早い。仰角は-15~50度程度と思われる。
:左側面に大型の司令塔を持つ。これにより複数の敵を同時に処理できる。
:背部のドラム状の回転体はジェネレーター=弱点であると思われる。ただし小型ビーム砲程度ではダメージを与える事ができない。
:地中への潜行が可能である。

というものであった。
「旋回砲は問題ですね」
「あぁ。コングを貫くとなれば、ライジャーはかすっただけでアウトだろうからな…」
「あと、地中に潜られると厄介ですね。レーダーが使えなくなりますから」
「そうだな。しかし可能性があるとすればやはり、背部のジェネレーターを狙う他あるまい…」
しかしこれは難題だった。
ライジャーの機動力をもってすれば、ビーム砲を叩き込むことは不可能ではないように思えた。
だが小型ビーム砲程度の威力では意味がないのだ。
おそらくコングのミサイルかレッドホーンの突撃砲か。そんな大威力のものでない限り、狙うだけ無駄だろう。
唯一、ライジャーで破壊出来るとすれば、それは牙。レーザーサーベルによる0距離攻撃で食い破るしかあるまい。

「ジェネレーターを狙う、か…。しかし守りは固いな…」
しかしこの困難な道を進む他、我々に進むべきは無いのだった。

トビチョフに着いてしばらく、件のマッドサンダー部隊は拍子抜けするほど呆気なく見つかった。
「巨体だから隠れきれねぇのか、隠す必要もねぇのか…」
距離130km。ジャミングも放たず悠然と進撃していた。
「護衛はアロザウラー3機か…。まぁ、予想通りか」

「相手は気づいているでしょうかね」
「まぁ、当然気づいているだろうな…。こうなればもうやる他あるまい」

こうして俺の隊は、一気に突撃し、マッドサンダー部隊との距離を縮めていった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント