今日は45話!!!

今日は45話です。
44話でアッサリ倒したかと思いきや……、よりパワーアップして蘇りそうな予感がたっぷり。
どきどきです。
アニメや漫画ではよく「強い攻撃を与えたからこそ、敵の本能を刺激してしまい、パワーアップを促進してしまう」ような展開があります。
前回のグラビティキャノン+ライジングライガーの特攻は、はからずもそのような事になってしまったのではないかと。

エヴォリューションコクーン的なもので覆われているゼログライジスですが…、

でけえええええ!
もはや施設のようなレベルのデカさ。

中で何やってるんでしょうね。そして復活にはどれくらいかかるんだろう。
ここはもうキャタルガを集結させて穴を掘りまくる。埋める。上を固める。
あるいは飛行ゾイドを全力投入してマリアナ海溝まで運んで投下。水圧で潰す。
そんな対処の方が良い気もする。いや、簡単に出てくるかな。

合同軍にはせめてこの間に伝説のゾイド二体を復活させて欲しいところ。
できればオメガレックスは荷電粒子砲付きで。
あと対ゼログライジス戦では心もとないが、できればロングバスターキャノンの整備と砲弾の量産も。


さて本作ですが、以前に時系列についての記事を書きました。
2019年10/27 時系列の整理~アニメとバトスト~
2019年10/30 時系列の整理~アニメとバトスト2~

この記事ももうずいぶん前。ここから新たに明かされた情報なんかもあるので、ここでまた同じテーマを扱いたいと思います。

地球規模でかんがえろ



さて恐竜絶滅の最も有力視されている原因は「隕石の衝突(チクシュルーブ・インパクト)」です。
我々の認識では「直径10~15kmの巨大隕石が地球に衝突し、それにより発生した火災と衝突の衝撃で巻き上げられた塵埃が太陽の光を遮ることで、全地球規模の気温低下を引き起こし、大量絶滅につながった」となっています。

しかしながらワイルドZEROの世界では違うらしい。



という事のようだ……。


ゼログライジス出現後の年表も鋭意製作したいと思います。
が、それにはゼログライジスの謎が明かされないことには困難も多い。

42話ではランドの口から「ゼログライジスとゼロファントスは惑星Ziとは性質の異なるゾイド因子を持つ」ことが語られました。
44話の予告ではサリーから「他の宇宙から飛来したゾイド」とも言われています。

え、別宇宙って……!?
何でしょう。
・ゾイド星(実は惑星Ziとゾイド星は違う解釈)
・惑星メルダ(Zevleの舞台)
・パラレルワールドの惑星Zi(ゾイド星)

うーん、ぜんぜん予想しかねる。
何だろう。

これの正体が判明したら、再び妄想もはかどってくると思います。
ゼログライジス後の年表妄想作成は45話後で。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント