37話の感想追加1

37話の感想追加です。
各勢力の思惑があり、とても複雑に入り組んで事が進んでいると思います。
しかし深読みすると沼ですが、普通に見る分には難解さは一切なくストレートに楽しめます。そのうえで同時に、深読みしようとすると各勢力の思惑は何なんだろうと沼になってくる。
このバランスが良いですね。難解なだけではやはりメインターゲットが付いてこれないので。

というわけで当サイトは今後も沼な方で楽しんでいきたいです。

~ゼロ勢力~
前回も書きましたが真帝国は凄い技術力持ってますね……。


ギレル曰く、
「そうか、超電導の原理か……。おそらく、紫の光の霧が特殊な磁場を作り出して体を浮かせている」

とのこと。
うん、分からん。

超伝導は完全に自分の専門外なので勉強しなくてはなー。
とりあえずwikipediaのページでも見ておこう。
詳細はこれから勉強するとして、幾つか「浮いている」状態の写真や原理解説がありますね。
今回のゼロ勢力が使用した技術、浮かぶ原理も同じものなんでしょう。

しかし原理は分かってもあれだけ大規模に展開できる事は凄い。
あと、ガブリゲーターの動きに注目すると、「泳ぐ」ではなく「歩く(走る)」時の脚の動きをしていましたね。
超伝導で体を浮かし、泳いで移動するだと良いんですが、動きが走る時のそれだった。
ギレルも「走っている」と言っていた。
「浮かす」だけじゃない。歩行ができる程のしっかりした足場を形成する。やっぱりすごい技術だなーと思います。

ゼロ勢力は今回、連合部隊に対して完勝。見事な勝利でした。
ただしそれは同時に「真帝国本拠地の放棄」でもありました。
ここからはゼロ勢力の弱点も見えてきます。

圧倒的に強く、何度でも撃退できるのなら基地を放棄する必要はなかった筈。
それなのに放棄したというのは、やはり物量が乏しいので「正面きって戦えば勝ち目はない」という事なんでしょう。

それゆえ真帝国基地では霧を使った奇策を使って連合部隊を翻弄。
同時に帝国、共和国基地を襲い敵全軍の動揺を誘う。
自分たちの保有する超技術を見せつけ、同時に戦力を実際以上に見せかけ心理的な圧迫をかけた。
その目論見は見事に成功し、敵は戦いを放棄し撤退を決定した。

これは初登場時の暗黒軍に似ているなぁ……。

真帝国の戦力はゼロ勢力の本拠地にでも移動したのだろうか?
オメガレックスも移動したのかな。応急的に歩行だけは可能な状態にしていたのかもしれない。
しかしゼロ勢力の本拠地に移動したのだとすれば……、いよいよ真帝国のお先は真っ暗な気がする。


~真帝国~
真帝国は今どんな感じなんでしょうか。
アルドリッジとスピーゲルを除く全ゾイド乗りは今やゼロ勢力の手先。耐Bスーツを介して精神をのっとられたから。
現在残っているのはシーガル、アルドリッジ、スピーゲル、そして整備兵などのゾイドに乗らないメンバーくらいでしょうか。
いや……、真帝国基地内の描写を見ると、もはや人がいない。ジャミンガが闊歩している。
なので、整備兵も既にゼロ勢力の手先なのかも。
もはや真帝国はシーガル、アルドリッジ、スピーゲルの三名だけなのかも。

ゼロ勢力の精神のっとりはえげつない。
37話ではスピーゲルが耐Bスーツをしていない事について「俺は俺で居たいんでな……」と言及するシーンがありました。
このセリフから推測するに、いちど精神をのっとられたらもうおしまい。元には戻らないのでしょう。

「戦闘時に一時的に自我を失う」だったらまだしも良いのですが……。
このような事態を目の当たりにして、アルドリッジやスピーゲルは耐Bスーツを付けない事を選択。シーガルもまた自身の直掩として両名は置いておきたいので耐Bスーツ非着用を了解したという事情を推測します。

シーガルはこの先どうするつもりなんでしょう。
ゼロ勢力に対して対等以上であるかのような口調を崩していないし、共和国・帝国合同部隊が攻めて来るであろう事を予想したシーンでは「真帝国は揺るぎもせん」と余裕を持った態度であった。
A、見栄を張ってるだけ
B、秘策がある

どっちでしょう。

秘策があるとすればオメガレックスかな。
1、ゼロ勢力がオメガレックスを修理する
2、その瞬間に間髪入れずアルドリッジかスピーゲルがオメガレックスを奪う
3、オメガレックスでゼロ勢力基地を制圧して配下に置く
4、精神のっとりを受けた部下を元に戻させる


「最強・オメガレックスが居ればどうとでもなる」という所に再興を賭けているのでしょうか。
そんな気がします。
しかしオメガレックスにアルドリッジを回せばファングタイガー改が。スピーゲルを回すとハンターウルフ改が余りますね。
捨てておくのは勿体ない。
まさかシーガル自身が乗る気なのかなぁ。

ゼロ勢力はこの思惑について気付いていると推測します。
しかしゼロ勢力にはオメガレックスなど足元にも及ばない真の破壊竜がある。そうゼログライジス。
「ささやかな喜びを与えるためにオメガレックスを修理し与え」「そのうえでゼログライジスを出撃させて絶望感を与える」事を想定しているのかも……。


シーガルはともかく、アルドリッジやスピーゲルはどういう心境なんでしょうね。
アルドリッジは、なるようになれとしか思ってない感じがする。彼らしいといえば彼らしい。

シーガルは微妙に「なんでこんな事になったんだろ……」と後悔してる感じもします。
彼の場合は帝国に居れば腕の良いライダーとして今も確実な位置に居たでしょう。
トップには慣れずとも安泰ではあった筈。
ワイルドライガー(ディアス中佐)に戦いを挑んだ際、わざわざ内情を伝える会話をしていたあたりから彼の後悔を感じました。

だが話している途中に「……といっても今さら投降できるわけもないか」と吹っ切ってバトルへ……という流れを推測しました。

ゾイド乗りとしての腕はやっぱり優秀。
VSガトリングフォックス時は慢心があったと思う。けど今回は技量でおそらく上をいくディアス機が相手とあって本機モード。
耐Bスーツを着ていないにもかかわらずマシンブラストして必殺ソニックシックルを放つ意地を見せる。

ただし威力はやはり耐Bスーツ着用時のもの(ギレル機戦)より数段劣っていたように見えました。
放ちはしたが耐Bスーツがない分を見込んで威力調整をした=必殺威力ではなくなった という事情も見えます。


さて真帝国の明日はどっちだ。
なんだかんだで残った三人はもう少し意地を見せてくれると思います。
そんなところも楽しみです。

今日はゼロ勢力と真帝国についてでした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント