47話後半!!

今日は後半について。

忽然と姿を消したゼログライジスの位置が判明する。
ヤツは刃状の防御膜で覆われている。
動き出す前の今、ここで叩くしかない。

キャノンブル、スティレイザー、バズートルによる全力攻撃が開始される。


予想はしていたけど全く効き目なし。
この防御膜はジェノスピノやオメガレックスの装甲と同程度の防御力を有しているようだ。
合同軍としては、膜さえもこんなに強固だとは思ってもいなかったのでしょう。

部隊はなおも接近して攻撃を続けようとする。
砲の威力は「速度×質量」。火砲は発射した瞬間が最も砲弾速度が速いので、接近して撃てばそれだけ威力は高くなる。
またスティレイザーがゼロ距離まで移動し直接スタンホーンを撃ち込む事も考えていたのではないかな。
この行動は合理的です。

だがこの果敢な行動は裏目に出た。
ゼロファントスが出現。強烈な反撃をしてきたのだ……。


ライジングライガーやガトリングフォックスに倒された事もある……とはいえ、それでも並のゾイドじゃかなわない超高性能機。
しかも今回は地面を紫色にする謎の新技まで披露し合同軍を追い詰める!

…この新技はゼログライジスの力を借りてやっているのかな?
なんかもう次々に凄いことをやらかしてくるゼロ勢力である。
それでも怯まず撃ち続ける合同軍だが、劣勢は否めない。
作戦は失敗か?

否、遂に現場にあの二体が到着する!


伝説のゾイドの共闘。
さすが伝説のゾイドは”紫”の障害も乗り越えゼログライジスを蹴散らしながら突撃。
ゼログライジスの繭を攻撃する。

このシーンは凄く良かったです。
ジェノスピノがジェノソーザーで防御膜を破壊する!

「合同軍の攻撃ではビクともしない→じゃあ伝説のゾイドの登場でどうなるか!?」
ベタな演出といえばそうなんですが、やっぱり燃えるものです。

伝説のゾイドの攻撃力をたっぷりと見せ付ける最高のステージであり、しかし防御膜側も堅牢さを見せ付けて長時間耐える。
必死で回し続けるジェノスピノとギレル。
そしてゼロファントスを排除し護衛するオメガレックス。この構図も良い。

オメガレックスはまた、不要な動きを控えて最小限の力でゼロファントスを排除しているようにも見えました。
それはジェノスピノが防御膜を破壊した後、間髪居れずにアレを撃つため。無駄なエネルギー消費を極力抑えていたからに他ならない。


荷電粒子砲!

クリーンヒットし爆炎に包まれる周囲一帯。
困難はあったが作戦は大成功だ。

いや、そうではなかった。


荷電粒子砲を受けたというのに傷一つ無い。
以前よりも大型化し「完全体」となったゼログライジスがそこに居たのであった………。


ということで後半でしたが、終わってみれば「まぁ、そうなるだろうな」という展開でした。
ゼログライジス戦がこれであっさり終わるわけはない。
でも、結果は分かっていても燃える展開でした。

けっきょくフリーザを倒すのは悟空だろう。それは分かってるんだけど、ネイルと融合したピッコロ超強いし、ひょっとしてこのままいけるんじゃね…とそのシーンを読んでる瞬間は思わず期待してしまう。
そんな感じですね。

しかしゼログライジスは更にデカくなり強くなり。
いったいどうやって倒せば良いのやら……。
もはやライジングライガーが頑張ったところでどうにかなるレベルを超えている気がするんですが、うーん……。
特にライジングライガーは強化とかされてないですからねぇ。

伝説のゾイドをもって「大人と子供」と言われるほどの戦力差があるゼログライジス。
であれば通常ゾイドに対抗する術など残されているのだろうか。
「グラビティキャノンを量産してグラキオに搭載・一斉発射」
とかでも無理だろうなぁ。


そして次週は更なる激戦になりそうな感じ。どのようになるのか。
正直、戦って勝つのは無理そうな気がするんですが、何か策はあるのだろうか。
期待しています。

それとも、やはり攻略の鍵は前半の感想で書いたようにランド博士が握ってるんだろうか。
(暴走した原因が分かり同情できる余地が出来たので呼称を”博士”に戻します)

何とか彼とボーマン博士が対話する機会があれば。そうすればゼログライジスのライダーとして内部から隙を作るなどの行動が出来そうなんですが。
んー……。どうなるだろう。


ところで、次回のタイトルは「三大破壊竜 地球最大の決戦」とのことで。


これを想像せずには居れないよ。
というか、めっちゃそのまんま!

強大なキングギドラに対抗して「モスラ、ラドン、ゴジラ(三大怪獣)が、それぞれの主張の違いはあり対立はしているんだけど、それは一旦置いといて地球の危機を救うべく共闘する」という展開があります。
で、
この作品って割と昭和のゴジラ映画としては特別な位置にある作品でして。
何が特別かというとそれ以前のゴジラは「人類に対する明確な脅威」として描かれていたんですが、この作品以降は「巨大な悪から地球を救うスーパーヒーロー」に転換したのであります。
共闘で何か思うことがあったんでしょうかねぇ。

「激戦を通じて互いを認め合い絆を深める」
ってのはゾイドワイルドZEROと共通する思いかも……。

なおゴジラのほうの地球最大の決戦は「三大怪獣」と書かれているその実、登場怪獣は「キングギドラ、モスラ、ラドン、ゴジラ」の四体です。
これはキングギドラは敵側だからカウントしていない。三大怪獣とはあくまで地球側を示す言葉なのであります。

深読みしすぎ案件ですが、ZEROでは「三大破壊竜」で、明らかに「ゼログライジス、ジェノスピノ、オメガレックス」です。
ゴジラ映画のオマージュだとすれば、現在敵側であるゾイドまで含めた数をカウントしている事は意味があるのかな。
ゼログライジスは確かに異なるゾイド因子を持つ異質な存在である。だが、それでも分かり合い仲間になれる……という。

無印ワイルドのラストが「デスレックスと分かり合う」というラストだったこともあって、そんな方向性にも少し期待しています。

まぁ、いずれにしてもクライマックスです。
どんな展開がくるのか。
楽しんでいきたい次第。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント