21話!!

21話でした。

※現在は配信終了

今回はかなり異色の回だった気がします。

予告がこんな感じだったんですよね。

なので当初はホラー回だと思っていたし中盤まではそんな雰囲気だったんですが、そこから意外な展開を見せました。


旅を続ける一行は、廃墟となった街に一棟だけ美麗な姿を保っているビルを発見する。
そこで調査をする事になったのだが……、


頑丈なシャッターで入り口は完全に遮断されている。
どうやらこれが侵入者を阻みビルを守ったようだ。
調査、あるいはお宝探査のために中に入ろうとするのだが当然開かない。
と思いきや、不意に自動で開く。
疑問を感じつつも一行は中に入る。

内部は侵入者から完璧に守られていたようで、ゾイドクライシス以前の状態がありありと分かるものであった。
ビルは下層部が各種テナントが入った商業施設、中層階以上は会社オフィスや住居という構造のようだ。
大型ビルによくある感じですね。

侵入者から完璧に守られた稀有の建物。
内部でアイセルはゾイドクライシス以前の記憶を濃厚に感じる。

そしてまた、建物内では徐々に怪奇現象も起こる。


誰も居ないのに突如として送付されるファックス。
一行を誘うように動くエレベーター……。
そして一行は、上層部の部屋でAI搭載型人形「アリス」に出合うのだった……。


ということで21話でしたが、改めて異色な回だったと思います。
その中に意外と重要な要素が隠されていたと思いました。

バズは今回はギャグ要因だった。
現実主義者らしい金持ちに憧れる感じ、お宝探しにワクワクしてる感じ。
そして現実主義な割にお化けを恐れる感じも面白いですね。
バズのおかげで物語が軽妙に進む。
そしてアイセルとの掛け合いも良い感じ。このお二人はどんどん仲良くなって欲しい!


-ビル内での描写について-


CD聴いてましたね。
流れていた曲は前ED、千田葉月さんの「ヒカリ」。
我々の世界では配信専用なんですが、作中世界ではディスクでも発売されていたのか…。うらやましい限りだ。

…話を戻します。
CDは寿命がある。基本的には100年もはもたない(反射膜のアルミが劣化する為)。
よほど良い状態で保存されていたか、あるいはビル内の空間が本当に時が止まったようになっていたのか……。
(ただしヘッドホンは年月相応に劣化していたが)


通路やオフィスはちょっと綺麗すぎる気がする。
ゾイドクライシス時の状況、おそらく一刻を争う緊急避難が行われたのであろう……を見ると、もう少し散らかっていそうな気がするし、遺留品が残っていそうなんですが。

物が乱雑に散らかっているだろうし、もっと言うと逃げ遅れた者のミイラ化した遺体があるような状況の方が自然に思えます。
が、それは対象年齢を鑑みて描写しなかったのかな。

アイセルはビル内でゾイドクライシス以前の記憶を濃厚に感じていた。


多分これはアイセルが考古学者だからじゃないかな。
考古学者というのはわずかな手がかりからその時代のリアルな姿を組み立てる。
わずかな手がかりからリアルな映像を頭の中に作り、そしてその時代を想像するような事も多いでしょう。
時に現実を忘れるほどに自ら思い描いた映像に没頭する。それは彼女の考古学者であるという所をよく示していると思います。
そしてそういう彼女だから後の「アリス」「マリア」に対する態度になったように思う。


AI人形・アリスは凄いな……。
「対話可能なAI人形」は実現できると思う(個人で購入できるのは凄いと思うけど)。
ただアリスは……、もはや「持ち主との対話」というレベルではなく「ビル全体を自らの体とする」レベルであった。
侵入者の監視、電話(FAX)の呼び出し、エレベーターの操作、鍵の解除、etc.

持ち主の「マリア」との別れの際は「お出かけ?」と呑気に問いかけていたので、おそらくこの時点では持ち主との対話が可能な程度の能力だけだったと思える(外の様子が分かっていない)。
しかし帰りが遅い事からマリアの状況を積極的に探ろうという動きに出た。そして徐々にビルのネットワークに侵入しその機能を自らの支配下に置くような事を100年続けていたのだと思う。
持ち主を待ち続けながら孤独に進化を続けるのは機械ゆえの高性能と忠実さ、そして悲しさを感じる……。


「アリス」はAI人形すなわち人造された生命と言えるでしょう。
否定的な書き方をすると、「確かに会話はできるが、だからといって生きてるわけじゃない」とも言える。
でも本話でアリスの「想い」や「生命」はとても強く尊重されていた。
守ろうとし、ジャミンガに破壊された際は激し怒りになった。
これは私はとても大きな意味を持っていると思いました。

話がゾイドワイルドじゃなくなるんですが、ゾイドで人造生命というとやはり「ブロックス」を思い出さずにはいれません。
今回の話は、人造ゾイドであるところのブロックスを肯定する内容でもあったと思います。

ブロックスは……、新世紀当時は「兵器としては極めて有効だが、ゾイドとしてはあまり良いものではない」と扱われる事も多かったと思います。例えばシュトルヒ付属の公式ファンブックEXです。
-----
「おまえこそ、これを見て何も思わねえのか?」
低く、かみ殺したような声が、かえって深い怒りを感じさせる。
「味方は優勢です。喜ぶべきかと思いますが…」
「これはゾイド乗りの戦いじゃねえ!」
もともとアクアは血の気の多い士官だ。だが彼のこの言葉は、ほとんど全てのゾイド乗りの思いを代弁している。今、この星の戦いの形が、ゾイド乗りの望まぬ方向へと大きく変わろうとしていたからだ。
 
発端は、数年前に生まれた新たなテクノロジー。人工ゾイド核が開発されたのだ。
これは戦闘ゾイドの生産に、野生ゾイドを必要としなくなったことを意味する。低コストで、大量生産でき、個体差による性能のバラつきもなく、機体とパイロットの精神リンクも必要としない、誰にでも扱える人工ゾイドが造れるようになったことを意味するのだ。

<中略>

技術は進歩し続ける。より合理的に。キメラはより強く進化し、コントロールの問題も解消されるだろう。やがて。
そう思いながらもサファイアは、2人のゾイド乗りの舞いに魅せられていく自分を止めることができなかった。
-----

この冊子ではブロックスではない生粋のメカ生体であるところのゾイドに乗って戦う「本物のゾイド乗り」が語られています。

今回の話は「ブロックス」にこれまでより一歩進んだ議論をするきっかけになるのではないでしょうか。
ゾイドワイルドシリーズは従来シリーズよりも「生命としてのゾイド」を強調しています。
その魅力「メカだけど生きている」を伝える事に全力を尽くしている。
でもその一方でバズのジープ…「無生物で完全な機械」を同行させているし、今回のようなAIという人造生命を登場させたりする。
そこが深いなぁと。考えるきっかけになるなぁと思います。

ただし現状で「じゃあこれは?」と思うのはジャミンガかな。
ジャミンガは一切の容赦なく破壊されてるんですよね。まぁ明確な脅威だからそりゃ排除するのは当然なんですが、ジャミンガもまた「不完全な姿で生まれてしまった悲しき生命」ではあると思うんですよね。
今後はそこに付いての踏み込みもあると良いなと思いました。


AI人形アリスはジャミンガに無残にも破壊された。
そこからのアイセル&ラプちゃんの鬼神の如き強さは圧巻。


砲身も焼けつく暴れっぷり。

だが戦いは虚しい。
ジャミンガを破壊しても過去は戻らない。
このビルもまた間もなく廃墟になるだろう。
眠りについたアリスを残し、一行は再び前に進むのだった……。



ぶち壊しになるようなツッコミをすると、アイセル達はビルに侵入する前に開いたゲートの位置に簡易なバリケード(その辺の廃材でも使用して)でも作るべきだったね……。
そうすれば少なくとも短時間でジャミンガの侵入を許すようなことはなく今回の悲劇も防げたと思う。


アリス。
アイセルは感情移入しすぎていた。なので「アリスの無事だった機械の一部がラプちゃんに組み込まれ生き続ける」ような展開もあるのかなーと思っていたんですが、それはなかった。
当初は「自分が本当にマリアである」という位に感情移入していたんですが、破壊されたところで一歩冷静になって「アリスに誤認されるほど似ていたとはいえ、やはり自分はマリアではない」と思ったのかな。
だから「本物のマリアを待つ」状態で眠らせてあげた(それがありえないことは分かりつつも)。
自分が持って行くべきではない、と考えたのかなぁと思いました。

今回は異色の回でしたが、長い旅を続けていくと色んな体験や経験をする。
そんな回でもあったと思います。


あと、冒頭の帝国皇帝まわりの描写も必見だったかと。


今後どうなるかに大注目です。
あと侍女のジーンさんも。


フルネームが!
うん、大注目ですね!


次週はアルドリッジが活躍するみたいで! 楽しみです。
またオメガレックスの発売も近くなってきたので、そろそろか!? という所も心待ちにしています!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント