40話の感想追加

アニメ40話は見どころ盛りだくさんでした。
ということで、更に感想追加とか41話への期待とかいろいろ。

■アルドリッジ
アルドリッジは40話で魅せてくれました。
彼もまたアツい漢だった!!

すまん、いままで何も考えてないアホだと思っていた。
勝ち馬に乗ろうと特に深く考えずに真帝国に付いたと思ってた。
いやしかし、実は秘めた想いがあった事が示されました。
40話はアルドリッジ回でありました。

アルドリッジ的には「帝国とは強い国である」というのが絶対的な想いだったようですね。
なるほど、だからこそ「ジェノスピノを抑止力にする」というコリンズ准将の考えが嫌いで、強硬派のシーガルに賛同したのだろうなぁ。
そしてジェノスピノ事件以降に急速に仲良くなる両国の状況を憂い、違う帝国はそんなのじゃない! と思って真帝国に身を奉げるようになったのでしょう。
(そうする他に道が無かったというのも当然あるだろうけど)

一度はゼロ勢力の精神乗っ取りを拒否した。
しかし今、精神乗っ取りを受け入れ二度と戻れないことを覚悟してまでオメガレックスに搭乗。
そこにどれほどの苦悩と決断があったでしょう。
うーん。アルドリッジが正直ここまで魅力的になるとは思ってなかった。おバカなお調子者で終わるかと思いきや、ファングタイガー改に乗ったあたりから急速に魅力的になった感じがします。
スピンオフが作れそうだな!

アルドリッジがこのような想いに至ったのは何故だろうなぁ…。

思うに、惑星Zi時代の帝国と共和国は超超対立して激戦を繰り広げていた。
帝国は軍事力で共和国を超えて、軍事力で屈服させることを目標にしていた。

しかし惑星規模の危機があり、一旦休戦。協力して地球に脱出。

地球到着後は再び対立しているが、やっぱり一時的にでも「休戦して協力した」という事実があれば以前よりはマイルドな対立になったんじゃないかなぁ…。
しかも「共和国が先に到着していた」という状況で、軍事力も共和国が上なんですよね。
だから帝国としては穏便に過ごしたい気持ちも多少あったでしょう。
軍事力を向上させる一方で、コリンズ准将のような平和条約締結を目指す派閥も多く居たと思われる。

アルドリッジは元少佐。ということは軍学校出身かな?
軍学校では当然ですが歴史を教えます。
アルドリッジは第二世代で惑星Ziのことは直接は知らないでしょう。
ですが学ぶ中でその対立の苛烈さを知り、現在の状況を腑抜けだと思い、「帝国は軍事で圧倒的な力を持ってこそだ」と強く思うようになったのかも。

人に歴史あり。

一方で台無しなことを言うと、真帝国に身を奉げた事について、「そうする他に道が無かったというのも当然あるだろうけど」と書きました。
この線もあると思うなぁ。

ジェノスピノ事件の時はただの野心で甘言に乗った。そして罪人になった。
だから真帝国に所属する他に道は無かった。

さて人間、どうしても自分を保つために色々な理由付けをするものです。
何か悪い事をしても、いや悪いことをしたからこそ「だってこういう理由があったから仕方が無かった。俺は悪くない」それがより進化して「というかむしろ俺がやったことは正しかった。正義だ」とかになりがちです。
(人間、真に反省するのは本当に難しいのだ)

自分を正当化する中でどんどん理論武装していく。「そうだ俺は正しかった。正しかったんだ! 周りが間違ってるんだ!!!」
そんな風に過激な考えになると、やがてその考えに自分さえ乗っ取られてしまいます。
そういう状態かもしれないなぁ……とも思いました。


スピーゲルはアルドリッジにかなりの親しみを感じている模様。
かなり心配していた。
もはや同じゾイド乗りと言える存在はアルドリッジだけだからなぁ。「タイガーとアルドリッジ、そしてウルフと自分が居ればまだまだ戦える」という自負もあったでしょう。

対してシーガルは……!
「アルドリッジの心意気を受け入れ出撃を許可した」ではなく「ちょうどいいところにコイツ志願したな」という思いで出撃を許可していたように思える。

結果から言うとオメガレックスは鹵獲されアルドリッジも敵の手に落ちた。
もはや奪還は不可能でしょう。
今後この二人がどうなるか。どのような発言と行動をするかにも注目しています。

今回またしてもアルドリッジを捨て駒的に扱ったシーガルにスピーゲルがブチ切れ。シーガルを倒して立場を奪うという展開があってもいいかも(いまさら真帝国のトップになったところでどうなるんだという話ではあるが)。


■ロングバスターキャノン
今後どうなるでしょうね。

1:砲弾が特殊なので運用困難で破棄
2:砲弾を新造する(ボーマン博士に頼めばできそう)


2を期待したいなぁ。
対オメガレックス戦では「下から撃ちあげる」必要があったのでライガーに装備となった。
でもオメガレックス以外のゾイドだったら、爆風が及ぶエリアに居ればそれだけでアウトになりそう。
そう考えれば、やはり通常時はグラキオなどの重量級ゾイドに載せて欲しいところ。
今後おそらく起こるハズのゼログライジス戦。
その時はグラビティキャノンやロングバスターキャノンを背負った重量級ゾイドも見たいなぁと思います!

ところでコメ欄でも頂きましたが、ロングバスターキャノンの砲弾は実に軽そうですね。
これはおそらくですが、「砲弾の中にキューブのエネルギーを注入する」「着弾と同時にエネルギーを爆発させる」という構造だからだと思います。
キューブのエネルギーなので重さはほとんどない。
砲弾はエネルギーが外に漏れないための「外皮」のようなものなので極めて軽量である、と。

ちなみに地球の砲弾で言うと現代戦車の主流である120mm砲。これの砲弾は人力で装填できる限界になっているそうです。
だからこれ以上の口径を採用するなら、児童装填装置の搭載が必須なんだとか。
おそらくロングバスターキャノンの口径は120mmよりは大きい。
軽いといってもそれなりの重量ではあったと思う。
あんがい、みんなハードな世界で鍛えてるんだろうか。


■メルビル
メルビルはおそらく鹵獲したオメガレックスに乗って対ゼログライジス戦に望むと予想します。
うーん、それはそれで危ないので心配なんですが、まぁこれはエンディングの映像を見る限り確実だろうなぁ。

メルビルはアイセルの監視下にある。
キューブを巡る旅で、「協力的であり真帝国との繋がりはないと思われる」というように連絡されているのでしょう。

そして今回、オメガレックスの弱点を的確に伝えた。しかもその作戦が成功した。
そんなわけで、ようやくながら疑いは晴れて信頼を得た状況なのかも。
良い事ですね!

余談ですが、アイセルはサリーとレオとライジングライガーの監視を以前に行っていた。
そして現在はメルビルの監視。
ああ見えて、この手の任務のプロなのかも。


ということで色々書きました。
41話ではアルドリッジがどうなるか。ゼログライジスは出るのか! などなどワクワクが止まりません。
今から楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント