今日は22話!

今日は22話!

異色な話だった前回から一転、話が大きく進むみたいで、とても楽しみ!

ファングタイガーというゾイドは最新鋭ゾイドに対してどこまで対抗できるのかなぁ。
第一期ワイルドではデスレックスにも引けを取らない脅威的な強さを見せつけました。
潜在的な強さはかなりのものがあるのかも。
今回のファングタイガーは更にランド博士が特製の調整までしているようなので、ライジングライガーとの対戦が気になる!

ブースターで速度UP、そして小型ながら火器も付いているし、やっかいな敵になりそう。
やはり火器で牽制してワイルドブラスト(マシンブラスト? デスブラスト?)で決めるのが必勝法でしょうか。

バーンも久々の登場みたいですね。
そしてついにオメガレックス復活も間近?
「ある人物」とは誰だろう……。
あの島でジャミンガ退治を依頼してたおっちゃんかなぁ。

そうそう少し前にしれっと重要な情報が出ました。
それは「デスレックスは帝国で数機程度復元に成功している」との情報です。
それを保有していながら軍事力では「共和国優位」だったわけだから、ワイルド一期と違いデスレックスは「強いがそこまで圧倒的ではない」という事が言えます。

すなわち、強さは「デスレックス<<<ジェノスピノ」である。
そして「ジェノスピノ<オメガレックス」という事かな。

デスレックスとオメガレックスですが、「荷電粒子砲を使わない」という条件であればどちらが強いのかな。
互角なのか、それとも「荷電粒子砲に耐えるボディを有する=通常のデスレックスよりも頑丈で強い」のか。
「吸い込んだ荷電粒子を格闘戦のエネルギーに使う」事も可能かも……。

一期ではとにかくデスレックスが特別なゾイドであり悪夢のように強かったわけですが、第二期ではそうでもないのかなぁ。

一期と二期が続きの世界であるとすれば可能性は二つかなぁ…。
一つは……、たぶんオメガレックスとデスレックスの骨格は同じでしょう。ここから推測します。
一期の世界では時代の流れからオメガレックスの情報が誤って「デスレックスである」として伝わっていた。
オメガレックスを発掘したデスメタルだったが、最初は骨格のみの発掘だった。
後に装甲も発掘できたのだが……、実はそれはデスレックスのものであった。

骨格が同じということは装甲の互換性も高いでしょう。問題なく付くと思う。
すなわち、第一期のデスレックスは実質は「オメガレックスにデスレックスの装甲を付けた」機体だったという解釈です。
荷電粒子砲周りの機構はデスメタルでは再現不能だったので搭載していない。ただし荷電粒子エネルギーを格闘戦その他で使用するので圧倒的に強い。

もう一つは、第一期の舞台は単なる「島」であるという考えです。
そういえば第一期のアニメと並行して展開したものに「ゾイドワイルドバトルウォーズ(ZOIDS WILD Eastern Front)」があります。

本作は重火器も登場しZEROの世界のその後としても何らおかしくないと思う。
バトルウォーズは連載が継続しなかったのがとても残念なんですが……、コロコロでは「舞台は地球だが、ワイルド大陸とは離れた別の大陸である」とされていました。
バトルウォーズのような世界観が第一期ワイルドの時代における地球の標準。ただし中には「離れ小島」のような場所では文化交流がないので全く違った状況にもなっている。
そういう可能性も感じています。

この辺の見解も徐々に見えてくるのかな。
とにかく、今日もとても楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント