37話!!!

37話でした!


※現在は配信終了

今週も話が動く動く。
バトルも激戦で目が離せません。
話が複雑に入り組んでいるので今回は感想のvol.1です。

さて冒頭は待望のメルビルとフィオナ皇帝の会合。


ビデオ通話でしたが……。

フィオナ皇帝は待遇について安心して欲しいとの発言。
ちょっと私情が抑えきれてない感じか。
一方メルビルは、感情を抑えてあくまで冷静に会話している感じ。
帝国の未来のために自分を正しく裁いてほしいと。
立派だけど切ないなぁ。

フィオナ皇帝はお疲れの様子でもある。
まぁ帝国は問題が山積みで現在も片付いてないからなぁ。
共和国とは敵対しているが協力もしているという現在の状況もややこしい。
その処理にも色々と苦労していそう。

そんな中でようやくメルビルの奪還が成ったのだから、私情を出しても仕方がないか。
なお、お疲れという事は、普段において皇帝の業務を全うしている事の証明でもある。
フィオナ皇帝はお飾りではなくしっかりと政治を取り仕切っているのでしょう。

しかしメルビルの帝国返還は成らなかった。これについては後程。


ところで帝国皇帝はそれなりに登場しているんですが、


共和国のクレストウッド大統領はぜんぜん出てこない。何してるんだろうなぁ……。
まぁ何って国内の政治を行っているのだとは思いますが、存在感が低い事は否めない。
もうちょっと出てきても良いのに。

クレストウッド大統領は特に特記するような秘密はないのかな?


話を戻します。

メルビルは真帝国本部の位置……すなわちオメガレックスがある場所の情報を提供する。
ただメルビルについては「信用して良いのか? 罠なのでは?」という意見がやはりある模様である。


ま、これは当然だろうなぁ……。

しかし前回に証言した内容「しゃべるジャミンガ」などの情報が正しかったこともあり、一定の信頼もある。
結局、もたらされた情報を元に攻撃が決定する。

攻撃に先立って偵察が決定。
担当するのはディアスとギレル、ゾイドはワイルドライガーとスナイプテラだ。


偵察は二名で行うわけじゃない。
他にも多数のゾイドが編成されていた。


部隊の中にディメパルサーが居る!!
これにちょっと感動しました。
ラプトリア、スコーピア、ディメパルサーが加わり、偵察部隊は行動を開始する。

(並行してレオたちやメルビルにも動きが出ましたが、これについては次回感想に回します)


さて真帝国だが、メルビルの情報からここが攻撃されるだろうと予想していた。
なので入念な迎撃態勢が採られる事になった。
迎撃はゼロ勢力が行うことになった。


霧に包まれる真帝国基地。
これにより視界がふさがれ、陸上からの偵察は困難になってしまう。
そこでスナイプテラが空からの偵察に出たのだが、そこで見たのは、


霧の上を歩く迎撃ゾイド部隊。
ええええ、こんな事できるのか。
ゼロ勢力にはこんな技術もあるらしい。もはややりたい放題……。

霧を味方に付けた敵は地上でも動く。
ワイルドライガーやディメパルサーにも攻撃を仕掛ける。
電子戦用のディメパルサーは話にならない。ディメパルサー配下のゾイドも耐Bスーツを付けていないので動きに精彩を欠く。

猛攻を受け、作戦は完全な失敗に終わったのだった……。


ということで37話の偵察でしたが、ゼロ勢力の技術力凄すぎ。
霧の上を歩かせる!
凄いなぁ、もうやりたい放題。「我々は何でもできる」と自信満々のゼロ勢力ですが、その言葉に偽りはないようである。
引き出しは他にもあるのかな。怖い……。

真帝国はもはやシーガル、アルドリッジ、スピーゲルの三名を残して解体されたような感じがする。
兵はもはや意思を持たぬ戦闘マシーンとしてゼロ勢力に動かされているし、改めて簡単に同盟を受け入れて良かったのかと思えてくる。

しかしシーガルはゼロ勢力を信用しておらず、アルドリッジとスピーゲルを使って最後の意地を見せようとしている風にも見える。
今話は珍しくシーガルが無能ではないように見えました。


そんなわけで今回は37話の感想vol.1でした。
偵察作戦の複雑な推移とか、ゼロ勢力側の作戦行動とか、真帝国の思惑とか。
あとレオ達と行動を共にする事になった(!)メルビルの事とか、なぜそんな措置がとられるようになったかとか。
その辺を次回は書いていきたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント