30話!!!!


※現在は配信終了

30話でした!!
今回はオメガレックスの大進撃回。
帝国軍、ジェノスピノ、ライジングライガー、そしてスナイプテラによる必死の抵抗。
動きまくって今回も最高でした。

バトルストーリーやアニメ旧作へのオマージュもかなり濃かったような気がします。
今回は感想vol.1として、オメガレックスVSジェノスピノまでを。


さて真帝国を名乗る反乱軍はネオゼネバスシティの攻略を目的としている。


海を渡りネオゼネバスへ向かうオメガレックス。
一度だけ浮上し、しかしその後は姿をくらましてしまう…。
どこへ隠れたのか!?
実は荷電粒子砲で地中を撃ち抜き侵攻していたのだ!
これはかのトビー・ダンカンが使った移動法と同じで、かなり「おぉぉ」と思いました。

一度だけ浮上したのは、あそこで荷電粒子砲をチャージし、そのエネルギーを使って穴を開け続けていたのでしょう。

ところでオメガレックスですが、自在に海を渡れるんですね。
ジェノスピノの特徴であるところの水陸両用が多少薄れている気はします。
ただ開発を考えると、ジェノスピノで水陸両用の設計技術を得た。
続く超巨大ゾイド第二弾であるところのオメガレックスにも当然その技術は使われた、という所でしょうか。


さてオメガレックスを迎え撃つべくネオゼネバスシティには大部隊が用意されていた。
一方、ライジングライガーたちはまだ到着していない。
これは
・通常部隊は前回の件からいち早くネオゼネバスに移動したので間に合った。
・ライジングライガーたちはグラビティキャノン関連の作業で出遅れ、まだ移動中。
という事かな。




凄い部隊!

大部隊を前に「これだけの戦力があれば」と洩らす兵士。
そりゃ、そう思うよなぁ。
それを受けてリュック隊長の「君たちはオメガレックスと戦った事がない」と返すシーンがとても良い。
リュック隊長はさすが隊長というか、経験を経て的確な判断をする所でますますお株が上がりました。


さて地中から首都を奇襲するオメガレックス。
オメガレックスはランド操縦の元、荷電粒子砲を躊躇なく放ちまくる。
「兵器解放、マシンブラスト!!」とか叫んでノリノリである。テンション上がってるんだろうなぁ…。
通常部隊ではやはり相手にならない。

そこで…、

ジェノスピノ!!
四機のスナイプテラで不安定に空輸するシーンが、まるでサラマンダーに空輸されるゴジュラスのよう。
これは絶対に意識していると思います。
狙ってくるなぁ。

ギレルの「行くぞ」と共に咆哮するジェノスピノのシーンが良い。
もはや絶対に絆を結んでいるではないか!
ギレルすごいなぁ。
一応まだバイザーが付いていましたが、もはやあまり意味を成していないような。

そしてジェノスピノVSオメガレックスのラウンド2。
ジェノスピノは格闘戦を挑む。
「パワーだけならジェノスピノが上だ」と意地を見せる所が良い。
接近格闘戦を挑んだのは「荷電粒子砲を撃たせないように」という意味もあるでしょう。
互いに噛み付きまくる激しい肉弾戦は凄いなぁ。

口のでかさなど、やはりオメガレックスが優位に見える。
とはいえ、ジェノスピノは今回も大善戦し伝説のゾイドに恥じぬ戦いをしたと思います。
最終的に荷電粒子砲を撃たれてしまいましたが、それでも原型が残っているのも凄い。

ジェノスピノではオメガレックスを止められなかった。
いやしかし、無駄ではない。
時間を稼いだおかげでグラビティキャンユニットの用意が成る。
反撃のバトンはつながったのだ。


前回に続いて巨大ゾイドの強さと迫力をこれでもかと魅せてくれて大興奮でした。
いやー、いいなー。
あれだけ恐ろしかったジェノスピノを心から応援してしまう展開。
オメガレックスもジェノスピノも強い!

通常部隊も蹴散らされつつも果敢に戦っていてやっぱり魅力的。
見れば見る程全ゾイドの魅力が上がる展開でした。

という事で今回の感想はここまでです。
続きはまた次回。
今回も濃いので書きたいことが沢山ありすぎる!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント