24話!!!!!!

24話でした。

※現在は配信終了

今回も凄く面白い!!
物語は超絶盛り上がってきています。

最近は展開が先が読めない感じになっている。
戦闘もいつどこでどの規模で起こるかが全く分からない。
なので緊迫してドキドキするものになっています。

さてギレルが拘束されるという衝撃の幕引きだった前回からどうなったか……。


ギレルを拘束したランド博士とシーガル元准将は、ジェノスピノを超える「オメガレックス」の事を語る。
彼らはこの完成をもって帝国を離反するつもりのようだ……。

拘束されたギレルは投獄される。
ちなみにサリーと同室だ。


これは物語上の都合なのか、それともランド博士たちの何かの考えがあっての事か、どちらだろう……。
ただ、ランド博士を見ていると娘サリーに対してはなかなか複雑な想いを抱いていそうである。
「不要だ」と言い切りつつ、その一方で最近まで写真を大切に置き眺めていたし。
なので、同室であった事は「あえて」な気がします。
その意図までは分かりませんが……。


さて投獄されたギレルだが、そこは抜かりがない。
秘密道具で冷静に脱出を図る。
もちろんサリーを救助しつつの脱出だ。


口笛でスナイプテラを呼ぶ!!!!!
そしてすぐに駆けつけるスナイプテラ。

いや、ギレル少佐やってくれるわ。
アイセルとラプちゃんと同じくらいの深い絆があるじゃないですか!

「Z・Oバイザーで制御してる」はずの帝国機なのになぁ。
というかギレルは本当に凄い。
ジェノスピノ戦では共和国側のキャタルガでワイルドブラストしてたし。


この時のキャタルガは共和国側キャタルガだったから、マシンブラスト機能はない。
間違いなく絆で繋がっていたんですよねぇ。

スナイプテラ、もしかしてギレル専用にカスタムされてるんじゃないかな。
実はZ・Oバイザーは撤去されてただの防弾ガラス(目の防護)になってるとか……。
あのめちゃくちゃ強いスナイプテラは、実は「制御されていないうえにギレルと絆を結んでいる」から能力を存分に発揮できるという事なのでは……。
(なおバレないようにモニター表示などはマシンブラスト的なものになってる)

こういう秘密のカスタムは実際の軍でもあったそうです。
たとえば旧日本軍では末期にB-29対策に「斜め銃」という装備が有効だと分かった。
なので多くの戦闘機に急遽として増設されたんですが、これは重い装備なのでパワーのある双発機(月光や屠龍)には良いが単発戦闘機には適さなかった。
”上”は斜め銃が有効だという所で思考をストップさせてしまい、深く考えないまま全部に付けろと言ったわけですね。
現場ではむろん”上”からの命令なのでしぶしぶ付けていたようですが、一部は整備兵に耳打ちして銃を竹の筒に交換していた者も居たんだとか。
(見た目上は撤去したとバレないように)


話が逸れてきたので戻します。

スナイプテラの活躍で上手く脱出できそうなギレルとサリーだったが、サリーはペンダントを取り戻しに施設内に戻ってしまう。
これによりギレルは無念の一人脱出となる。


脱出したギレルはオメガレックスの情報を直ちに報告し、その情報は危険性から共和国軍にも共有される。

もはやランド博士やオメガレックスは両国にとっての脅威。
ここに、両軍の精鋭を集めたジェノスピノ討伐部隊が編成される。


両軍の大部隊が集結!
凄い迫力、そして高まる物語!!


両軍だけじゃない。レオとライジングライガーも居た。
だがレオはサリー救出に失敗したギレルに対して激しく怒っている。
「俺が行けば良かった」
ギレルを責め立てる……。

視聴者としてはギレルの行動が分かるので仕方がない事だったと分かる。
もはや惑星規模の危機だけに、サリーだけに構えない事情も分かる。
なので、そこまで言ってやるなよ……とも思うんですが、でも、やっぱりレオの気持ちも分かるのでもどかしい所です。

レオって熱い奴だけど、常に冷静で適切な判断をしている。時に無茶はするけど、それでも無鉄砲じゃなくてキチンとした考えをした上で最善の行動を採ってる。
だからこそ、そんなレオが初めてキレて感情的になった今回のシーンは響きます。
その救出にかける想いが強く伝わるし、いつもは冷静なレオが激高しているのだからむしろ応援したくもなる。
今までの話で各キャラクターが丁寧に描写されているからこそ、このような感想になっていると思います。

そしてまた、その怒りを反論せずに受け止めたギレルも魅力的です。


さて両軍の連合部隊は夜を待って攻略戦を開始する。
レオは待機命令だったが…、抑えきれない想いからやはりライガーで出撃する。
飛び出したものは仕方ない。
部隊はライガーを援護し全力の砲撃を行う。
そして遂にサリーを救出するのだった……。


という事で24話ですが、今回も濃かった。素晴らしかった。
内容が非常に濃かったので今回も何回かに分けて感想を書きます。

先にも書きましたが、ギレルは有能だなー。
ボディチェックされたのに脱出道具を持ってるし(事前に拘束される事態を想定しているのが凄い)、鮮やかに脱出するし。サリーが戻らなかったらアッサリ救出は成功していただろうし。

スナイプテラとの絆もとても良い!
帝国側なのに凄いなぁ。
その悪魔的な強さの理由は絆にあるのかな……と、ちょっと思いました。
上では「実はZ・Oバイザーは外されてるのでは?」と書きましたが、この辺の秘密も今後見えてくると良いなぁと思います。


両軍の精鋭が集結するシーンは圧巻です。
何気にワイルドライガーが混じっていたのもポイントでしょうか。


以前に「ライジングライガーは最終的にワイルドライガーに進化するのでは(そして一期に繋がる)」との推測をしていましたが、それはどうやら外れたようですね…。
ただ、何者だろうこのライガーは。


スナイプテラ(ギレル機)とラプトリア(アイセル機?)の近くに居たんですよね。
ここから、一般機というより何か特別な機体だったと推測できるのですが、果たして……。

帝国軍ではリュック隊長がギレルの配下として極めて適切に行動していたのも印象的でした。


リュック隊長は最近ぐんぐんいいキャラになってきていると思います。

当初は影が今一つ薄かったんですよね。
そこそこ腕はあるがギレルが圧倒的過ぎるのであまり目立たない。乗ってるゾイドのキャノンブルも地味な扱いが多かった…。
でも今は凄くいい感じ。

彼は色んな思いがあると思う。
当初は”たかが民間人”に何度も出し抜かれてプライドが傷ついたでしょう。
ランド博士などという最近やってきた奴に理由も聞かされない理不尽な命令を受けるのも嫌だったでしょう。
階級で同格ないし下だったギレルが二階級特進で少佐になったのも愉快ではないはず。

それでも。そんな色んな思いを抱いているハズなのに、それは一旦おいておいて作戦のために全力を尽くしている。
それがまさしくプロの軍人というか。その姿勢がとても魅力的です。
ギレルも軍人だけど、やっぱりちょっと異端なんですよね。
「あくまでもプロの軍人としての行動をする」というキャラクターはなかなか珍しい。そしてここまで主要キャラになり魅力的になれたのは稀有だと思います。

キャノンブルに乗り続けているのも良いですね。
彼ほどの手練れなら、望めばスティレイザーなかでも受領できそうなんですが。
それでもキャノンブルに乗っているのはこだわりなのかなぁ。
彼もまた、絆の「ワイルドブラスト」ができる素養があると思います。

リュック隊長を含めて、今まで出会ってきた数々の強敵や仲間が一堂に会してサリー奪還と最強「オメガレックス」の攻略に挑む。
もー、最終回ですか!? ってくらい盛り上がってきています。
凄いなぁ。


さて今話では最後に、

なんだかんだでサリーは奪還された。
なおこのシーンは……、


オープニングのこれでは………。
ほぉ……、OPのラブラブシーンは今回の奪還時のものでしたか。

以前に、アニメ監督へのインタビューの記事がありました。
こちら(超アニメディア)
ここでサリーとレオの関係については「恋愛感情はほぼないと思っていただいていいかもしれません」と書いてあるんですよね。

もしかして、今まではそうだったのかもしれない。
でも、今話で救出に来たレオ。この時からそういう感情をいだくようになったのかもしれないなぁ……と思いました。


さてまだまだ書き足りない24話ですが、長くなってきたので一旦ここで。
次回はランド博士とかメルビル少尉について書いていきたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント