今日は36話!

今日は36話です。
楽しみです。
36話に期待すること……。

・ゼロファントスの本格参戦
35話ではぼんやりとした登場だったゼロファントス。
そろそろ本格的に大暴れするのではないでしょうか!
ライジングライガーは最近ちょっと活躍が抑え気味なので、ライガーVSゼロファントスの戦いも見てみたいなと。
ただゼロファントスって爆弾をブン投げて広範囲を一気に制圧する感じのゾイドなんですよね。
1対1じゃなくて1対複数をみたゾイド。なので、どういう戦いが起こるのだろう?
しかしあの爆弾の威力はやばそうである。唯一の救いは「鼻で投げる」なので通常の火砲よりも弾速が低そうなところか……。
ライガーやラプトリアは投射を見てから安全圏まで離脱できる可能性も高そう。
ただ、バズジープは大丈夫だろうか……。


・ゼログライジス
ちょっと気が早すぎるんですが、そろそろ存在を匂わせてこないかなーと期待しています。
作中ではジェノスピノやオメガレックスが超巨大サイズになっていたんですが、更にそれを超える巨大さになっていそう。
桁違いの迫力を早く体感したい!

ところでトンデモ説な余談なんですが、ゼロ勢力って「白装甲と紫のリアクターライン」がデザイン的特徴じゃないですか。


なんかこの人にちょっと似てるかも……。
肌白いし髪の毛リアクターラインっぽいし。
いや偶然だと思いますけども!

ワイルドゼロは当初は「無印ワイルドに繋がる」と考えていました。
今はちょっと違うのかなぁ……という方向に考えがシフトしています。むしろもっと前のゾイドを向いてる感じが強い。
どうなるでしょうか。そんなトンデモ余談でした。


・メルビル
36話では話の中心になりそう。
やはり共和国・帝国の合同部隊からの事情聴取や妹フィオナ皇帝との会合なんかがあるんじゃないかと。
(レオたちの現在位置がどこかにもよるだろうけど)
個人的には様々な問題を解決した後は味方側の戦力として加わって欲しいかなー。
27話で語られた「ゾイドを従わせる皇族の特殊な血がメルビルには流れている」という設定は活かされたりもするんだろうか?


・フィオナ皇帝
今のところイマイチ皇帝としての指導力を発揮できていないと思えるフィオナ皇帝。
ジェノスピノ事件後の共和国クレストウッド大統領との会合(16話)では皇帝としての仕事をこなしていましたが、それ以降はウーン……。
仕方がないところもあるとはいえ、現在は帝国よりも姉メルビルのことを考えているようだし。
ここいらでお飾り皇帝ではないところを見せて欲しい。
具体的に言うと、どうあれ真帝国に所属し敵対行動をとり国に被害を与えたメルビルの罪を認めつつも・一方でその事情や気持ちを汲み「民が納得する」なおかつ「今後の真帝国(+ゼロ勢力)との戦いで彼女の力量を発揮できるポジションに置く」ような上手い落としどころを見つけるような、そんな力量を発揮して欲しい。
あと、思わせぶりな名前の侍女ジーンさんも何か活躍があると良いのですが。
(31話ではメルビルのことを罵倒しまくってたし(極当然の反応ではあるが)その辺の反応もあるとうれしいな)


・ゼロ勢力
科学船をのっとった思想集団。


彼らの事も徐々に分かってくるでしょうか。
中心人物は「イレクトラ・ゲイト」

そういえば2話では科学船が乗っ取られたシーンが一瞬映っているんですよね。


おぉ。同じデザインだ。
2話の時点からシナリオを入念に決めていたんだなぁ……。
(ただ取り巻きの連中は少しデザインが違いますね)

そして、

たぶんこれはイレクトラ・ゲイトさんでしょう。
35話でジャミンガを介して真帝国側のゾイドとライダーを掌握、そして「人類よ」とかしゃべらせていたのはこの人じゃないかなぁ。
彼らが出てくると考察妄想がはかどりそうでとてもワクワクです。
早く出て欲しい。
しかし一方でトラウマ級のトンデモ行為をしでかりたりもしそうで、ちょっと怖い……。
思想集団っていうのは怖いですからねぇ……。


そんなわけで36話への期待でした。
期待してることが多すぎるんじゃないですかね、こんなん一話で収まるとでもお思い出るかね と自分でも思うんですが、毎回期待以上の面白さと濃さを出してくるワイルドゼロです。
なので今回も期待しています!


……記事はもうちょっとだけ続くんじゃ。
謎が明かされる前に考えてる妄想を色々書いちゃう。以下はそんな文章です。

ワイルドゼロについて、これは割と早くから思っていたんですが、最近はその思いをいっそう強くしている事があります。
1、21世紀地球がゾイドに襲撃された。人類は脱出して惑星Ziに行った。
2、惑星Ziが最後の時を迎えたので脱出して地球に行った。
3、途中に不慮の事故が起こり科学船が21世紀地球に墜落した。①へ続く。

というものですよね。


この図を見てください。数字の「0」に似ていませんか。
ワイルドゼロのロゴの「0」って、この図のようなことを示しているんじゃないかなぁ。
ゾイドワイルドゼロのゼロは「原点」であり、また同時に地球と惑星Ziの関係を表したものでもある、と。



地球が滅び惑星Ziに脱出。
惑星Ziが滅び地球に脱出。

「0」は「ループ」を示すものではないかとも。

本作が「ループを完成させる物語」になるのか、それとも「ループからの脱却」になるのかはまだ分かりませんが……。


イレクトラ・ゲイト率いる思想集団はどんな思想をしてるんでしょうね。
今のところの考えは以下の通りです。
明かされている情報として「科学船を乗っ取った」ですね。あと「愚かなる人類よ」と発言したこと。

乗っ取った理由とは?

いつまで経っても争いをやめない共和国と帝国。
「惑星Ziが滅ぶので一丸になって脱出する」という時期になってさえわだかまりは消えない。
そこで「愚かなる人類を粛清し、われわれが理想の国家を作るのだ」と決意した。
そういうことかなぁと思いました。

RPGのボスなんかでも居ますね。シナリオを進めていくと、実は魔王は虐殺がしたくて王都を襲ったわけではなかった。ヤツなりに信じる正義の元に行動していたのだ……という事が判明する。
「最初の頃は余も平和的な方法を模索した。だがいつまで経っても愚かな争いを繰り返す人類に見切りをつけたのだ。限られた一部のものを残し地上を浄化する。その後に生き残った者が争いも何もない理想の時代を築くのだ。この星の未来のためにはそうするしかない。勇者よお前もそうは思わないか!?」
みたいな。

支持はしなくとも気持ちは分からいではない。
彼らの計画は次のようなものではないだろうか。

1、科学船を乗っ取る
2、移民船に先駆けて地球に行く
3、移民船の到着までにゾイドを発生させ戦力を充実させて移民船を迎え撃つ
4、移民船を破壊。こうして自分たち以外は排除され、理想の国家作りがスタート


……こんな流れを想定していたのかな。
しかし計画は失敗し自身はリジェネレーションキューブの端末に取り込まれる。
行動の自由は奪われたが意識は残っていたため、ランドのような存在をずっと待ちわびていた……と。

そんなわけで妄想をふくらませているんですが、実際の劇中ではどんな風に描かれるでしょうか。
楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント